借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > サッチェル式究極の物販独立起業で創業融資

【帝】キラキラした目をしたウザったい程に燃え盛る男が吠える東京

level001
【帝】キラキラした目をしたウザったい程に燃え盛る男が吠える東京

武装色の覇気を纏ったネオサッチェルと一緒に、香港銅鑼灣(トンローワン)にある、鼎泰豊(ディンタイフォン)で2人で飯を食べながら・・・ついつい「ハハハハ」と何度も大きな声で高笑ってしまった。

笑い声的には、他の人達から見れば、「悪代官」と「越後屋」そのものだったと思う。

今回もサッチェルは、北野会長のお言葉によって、「サチって」しまったので、(「サチる」最近サッチェルが使う意味不明の言葉。。。)

サッチェルの正面にいると、やたら目がキラキラしていて、直視できずうざいぐらいに、熱気が沸き起こり続けている。

サッチェルは毎日、朝早くから、欠かさず、双龍門皇健美気功(おうけんびきこう)もやっているので、昨年とは嘘のように、エネルギーの塊になってしまっている。

孔明:「ムムム。。。懐かしいぞサッチェルのこの感じ。。。ああ、そうか・・・あの頃か。。。」

サッチェルと共に過ごした、小・中学生時代の頃のことが走馬灯のように蘇って来た。。。

正直に告白させて頂く。

実は、幼稚園~小学校4年生までの僕は、かなりの問題児だった。。。。今分析すると、僕の四柱推命の命式にも、そのまま出ている部分なのだが、財門のくせに、立門にあたる、自我とプライドもやたら高く、

そこが火行と来たもので、 常に心の中で、灼熱の炎が燃え上がっている状態が続いていた。。。

そんな中、クラスの同級生と口論になって、イライラすることがあると、相手が僕に対して口で罵ろうとしている時には、自動的に相手の顔にパンチが入ってしまっている。。。・・・位、心が燃えてしまっていた。。  

自宅にクラスの同級生の母親が、「うちの子がこんなになって帰ってきた!」と怒鳴り込んで来たりも、何度かあった。両親共働きだったので、いつも僕の祖母が対応していたが。。

そんなある日、クラスに転校生がやって来た。

それがサッチェルだった。

孔明:「サッチェル?妙に目がキラキラしていて、燃えていて、うざいやつだな・・・。絶対にこいつとは、友達にはなれそうにないな。。」

それがサッチェルの自己紹介の時の、最初の印象だったのを、覚えている。

興味本位に、実際に話しかけてみると・・・本当に熱すぎるほど、熱く・・・

孔明:「なんて燃え盛っている奴だ!そして目がキラキラして眩しい!目を直視できない!」

けれども、そのぐわーっと炎が正面からくるうざさが、僕にとって意外と悪くない感覚だったのだ。

僕がパンチを放っても効かない、屈強の体だったし。。(「月官の門」の身体的特徴は小学生時代から・・・)

次第に、 サッチェルとは、家に遊びに行ったりする関係になった。

サッチェルの自宅には、大きなビリヤード台があって、生まれてはじめて触ったビリヤードで、遊んでいたのを覚えている。

その時、サッチェルのお母さんと、僕のお母さんが、違う中学校で同じクラスだった。。・・・ということが判明したのだが。笑

(ひいおじいちゃんが共に「満鉄」だったのがわかったのは一昨年。。。)

サッチェルはいつも、勉強、スポーツ、、、と、何をやるにしても、やる気に満ちて燃えている。。

キラキラした目をした、燃え盛るうざい男サッチェルは、たちまちクラスの人気者になった。

常に、怒りとか負の気持ちで淀んだ、ダークサイドの灼熱の炎が心の中で常に燃えさかっていた状態で、自らをコントロール出来ず・・・という僕が抱えていた問題も、熱すぎるキラキラの目をした、真っ直ぐなサッチェルの熱気に触れていることで、収まっていった。

気がつけば・・・サッチェルと同じクラスになってからの僕は、(たまにしか)問題を起こさなくなっていたと思う。

むしろ、素行が良くなっていったのではないだろうか?

そして、心の中の炎を、サッチェルと同じように、「やる気」という部分で、活用できるようになっていったわけなのだ。

そして、サッチェルと一緒にいるとなぜか、僕はサッチェル以上には熱くなることができず、むしろ熱いサッチェルの炎の影に、隠れて冷静になることができる感があり。

その時から、頭脳がクルクルと働くようになる、感覚を覚えた。。。

恐らくあのタイミングが、僕の運命変更・・・。発動条件の一つが揃う。 

僕の「月財の門」の資質というものが、次々と発動した時・・・。

僕はその時、周りの仲間達が必要としていることに、気づくのが上手なようで、今は金(カネ)、昔は女子。

  • 保健委員長である立場を暗用して、学校中の女子のデータを把握したり。

  • 保健室にある「古文書」(「無修正」系の医学書)の存在を、他のクラスの同級生に明かしたり。

  • 中学で一番美味しい部活が剣道部であることを即座に発見。(男女比が、女子5対男子1位・・・)全く「剣道」に興味がなかったサッチェルに漫画「六三四の剣」を渡して、剣道に興味を持ってもらい、無理やり一緒に剣道部に入部させたり。(僕も「剣道」には全く興味なかったが入部・・・)

  • バイブル(性書)・・・「女の子のってどうなってるんだろう?」とみんなが疑問に持っている時に、、外国人ガンガン系(当然日本人も)の無修正の裏ビデオを入手して両親共働きを良いことに僕の自宅でみんなで裏上映会。

・・・次第に、僕自身の自我を消して、自分のためではなくて、月財の門としての囚われの通りに、仲間のために動けるようにも、なっていったのだ。

その後、中学校の頃は、サッチェルと同じ剣道部だったともあり、サッチェルとは毎日一緒にいるようになり。

自宅に帰った後も、竹刀を改造して、13キログラム位の竹刀にして、夜中に近くの神社の境内でサッチェルと待ち合わせをして、1,000回素振りをしたりしていた。

・・・小学校5、6年、中学校1~3年と、5年間も一緒にいたので、サッチェル&孔明エピソードを挙げだすとキリがないが。。 

今回、香港ので開催された、北野会長との謁見宴(ディナー)。終了後のサシの鼎泰豊(ディンタイフォン)にて、熱気に満ち溢れ、キラキラした眼で、熱すぎるほど熱く語るサッチェルを見た時、あの頃の記憶が、次から次へと蘇ってきたのだ。

僕は再開した時に、非常に心配していた。2013年の3月頃に、僕のところに再び降臨したサッチェルに、あの頃の面影はなかったからだ。

映像チーフとして、テレビドラマ系の映像のしごとで、精も根も尽き果てそうな状態で。。(視聴率40%超え、銀行系大ヒットドラマの映像チーフとしてスタッフロールにも出てくるサッチェル。。。) 

眼の輝きを失い、心の炎が消えかけているボロボロの状態で、本当に心配だった。。。

その後、僕と同じく「双龍門」と巡り合い、グランドマスターの治療、食事療法、双龍門皇健美気功(おうけんびきこう)、などを駆使して、内臓(肝・心・脾・肺・腎)の問題を徐々に回復。。。

北野会長直伝の、物販大富豪の戦略術と巡り合い、活動を開始する。。。こうして・・・今、あの頃のサッチェルが。。。

いや、むしろ「武装色の覇気」の使い方を覚えて、あの頃よりも格段にパワーアップして、もっともっと、うざったいほどに真っ直ぐに燃え盛っている、キラキラした眼のサッチェルが、目の前にいて・・・。

僕は非常に嬉しく思ったのだ。

今のサッチェルなら、全ての問題は問題でなくなり、僕たちの戦略術通りに、「金融資本主義」の世界で、勝ち上がって行くことができる。。。

僕はそう感じて、物販ビジネスによる、今後の収益を皮算用していった時に、ついつい、サッチェル完全復活&覚醒の嬉しさと合わさって、越後屋のような声で、高笑いしてしまったわけなのだ。

そんな、サッチェルの、「気」の流れを知ってか知らないか?公開してすぐに、満員御礼となった「サッチェル祭り」。

運営事務局の手配により、急遽!会場を広く変更。

僕たちが丁度、北野会長との謁見宴に参加するため、香港に来ている内に、あっという間に、東京会場での参加枠が「満員御礼」になったとのことだったが。

運営事務局の方より、当初の予定通り、先着順で参加枠に入れなかった方々に、 参加枠が確保出来なかった旨を連絡しようとしたところ。。。

サッチェル:「可能であれば、できるだけたくさんの皆様の助けになりたい!」というサッチェルからの一言があったようで。

再び運営事務局の方で動いたところ、急遽、広い会場を押さえることが出来たので、実質、東京会場は、後20名ほど追加で参加可能になったとのこと。

既に600名以上が受講した。僕が音頭を取らせて頂いたセミナー「10年以上存続するための「農耕民族」的経営戦略」。

この内容を受ける形で、特に北野会長直伝の、「北の物販大富豪の戦略術」に絞った形で明日、2月14日に東京で開催される、「サッチェル祭り!物販大富豪への登竜門」。

今まさに、孔明弟と共に、現在進行形で実践を続ける、サッチェルの生の声を伺える貴重な機会。「月官の門」サッチェルだから可能な、実践者だけが語れる、痒いところに手が届く情報も満載の予定。

やる気がでない!

そういう場合も、サッチェルのキラキラした眼から放つ、うざったいほどに熱い熱気に触れることで、元気をもらえてやる気が沸き起こってくるかもしれ無い。

「サッチェル祭り」詳細は以下のfacebook内の、イベントページから確認可能である。

https://www.facebook.com/events/971862866175270/

追伸

最近、サッチェル個別サポートの方に物販地行の適性だけを求める申請もあるようだが。。。

  • サッチェルは適正をお教えするための相談窓口ではない。

  • 物販の適正判断は非公開。サッチェルは四柱推命鑑定士ではなくて、将軍なので細かいところまでは理解していない。

  • メインは僕がサッチェルとの相性を見ている。サッチェルの能力を下げたくないので。

  • 適正をしっかり知りたい場合には無料でなく、別途四柱推命鑑定に(といってもスケジュール組めない状態。)

・・・という形なので、サッチェルに対して、「私の適性は?」という質問は、遠慮頂きたい。逆に審査落ちする要因にもなるゆえに。。。

失敗しない創業融資2,000万円!2015年最初のフォローアップ相談会 「サッチェル祭り!物販大富豪への登竜門」

https://www.facebook.com/events/971862866175270/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】発覚!47.3%が女性の実績という異常値「北のセオリー」の登竜門

【帝】発覚!47.3%が女性の実績という異常値「北のセオリー」の登竜門

しかも、76%が「物販ビジネス未経験者」 孔明:「な、なんと・・・本当ですか?これは凄いですね!女性の再現率が凄い!」 サッチ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】創業融資という人生一度の数千万円獲得チャンスを月官門サッチェルと共に挑戦すべく立ち上がった勇者たち

【帝】創業融資という人生一度の数千万円獲得チャンスを月官門サッチェルと共に挑戦すべく立ち上がった勇者たち

創業融資という人生一度の数千万円獲得チャンスを月官の門サッチェルと共に勝ち取ろうと、一人、また一人と、勇気ある挑戦者たちが立ち

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】長女へ「サラリーマンになるな!女性が活躍できる会社は日本には1社も無い」

【帝】長女へ「サラリーマンになるな!女性が活躍できる会社は日本には1社も無い」

東京某所、月官門サッチェルと共に、開催する「地下セミナー」に長女ピスミン12歳が参加した。 しかし、これは何も、孔明パパとして

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
22名合計3億500万円「サッチェル融資」仲間たちが東京銀座に集結

【帝】22名合計3億500万円「サッチェル融資」仲間たちが東京銀座に集結

「サッチェル融資」仲間たちと東京銀座で朝4時までアルコール三昧。「北のセオリー」に基づいた、「サッチェル融資」の実績。創業融資



dept