借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2017年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

オールアバウト仮想通貨2018

level007
オールアバウト仮想通貨2018

2017年6月以降、仮想通貨が大きくメディアを賑わしている。

2017年内は、希望に満ちていたのだが、2018年に入ってからは、各国からの規制が発表され、そして、極めつけのように、1月26日に、日本の大手取引所である「coincheck(コインチェック)」で約580億円もの不正引き出し事件が発生。

市場規模は、最大から半分以下にまで下落してしまった。

まるでジェットコースターのような相場。僕自身は、今日に至るまで、仮想通貨を購入していない。けれども、さまざまなメンバーとお話する際に、仮想通貨のことは、よく話題に上る。

そこで、今回の孔明タイムは、オールアバウト仮想通貨2018と題して、

・コインチェック不正引き出し事件
・不正引き出しなどの歴史
・2018年1月の各国規制強化の流れ
・有名投資家からの警告
・ビットコインの仕組み
・ビットコインの価格調整の歴史
・ビットコインETF認可はいつごろ?
・◯◯◯◯は他の仮想通貨とは異なる
・それでも投資をするなら=ゼロスタートQ&A9つ
・僕たちが取り組むべきものは?

に触れながら、仮想通貨の概要を約50分にまとめてお話させて頂いた。仮想通貨への投資を推奨するものではなく、概要を知るためのお話になる点、あらかじめご了承頂きたい。

「あやふやなモノには手を出すな」

巷で、「ビットコイン」が過去最高値をつけたりして、騒がれていた2017年のタイミングで・・・

孔明:
「会長、ビットコインはいかがなのでしょうか?「東京案件」として話が降りて来ないのでしょうか?」

以前、「地下ソサセティ」謁見宴(ディナー)の中で、メンバーを代表する形で、45年もの間、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく、今日まで生き残り続けてこられた北の物販大富豪こと、北野会長に直接質問をしてみた。

すると、北野会長からは、

「東京からはそんな情報はない。あやふやなモノには手を出すな!」

と、一蹴されてしまった。

僕も北野会長から、本格的に教えを請うまでは、海千山千様々な投資案件に手を出し、ほとんど飛ばしてきた身。

同じことは繰り返すまいと、「東京」から情報が降りて来ないものには二度と手を出さない決意を固めた身。

当然のことながら、今日に至るまで、一ビットコインも手にしていない。この点は、今回の孔明タイムを聞く上で、あらかじめご確認頂きたい。

コインチェックでの580億円相当の不正引き出し事件

「流出額は日本円で約580億円、被害者は全国26万人」前代未聞の不正引き出し事件が、日本の大手仮想通貨取引所で起こってしまった。

1月26日の午後、仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)から、

現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。

NEMの入金制限に関するメールが配信された。

    *NEMとは・・・ビットコインのブロックチェーン技術を改良し、新しいプロックチェーン技術を使ったプラットフォーム。プラットフォーム内で使われるのが、XEM。

Coincheck(コインチェック)では、ビットコインの他に、12種類の仮想通貨の取引が可能なのに、「なぜ、NEM(XEM)だけ?」多くの投資家たちの頭の中をよぎった。

これが、今回の不正引き出し事件のスタートを告げるメールだった。

相場が絶好調だった、2017年12月頃。TVで仮想通貨の特集が組まれて、

「寝て起きたら、資産が増えてるんです!」

と嬉しそうにインタビューに答える女性が画面に映し出されていた。

多くの投資家たちが、取引所に口座を開設しようと殺到。あまりの殺到具合に、開設手続担当のスタッフを増員して、対応に追われる取引所も出たほど。

開設が完了した人から、我先にと冬のボーナスとして手にしたお金を取引所の口座に入金して、仮想通貨を買い漁り、価格はぐんぐんと上がっていった。

さらに価格が上昇して、資産が増大するといった夢と希望を胸に抱いて迎えた2018年。

そこに待っていたのは・・・ビットコインの価格が、220万円台から60万円台まで下落する想像を絶する暴落相場。

さらに、Coincheck(コインチェック)を利用していた投資家たちは、引き出しができず、管理画面に映し出される自分の資産がすごいスピードで減っていく身動きの取れない生き地獄だった。

取引所からの不正引き出しの歴史

これまでにも、取引所からの不正引き出し事件は、たびたび起こっている。日本人に馴染みがあるのは、Mt.GOX(マウントゴックス)事件。ビットコインの存在を、日本人の多くが知るキッカケとなった事件だ。

当時、Mt.GOX(マウントゴックス)は、最大手の取引所の1つだった。2013年11月から、口座からの払い戻しに、数週間を要するようになり、2014年2月7日に、ビットコインの払い戻しが停止。24日までにユーザーが預けていたビットコインの大部分がなくなっていることが判明。25日に、「当面、全ての取引を停止する」を発表。28日に、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。実態調査が進まないことから、裁判所は4月24日に、破産手続きの開始を決めた。

この時、Mt.GOX(マウントゴックス)から無くなったのは、75万ビットコインと28億円の預り金。当時のビットコインの価格が約6万円だったので、総額470億円以上。この事件が1つのきっかけとなり、ビットコインの価格は、2年以上高値を更新できない「冬の時代」を迎えることになった。

これまで、日本での大きな不正引き出し事件は、Mt.GOX(マウントゴックス)だけだったが、海外では、年に数回発生している。

たとえば・・・

・◯◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯)
2014年3月4日:97ビットコイン(約55万2,900米ドル相当)

・◯◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯)
2015年1月4日:1万9,000ビットコイン(約500万米ドル相当)

・◯◯◯◯◯◯◯◯(◯◯◯◯◯◯◯◯◯)
2016年8月2日:12万ビットコイン(約6億8,400万米ドル相当)

どの取引所も、Mt.GOX(マウントゴックス)のように破綻せず、ユーザーへの返却が完了しており、現在でも大手として営業している。

2017年の仮想通貨に飛びついた投資家の多くは、こういった事実を知らずに、大切な資金で仮想通貨を購入しているのが現実になる。

世界各国での規制の流れ

日本では、2017年4月に、「改正資金決済法など」が施行。

仮想通貨が・・・

    1)不特定の者に対して、代金の支払いなどに使用でき、かつ、法定通貨と相互に交換できる
    2)電子的に記録され、移転できる
    3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカードなど)ではない

と規定され、国により制度が整う形となった。

そのため、2017年4月下旬から、投資家からの資金が大きく流入し、仮想通貨の価格が軒並み上昇していった。一方、他国では状況が異なっていて、規制が強化される流れになっている。

たとえば、2018年1月のニュースを挙げると・・・

中国:
政府が、ビットコインの採掘に停止命令
インドネシア:
中央銀行が、仮想通貨の販売・購入・取引を控えるよう声明を発表
エジプト:
イスラム教義に反するとしてビットコインを禁止
ドイツ・フランス:
G20財務省会合で、ビットコイン規制を共同提案へ

さらに2月に入ってからは、

インド:
財務大臣がビットコインを「合法と認めない」と発言

と次々と仮想通貨への規制が発表されている。有名投資家からも、仮想通貨への否定的な意見が出ていて、

ウォーレン・バフェット氏:
「仮想通貨は総じて悪い結末に至るだろうと、ほぼ確信を持って言える」

モルガン・チェースのジェイミー・ダイモン氏:
「ビットコインは詐欺だ」
後に、「ビットコインに興味はないが、ブロックチェーン技術は本物」に変更

国・有名投資家から、無視できない規模にまで大きくなってきた。2018年以降は、各国で規制が強化され、2017年のようにはいかない可能性がある。

ビットコインの仕組みはどこがポイントなのか?

仮想通貨の価格面にだけ、大きく注目が集まっているが、なぜ、多くの人が、すごいと感じ、将来性を見出しているのか?

それは・・・技術に革新性があるためだ。

ビットコインを例に挙げると・・・

・管理者が通貨のコントロールしない
・世界中のコンピューターを使用して通貨を管理する
・暗号化の技術と不正な複製や使用を禁止できる仕組みで、信用力を持つ

という、これまでの通貨とは全く異なる性質を持っている。ビットコインが創りだされたのは、ナカモトサトシ氏が2009年に作成した論文「Bitcoin:A Peer to Peer Electronic Cash System」がキッカケとなっている。

論文の中で、「1つの電子コインは、連続するデジタル署名のチェーンと定義される」とされている。

ビットコインが成り立つ上で、重要な仕組みは、「P2P(ピア・ツー・ピア)」「ブロックチェーン(Blockchain)」の2つが挙げられる。

「P2P(ピア・ツー・ピア)」

Peer=同格者という単語で、インターネットに直接接続せれたコンピューターの集まりで、パソコン端末同士が直接・対等にデータをやり取りして実行する、コンピューティング方式を意味する。P2Pの仕組みを利用したサービスとして、音声通話ソフトのSkypeが挙げられる。P2Pによって、データのやり取りを完全に止めるということは誰にもできなくなる。

「ブロックチェーン(Blockchain)」

金融庁が作成している仮想通貨に関する資料の中で・・・

ビットコインなどに用いられている技術であり、取引データを参加者間で共有することにより、ビットコインなどの不正な利用(取引記録の改ざんなど)を防止することができるとされています。

と記述されている。

「ブロック」は、取引記録のことで、ビットコインで、一定時間に発生した取引と承認データが入っているもの。

「ブロック」の情報が、つながって「チェーン」となり、P2Pを通じビットコインを利用している人に渡っていくことになる。

「ブロック」の内容は、全員が確認できる仕組みになっていて、承認作業が完了しているため、誰にも変更することはできない。

「ブロックチェーン(Blockchain)」の技術は、ビットコインだけではなく、僕たちの日常生活にも広まっていく。

たとえば、不動産の登記簿は、改ざんされることなく、不正に移動されることなく、管理が可能になる。病院のカルテも、医師による改ざんができない、火事などでデータが消滅しないシステムを構築することが可能になる。

情報管理ができるという点で、「ブロックチェーン(Blockchain)」の可能性は無限と言える。そのため、多くの人々が注目し、技術開発が進んでいて、期待の現れが、仮想通貨の価格に反映されている一面があると言える。

ここから続きであるビットコインのETF、ビットコインとは異なる◯◯◯◯、ゼロスタートQ&A9つ、僕たちが取り組むべきものについては、孔明タイムの音声でご確認頂きたい。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、今話題によく上る仮想通貨の概要をシェアしたいと思い、

    ・孔明の仮想通貨に対するスタンスとは?
    ・コインチェック不正引き出し事件とは?
    ・これまでの取引所の不正引き出し事件とは?
    ・ビットコインの価格変動の歴史とは?
    ・仮想通貨の重要な仕組みとは?
    ・P2Pとブロックチェーンの意味とは?
    ・ブロックチェーンは何に活用されるか?
    ・ビットコインETFの認可はすぐに下りるか?
    ・銀行とがっちりタッグを組んでいる仮想通貨とは?
    ・ICOに関するアメリカSECの見解とは?
    ・仮想通貨/暗号通貨を取引するために必要なこととは?
    ・口座の認証手続きに必要な情報とは?
    ・取引所の大きな違いとは?
    ・どこの取引所が良いのか?日本と海外
    ・1つの取引所だけで良いのでは?
    ・法人で口座開設できるの?
    ・どれだけ値上がりが期待できるの?
    ・どの仮想通貨/暗号通貨を購入すれば良いか?
    ・技術的なことは知っておかなければいけないの?

に触れながらお話させて頂いた。

・コインチェック不正引き出し事件
・不正引き出しなどの歴史
・2018年1月の各国規制強化の流れ
・有名投資家からの警告
・ビットコインの仕組み
・ビットコインの価格調整の歴史
・ビットコインETF認可はいつごろ?
・◯◯◯◯は他の仮想通貨とは異なる
・それでも投資をするなら=ゼロスタートQ&A9つ
・僕たちが取り組むべきものは?

についてお話しした49分53秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年2月度は、「「オールアバウト仮想通貨2018」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年2月度音声リスト

    ◆2月4日:
    「大人たち」に有利なビジネスの世界を生き残る術
    (58分34秒/17.6M/MP3形式)
    ◆2月11日:
    「仮想通貨」より稼げる投資と心理の法則
    (55分49秒/23.5M/MP3形式)
    ◆2月18日:
    充実した人生を送るために考えるべきこと
    (1時間2分/22.6M/MP3形式)
    ◆2月25日:
    オールアバウト仮想通貨2018
    (49分53秒/21.2M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「資本家」が使いこなす「会社法人」の本質(音声)

「資本家」が使いこなす「会社法人」の本質(音声)

2017年2月に、追加融資1,000万円を獲得した僕の実の弟。 限られた時間と労力を提供し収入を得る「労働者」ではなく、A4サ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
月収100万円でも「ふこう」になる理由とは?

民泊での盗聴調査と投資で負ける人の特徴

娘たちのアメリカン・スクールの夏休みに合わせて、日本に一時帰国している。このタイミングで僕は、 J(ジェイ)との「命運の成幸フ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
恋愛と結婚に失敗しないための秘訣とは?

恋愛と結婚に失敗しないための秘訣とは?

客観的な数値的データと私感的な肌感覚を整合させた結果・・・ な、なんと・・・ およそ9割の「結婚」している女性たちが、 「旦那

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
新規ビジネスの立ち上げでたった1つ必要なもの

新規ビジネスの立ち上げでたった1つ必要なもの

ビジネスを新たに立ち上げようと考えた時に。 多くの人たちは、会社法人を作るなど、周りを固めることからスタートしてしまう。中には



dept