借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】大もうけ後の「飛んでイスタンブール」を回避する「北野流歩行術」@地下ソサエティ

level001
【帝】大もうけ後の「飛んでイスタンブール」を回避する「北野流歩行術」@地下ソサエティ

あの日、サッチェルと僕は、銀座の某ビジネスホテルへ。北野会長を迎えに行った。すると、偶然にもドンピシャのタイミングで、北野会長が今まさにチェックインされるタイミングでの遭遇だった。

サッチェル・僕:「北野会長、お疲れ様です。本日もよろしくお願いします!」

ペコリ頭を下げて、北野会長に元気よく挨拶をさせて頂いた。けれども、

北野会長:「あ、どうも。」

それほど振り向きもされずに、非常に小さな声のリアクション。いつもは、迫力のある様子の北野会長。

けれども、なぜかこの日北野会長は、元気が無く感じた。体調を崩されたのかな?

まだ謁見宴(ディナー)会場への出発までの時間があったこともあり、サッチェルと僕は、北野会長が宿泊する ビジネスホテルの部屋に通してもらう。

一人だけ寝れるような、狭いベッドに狭い部屋。大の大人が3人入ると、圧迫感さえ感じるほどのギューギュー詰め状態。引き続き北野会長は、調子悪そうに、小さな声でお話をされる。

もしかして・・・ひょっとすると・・・年末年始の、突然の大暴落・・・。北野会長は、今回の大暴落では、取れなかったのだろうか?

それとも、何かビジネスかなにかを、飛ばされたのだろうか?

サッチェルと僕の顔もこわばり、心配になるほどだ。そんな時に、

サッチェル:「会長、今回の大暴落相場では、いかがされたのでしょうか?」

話を切り込んだ。すると・・・北野会長は目を下の方に向けて、静かに語り始めた。

北野会長:「ああ、取ったよ。年末から待ち構えてたからの。初日で◯億円抜いて、後は抜いた金(カネ)で追い詰めてった。」

孔明:「えええ、すげー!年始そうそうそんなに抜かれたのですか!」

サッチェル:「おおお、流石です!!」

・・・な、なんと、北野流の真骨頂「辻斬り」からの「袈裟斬り」を連続で炸裂させて、たったの一週間で、◯◯億円も株式市場から抜かれた。

そして、見事に抜いた億単位の金(カネ)を、相場から持ち帰って来られていた。

株式市場という修羅の世界で、44年、ただの一度も飛ばされること無い、「無敗神話」は引き続き。またもや、伝説的な太刀筋で、普通の人が一生を数回繰り返せる程の金額を、年始早々もうけていらっしゃった。

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

にしても、そんな様子が、北野会長の様子からは、まったく伺うことができないこと、不思議に思った。

普通ならば、大きく金(カネ)をもうけた後には、気が満ち溢れ、声にハリが出て、物凄いオーラのようなものを、発するのが普通であるが。北野会長からは、そういう類のものを感じるどころか。むしろいつも以上に、静かに大人しく、調子が悪そうに感じたからだ。

「肩が回っとるようだね」

「地下ソサエティ」のメンバーたちも、各々がビジネスと投資の活動をしていることもあり。元々の本業に基づく日々の活動の中で、もうかったり、もうからなかったりが当然ながらあるようだ。

毎月、毎月、どこかの国のレストランで、北野会長の下に集結して、互いの状況報告をしたりしなかったり。そんな中で稀に

北野会長:「◯◯さん、最近調子良さそうだね。」

・・・と、何も報告していないのに、突然、つっこみをいれることがある。

「はい。最近◯◯ビジネスの方が、調子が良いんです。」

孔明:「おおお、会長、◯◯さんはまだ何もお話していないのに、なんで分かったのですか?」

北野会長:「座って黙ってオレの話を聞いてたけど、肩がまわっておった。」

孔明:「調子が良いって褒められていいじゃないですかー!」

はじめの内、僕はこれを、北野会長の「褒め言葉」だと思っていたが、実は違ったようだ。

なぜなら、北野会長から、「肩が回っちょる。」・・・と言われた方は、その後高い確率で、ビジネスや投資で失敗したりして、飛ばしてしまうことがあるからだ。

そんなことが、数回あったあと、北野会長に伺ってみると・・・。

北野会長:「ビジネスや投資で金(カネ)を大もうけした後が、一番危険だ。もうけた後、肩が回った状態のまま大手を振って外を歩いていると。まずは後ろからオンナが寄ってきて、金(カネ)を奪い。さらに、その後ろで、詐欺師が待ち構えている。

 結局、稼いだ金(カネ)全部巻き上げられる。昔はオレの先輩たちも、銀座には沢山いたが、みんなそれで消えていった。数十億円、数百億円の金(カネ)を飛ばして「飛んでイスタンブール」。ビルの100階から飛び降りて死んだ。金(カネ)を大きくもうけた後は、大人しく家に篭もり、亀のようにこたつの中に頭を突っ込んで、小さくなって隠れてないと。」

・・・とおっしゃった。金(カネ)をもうけた後、気と態度を大きくしていると、飛ばしてしまうのだと。

つまり、北野会長から「肩が回っちょる」というツッコミが入るということは、「褒め言葉」ではなく、注意をうながすことば。そのまま、調子に乗って、新たにビジネス・投資に手を出すと、確実に「飛んでイスタンブール」になるという「予兆」。「危険信号」と、とらなければならないわけだ。

「肩が回った」時が「飛んでイスタンブール」の前兆

そういえば昨年も、平城さんと僕が香港に旅に出かけた時、僕たちよりも若い経営者Gクンに「久しぶりにお会いしたい」と呼び出された。

話を聞いていると、ここ1年間で、ビジネス・投資の方で、かなり大きくもうけたようで、終始その自慢話だった。

経営者Gクン: 「頑張ってくれた従業員にそれぞれ1億円の給料を出そうと考えているんです。」

孔明:「えええ、スタッフに給料1億円ですか?僕確かGクンのところの、従業員登録してましたよね!」

・・・と、冗談を言っていたりもっしたが、後から振り返ってみると、経営者Gクンは、その「肩が回りまくっていた」時が最高潮のときだったようで、その後一気に転落。

ビジネス・投資・・・立て続けに飛ばして、「飛んでイスタンブール」。いまではまともに、連絡もつかない状態になってしまったようだ。

他にも、今年の頭にジョホールバルで一緒にディナーをした若手経営者の方も。昔は謙虚でまっすぐな青年だったが、その時は経営者として、ビジネスの方が絶好調なようで、声も態度も数倍大きく見えた。

最近、再びディナーを共にしたところ、「飛んでイスタンブール」にはなっていないようだが。新しくはじめたビジネスに、かなり経費を投入して臨んだものの、結局うまくいかなかった。かなり調子が悪そうで、「やけ酒」状態になってしまっていた。

・・・ここ最近だけでも、このようなパターンは、いくつも見てしまった。

いや、僕の大先輩に当たるような、超凄いカリスマ経営者や投資家系の御方々も。。。ビジネス・投資が絶好調で、声と態度が大きくなり、食事と酒が華美になった後。複数の新規ビジネス・投資に立て続けに手を出し始め。みなさん揃いも揃って、様々なトラブルに巻き込まれ、「飛んでイスタンブール」。高から床に叩きつけられる形で、絶不調の状態に陥ってしまっている。

何を隠そうこの僕も、2011年、2012年と、独立起業後一気にビジネスが加速した時に、ビジネス・投資で、大きく飛ばし。。。「飛んでイスタンブール」とまではいかなくとも、有り金・財産・・・その大多数を失うに至った。

・・・確かに、全員共通点が見られることだ。

『飛んでイスタンブール方程式』

  • ステップ1:ビジネス・投資で当たり大きくもうける
  • ステップ2:声と態度がでかくなり、肩が回り出し、衣食住が華美になる
  • ステップ3:自分は天才と錯覚して、手当たり次第にビジネス・投資に手を出す。
  • ステップ4:新たに手を出したビジネス・投資全部失敗して「飛んでイスタンブール」。

ただの一つも例外なく、「鉄板焼き」のパターンのようだ。僕自身、自分の経験含めて、何度も何度も直接見てしまったことだ。

数百億円飛ばした北野会長の先輩たち

東京某所の地下レストランで開催された謁見宴(ディナー)後、「地下ソサエティ」プラチナで、一番初期から参加されているアクニンさんと共に、北野会長の東京マンションへ。コンビニで買い出ししたウィスキーや缶ビールで、3人でチビチビと、飲みながら語ることになった。

お話の中心は、かつての北野会長の先輩たちのお話。ビジネス・投資で数十億円、数百億円単位の金(カネ)を飛ばし、「飛んでイスタンブール」になった先輩たちの昔話である。

数億円もあれば、人生上がりなのに、一生を何回も繰り返せそうな金額、数十億円、数百億円飛ばすなど、僕には想像もできないことであるが、いくら金(カネ)があっても、先に挙げた「方程式」に当てはまってしまうと、みんな「飛んでイスタンブール」になってしまうようだ。

一度数十億円、数百億円を、見てしまった方々が、「飛んでイスタンブール」になってしまうと。それはそれは、目も当てられないほどの、様子になってしまうようだ。

かつて・・・北野会長が若かりし頃、北野会長よりも、身体が大きく、声も態度も大きく、ビシっとした高級スーツをまとい、頭をポマードでびしっと決めた先輩。

ビジネス・投資で大当てされて、数百億円の資産を持ち、銀座の街をどうどうと歩く姿は、「魔王」のような迫力があり、本当にかっこよかったという。飲みっぷりも、食べっぷりも、しゃべりっぷりも豪快で、オンナにもモテた。

ところが、そんな先輩も、「飛んでイスタンブール」になってしまった。その後、今日に至るまで、復活は無かったと言う。

自殺はされていないので、今でも生きていらっしゃり、ごくまれにお会いして、飲みに行くこともあるが。あの頃の迫力はどこへやら、背中を丸めた様子で、ネガティブ発言と共にどんよりした雰囲気だけが漂う。

けれども、酒が入り酔いが回りはじめると、突然当時を思い出したかのように、突然態度が大きくなり、店員さんに対して豪快に大きく声を荒立てたりする。その様子を見るのが、とても辛いとのことだ。

数十億円、数百億円「飛んでイスタンブール」になった北野会長の先輩たちのお話。切なく遠い目をされながら、アクニンさんと僕に対して、語って下さった。

「飛んでイスタンブール」を回避する「歩行術」

北野会長:「大きくもうけた時こそ、ぎゅっと小さくならんと。こたつの中に頭を入れて、大人しく縮こまってないと。」

・・・北野会長の先輩たちのお話をされた後の言葉。非常に重く、ずしりと響いた。そして、銀座のビジネスホテルで見た、北野会長が株式市場から、◯◯億円抜いた後の、北野会長の様子を思い出した。

北野会長は、むしろいつも以上に、静かに大人しく、調子が悪そうに感じた・・・、あの様子を。

突然、北野会長はソファから立ち上がった。

北野会長:「大きくもうけた後は・・・ 両方の◯をギュッと縮めて、◯足の◯指を見ながら、トボトボと歩かんと・・・。」

北野流・・・大もうけした後の、「飛んでイスタンブール」にならない「北野流歩行術」をジェスチャーと共に、教えてくださった。

アクニンさんと僕も、北野会長の歩き方を真似しながら、部屋の中を、「北野流歩行術」で3人でトボトボ歩いて練習をした。

普通の経営者は、

  • もうけていない時は小さく
  • もうけた後で大きく

・・・と、なるものだが、北野流では、ここまで真逆だったようだ。

  • もうけていない時は大きく
  • もうけた後で小さく

「飛んでイスタンブール」にならないよう、身につけなくてはならない習慣である。気がつけば、朝の4時になっていた。

北野会長にお礼を言った後、マンションから出て、帰路についた。・・・お酒を飲んだ後で、お腹が空いてしまったので、アクニンさんと一緒に、帰り道にある、24時間営業のお蕎麦チェーン店に寄ってお蕎麦を食べることにした。

時に、大きくもうけた後で、飛ばした経験がある、アクニンさんと僕。「北野流歩行術」は、絶対に習得しなければならないこと。

早速練習も兼ねて、北野会長から教わったばかりの、「北野流歩行術」で、日の出前の東京の街を、トボトボ歩きながら「お蕎麦屋」に向かった。

追伸

「重要なお約束」
 
「投資は自己責任」この言葉を理解できない場合は、投資をやらないことを強く推奨する。絶対に僕が書いた記事の真似をして、楽天証券やSBI証券の口座を開設したり、投資信託に投資したり、株の投資をしたり、しないことを強く推奨する。
  
あくまでも僕は僕の自己リスクと資金管理の元、「勝っても負けてもゲーム」。人生の中における、「プラスアルファの贅沢」として、楽天証券の口座を通して、投資信託と株の売買を、個人的に楽しんでいるだけであり。

その様子を、ブロガーとして、発信しているだけであり。楽天証券の投資信託や株を、僕の記事を読む読者の方々にオススメしたところで、楽天証券からコミッションやアフィリエイト報酬が、一円も発生するわけではない。
  
株や投資信託を、「絶対にやりましょう!」と、推奨しているわけではない。
  
むしろ、株や投資信託で勝ち続けることは、非常に難しい。

知識が浅いまま、株や投資信託に臨むと、「株価や基準価格が、上がったら持ち続けたり、買いまししたり、下がったら怖くなり、損切り手仕舞いをしてしまう。・・・確実に負ける動きをしてしまうから。
  
僕の場合は、45年間株式投資の世界で、ただの一度も飛ばしたことがない、北野会長を師と仰ぎ、45年間で培って来られた訓えや叡智を、毎月の北野会長との謁見宴(ディナー)を通して、直接質問しながら一つ一つ確認しながら、致命傷にならない範囲の小さな失敗を繰り返しながらも、鍛錬を繰り返して、ようやく形になって来た段階。
   
空手や柔道で言えば、2015年6月からの毎日の鍛錬の積み重ねによって、「初段」合格試験を突破して、ようやく「黒帯」を巻き始めたばかりの段階。
  
その僕の株や投資信託の取引を、「そんなことは私にもできる!」と知ったような気になって、すぐに飛びつくような形で、楽天証券やSBI証券などの口座を開設。
 
見よう見まねをして、投資信託や株の投資に臨むと、非常に危険である。
 
何も日頃の鍛錬をしていないのに、いきなり空手や柔道を、黒帯の方々と真剣勝負の試合で対戦する位危険である。空手や柔道では確実に捻挫・打撲・骨折などの大怪我を負うことになるが、投資の世界では苦労してビジネスで貯蓄したお金が瞬時に「飛んでイスタンブール」になる。
 
「僕の記事がキッカケで、株や投資信託をはじめて、飛んでイスタンブール」になりました!」
  
・・・と、後から言われても、当然ながら僕は、責任を取るたぐいも、補填のたぐいも、一切することはできない。

恐らく「飛んでイスタンブール」になってしまったその場合は、資金管理面含めて、僕がやっているやり方とは、違うやり方を「自己流」でやっているはずだから。
 
この点を留意して、僕のレビュー記事を読んで頂きたい。上記の約束を守れない場合は、僕の記事を読むのをただちに遠慮頂きたい。
  
あなたの、身の安全を願いながら、僕のレビュー記事を読んで頂く際の「お約束」として改めて明記させて頂く。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
2022年までに日本の仕事が半分になる!20年後、30年後、生き残れる仕事は?

2022年までに日本の仕事が半分になる!20年後、30年後、生き残れる仕事は?

北野会長:「2022年までに、日本の仕事が半分になる。」 ドドドン!! クアラルンプール某ホテルの謁見宴(ディナー)会場パーテ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「パワーボール」宝くじを米国で購入!1,500億円当選のシミュレーション

【帝】「パワーボール」宝くじを米国で購入!1,500億円当選のシミュレーション

米国の宝くじ「パワーボール」を、日本時間2016年1月11日購入した。「パワーボール」の抽選会が1月9日夜にあり、大当たり(ジ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】孔明のハワイ旅行の裏「両親がしてくれたことを子供たちに紡ぐ」

【帝】孔明のハワイ旅行の裏「両親がしてくれたことを子供たちに紡ぐ」

米国ハワイのワイキキビーチに家族で来ている。 これから、2015年1月8日まで、ワイキキビーチで過ごす予定である。 ハワイに来

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】「ジーク◯◯!」+211万3,991円「居合抜き」一撃メンバー

【帝】「ジーク◯◯!」+211万3,991円「居合抜き」一撃メンバー

僕の「居合抜き」一撃+20万9,964円が色あせた。日株式相場を眺めていると、面白い現象を発見することがある。。。今日も再び・



dept