借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術 > 投資MAPナビ/勝てる投資はココにあった

【帝】フィリピンで究極の不動産投資法を手がるドクターサイの正体

level002

ドクターサイ:「孔明さん、実は私フィリピンセブに移住しました。」

孔明:「えええ?一体どうされたのですか?」

ドクターサイ:「私もこれまで様々「金融工学」にまつわる活動をして来ましたが、ここで一つ私の「金融工学」人生の集大成とも言える、人生をかけた案件を成就させたいからです。」

孔明:「一体どんな案件ですか?」

ドクターサイ:「フィリピンの◯◯◯◯島で・・・。」

孔明:「ええええ?本当ですか!?」

最近、僕が盟友のJ(ジェイ)と共に、頻繁にフィリピンの某リゾート地◯◯◯◯島の現場に入っている経緯。

僕の金融工学の師匠であるドクターサイが、その集大成をかけて本腰入れてプロジェクトを成就させるためだけにフィリピン入りしたとなれば、僕としても行かないわけには行かない。

ドクターサイとは、禁忌レベルの学問「壱の禁忌:神より授かりし金融工学」の叡智を持つ「禁断の賢者」。

日本の金融庁の動向、ファンドにまつわる法律、コンプライアンス全てが頭に入っており、瞬時に使いこなすことができる。

年間最大1,000件以上のM&A案件を取り扱い、1996年~2007年にかけて証券会社やベンチャーをはじめ約70社以上の企業の顧問を務め、1億円~500億円まで約100のヘッジファンドの組成を担当してきた、金融業界における「神」と呼ばれる存在。

経歴の中には不動産業界、そして、ゴルフ場の開発をはじめとした開発業務経験もある。

金融工学と不動産。

その両方の知識を持った上で、メインの金融工学の知識を持って、不動産業界を見た時に、最高のスキームができないか?という考えのもと不動産のスキームを構築された。

その背景を知っている僕としては、「これは大変なことが起きている」と、すぐさまシンガポールからフィリピンセブに行くタイガーエアウェイズの飛行機の予約をとって、セブ経由で◯◯◯◯島へ。

僕が実際に現場で見たものは、ドクターサイから耳にしたものは・・・。様々な海外不動産を見ながら購入して来た僕が驚愕してしまったのは・・・。

ドクターサイが考案し、自らが移住する形で本腰を入れて遂行されている、「ドクターサイのマスタープラン」として語られている特殊な不動産投資法だったのだ。

「金融工学」の存在を教えてくれた天才軍師の師

最初に僕がドクターサイとお会いしたのは、2011年頭の事だった。僕がドクターサイの実力の程を知ることになったのは、「フォーシーズンホテル丸の内東京」のラウンジ。

長年勤務していた、会社を辞めて独立起業。外の世界に足を一歩踏み出したばかりで、浮足立っていた頃だった。

正直に告白しよう。あの頃の僕はうぬぼれていた。。。

上場企業に勤務する、フルタイムの現役サラリーマンとして、中国支社のナンバー2の業務を行いながら。

空いた時間を利用した副業ビジネスと投資。そのどちらも、年間1,000万円を超える、現役サラリーマンからの給与収入を超越してしまった時。

現役サラリーマンとしての年収分が、月に稼げるようになってしまった時。

「僕はひょっとすると、かなり凄いことをしているのではないか?」
 
そんな「うぬぼれ」の気持ちが、心の中でよぎりはじめてしまっていた。

けれども、そんなタイミングで、ドクターサイとお会いしたことで。

まだまだ世間知らずだったため、勘違いしていただけだった・・・。この世の中において、本当にチッポケな存在なのだと痛感した。

僕と比べてドクターサイが、あまりにもスペック違いで、高みにいらっしゃったからだ。

「孔明」といういにしえの軍師の名をまとう僕自身が、兵法家業としての師としている御方。僕の道を極めて行く上で、最終的に必ず追いつき、超えていかなければならない存在。

いにしえの軍師たちをも、軽く凌駕する叡智を持たれる、日本が誇るべき天才軍師。僕が軍師業の中で師と仰ぐ御方。それがドクターサイなのだ。

ドクターサイが授けてくれた「金融工学」という兵器

ドクターサイはいつも、深刻でかなり重く複雑なトピックのお話をも、ご自身の天才的頭脳をひけらかすかの如く、ひょうひょうと楽しそうなたたずまい。

ご自身の生み出した世界に浸りながら、早口で矢継ぎ早にお話されるその姿を見てしまうと、僕が持ち合わせたレベルの低さを感じ、自信が喪失しそうになる。

ドクターサイ:「孔明さん、さすがですね。凄いです。アレには、巧妙な仕掛けが沢山施されていますね♪」

笑顔で僕のいくつかの手法を褒めてくれるが、僕にとっては、それさえもはや慰めにしか聞こえない。

はじめて出会ったあの日に経験した僕の大敗。

暗雲立ち込める東京、2人以外には他には誰もいない、『フォーシーズンホテル丸の内東京』ホテルのラウンジ。

僕が最も得意とし、自信を持っていた、とあるトピックにおいて、2人の目の前にしか見えない、碁盤の上での想定直接対戦をさせて頂いた。

結果・・・完敗。僕の完全なる敗北だった。今でも忘れることができないあの時の気持ち。

僕が「孔明」と名乗るようになって以降、はじめての大敗だったのだ。

もしも、この2人だけの対戦を、周りから見ていた者がいたとしたら、それはほんの僅かな差での、僕の敗北に見えたかもしれない。

けれども、その道を極めようとする者同士なら分かる、勝敗の間にある大きな差。

喩えるならば、道端に転がっている小石と、大鷲が優雅に飛んでいく大空の間にあるような差。

僕が出し得る、全ての手を出し尽くした、その後にまだ、ドクターサイには更に数手先まで用意されていた。

でも・・・その時は不思議と、悔しくはなかった。逆に、嬉しくて、嬉しくて、たまらなくなってしまう自分がいた。

世の中、ここまで凄い人がいる。ワクワクとドキドキが止まらない。

それまで僕が、「全て」と感じていたものは、てんとう虫が止まっている、葉っぱのような大きさでしか無く。

本当の世界・・・。

大地は僕の想像以上に広大で、海は僕の想像以上に広く深く、空は僕の想像を遥かに超え、無限の宇宙へと続き広がっていく。

当時、真田孔明34歳。自分がいかにチッポケな存在であったのか?改めて気づくことができた。僕が僕であるために、今後僕は、何をどう極めていけばよいのか、はじめて明確になった。

孔明:「先生、ありがとうございます!お陰で僕はまだまだ成長できます!!」

空いたコーヒーカップを下げた、ウェイトレスが驚いて振り返ってしまう程の大きな声。

お礼の言葉が勝手に、僕の口から飛び出てしまった。。。。

その後僕は、ドクターサイから直接学び、「金融工学」の真髄というものを伝授頂いた。

新たな資本主義と民主主義のゼロサムゲームの中で、知る人だけが圧倒的に勝てる兵器に例えられる「金融工学」を。

その天才ドクターサイが、フィリピンで退職者ビザ(SRRV)を取得。

本格的にフィリピンセブに移住し、残りの人生をかけて「本業」として手がけることで実現可能になる投資手法。

ドクターサイが手がけられる「究極の不動産投資法」とも言える「マスタープラン」を耳にしてしまった時、僕は興奮が抑えきれなかった。

「ドクターサイのマスタープラン」には、ただただ驚かされるばかりである。

まさに、これまでドクターサイが日本で培って来られた、「金融工学」の結集。「金融工学」を「不動産投資」の世界で再現した「マスタープラン」。

僕が「フィリピン修羅の会」の同志たちと共に、頻繁にフィリピン某リゾート地の現地に赴いている理由である。

フィリピン某リゾート地を活用した「ドクターサイのマスタープラン」。一体どのようなものなのか?

僕の興奮を一人でも多くの方にお伝えしたいから・・・僕がドクターサイご本人と、◯◯◯◯島の現地で語った内容を、そのまま収録させて頂いた貴重な音声を、僕のメッセージをいつも受け取ってくれるあなたにもシェアさせて頂く。

【ドクターサイの『マスタープラン』(MP3音声ファイル・1時間38分11秒)】
 http://sanadakoumei.com/doc/dr-sai_140413.mp3

追伸

ドクターサイの『マスタープラン』について、ドクターサイ並びに、担当スタッフの方々に直接質問できてしまうというのも、『フィリピン修羅の会』ならでは。

『マスタープラン』ならではの、秘密の資料の数々も投稿されているので、『フィリピン修羅の会』の同志だけがアクセスできる、非公開facebookグループを確認頂きたい。

『フィリピン修羅の会』を通して、ドクターサイとも直接facebook経由で友達としてつながることも可能になる。

【フィリピン修羅の会】
http://sanadakoumei.com/lp/ph_shura-entry/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術

【帝】フィリピン「銀行の外資規制撤廃に関する法案」にアキノ大統領が著名した

フィリピンの「資本規制」というものを深く考えていくと、そこに飛んでもない可能性を感じてしまう。 もしもフィリピンの「資本規制」

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術

【帝】修羅が集結!フィリピンで徹底的に吠える旅『フィリピン平城塾』

漢(おとこ)は、20代前半から、いわゆる『不労所得』を得るために、ビジネス活動に専念。 その手段として、『IT』というツールを

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術

【帝】興奮!フィリピンを活用したドクターサイの『マスタープラン』

実は、「フィリピン修羅の会」の同志たちと共に、フィリピンを頻繁に出入りしている中で、投資における「宝くじ」とも言える情報をキャ

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】4月4日(土)5日(日)の個別相談会の枠は残り1枠ずつ

【帝】4月4日(土)5日(日)の個別相談会の枠は残り1枠ずつ

4月3日(金)~10日(金)の期間中5日間。東京都内某五つ星ホテルのラウンジにて、「AYACCA(アヤカ)リゾート」の日本総代



dept