借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【融】松山式毎月配当の複利運用500万円が10年で約2,500万円への皮算用

IMG_1185

僕たちの「松山式」に「危険だけどワクワク皮算用方程式」を
導入することで、可能性はもう少しだけ広がります・・・。

「松山式」で500万円を、
・5年間で約1,000万円に・・・
・10年間で約2,500万円に・・・
・12年間で約3,500万円に・・・

化けさせられる可能性を秘めた「皮算用※」です。

※「捕らぬ狸の皮算用」
まだ捕まえてもいない狸の皮を売ることを考えること。
手に入るかどうかわからないものを当てにして
計画を立てることのたとえ。

当然「皮算用」なので、
どうなるか分かりませんが・・・。

僕がこれまで出会ってきた「大富豪」たちは共通して、
「皮算用」が大好きです。

電卓やエクセルファイルを駆使して、
「皮算用」を叩き出すのが大好きなのです。

なので、僕たちも、
世の中の「大富豪」の真似をして、
少し「皮算用」をしてみましょう!

南国マレーシアリタイアメント「金利生活」基準値

「金利生活」を心のセーフティーネットに。

南国マレーシアで、
リタイアメントするための一つの基準。

マレーシアリタイアメントビザMM2H
取得情報に、孔明の独断と偏見を加えた、
「皮算用」ベース2,220万円。。。

  • 運用総額:2,220万円
  • 一案件当たり運用金額:370万円(=2,200万円÷6)
  • 毎月分配型・年間利率21.67% 
       → 毎月配当:約66,816円
         (年間約80万1,790円)
  • 毎月分配型・年間利率21.83% 
       → 毎月配当:約67,309円
         (年間約80万7,710円)
  • 毎月分配型・年間利率12.72% 
       → 毎月配当:約39,220円
         (年間約47万640円)
  • 毎月分配型・年間利率15.65% 
       → 毎月配当:約48,254円
         (年間約57万9,050円)
  • 毎月分配型・年間利率17.02%  
       → 毎月配当:約52,478円
         (年間約62万9,740円)
  • 毎月分配型・年間利率17.96%  
       → 毎月配当:約55,377円
         (年間約66万4,520円)

6案件累計:

毎月分配型・年間利率平均17.81%
  → 毎月配当:約32万9,454円
    (年間約395万3,450円)

総額2,200万円位の金額レベルで、
「松山式」を運用できるようになれば、

僕と同じように、
マレーシアMM2Hビザを取得。

毎月の配当収入という、
心のセーフティーネットを持った上で。

海外だからできる、
様々なことに挑戦できるという
想定なわけなのですが・・・。

「2,220万円なんて、現実的じゃないよ!!」

そんな意見もあるかもしれません。

でも、その場合も、
方法は存在します。

「松山式」に、
「危険だけどワクワク皮算用方程式」
を加えるという、

応用を利かすことで、
一見、非現実的とも思われる数字「2,220万円」が、

時間を味方にすることで、
現実的な数字になってくるかもしれません。

500万円が約2,500万円に化ける「松山式」の「皮算用」

松山さんが今日時点で運用している、
「毎月分配型投資信託」。

合計6種類あります。

  • 毎月分配型・年間利率21.67%
  • 毎月分配型・年間利率21.83%
  • 毎月分配型・年間利率12.72%
  • 毎月分配型・年間利率15.65%
  • 毎月分配型・年間利率17.02%
  • 毎月分配型・年間利率17.96%

500万円分を、
6均等分して運用した場合・・・。

6種案件の、
年間平均約17.8%で運用されることになります。

計算をしやすくするために、今後もずっと、
年間平均約17.8%で運用することができたと仮定します。

「毎月分配型投資信託」では、
毎月毎月配当を受け取ることになりますが・・・。

この状態で、受け取った配当を、
さらに松山式の案件に再投資していくのです。

すると・・・。

【年間平均17.8%運用のワクワク皮算用】

1年後:500万円 + 89万円

2年後:589万円 + 104万8,420円

3年後:693万8,420円 + 123万5,039円

4年後:817万3,459円 + 145万4,876円

5年後:962万8,334円 + 171万3,844円 = 1,134万2,178円

6年後:1,134万2,178円 + 201万8,908円

7年後:1,336万1,086円 + 237万8,908円

8年後:1,573万9,359円 + 280万1,606円

9年後:1,854万965円 + 330万292円

10年後:2,184万1,256円 + 388万7,744円 = 2,572万9,000円

11年後:2,572万9,000円 + 457万9,762円

12年後:3,030万8,762円 + 539万4,960円 = 3,570万3,722円

500万円が、

・5年後には2倍以上の2,572万9,000円に・・・。

・10年後には5倍以上の2,572万9,000円に・・・。

・12年後には7倍以上の3,570万3,722円に・・・。

大化けしてしまう「皮算用」が算出されてしまうのです。

500万円しか手元に捻出できない。。。

でも、
南国マレーシアに
リタイアメント移住するために、
2,200万円を目指してみたい・・・。

そんな場合に、
「完全自己リスク」にて、
勝負に臨むことができる応用版の「松山式」です。

そして、
仮に、1,000万円からスタートさせた場合・・・。

【年間平均17.8%運用のワクワク皮算用】

1年後:1,000万円 + 178万円

2年後:1,178万円 + 209万6,840円

3年後:1,387万円6,840円 + 247万78円

4年後:1,634万6,918円 + 290万9,751円

5年後:1,9256,669円 + 324万7,687円 = 2,268万4,356円

1,000万円は5年後に2,268万4,356円になる、
「皮算用」が立てられるというわけです。

目指す倍率が低ければ低いほど、
時間的な面から発生するリスクも低くなります。

「危険だけどワクワク皮算用方程式」
実はこれを「複利運用」と言います。

上がってきた儲けを確定させることなく、
全額ひたすら再投資し続けるのです。

時間を味方にお金を増やして行く。

働かなくても、
お金がお金を稼ぐ形で、
「雪だるま式」に増えて行く。

でも、
途中で案件が駄目になったり、
下がってしまうかもしれない・・。

「もう、増えたのだから今やめようか?(ドキドキ)」

「もう少しだけやってみようか?(ワクワク)」

様々な思いが、
心のなかで交差する運用方法。

そんな、
危険と夢が共存する、

「危険だけどワクワク皮算用方程式」です。

南国マレーシアでリタイアメント「金利生活」
の実現のために・・・、

・地道に努力をして積み上げるお金と。

・勇気を振り絞って挑戦して膨らますお金。

到達の手段を「分散」させることで、
面白い結果が生まれるかもしれない・・・。

「松山式」+「危険だけどワクワク皮算用方程式」
によって、

計算機や、エクセルファイルで
算出される数字を眺めているだけでも、

昨日までと変わらない日常が、
少しだけドラマチックなものに、
変化を遂げるかもしれませんね。

仲間や大切な人に薦められる方法

松山さんが明かしてくれた手法。

「毎月配当型」の案件のお話です。

海外に一歩も出ること無く、
日本の銀行と、日本の大手証券会社の口座のみを使って、
完結させることが可能な方法。

法人を設立しなくても、
仮に現役サラリーマンのまま
であったとしても、大丈夫です。

飛行機に乗って海外に出なくても、
日本に居たままで大丈夫です。

怪しいファンド会社やFX会社に、
お金を飛ばす覚悟で預けなくてもよい。

誰もが知っている、
日本国内の銀行と、
大手証券会社だけの取引で大丈夫です。

これなら、両親に話しても、
嫁さん(旦那さん)に話しても、
比較的簡単に理解してくれる方法ですね。

けれども、毎月インカムゲインが入る形の、
「金利生活」の仕組みを構築できてしまうのです。

当然リスクはつきものですが、
少なくても「詐欺案件」では無いことは確か。

その部分では安心して臨むことが可能です。

日本の銀行と
日本の大手証券会社を活用した方法。

年利ベースでは
年利12.72%-21.83%をターゲットに、

毎月毎月必ず訪れる配当を、
地道に獲得し続ける。

派手さはそれほどない、
そんな超・地道な運用方法です。

でも、海外投資とは異なり、
家族たちの安心感は勝ち取ることができるはずです。

そして、偶然にも、
「物販大富豪の戦略術」の中で、

物販大富豪が僕に直接訓えてくれた、
「神語録」の中にも出てくる、
「日掛け、月掛け、心がけ」の運用方法。

偶然にも、具体的な案件まで、
いくつかかぶっていたのです。

「経営者のための銀行融資e大学」を
展開している中での、

絶妙なタイミングでの松山さん降臨。

これは何かの運命でしょうか?

派手さは無い、
地味な方法ではありますが、
だからこそこれからの時代に適している方法です。

松山式運用法を全て公開した、

東京某所、松山さんと僕の2人で行った、
公開ゼミナールをプロのカメラマンが収録した、
動画と音声を視聴して、

まずは着実な運用方法を、
身につけてもらいたいと思います。

【松山式で狙う年利12.72%-21.83%の月額配当】

→ http://bit.ly/1fHCYYv

         

追伸

僕個人的には、
松山さんが実際に運用をしている、

毎月配当型の投資信託リストも熱いと思います。

  • 毎月配当型・年間利率21.67
  • 毎月配当型・年間利率21.83%
  • 毎月配当型・年間利率12.72%
  • 毎月配当型・年間利率15.65%
  • 毎月配当型・年間利率17.02%
  • 毎月配当型・年間利率17.96%

(※公開ゼミ(動画・音声)受講者が全員入手できます。)

しかも、
現在進行形でドンドン情報が追加されています。

今日時点で候補は12種類です。

「物販大富豪の戦略術」で、
銀行から融資してもらった、
自由になるお金の一部を(全額は×)、

この手の毎月配当型の案件に分散しながら入れると、
かなり安定して来ますね。

銀行融資で獲得したお金は、
ビジネスで活用してはダメだとの
物販大富豪からの訓えもありますし。

このリストは色々なところで、
使えると思います。

そして、
今回の公開ゼミナールを機に、
集まった仲間たちと、

大手証券会社が運営している、
毎月配当型の投資信託の類を、

これからもディープに、
探求し合えるとよいですね!

松山さんの英語力を活かして、
海外の大手証券会社から買える、
投資信託も研究して行きます。

そのために、
facebookグループ上にて、
「毎月配当研究所」を設立。

毎月配当型の投資信託に集中する形で、
研究して行くのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【融】日本の本当の王様である日本銀行の持つ力

僕たちの生まれ育った日本では、 中央銀行がどうやって誕生したのか? 歴史のお話です。 日本では明治時代に、 中央銀行っていう考

【融】物づくりが実業、金融が虚業は本当か?アメリカの実体から検証する

僕たち日本人・・・ 世界の先進国から見た時、 全国民平均的に特に弱いのが、 「金融工学」の部分である。 その証拠に、 日本から

【融】役員や支店長も中身は知らない銀行融資のブラックボックス

孔明です。 本日も引き続き、 銀行支店長経歴の法人審査部門長、 黒田パンサー先生からお話を頂きます。 年間にあたり約5,000

【融】銀行融資を獲得するパートナー銀行選定方法と融資目標金額設定

銀行に愛される はじめての銀行融資です。 「物販大富豪の戦略術」という、 大きな絵図の下、 具体的にどのように、 はじめの一歩



dept