借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > サッチェル式究極の物販独立起業で創業融資

サッチェルと2人だけの閉鎖空間で『ブラック』(全国行脚)

level001
サッチェルと2人だけの閉鎖空間で『ブラック』(全国行脚)

サッチェルと2人だけの閉鎖空間。目の前の席に座ったあなたが、まずすることは、サッチェルが差し出す、一枚の紙の内容に目を通し、サインをすること。

一体何の紙なのか?サッチェルとあなたの間で取り合わす『秘密保持契約書』だ。

「血の結託」とも言える、契を交わした後は、思う存分サッチェルと2人きりの、ブラックトークを楽しむことができる企画。

一体どんなお話を交わすことができるのか?

サッチェルの口からは公開することはできない。普段は「清く正しく美しい」サッチェルも、主君となったあなたのために語るこの空間な中だけは、「ブラッキー」な人間に見えるかもしれない。

その名も、『サッチェル融資(個別)SOSブラック』

「主君」のために「1対1」で起ち上がるサッチェル

サッチェルと2人だけの閉鎖空間で『ブラック』(全国行脚)

「門学」の「命運のシナリオ」に基づくと、2017年のサッチェルは、天:官門 地:立門が巡っていることもあり、

1、「官門」の特性
今まで活動の枠組みの中で、すべてはサッチェルを信用・信頼してくる相談者の為に・・・

2、「立門」の特性
官門特性を主軸とした上でサッチェル自身がやりたい活動

を遂行して行くとのこと。

そして、2017年のサッチェルが一体何が出来て、一体何が相談者のお役に立てるのか・・・?
 
この事についてしっかり考えぬいた上で導き出した結論がある。

「官門」には自分から歩み寄っていくといった文化風習がほとんどないので、一見すると「官門」はポツンとしているように見える。

このポツンの様子を他の門が見ると、「官門」は怒っていたり、不機嫌に見えるのであるが、サッチェルいわくそれは違う。

「官門」もネタやテーマを投げかけてもらえば、しっかり楽しみながら語り合うことができると。月官門のサッチェルは基本、1対多数は苦手で、1対1が得意。

けれどもコレまでを思い返せば、「北のセオリー」系のイベントに関して1対多数のイベントばかりやって来た。。。

そこで、今回サッチェルは、「北のセオリー」に特化した、「1対1」形式の全国横断相談会を企画したのである。

月官門のサッチェルは本来、サッチェルを頼って相談してくれる主君との「1対1」が一番得意、思う存分主君のために、力を奮ってくれるはずだ。

2017年『サッチェル融資(個別)SOSブラック』全国行脚

サッチェルと2人だけの閉鎖空間で『ブラック』(全国行脚)

・ブラックin東京:
4/14(金)、4/15(土)、4/16(日)

・ブラックin福岡: 
4/21(金)、4/22(土)、4/23(日)

・ブラックin名古屋:
5/5(金)、5/6(土)、5/7(日)

・ブラックin大阪:
5/12(金)、5/13(土)、5/14(日)

・ブラックin北海道:
6/9(金)、6/10(土)、6/11(日)

「北のセオリー」とは

「北のセオリー」は、「物販 × 融資 × 税務 × 投資」

この4つが揃って初めて成立する再現性が抜群の仕組み。掛け算なので、どれかひとつでも0(ゼロ)となってしまうと、再現できない事に繋がる。

「北のセオリー」を僕たちに授けて下さった御方。北の物販大富豪こと、北野会長はこれを、「システム」だとおっしゃっていた。

だから、戦略からズレる=システムが稼働しない=再現できない

世の中の常識とは真逆の仕組みなのだ、しっかり「物販 × 融資 × 税務 × 投資」を理解して進まないと本当に危ないという一面もある。

アレンジは絶対にダメなのだ。融資を引っ張って世の中の常識の普通の物販ビジネスを行うと創業企業の廃業率は、概ね1年以内30~40%。3年以内70%。10年以内80%。統計学として、既に、結果がでしまっているので、普通のビジネスをする為に創業して、融資を引っ張ってはダメだと僕たちは結論を出している。

また、融資を引っ張る事がゴールではない。融資を引っ張った後が大切だとサッチェルたちは考えている。

「北のセオリー」53名合計6億8,212万円の実績

サッチェルと2人だけの閉鎖空間で『ブラック』(全国行脚)

日本政策金融公庫にしても地方銀行にしても、創業融資の場合、「北のセオリー」のプログラム通りにやらないと望むような金額の融資が出ないことが考えられる。

銀行が大好きな北の融資の振る舞い・・・これも、北のセオリーと同様に、世の中の常識と真逆。

過去の相談の中で、ご自身でアレンジしてしまった為に、融資額が100万円、200万円・・・ちょっとしか出なかった相談者からの声を頂くと、「北のセオリー」に基づいたセオリーの通りに立ち振る舞う事が出来れば、サッチェルを召し抱えて、サッチェルと一緒に融資獲得を目指せば、もっともっと大きな額を引っ張れただろうに・・・

思わず、考え込んでしまう。

サッチェルの元には、全国の仲間からの生きた融資実績の情報や現在進行系の情報が集約されている。

だから、創業融資額が100万円から300万円が世の中の常識の中、「北のセオリー」の基礎を学び、サッチェルを召し抱えた「主君」達が続々と8桁の融資を獲得できているのだ。

『2015年「北のセオリー」融資実績』
1人目:2,000万円 夫創業、妻サラリーマン
2人目:3,700万円 元々経営者
3人目:700万円  元々経営者
4人目:1,700万円 元々経営者
5人目:2,000万円 元々経営者
6人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン
7人目:1,400万円 サラリーマン男性本人創業
8人目:1,500万円 知人が新規創業
9人目:800万円 元々経営者
10人目:1,300万円 元々経営者
11人目:1,500万円 サラリーマン男性本人退職後
12人目:2,000万円 サラリーマン女性本人創業
13人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン
14人目:600万円 妻創業、経営者
15人目:700万円 サラリーマン男性本人創業
16人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン

『2016年「北のセオリー」融資実績』
17人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン
18人目:1,300万円 元々経営者
19人目:1,300万円 妻創業、経営者
20人目:1,300万円 サラリーマン男性本人創業
21人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン
22人目:1,300万円 サラリーマン男性本人創業
23人目:700万円 サラリーマン男性本人創業
24人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン
25人目:1,500万円 妻創業、夫サラリーマン
26人目:1,300万円 個人事業主女性本人創業
27人目:2,000万円 妻創業、夫サラリーマン
28人目:850万円 妻創業、夫サラリーマン
29人目:800万円 妻創業、夫サラリーマン
30人目:700万円 妻創業、夫サラリーマン
31人目:1,300万円 妻創業、夫サラリーマン
32人目:1,300万円 夫創業、妻サラリーマン
33人目:1,050万円 妻創業、夫サラリーマン
34人目:1,000万円 奥さんともめて中断
35人目:1,500万円 サラリーマン男性本人創業
36人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン
37人目:2,000万円 サラリーマン男性本人創業
38人目:1,700万円 サラリーマン男性本人創業
39人目:1,600万円 元々経営者 2期以内だったので新規創業
40人目:1,000万円 夫創業、妻サラリーマン
41人目:1,272万円 妻創業、夫サラリーマン
42人目:1,300万円 海外から帰国の男性本人創業
43人目:800万円 妻創業、夫サラリーマン
44人目:750万円 サラリーマン男性本人創業
45人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン
46人目:500万円 元々経営者 追加融資
47人目:600万円 妻創業、夫サラリーマン

『2017年「北のセオリー」融資実績』
48人目:2,000万円 サラリーマン男性本人創業
49人目:1,000万円 サラリーマン男性本人創業
50人目:1,500万円 サラリーマン男性本人創業
51人目:1,200万円 元々経営者 2期以内だったので新規創業
52人目:1,500万円 サラリーマン女性本人創業
53人目:1,990万円 妻創業、夫サラリーマン

2017年2月時点で、53名合計6億7,712万円「北のセオリー」の「登竜門」「創業融資」を獲得。

女性自身が一人で「創業融資」に挑戦し、実際に「創業融資」の獲得に成功した事例は3名。夫である男性が会社勤務のサラリーマンの方で、妻である女性が代表となり「創業融資」の獲得に成功された事例は19名。

夫である男性が別の事業主の方で、妻である女性が新たに会社を設立し「創業融資」を獲得された事例は2名。

つまり、期間中「創業融資」の獲得に成功された女性は24名。

53名中24名、45.2%の方が女性の方が代表となり「創業融資」を獲得されたことになる。

創業融資において女性が圧倒的に優遇されている現状が、数字として出ているのだ。

これから新たにはじまる企画『サッチェル融資(個別)SOSブラック』の受講者ではないが、「参考」として、サッチェルとの「1対1」を経て、人生を激変させた方々の生のコメントを公開させて頂くと・・・。

参考:「サッチェル融資実績」レポート

夫婦で挑む女性Fさんからのお手紙 融資獲得額:1,300万円

丸善本店の膨大な書籍の中から、偶然に孔明さんの御本を手にとり、音声・メルマガ・fbグループを知り、サッチェル式ネットショップ開業。法人設立。

そして、まさかの創業融資を受けることができました。この8か月は、サッチェルさんに支えられながら、冒険をしていたようなワクワクドキドキの日々を送りました。

こうして、北のセオリーの一歩を踏み出せだせそうなこと(プラチナウェイティング申請中)、うれしいです。ありがとうございました。

夫婦ともに、「北のセオリー」に、ものすごく興味がありました。3人の子どもたちに、これからの世界を生き残る選択肢として教えてあげられたらなと思っていました。

しかし、夫はサラリーマンを続けていきたいと思っていたし、一方、専業主婦であり物販のすべを持たない私にとっては、まったく関係のない夢の話と感じていましたので、座学で終わってしまうだろうと考えていました。

最初は、サッチェル式のネットショップに興味がありました。特に創業融資を考えていたのではないでのすが、サッチェル式にのっとってショップを開きました。

その後、いただいた注文について不明なことがあったので、サッチェルさんに質問をしたときに、『一度、創業融資のスカイプ面談をしてみませんか?』と誘っていただきました。

そのときに、はじめて、「私のような者でも創業融資を受けられるの??」とビックリしてしまいました。

なので、今この機会に、サッチェルさんの融資サポートを受けるかor受けないかの決断しか選択肢として考えなかったので、他のサポートとの比較はしていません。

門鑑定等を受けたことはありませんが、サッチェルさんは、孔明さんの門のビデオをみて私が想像している、『MR.月官門』そのものでした。

私は、前のめりになりがち・・・。また、物販の上でも、創業計画の上でも、本当に、初めてのことが怒涛のように押し寄せてきましたので、戸惑うことが多かったのですが、そのたびに、適格にアドバイスをいただきました。また「前のめりにならない。落ち着いて」と言われ続けました。

スカイプの向こうのサッチェルさんから、信頼感だけではなく威圧感を感じていましたので、スカイプのたびに気持ちが引き締まり、次の課題をクリアしなくてはまずい!という気持ちになりました。

さらに、途中からは、サッチェルさんの融資コンサルに着実な実績が積みあがってきていたので、私もなんとか、サッチェルさんの実績をつぶさないよう、無事融資を受けなければ!という気持ちになっていた自分もいました。

そんなこんなで、着金まで8か月間、続けることができました。

◯◯◯◯◯から、門前払いの結果をいただいたこの時は、創業融資と北のセオリーもあきらめなくては・・・と真っ暗になってしまいました。しかし、すぐに、サッチェルさんから、次の提案をいただき、実行したところ、あっという間に融資着金でした。

一人では、間違えなく、投げ出していました。また、創業融資を受けるためには、銀行が喜んでくれるような状態と条件を整えていくことなのですが、いろいろ実行していく途中で、やはり迷いや不安の気持ちがでてきます。

世間の常識の真逆だからです。でも、不安を解消するためには、徹底的に自分の中のこれまでの常識を捨てる必要があると感じます。

それでも、また、時がたつと、やはり、また迷いがでてきますので、孔明さんやサッチェルさんのメール、fb投稿、音声などを繰り返し読んだり聴いたりしていました。

一から百まで、サッチェルさんのサポートがなければ、成り立たなかったと思います。

結局、着金まで、当初4か月の予定をたてていたところ、8か月もかかってしまいましたが、目標を達成できたのは、まったく、ぶれないサポートがあったからだと思います。

また、ネットショップを開くにあたっても、サッチェル式がなければ、私には、何もできなかったと思います。いつの間にか、ネットショップオーナーですので、本当に驚きです。

融資ストーリーについては、サッチェルさんに私のこれまでの経験をきいていただきながら、作成していきました。

創業アドバイザーの方や商工会の方に褒められました。ちなみに、創業関連のあっせん額としては、過去最高だそうです。

自分(または夫婦間)で、しっかり納得し、本気で創業融資を狙いたいとしたら、自信を持ってオススメできます。

簡単な道ではありませんでしたが、着金後は、今までと違う世界が、すでにチラチラとみえてきています。

銀行さんは、方程式をクリアさえすれば、積極的に融資してくださいます。その方程式を整えるために、サッチェルさんのサポートがあります。

また、地域や制度により融資の受けやすさが異なっているような気がしましたので、そのような情報もたくさん蓄積していらっしゃるはずです。

そして、こんな細かいことを質問してもいいのかな?ということも、積極的に質問して、自分の迷いや不安を消していくことをお勧めします。

私は最初のころは、疑問があるのに、遠慮したり我慢したりしてしまって、確認せずに余計なことをしたり、逆に不足したりしたこともあったので、今思えば、もっといろいろ
伺えばよかったなと反省しています。

創業融資は、人生で一回だけのチャンスなので、まずは、迷っていることをすべて無料相談を活用して相談してみてください。

それから、すごいスピードでいろいろなことが変化していきますので、それに対応するためにも、自分の身体と精神がついていけるように、断糖はじめ肝腎を整えておくことも、オススメします。

参考:サッチェル融資実績レポート

女性Oさんからのお手紙 融資獲得額:1,300万円

元々は映像のお仕事をされていて、専門家でない方なのに銀行融資コンサル???と疑問符がたくさん飛びました(笑)。

自分ひとりで会社設立→事業計画書作成→融資獲得、をやり通す自信がなかったため。そして、自己資金が少額でも何とかできる方法があるとSkype相談で伺ったのと、そのときのサッチェルさんのアドバイスがとてもわかりやすかったことが決め手でした。

やるべきことが非常に明確で具体的だったため、不要なことをせずに済みとても楽だな、と強く感じました。前職時からコンサルの利用は複数経験していますが、こういう安定感のあるビジネス系サービスの経験は初めてでした。

融資が下りるか下りないかや、希望金額が出るのかなど「待ち」の時期がとにかく不安で辛かったです。特に、最初に◯◯で大幅減額された後、◯◯◯や地銀からの連絡がものすごく遅かったこともあり、ほとんどパニック状態でした。

もしや初のダメ事例になるのでは!?と不安だったものの、この後どうすればいいかサッチェルさんに伺ってその通り進めていったら、別のところで満額下りたので……「どうしたらいいでしょうか?」と質問すると、スパッと返事をいただけたので、その都度「この人を信じて忍耐してみよう」と思えました。

融資獲得までの必要な、自分がやるべき行動やマインドセットの指示が非常に明確で、最後まで一貫してブレずとても安心できました。

あと、10ヶ月間に渡るコンサル期間の間、質問に対しての返答では曖昧な点が一切なく常にはっきりと的を射た回答を頂戴できてその都度、とても安心させてもらいました。

ストーリーは、それを元にした事業計画書は金融機関やアドバイザーからは「とてもよくできている」とどこでも言われたので、苦労して作った甲斐があったと思いました。

最初は、何をどうすれば適切なストーリーになるかわからず熱が出そうになったので、感動もひとしおです。

内容はもちろんですが、これはもう「サッチェルさんだからよかった!」としか言えません(笑)。

あと、一般的な税理士に依頼する融資サポートと比較するとトータルでコストパフォーマンスにとても優れているサービスではないでしょうか。

10ヶ月間でミーティング回数18回……質問や疑問があれば、その都度いつでもSkypeで確認できる……一般的なサービスだと、ここまでやってくれないです。最初、「高っ!?」と思ったのが申し訳ないくらいです。

時間と労力の短縮になるから、自分でやるより申し込んだほうが早いよ、と実際周囲に勧めまくってます。「だってわたしは1300万、実際に出たよ?」と。

『サッチェル融資(個別)SOSブラック』がお役に立てる事

『サッチェル融資(個別)SOSブラック』では、サッチェルと2人だけの閉鎖空間にて、まずはあなたとサッチェルとの間で『秘密保持契約書』を交わしてもらう。

「血の結託」とも言える、契を交わした後は、他に邪魔者はいない状況で、思う存分サッチェルと2人きりのトークに没頭することができる。

『サッチェル融資(個別)SOSブラック』参加者には、過去3回分の「北のセオリー」セミナーの、音声・動画・資料が事前に配布されるので、『サッチェル融資(個別)SOSブラック』参加前の予習。『サッチェル融資(個別)SOSブラック』参加後の復習。どちらも効果的に行うことができる。

『サッチェル融資(個別)SOSブラック』の中で、サッチェルと「1対1」の中で、トコトン語り合えることの一例を挙げさせて頂くと・・・。

・どうして借金(融資)を受けないといけないのか?
・どうして借りたお金を永久に返さなくて良いのか?
・そもそも、どうして「北のセオリー」が成り立つのか?
・北のセオリーとは
・大富豪たちの本業が物販一筋の理由とは?
・右肩上がりの売上・利益を目指してはいけない理由とは?
・商売相手は消費者では無いと言い張る根拠とは?
・動かない・働かない・何をするかゆっくり考えるとは?
・延命時間とは?
・9-8=1とは?
・表門と裏門とは?
・物販大富豪の戦略術で、絶対にやったはならない事とは?
・ビジネスで必死になると必ず死ぬとは?
・銀行から融資うけないでいくらビジネスをしても意味がないといっても過言でない理由とは?
・世の中の常識で物販(ビジネス)を行ってもどんどん辛くなる理由とは?
・銀行が経営者を見るポイントとは?
・北のセオリー30年の計とは?
・鶴を目指すな、亀となれとは?
・ビジネスの成功者をかわいそうと思える北のセオリーとは?
・株?投資信託?不動産?北のセオリーにとって、一番の投資とは?
・銀行が稼いでいる経営者を嫌う理由とは?
・新規創業融資の条件とは?
・銀行が好きな物販アイテムとは?
・税理士を引き連れて銀行へ行ってはダメな理由とは?
・銀行の選び方とは?
・銀行が一番知りたいポイントとは?
・銀行の思考法とは?
・七夕の法則とは?
・銀行が嫌いな作ってダメな名刺とは?
・銀行への行き方とは?
・銀行への服装とは?
・北のセオリーの適正がある門とは?
・居合抜きの適正がある門とは?
・創業融資の適正がある門とは?
・門学とは?
・門とキャラクター設定
・なぜ、門を知った方が効率が良いのか?
・門学の基づく利益分配について
・門の発動とは?
・生まれながらの門とは?
・門と四柱推命等の占術との違いとは?

「北のセオリー」に関する、サッチェルの理解は仲間たちが叩き出した実績と共に、現在進行形で進化成長している。

「北のセオリー」の疑問や質問や分からない点は他の誰に聴くよりも、ブレない男、月官門のサッチェルに直接聞い頂く事がもっとも確実であると断言することができる。

2017年『サッチェル融資(個別)SOSブラック』全国行脚日程

サッチェルと2人だけの閉鎖空間で『ブラック』(全国行脚)

・ブラックin東京:
4/14(金)、4/15(土)、4/16(日)

・ブラックin福岡: 
4/21(金)、4/22(土)、4/23(日)

・ブラックin名古屋:
5/5(金)、5/6(土)、5/7(日)

・ブラックin大阪:
5/12(金)、5/13(土)、5/14(日)

・ブラックin北海道:
6/9(金)、6/10(土)、6/11(日)

サッチェルが「1対1」をお約束する時間:約60分間

『特典』

  • 後日15分間無料Skype相談付き
  • 過去3回分の「北のセオリー」セミナー音声・動画・資料付き
  • 価格:49,800円

※「必ずお読みください」

「地下ソサエティ」の掟に基づく、契約書ベースの守秘義務があるので、以下に該当する部分は、お話する事ができない点ご了承頂きたい。

  • 「地下ソサエティ」プラチナ戦略に関しての詳細は一切回答不可能。
  • 具体的な税務、投資の手法に関しては一切回答不可能。
  • 具体的な融資の手法に関しては一部回答できないことがある。

2017年『サッチェル融資(個別)SOSブラック』への「エントリー」専用「エントリー」フォームより、日程の第3候補まで選択頂きたい。

『サッチェル融資(個別)SOSブラック』エントリーフォーム
http://order.sanadakoumei.com/sos_black/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】2月14日東京で開催される「サッチェル祭り」で一体何人「サチる」者たちが現れるのか?

【帝】2月14日東京で開催される「サッチェル祭り」で一体何人「サチる」者たちが現れるのか?

失敗しない創業融資2,000万円!2015年最初のフォローアップ相談会 「サッチェル祭り!物販大富豪への登竜門」 。専用fac

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
独立起業・創業融資サポートの場合「サッチェル祭3.0」視聴は必須条件

【帝】独立起業・創業融資サポートの場合「サッチェル祭3.0」視聴は必須条件

運営事務局:伊達 「サッチェルさん。少し広い部屋が取れたので、あと10名のみ当日参加可能になりました。」   サッチェル: 「

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】合格率45.9%「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス審査結果が示すこと

【帝】合格率45.9%「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス審査結果が示すこと

僕たちは生まれながらの命運に、抗(あらが)うことはできるのだろうか?これは、僕自身の人生の中でも、大きな課題となっていることだ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】キラキラした目をしたウザったい程に燃え盛る男が吠える東京

【帝】キラキラした目をしたウザったい程に燃え盛る男が吠える東京

武装色の覇気を纏ったネオサッチェルと一緒に、香港銅鑼灣(トンローワン)にある、鼎泰豊(ディンタイフォン)で2人で飯を食べながら



dept