借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 物販大富豪からの政治献金案件情報

【帝】禁断の金融工学セミナー「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」

level001
【帝】禁断の金融工学セミナー「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」

一体僕たちは、何回同じことを繰り返せば気が済むのだろうか?

山に入って猪(イノシシ)を乱獲すれば、猪(イノシシ)はいなくなる。これは、僕たちが古の時代に、すでに何度も経験して、分かっていたことじゃないか。。

かつて僕たちの国には、ナウマンゾウがいた。ナウマンゾウは絶滅した理由。それは、縄文時代の僕たちによる乱獲が原因だったじゃないか。

僕たちが狩猟する対象とした動物たちは、僕たちの乱獲によって絶滅する。

その度に、僕たちは明日に焦り、僕たち自身と家族を守るため、必死になって代替になる動物たちを探し求めて来た。

けれども、その後僕たちは、生きるための手段として、一つの方法に辿り着いた。

それが、「農耕」や「酪農」いう方法だったはずだ。

悠久の時を経て僕たちは、「狩猟民族」から、「農耕民族」へと進化を遂げた。

その結果・・・僕たちは生きて行く過程の中、必要最低限食物を確保する手段を獲得したのだ。

そんな、僕たちの過去の歴史が、教えてくれる。僕たちは「狩猟民族」であり続けることは難しいのだと。

あるものを狩るだけでは、すぐに狩りつくしてしまうからだ。

「狩猟民族」はやがて、「農耕民族」へと進化を遂げるなければならない。

さもないと、僕たちは生きながらえることは困難。

これは、僕たちが過去に、経験済みのことなのだから。

現世でも「狩猟民族」は途絶える命運なのか?

「資本主義」というゼロサムのゲームルールの中で生きる現世の僕たちもまた、進化を遂げる時が来たようだ。

「昭和の時代」の頃主流だった、すでにある市場から狩っていく形の、「狩猟民族」的なビジネス・投資のパターンを捨て去り、これからの時代に生きるために、「農耕民族」的なビジネス・投資のパターンへと進化を遂げる。

その時がいよいよ来たようだ。

2015年以降の日本、「資本主義」の世界で「狩猟民族」のままでいると、悲惨な生活を余儀なくされる時代が本格的に到来する。

「狩猟民族」特有の、売れる商品(モノ・情報・サービス)は、いかなる手段を使っても売れるものなら、なんでも売ってとにかく稼ぐ!・・・という考え方だけでは、裕福になれない時代の到来だ。

たとえば、2000年以降に、話題になったマーケティング手法を例に挙げてみても・・・・。

FAXDMが熱い!
→FAXDMをはじめる
→FAXDMで稼げる
→ライバルが急増する
→FAXDMで稼げなくなる

メルマガが熱い!
→メルマガをはじめる
→メルマガで稼げる
→ライバルが急増する
→メルマガで稼げなくなる

ヤフオクが熱い!
→ヤフオクをはじめる
→ヤフオクで稼げる
→ライバルが急増する
→ヤフオクで売れなくなる

ブログが熱い!
→ブログをはじめる
→ブログで稼げる
→ライバルが急増する
→ブログで稼げなくなる

Amazon(アマゾン)が熱い!
→Amazon(アマゾン)をはじめる
→Amazon(アマゾン)で稼げる
→ライバルが急増する
→Amazon(アマゾン)で稼げなくなる

YouTubeが熱い!
→YouTubeをはじめる
→YouTubeで稼げる
→ライバルが急増する
→YouTubeで稼げなくなる

マーケティングと言えば、人気のある媒体を活用しての、狩り取るシェアの奪い合い。人気が出る媒体がでては、儲け目的に人が一斉にワット集まって来ては、全てを狩り尽くす。

山に猪(イノシシ)を見つけたと聞いては、山に入って、猪(イノシシ)を狩れるだけ狩る。乱獲によって山から猪(イノシシ)がいなくなれば、山で別の動物を・・・違う山で猪(イノシシ)を・・・・

まさに、あの頃僕たちが何度も繰り返していた、「狩猟民族」特有の行動パターン。

儲かる情報を見つけては手を出す。儲かる商品(モノ・情報・サービス)は、儲かる内にでを出して一気に儲ける。

市場がライバルたちで覆い尽くされ、全てが狩り尽くされ、やがて儲けられなくなる。

そうしたら、また新たに儲かりそうな商品(モノ・情報・サービス)を探す。儲かりそうな媒体や市場を探す。

猪(イノシシ)狩りの頃、古の「狩猟民族」時代から、僕たちが繰り返しやって来たこと。

また、僕たちは再び過ちを繰り返そうとしている。。。

現世に生きる僕たちは、もう一度、あの頃僕たちが、学んだ末に「狩猟民族」から「農耕民族」へと変わった経緯を思い出さなければならない。

「狩猟民族」から、「農耕民族」へのシフトは、「退化」ではなくて、「進化」なのだから。

行動が積み重なり続ける「農耕民族」

確かに「狩猟民族」と比べれば「農耕民族」には、勢いも派手さも無い。

けれども、「農耕民族」的仕事スタイルでは、たとえ猪(イノシシ)の肉が手に入らなくても、生き続けることができる。。

つまり、食べ物が無いことで迎えてしまう、死の恐怖から、僕たちを開放してくれる。その安心安定を確保したゆとりある状態で猪(イノシシ)の肉を手に入れる。

「農耕民族」としての活動・・・。

大地を耕し畑をつくる。

畑に種を植え、作物の育つのを待つ最初の88日間は苦しい。けれども、一度でも、88夜を迎えることができると、畑から食物が生まれはじめる。

1年後には、2倍の畑で2倍の量の食物を生み出すことができる。「農耕民族」で耕した畑からの成果は、継続的に積み上がっていくのだ。

2年後には・・・なんと4倍の量の食物を、生み出すことができる。なぜ、2倍から4倍に急増するのか?

それは・・・「農耕民族」の場合、安定的に食物を生み出し続ける環境を背後に、人を雇い入れることができるからだ。

耕した畑が大きくなるに連れて、畑から生まれる食物が増えて行く。自分たちだけでは食べきれなくなるくらい沢山収穫できるようになる。

すると、そこに様々な選択肢が生まれる。余った食物を、「狩猟民族」の方々が、食物が無くて困っている時に、物々交換してあげる。

または、畑で採れた食物をあげる代わりに、労働に励んでもらう。「狩猟民族」の方々と、敵対することなく、ドンドン仲間として取り込んで行く選択肢も出てくる。

畑から安定的に、食物が採れ続けるからから・・・毎月採れる食物の量を、ある程度先読みできるから・・・

人が集まり、人が集まるから、もっと沢山の畑を耕すことができて、もっと食物が採れる。

畑もドンドン広がっていく。多くの食物がさらなる食物を生む連鎖。やがて畑からは、自分が何もしなくとも、勝手に食物が採れる仕組が完成する。

その仕組み自体が、大きな「富」となるというわけだ。

だから僕たちは、明日の見えない「狩猟民族」であることを捨て、「農耕民族」として、歩む道を過去に選択したのだから。

11月1日(土)「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」

もう一度あの頃を思い出そう。

現世の、「資本主義」のゲームルールの中でも、「狩猟民族」であり続けることを捨て、「農耕民族」へと、共に進化を遂げようじゃないか!

僕が北の物販大富豪、香港大富豪、ドクターサイ、神々(すごいおかたがた)から直接授かった叡智を下に、「資本主義」のゼロサムのゲームルールの中、僕たちが「農耕民族」へと進化を遂げるための、具体的な手段を公開させて頂く。

来る11月1日(土)東京某所。

同じく「農耕民族」的な生き方を実践している、元銀行マン、松山光氏をゲストに招く形で・・・。

【松山光プロフィール】
Pasted Graphic
東京都大田区在住、慶應義塾大学総合政策学部卒業、銀行勤務13年、運用歴約20年、英語大好きで今は翻訳に従事。元銀行マン。現在銀行勤務時代からの夢だった、得意の英語力を活かした、大好きな翻訳の仕事をしながら、日本の銀行と日本の大手証券会社を活用した、独自の複合法を構築したことにより、毎月の配当で暮らす金利生活を謳歌している。

約4時間かけて、徹底的に公開して行く。

山に猪(イノシシ)を見つけたと聞いては、山に入って、猪(イノシシ)を狩れるだけ狩る。そういう営業&マーケティングスタイルを踏襲している「狩猟民族」たちが、本格的に苦しみ続ける時代の到来。

僕たちが今やらなければならないことは、とてもとてもシンプル。

狩り尽くされて山に猪(イノシシ)が無くなり、「狩猟民族」にとっての冬の時代が本格的に到来してしまう前に、「農耕民族」として「進化」を遂げること。

先の見えない「狩猟民族」から脱して、安心・安定を掴みとった上で大きなことに挑戦できる「農耕民族」へと進化を遂げるための具体的な方法を、セミナーという形で、約4時間かけて、ステップバイステップで、公開して行く。

11月1日(土)東京某所で開催するセミナー
【禁断の金融工学「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」】

「資本主義」というゼロサムのゲームルールの下、「金融工学」を駆使することで、先の見えない「狩猟民族」から、安定安心の「金利生活」を重んじる「農耕民族」へと進化を遂げる具体的な方法を、約4時間かけて語り合う。

◆第一楽章:「農耕民族進化論」

【ザ・農耕民族スタイル】
「狩猟民族」であり続ける限り、安心・安定・平穏を手に入れる事は無い。「金利生活」を下にした「農耕民族」への進化だけが僕たちを幸せへと誘う。

  • 僕が出会ってきた「金融大富豪」の共通点

  • 「狩猟民族」だった頃に僕が抱いていた不安

  • 僕が出会ってきた「金融大富豪」の共通点

  • 億を稼いでも不安に満ち溢れる

  • 不安がさらなる過ちを招き入れる

  • 「農耕民族」と「金利生活」の密接な関係

  • 「農耕民族」への覚醒め

  • 現役サラリーマンは「農耕民族」か否か?

  • 経営者は「農耕民族」か否か?

  • 「農耕民族」だけが手に入れる「新・ライフスタイル」

◆第二楽章:「農耕民族」への覚醒め

【松山式毎月分配型投資信託】
「狩猟民族」を捨てられない理由。それは安心・安定の形が見えないから・・・。「農耕民族」的な生き方でも十分に稼げることを証明しよう。元銀行マン、松山光が訓える安心・安全な日本の銀行x日本の証券会社を活用して、日本にいながら毎月分配型投資信託で金利生活を謳歌する方法。

  • 本業はお金のためでなく、ライフスタイルのために行う。

  • 本業の稼ぎを原資に、「松山式金利獲得法」で着実に収入を構築。

  • お金にお金を地道に稼いでもらう。

  • みらいの大きな夢よりも、毎月の着実・確実な回収。

  • 日本の◯◯銀行と◯◯証券の活用で、明日から誰でも「農耕民族」。
     

  • 銀行の定期預金と総合口座◯◯◯◯制度を活用したセーフティーネット構築方法

◆第三楽章:「農耕民族」は日常的にコツコツと

【松山式ポイント】
「農耕民族」は「日常」から、「金利」を意識する。松山光が日々実践している利回りを意識した株主優待券やポイントカードの活用方法。

  • ポイント及び株主優待の最大活用について。

  • ポイント利回り12%松山式「コンビニチェーンLのポイント」の超効果的な貯蓄法。

  • ポイント利回り12%松山式「コンビニチェーンSポイントカード」の超効果的な貯蓄法。

  • ポイント利回り11%~41%松山式・電鉄回数券による割引法。

  • ポイント利回り6.67%~23.33%松山式・電鉄回数券を金券ショップで購入する方法とは?

  • 松山式・某居酒屋チェーンでの宴会の幹事で自分だけ超お得法。

  • ポイント利回り20%~50%松山式・某パンチェーンのパンのお得な購入法。

◆第四楽章:虚業と言われても「農耕民族」で「金融大富豪」

【ドクターサイの訓え】
法律・コンプライアンスを遵守した形で、ビジネスに「金融工学」を導入することで、ビジネスのエンジンとも言える資金調達を効率的に行い、金融大富豪を目指す方法。

  • お金持ちは自分で勝負しない!

  • 貧乏人は、他人のノウハウの聞きかじりで自ら勝負し、手痛い失敗の洗礼を受ける。

  • ただのお金を資本という名前に変えるだけで価値は圧倒的に高くなる。

  • 正解は同じ乗り物に乗った群集心理にあり。

  • 投資ビークルの構成員に意志を持たせると、ミリオネアのオーディエンスカードのように難問もかなりの高確率で正解を選択できる。

  • 求心力は資本総額の二乗に比例するお金持ちには人も仕事も情報も、更にはお金も双曲線的に集まってくる。

  • 集団の投資資金は資金が増えると劇的に価値を帯びる。その人数で割っても個人よりはるかに高く。

  • 投資において、安心の確認という工程は価値を十倍にする。

  • 資本のリスクが二倍になれば、リターンは10倍になる。

  • 資本にまつわるリスクは、大きなリターンとして帰ってくる。

  • 優良情報は、安全という枠の中の、最大値というパズルにはめ込まれる。

  • ネオLTVマーケティングを知らないと長期繁栄は無い!

◆第五楽章:実体経済の中「農耕民族」として「物販大富豪」

【北の物販大富豪の訓え】

日本の中枢に影響力を与える力を持つ、「北の物販大富豪」が教えてくれた戦略術を活用し。実体経済に基づいた、物販を組合せた「金融工学」で、「本当のお金持ちの世界」の住人である「富豪」を目指すための戦略術。

  • 日本の実体経済に基づいた「金融工学」。

  • 孔明の実の弟が実践中。

  • 世の中のルールに従い「信用創造」によって「資金調達」する。

  • 儲けられる人たちだけが納税という形で社会貢献できる意識を持つ。

  • 予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」。

  • 表向きには絶対に明かされない予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」の正体。

  • 「東京案件」を最大活用する具体的なテクニック。

  • 予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」を、自らの実力で情報を獲得する方法。

  • 「日本の中枢」の方々との人脈を具体的に構築する方法。

  • 「北の物販大富豪」がいよいよ条件付きで降臨!「北の物販大富豪」との具体的な謁見方法。

  • 「禁じ手」予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」活用した投資倶楽部の運営方法。

以上、11月1日(土)東京某所で開催するセミナー【禁断の金融工学「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」】。

会場での参加可能人数は、50名のみ(動画撮影なし。音声の入手は可能)。

2015年から、「農耕民族」として新たなスタートダッシュをするためにも、今回のセミナーを活用頂きたい。

11月1日(土)東京某所で開催するセミナー
【禁断の金融工学「狩猟民族」から「農耕民族」への「進化論」】
http://sanadakoumei.com/entry-141101.html


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】松山式毎月分配の複利運用500万円が10年で約2,500万円への皮算用

僕たちが実行している「松山式」。「危険だけどワクワク皮算用方程式」を導入することで、可能性はもう少しだけ広がる・・・。 「松山

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】8月27日地下集会で元銀行マンによって検証される「東京案件」

「物販大富豪の戦略術」との相性は抜群。「物販大富豪」から入手した、「東京案件」もこの中に3つ含まれている。 物販を元に銀行から

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】どんな凄い人・組織に勧められようと投資はやっぱり自己責任

香港に到着するなり、すぐさまCitiBank(シティバンク銀行)に直行した。 投資部門の担当者に、電話で呼ばれて行ったのだ。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】松山式運用で南国マレーシアリタイアメント移住を実現する場合

「金利生活者」とはどのような生活をしている人たちなのか? 松山氏の例に続く形で、僕が実行している、南国マレーシアリタイアメント



dept