借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2018年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

物販起業のタイムリミット迫る!?(音声)

level007
物販起業のタイムリミット迫る!?(音声)

2018年6月某日、台北市内の高級レストランにて、サッチェルと、男2人でフルコースを注文。コース料理が、粛々と運ばれては胃の中に消えていく中。

サッチェルがどうしても食べたかった単品メニューの一つ、注文からできるまでに40分間もかかるという「豚の角煮タワー」的な料理を、台湾ビールと共に頬張ってた時のこと。

僕のiPhoneに、日経新聞から速報メッセージが入ってきた。

『欧州中銀、量的緩和政策を年内終了』

これは、何かの兆しに違いない・・・

そこで、今回の孔明タイムでは、「北のセオリー」を実行する上で、登竜門となる「創業融資」において、多くのメンバーを強力にバックアップしてきたサッチェル・サカイをゲストに迎えて、20代から30代の若手物販経営者の現状から考える、新規創業融資獲得の重要性についてお話しさせて頂いた。

    *「北のセオリー」とは・・・45年間、ビジネス・投資の世界で、一度飛ばすことなく、今日まで生き残り続けてこられた「北の物販大富豪」ことファーザー。ファーザーから訓えを受け、2013年から取り組みをスタートした「北の物販大富豪の戦略術」(通称「北のセオリー」)

サッチェル・サカイとは?

真田孔明の小学校・中学校時代の同級生の幼馴染。と言っても、中学卒業以来、まともに会ったことは、成人式の日、同窓会以外は無かった。何気なくインターネットサーフィンしていたところ、サーバー世界で、僕が大活躍しているのを目にし、密かに嫉妬。ネットで副業してみることを決意。

僕に一度も相談することなく、でも、幼馴染の僕の言葉を一ミリ足りとも疑うことなく、そのまま信じ行動。2012年6月末、ショッピングカートを立ちあげ、合計5店舗を全て利益化。

その状態で初めて、2013年4月に僕にコンタクトを取ってきた。

元々は、「映像マン」という本業を持っていて、日本でトップ視聴率を叩き出した、視聴率40%超えの某人気ドラマのCG映像チーフも手がける程の実力派クリエイターとして活動していた。(スタッフロールにも毎回出てくる)

映像の分野で、マジでハリウッドを目指していたが・・・

孔明:
「サッチェル、映像の道は諦めてくれ!「北のセオリー」をちゃんと理解して、取り組むと面白いことになると思うから。」

と説得。

僕が「発動」条件としての「門」を調整し、「月官の門」の特性を活かす形で、「北のセオリー」に取り組むため、2014年11月に独立起業してくれたのだ。

僕の弟の創業融資獲得を裏からサポートする形で、「北のセオリー」に取り組みをスタートし、その実績を元に、現在はメンバーをサポートしている。

門協会認定アドバイザーの門使いということもあり、自分の囚われと能力をよく理解しているところが最強であり。

世の中に官門は星の数ほどいるが、これほどまでに自分を理解し、使いこなしている官門は、まずお目にかかれない。奇跡の官門の一人と言える。

若手経営者たちの物販手法

マレーシアジョホールバルで、「第三次移住ブーム」が発生。

20代から30代前半のI.T.を駆使して稼ぐ、若手経営者たちが移住してきている。すでにお金と時間と場所の自由を手に入れている「若き天才」たち。

・・・彼らは皆、僕が拠点としている、タマンモレック地域に住んでいることもあり。マレーシアジョホールバルに戻ると、ゴルフや食事・飲みに、誘ってくれるのである。

そんな彼らの中には、物販をしている方々がいて、売上規模は、年間から5千万円から1億円。

孔明:
「銀行から融資を引っ張ってますか?」

と聞いてみたところ、みんな引っ張っていないとのこと。ガチで、自分の現金で商品を仕入れて、在庫リスクを持ったものを販売して、売上高を立てているのだ。

孔明:
「決算書上の数字は、どうなっていますか?」

と聞いてみたところ、「決算書上の利益は、年間150万円から200万円です。」とのことだった。

ふと、孔明弟の会社を思い起こしてと・・・売上高が、6,000万円で、経常利益が、150万円から200万円。経営者としての数字は、同じになっている。

20代から30代の若手経営者さんたちは、物販を頑張ってやっている一方で、孔明弟は、専業主夫であり、身体もリュウマチに蝕まれていて、なかなか動けない状態で、物販をのんびりとしている。

両者ともに、決算書という成績表は同じなのだが・・・若手経営者さんたちの法人銀行口座の中には、税金を支払う予定のお金か、税金を支払ったあとのお金しか残っていない。

一方で、孔明弟の法人銀行口座の中には、融資を受けた4,000万円があり、税金が発生しないお金が滞留している。

もちろん、融資を受けたお金なので、金利と元本の返済が必要ではあるが、年間1%ちょっとの金利と元本なので・・・両者の勝敗は、すでについてしまっていると言える。

見た目は、物販をまじめに本業として、一生懸命に、さまざまな商品をリサーチし、販売している人のほうがかっこよくて。

「北のセオリー」に従って、物販をやっていると、同じ商品を仕入れて、売るというのんびりとした取り組みは、派手さがないと考えてしまうかもしれない。

けれども、物販事業で、決算書上の数字が同じなのに、取り組み方が全く異なる現象を見ていると、「◯◯が◯◯◯◯◯お金が、いくら銀行口座の中にあるか?」が勝敗を分けるキーポイントになると思うのだ。

ファーザー:
「ビジネスで大ヒットが◯◯◯、お金◯◯◯◯◯◯◯。」

ファーザー:
「なんとなく、ビジネスをやって、なんとなく、お金が残っているという状態が、永遠に続いているだけ。」

とおっしゃっている。

たしかに、20代から30代の若手経営者さんたちは、月の利益は、100万円位出ているのだが、それを、自分の◯◯や◯◯という形にして、◯◯している。

日本の法律に基づくと、「ある◯◯を消すと、◯◯◯◯」「ある◯◯を消すと、◯◯」になってしまうのは、気をつけなければいけない点になる。

ビジネスを一生懸命にやればやるほど、いかに◯◯を消そうかという行動が、際どくなってきてしまう。

そして、最終的に決算書上に残る数字は、年間150万円から200万円。若手経営者さんたちには、稼ぐ天才くんたちがいっぱいいる。すごくニッチな商品を見つけてきて、販売して、5,000万円規模を売り上げる。

けれども、その利益を◯◯ために、◯◯◯だったり、◯◯◯だったりなど、さまざまな面で、お金を使ってしまっているので、最終的に、銀行口座にお金が残っていないのだ。

若手経営者さんたちのように、◯◯◯◯◯という軸しかないと、結局銀行口座の中に、お金が残っていかない。

孔明弟とはじめとして、僕たちの仲間は、「北のセオリー」に則って、同じ商品だけを、のんびり販売して、永遠の月商◯◯◯万円企業を目指し。それでいて、銀行口座の中に、どんどんと現金が、増えていくという状態になっている。

そうすると、時間が経過すればするほど、どっちが余裕になっていくのか?この視点から、若手経営者さんたちにアドバイスさせて頂いた。

法人設立から2ヶ月で2,000万円獲得

サッチェルがこれまで「創業融資」をサポートしてきたのは、メンバーの大多数が、現役サラリーマンという事実がある。

・旦那さんが融資を受けるパターン
・奥さまが融資を受けるパターン

の両方あるが、どちらかが、現役サラリーマンとして働いて、どちらかが、「北のセオリー」に集中的に取り組むという形になっている。

サッチェルが、最初にサポートしたのが、僕の実の弟で、孔明弟:主夫奥さま:現役サラリーマンという家庭で、孔明弟が「北のセオリー」に集中的に取り組む形になっている。

2014年11月に会社法人を設立し、新規創業融資として、1,000万円と1,000万円、合計2,000万円を、2014年12月末に獲得し、会社経営の道に乗り出すことができた。現役サラリーマンだと、毎月生活費などをかなり切り詰めて、ようやく毎月5万円を捻出。

5万円を12ヶ月間で60万円。60万円を33.3年間で2,000万円。

毎月5万円貯金を、ただの一度も欠かすこと無く、33.3年間続けた結果、ようやく目にできる大金である。

それが・・・サッチェルのサポートの元、・デザインも図も無い・黒色の文字と数字だけ「A4サイズ」の紙切れ数枚を、銀行に持っていっただけで、2ヶ月間もかからずに、新しく立ち上げたばかりの会社の銀行通帳に、ポンと2,000万円の現金が、振り込まれてしまった。

言うならば、人生を33.3年ショートカットできてしまった。

これは、孔明弟が特別ということではなく・・・メンバーが次々に立ち上がり、その再現性が確認されていることになる。

臨時ニュース『欧州中銀、量的緩和政策を年内終了』

『欧州中銀、量的緩和政策を年内終了』

2018年6月14日21:00欧州中央銀行(ECB)は14日、ラトビアの首都、リガで理事会を開き、量的緩和政策を年内に終了することを決めた。ユーロ圏では景気拡大が物価を押し上げつつあり、物価目標(2%近く)の実現に手応えを感じ始めたためだ。利上げを加速する米国に続いて欧州が量的緩和政策を打ち切ることで、世界の金融政策は危機対応の局面から平時へと大きく転換する。ただ欧州では足元で景気拡大のペースが鈍り、イタリアの政情も市場を不安定にしている。ECBは現在の超低金利が「少なくとも2019年夏までは現在の水準にとどまる」とし、利上げ開始に慎重な姿勢を示した。

流れてきた臨時ニュース『欧州中銀、量的緩和政策を年内終了』。

日本も今、日本銀行が「次元を超えた量的質的金融緩和」を行っているが。もしもこの流れが、日本にも来たらどうなるだろうか?

「量的質的金融緩和」が終わる。イコール、銀行から企業へのお金の◯◯の額が◯◯。

「金利が◯◯◯」イコール、銀行から企業への融資の金利が◯◯◯。

つまり、「北のセオリー」を新たにはじめようとしている方々にとっては、・新規借り入れの金額が◯◯◯・新規借り入れの金利が◯◯◯今日時点と比べると、不利な条件になってしまう恐れがある。

それでも、45年前ファーザーが、銀行とのお付き合いをはじめたばかりの頃は。銀行からの借り入れ金利は◯◯%を超えていたようで。

ファーザー:
「◯◯分の1の金利で借りるの怖がっているのは、あまりにも◯◯◯◯体質!」

・・・とおっしゃっているので、まだまだ有利な水準には変わりないが。スタート地点において、銀行からの◯◯◯◯◯◯が◯◯◯がお得に感じるし。銀行からの◯◯◯◯◯◯が◯◯ほうがお得に感じる。◯◯◯◯の条件が、厳しくなってくる流れが発生するとも予想されるので。

まだ今ゼロの状態だとしたら、なるべく早く1の状態に。

すでに1の状態だとしたら、なるべく早く2、3の状態に、「量的質的金融緩和」が発動している間に、行動しておいた方が、「量的質的金融緩和」終了後に、すでにはじめていた方々、新たにはじめる方々、両者間に大きな差が発生することも考えられる。

日本銀行の「量的質的金融緩和」が発動している内に、「北のセオリー」を開始。最低限ゼロをイチにしておくことは、優先課題になって来ると思われる。なお、「北のセオリー」をはじめるにあたり。

・どんな商品で物販を行えば良いのか?
・どうやって会社法人として売上を創っていくのか?
・こんな自分の状態でもはじめられるのか?
・考えてばかりで行動できてないが、まだ間に合うのか?
・サラリーマンを続けながらできるのか?

・・・このような不安と悩みを抱えている場合は、一人で考え続けていても、何も進展しないと思うので、まずは「◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯」を活用頂くと良いと思う。

実際、過去に「北のセオリー」をはじめた方々も、はじめは売る商品も決まっていない、ビジネスもはじめていない、現役サラリーマンの方々が多い。

サッチェルに◯◯することで、道が開けているのだ。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、物販に取り組む際、新規創業融資獲得がいかに重要になるかそして、期限がじりじり迫っていることについてシェアしたいと思い、

    ・物販スクールで教えられていることとは?
    ・自転車操業になってしまう物販の方法とは?
    ・日本における保証人制度の変更とは?
    ・金融庁による銀行へのチェックの実情とは?
    ・ダイスさんのアメリカでの不動産投資とは?
    ・アメリカでの個人の金融スコアとは?
    ・日本での新規創業融資を受けて飛んでしまったら?
    ・「北のセオリー」を実行している人たちの融資獲得額は?
    ・量的質的金融緩和が終了してしまったとしたら?
    ・70代の経営者さんたちが融資を獲得している現状とは?
    ・量的質的金融緩和と金利の関係とは?
    ・現役サラリーマンは新規創業融資を獲得できるのか?
    ・新規創業融資獲得で厳しい地域とは?
    ・新規創業融資獲得の最新の状況とは?
    ・どんな商品で物販を行えば良いのかわからない場合は?
    ・2015年1月からのサッチェル融資コンサルの融資獲得率とは?
    ・会社法人の特性とは?
    ・新規創業融資の申請で女性が有利な理由とは?
    ・「北のセオリー」を始める上でまずすべきなのは?
    ・労働せずにお金が増える仕組みを構築するためには?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。20代から30代の若手物販経営者の現状から考える、新規創業融資獲得の重要性についてお話しした56分57秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年7月度は、「物販起業のタイムリミット迫る!?」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年7月度音声リスト
    ◆7月1日:
    万年課長が実は「億り人」のライフスタイル
    (57分13秒/20.6M/MP3形式)
    ◆7月8日:
    物販起業のタイムリミット迫る!?
    (56分57秒/20.5M/MP3形式)
    ◆7月15日:
    「愛とお金の方程式」とは?
    (59分28秒/21.4M/MP3形式)
    ◆7月22日:
    「仮想通貨」で損しない思考法
    (56分34秒/20.4M/MP3形式)
    ◆7月29日:
    出世を目指す道に答えは無かった・・・
    (54分52秒/19.8M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
信用取引で利用する「お金」の秘密

信用取引で利用する「お金」の秘密

3月29日、東京証券取引所での取引開始早々、パナソニックの株価が下落。 車載用電池を供給する米国の電気自動車のテスラが28日に

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
お金がお金の価値を保つ人生とは?

お金がお金の価値を保つ人生とは?

僕が拠点としているマレーシアジョホールバルに、続々と若き経営者たちが移住してきている。 彼らと、ゴルフや食事・飲みに行き、時間

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

小学校4、5、6年中学校1、2、3年と6年間マンモス学校の保健委員を務め続けたのをはじめ・・・大人になってからも、四柱推命+門

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
万年課長が実は「億り人」のライフスタイル(音声)

万年課長が実は「億り人」のライフスタイル(音声)

2010年の社内における大々的な「副業バレ事件」によって、2010年12月31日を持って強制的に「円満退社」。これによって、約



dept