借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2016年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

【帝】フィリピン不動産の現状と大富豪のキャッシュ方程式(音声)

level007
【帝】フィリピン不動産の現状と大富豪のキャッシュ方程式(音声)

日本の株式市場から◯◯億円を抜き去った剣豪であるミスターZ。

先日ジョホールバル入りされているタイミングで、それぞれと食事を共にさせて頂いた。
その中で、フィリピン・コンドミニアムについてお話しをしたのだが、大きな金(カネ)を掴んだ時、大富豪に共通する方程式を発見することとなった。

そこで、今回の孔明タイムでは、投資に取り組む上では、表側の情報だけではなく、裏側の情報も知ることが重要ということをお伝えできればと思い、大富豪たちが活用している金(カネ)と不動産の方程式とフィリピン不動産に僕が注目している理由についてお話させて頂いた。

フィリピン・マカティで契約書にサイン

シティバンク、インテル、マイクロソフト・・・一流企業が多く集まり、高層ビル群が立ち並ぶ、「フィリピンのウォール街」と呼ばれる副都心マカティ。

  • マカティのコンドミニアム ツーセントラル(TWO CENTRAL)の1部屋引き渡しに関する契約
  • 2011年頃購入申込した、セブのコンドミニアム 8ニュータウンブルーバード(8NEW TOWN BLVD)の 2部屋引き渡しに関する契約

合計3部屋のコンドミニアムの契約のために訪れた。フィリピンのコンドミニアムは、共同名義での購入・所有ができるため、3部屋の共同名義人になっている妻が同行。

孔明:「パパはどこに何買ったか忘れちゃうから、君たちが覚えていてね。」

パパの所有物現場確認として、娘たちにも学校を一日だけ休んでもらい、同行してもらった。

フィリピンでは、契約書の類は、契約書全ページにサインを入れていかなければならない。

2時間ばかりかけて、ただひたすらサインをし続けた時には、右手の人差指に、サインだこのようなものができている気がした。

引き渡しの契約書関連を完了させ、マカティの物件の現場確認をして、フィリピンでのミッションはコンプリートとなった。

そして、約2週間後。セブの物件である8ニュータウンブルーバードの「インスペクション報告書」が送られてきた。

8ニュータウンブルーバードは、フィリピンセブで有名な五つ星リゾートホテル、シャングリラ マクタン アイランド リゾート & スパ(Shangri-La’s Mactan Resort & Spa)。隣接している敷地の、特別区に新たに建設されたコンドミニアム。

僕は最上階の角部屋を、2部屋1つにコンバインする形で購入している。

インスペクションとは、物件引き渡し前の検査で、ユニットの中にキズや欠点がないかを確認し、ディベロッパーへ修繕依頼する大切なイベント。

セブ現地に渡航して、確認できなかったので、管理会社に代わってチェック頂くようにお願いしていたのだ。

「インスペクション報告書」には、

*玄関付近*
・表札、インターホン、コンセント差込口、ライト ⇒クリーニング
・のぞき穴内、汚れあり

*リビング・ダイニング*
・ダイニングテーブル染みあり
・テレビラックの蝶番、錆びあり
・床タイルのグラウティング汚れ

*セパレートバスルーム・トイレ*

・・・など、それぞれの修繕箇所が、事細かくチェックされていて、僕的には「神対応!」と感じてしまった。

これまで海外不動産を、中国、マレーシア、フィリピン、コソボ・・・各国で購入してきたが、今まで頂戴した「インスペクション報告書」の中で最も安心感があったためだ。

アジア各国の新興国の不動産価格高騰の正体

香港・マカオ・中国本土・台湾シンガポール・マレーシア・タイ・・・と、僕はこれまで、アジアを中心に居住したり、旅をしたり、ビジネス・投資の活動を行ってきた。

そんな中、肌で感じることは、アジア全体的に不動産価格があり得ない程に高騰しきっているということ。

僕が家族と一緒に香港で住んでいた、香港島の「太古」という駅にある、「太古城」というコンドミニアム・・・最近では物件価格が100平方米ちょっとの広さで3億円を超えていた。

僕が家族と一緒に中国広州で住んでいた、天河エリアの「天河新作」というコンドミニアム・・・最近では物件価格が100平方米ちょっとの広さで8,000万円を超えていた。

香港にしろ、中国本土の主要地区にしろ、もはや、僕たちが生まれ育った日本の水準よりも、高くなってしまっているのである。

香港や広州ほどでは無いにしろ、他のアジア各国でも同じような傾向が見られる。

「昭和の時代」に生まれ育った僕たちの、頭の中のイメージ「安いアジア」は、一体どこへいってしまったのだろうか?

「アジア」は、一体どうしてこんなことになってしまったのだろうか?

もはや僕たちにとって、「アジアで格差を利用して美味しい投資を」・・・は幻想と化してしまっているのだから。

僕たちはその答えを知っている。

それが、◯◯◯◯の「◯◯◯◯◯◯◯◯」である。

けれども、そんなアジア各国の新興国や資源国の中で、唯一この問題に縁遠い国が存在する。それが、フィリピンなのだ。

フィリピンだけは、この◯◯◯◯の「◯◯◯◯◯◯◯◯」の煽りを受けなかった、数少ない国の一つである。

フィリピンの実需価格がアジアで一番低い理由

実は、フィリピンには、銀行やネガティブリストにある企業に対する、「資本規制」というものが存在している。

これによって、他国の経済政策によるツケを受け入れる器が存在しない、もしくは弱い国となっている。

HSBC(香港上海)銀行や、CitiBankなど、国際的な大銀行でさえ、資本規制により、外部からの資金を持ってこれない状況にある。

これによってフィリピンは、世界中を巻き込んだリーマンショックの影響を、最も受けなかったアジアの国となった。

◯◯◯◯の「◯◯◯◯◯◯◯◯」の資金の墓場にもなりづらく、あおりを受けることがなかった。

結果として、フィリピンの不動産は、今日まで実需以外のバブルが起きていない珍しいアジアの国というポジションを獲得することになった。

実際、フィリピンの経済成長率は、唯一中国と並ぶ約7%台を誇る。

けれども、フィリピンの不動産は、他のアジア各国の新興国や資源国よりも、低いインフレ率約4%台に押さえられていたことからも、「資本規制」による効果の程が分かる。

つまり、フィリピンは、「アジア一不動産の実需価格の低い国」と位置づけることができる。

金融立国を自負するシンガポールや香港、◯◯◯◯の「◯◯◯◯◯◯◯◯」の影響で、資源バブルを起こしているオーストラリアなどは、日本に何かが起こった場合、日本の経済危機に真っ先に反応し、リスクヘッジどころか、共に沈む!というはめにもなりかねない。

僕たち日本人にとって、国際的な「資産のリスクヘッジ」に適しているのが、「フィリピン」になる。

僕も、今は家族と共にマレーシアに居住しているが、「投資」や「資産のリスクヘッジ」という部分では、「フィリピン」の比重を上げていて、常に重要エリアの一つとなっている。

マニラ、セブのコンドミニアムの他に、金融工学の神と呼ばれる御方、ドクターサイの手がけていらっしゃる、

ボホール島(Bohol Island)も、かなり熱いことになって来て、今後の展開が非常に楽しみだ。

仮にこの先、通貨や株式とかに何かがあったとしても不動産に分散投資しておけば、非常に心強いと感じている。

大富豪になるための重要な方程式

先日、ジョホールバル入りされていたミスターZ。御方はついここ数年間で、日本の株式市場から◯◯億円を抜き去り大富豪となり国外へ高飛びされた剣豪。

掴んだ多額の現金を下に、◯◯用で◯◯人が◯◯◯◯◯◯◯の中で、◯◯◯◯◯◯◯◯ものを徹底的に◯◯◯◯◯◯◯ている。

金(カネ)を掴んだら、現金で置いておくのではなく、「◯◯◯にして◯◯◯おく」。

北の物販大富豪、剣聖北野会長も、大暴落の度に、「必殺辻斬り」で、相場から大枚を掴みとり、◯◯◯に◯◯◯。

・・・これを繰り返して来られた、御方であるが、やはり、大富豪になるための重要なセオリーでもあるようだ。

僕たちは、剣聖や剣豪たちと比べると、まだまだヒヨコレベルの剣客で。可愛くチョビチョビ。。。・・・という感じであるが、

「株で大枚掴む→◯◯あり◯◯◯に◯◯◯」

単純でありながら、強い戦略術は、非常に参考になった。

投資について考える時、表側の目だけではなく、裏側の目を持っていると、見え方が異なり、非常に面白い発見がある。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーは、フィリピン不動産の現状をテーマとして、投資の裏側を理解している大富豪が金(カネ)を掴んだ時の方程式についてシェアしたいと思い

・投資とビジネスの世界で実績を出されている阿修羅とは?
・手元に届いたコンドミニアムのインスペクション報告書の内容とは?
・一般的なフィリピンでのプレビルドコンドミニアムの購入方法とは?
・インスペクション報告書の内容が、神!と感じてしまった理由とは?
・投資仲間と一緒に取り組みを考えているコンドミニアム運用方法とは?
・投資目的の不動産を購入している属性の人の特徴と方程式とは?
・デベロッパーの立場からプレビルド物件の販売を見ると?
・フィリピンの完成間近のコンドミニアムで格安物件が出る理由とは?
・大富豪に共通する金(カネ)を掴んだ時の行動方法とは?
・北の物販大富豪こと北野会長が次々に購入されたものとは?
・孔明タイムの音声を聞いているメンバーが、覚えておくべき方程式とは?
・北野流買った不動産の取り扱い方法とは?
・孔明がフィリピンで購入したショッピングモールの収益率とは?
・フィリピンに不動産バブルが起こりづらい理由とは?
・不動産をローンで購入する人と現金で購入する人の違いとは?
・孔明がマレーシア不動産を購入する際、銀行ローンを利用した理由とは?
・フィリピン不動産でデベロッパーが提供するローンの内容とは?
・孔明がマニラで保有しているコンドミニアムの今後の予定とは?
・海外不動産をこれまで語り続けてきたことで孔明に起こった変化とは?
・フィリピン、ボホール島で開発される画期的なスキームの不動産とは?

に触れながらお話させて頂いた。

なお、フィリピンに関しての僕の個人的な投資活動は、メール講座という形でまとめられているので参考までに。

30日間メール講座「フィリピンタイムマシン投資法」
http://sanadakoumei.com/lp/ph_timemachinek/

以上、大富豪たちが活用している掴んだ金(カネ)と不動産の方程式とフィリピン不動産に僕が注目している理由についてお話した1時間3分10秒の音声は、毎「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。

2016年3月度は、「フィリピン不動産の現状と大富豪のキャッシュ方程式」に加えて以下の音声が配布されている。

2016年3月度音声リスト

◆3月6日:
生涯収入5億円倶楽部の具体的な活用ステップ(スタータ音声)
(59分28秒/35.7M/MP3形式)

◆3月13日:
フィリピン不動産の現状と大富豪のキャッシュ方程式
(1時間3分3秒/41.1M/MP3形式)

◆3月20日:
出資金99%が償還された某案件と詐欺ファンドの見分け方
(59分38秒/39.5M/MP3形式)

◆3月27日:
本当の意味でのお金持ちとは?北野会長の訓え@タイ
(59分18秒/38.9M/MP3形式)

孔明タイムが音声が視聴できる生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員
http://5oku.com/doc/5oku/premier.pdf


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】トランプ大統領誕生と「地下ソサエティ」の今とこれから(音声)

【帝】トランプ大統領誕生と「地下ソサエティ」の今とこれから(音声)

『地下ソサエティ』プラチナメンバーは、トランプ大統領誕生の可能性を、早いタイミングから知ってしまっていた・・・。 そのおかげで

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】シアトル求人案件とJBの巨大人工島プロジェクト(音声)

【帝】シアトル求人案件とJBの巨大人工島プロジェクト(音声)

僕がマレーシアに家族と共に移住してきたのは、2011年1月、滞在6年目。 マレーシア・ジョホールバル(JB)のイスカンダルプロ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】低金利時代の日本不動産投資の考え方(音声)

【帝】低金利時代の日本不動産投資の考え方(音声)

東京某所、正装で身を固めた「地下ソサエティ」プラチナが30名集結。みんないつも以上に、緊張した面持ちをしていた。 その理由は・

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】「大富豪への道」はじめの一步の踏み出し方(音声)

【帝】「大富豪への道」はじめの一步の踏み出し方(音声)

ビジネスを始める前に、1,000万円、2,000万円というお金を獲得して、仲間たちが次々と、「大富豪への道」を歩み始めている。



dept