借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2018年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長(音声)

level007
I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長(音声)

世界の各地で仲間と集まり、ゴルフをやったり、酒を酌み交わしている様子をFacebookやブログにアップしていると・・・

不動産事業で成功していたり、IT事業をやっていて、社員を抱えている社長さんから、「孔明さんのライフスタイルは羨ましいです!」「自由度具合が目障りです・・・」と言われることがある。

情報時空上から、いつでも仕事を獲得して、お金を稼ぐことができるので・・・場所と時間に縛られることなく、パソコン1台だけで、仲間と世界を旅することも、家族と一緒に十分な時間を過ごすことができるのだ。

そこで、今回の孔明タイムでは、同じく時間・場所・お金・人の自由持つ平城寿@SOHOをゲストに迎えて、時間・場所・お金・人の自由をどのように獲得していくのか?についてお話させて頂いた。

    ☆平城寿@SOHOの略歴
    日本最大級のビジネスマッチングサイト「@SOHO」の開発者であり創業者。大学卒業後、内定を全て辞退し、半年間起業の道を模索するも断念。消去法で福岡のIT企業に就職し在職中にショッピングカートのレンタルシステムをヒットさせ1年半で23歳で1度目の独立を果たす。フリーランスのITエンジニアとして活動しつつベンチャー企業のCTOを兼任。大規模システムの経験を積むため26歳でアクセンチュアに再就職し、3年間トップ5%の評価を維持する。在職中に@SOHOを立ち上げ、軌道に乗せて29歳で2度目の独立を果たす。その後活動の場を海外に広げ、海外でのノマドスタイルを確立し「海外ノマド」という言葉を自ら定義し啓蒙活動を行う。その後ITエンジニアの独立起業をサポートする「スーパーエンジニア養成講座」を開講。2万人のメールマガジン読者にアドバイスを行う。その後業種にとらわれずに独立起業を加速させるための講座「平城式facebook」を開講。2017年2月23日に、『ITエンジニアのための「人生戦略の」教科書(マイナビ出版)』を上梓。

今の僕の「ワークスタイル」の礎は2010年にあった

かつて・・・ThinkPadこそが、漢(おとこ)のパソコンだと思い、他のパソコンには見向きもしなかった。

鈍く黒光りするボディに、叩くとその感触が手に跳ね返ってくるキーボード。無駄なく洗練されたスペックに、僕は浪漫のようなものさえ感じていた。

ThinkPadブランドが、IBMから、レノボに売却された時も、僕は浮気をすることなく、迷うこと無く、新しいパソコンにThinkPadを選んだ。

しかし、そんな僕にも転機が訪れた。「彼」と一緒に中国本土珠海にある、中国銀行に訪れる。中国銀行の行員が進める、積立型保険の勧誘を受け、手頃な案件だったので、申込をしようとしていた時のこと。

ソファに座るなり、「彼」がリュックサックから、銀色に光る一台のノートパソコンを取り出した。開いた瞬間、機体の背面についているリンゴのマークが白く、しかし控えめに鈍くぼんやりと光る。

僕は、かなり気になってしまったが、いやいや僕にはThinkPadが。。黒い機体、黒い機体、黒い機体、3回唱えて無視することにした。

しかしその瞬間、中国銀行の行員たちが、「彼」の周りに集まってきた。いや、「彼」の周りというよりは、銀色の機体の周りだろうか?

    行員A:
    「これはなんというパソコンなの?(中国語)」

    行員B:
    「少し触らせてよ。(中国語)」

全ての注目が、銀色の機体に集まるのである。気がつけば、見まいとしていたのも忘れて、銀色の機体を、ぼんやりと眺めている僕がいた。

その瞬間、僕の脳裏に不思議な情景が浮かんできた。妄想の中で僕は、なぜかスターバックスコーヒー銀座マロニエ通り店にいるのだ。

僕は黒い機体のThinkPadではなく、銀色の機体に、リンゴマークが鈍く白光りする、パソコンの前に座り。

すかした顔で、軽やかにパチパチとタイピングをしている。手を休めると、ダブルエクスプレッソコーヒーを、少し小指を立てる感じですすり飲む。

そして再び、銀色の機体に向かって、軽やかなタッチでタイピングをはじめるのだ。ハッと気づくと、僕は銀座ではなく、珠海の中国銀行にいる。

そして手元には、黒いThinkPadの機体が・・・。そしてつい、僕は口に出してしまったのだ。

    孔明:
    「ごめん。僕も、やっぱり、MacBook Airが欲しい。。。」

恥ずかしさで真っ赤な顔で。しかし、そんな時に「彼」は、ニッコリと微笑み、僕に言った。

    「いいですね。今度僕が買っておきますよ。」

僕が、Windowsを捨てて、MacOSに。ThinkPadを捨てて、MacBook Airに。機体を乗り換えたキッカケである。

僕にMacBookを持つキッカケを与えてくれた彼の名は、平城寿@SOHO。会員27万人を誇る日本一のビジネスマッチングサイト、@SOHOの創業者である。

平城寿@SOHOが僕にもたらした変化

それまでの僕は、仕事とは仕事以外のなにものでもないと考えていた。いつも眉間にシワを寄せて、一生懸命苦労をして働くことが仕事だと信じて疑わなかった。

そんな僕に転機が訪れたのは、2010年の夏。。。インターネット上での平城寿@SOHOとの出会い。

あの頃の僕はまだ、朝8時~夜8時まで中国広州の販社で、毎日働き続けるサラリーマン。

あの頃の平城寿@SOHOは、すでに独立起業をしていて、自分で建てたスケジュールの元活躍するI.T.系経営者。そんなお互い、全く違う環境下の状態での巡り合いだった。

しかし、同じ辰年生れだったこと。インターネット上で活動をしていたこと。

なぜか意気投合し、その後頻繁にコミュニケーションを取るようになった。外の世界で活躍する、同年代の平城寿@SOHOを見続けることで、

「よし、僕もサラリーマンを辞めて、外の世界で・・・」

そう思える勇気が持てた。平城寿@SOHOが僕にもたらした変化は、独立起業だけではない。

    平城寿@SOHO:
    「会社や◯◯◯は持たない方が良いです。僕たちの本社は◯◯◯◯◯◯◯や◯◯◯◯◯◯の中の◯◯◯◯◯です。」

2010年、平城寿@SOHOから言われて、◯◯◯◯◯◯した◯◯◯◯◯。確かに5年経過した今日時点でもなお、◯◯◯◯◯が◯◯と◯◯◯代わりになっている。

    平城寿@SOHO:
    「◯◯◯は極力◯◯◯い方が良いです。自分で◯◯を◯◯ようとしない方がよいです。仕事は◯◯◯◯◯◯◯を通して、◯◯◯◯に◯◯◯下さい。」

◯◯◯◯◯と◯◯◯◯。今なお、僕の会社経営を支える根幹部分になっている。

もしも僕が2010年に、平城寿@SOHOと巡り会えていなかったとしたら・・・。

恐らく僕は、無駄に◯◯の◯◯◯を持とうとしたり、沢山の◯◯◯を◯◯◯としたり。その維持とメンテナンス、◯◯◯◯だけで、心身共にボロボロの状態になっていただろう・・・。

ビジネスには、波というものがあるが。調子が良い時には、それでもやっていけると思うが、調子が悪くなった時にすぐに赤字に転落して倒産。再びサラリーマンに戻っていたかもしれない。

平城寿@SOHOが情報発信をスタートしたきっかけ

    平城寿@SOHO:
    「私は、今日々の生活において、全くストレスがありません。好きな場所で(場所の自由)好きな時に(時間の自由)好きなことを(仕事の自由)好きな人と(人脈の自由)を行うことができています。こういったライフスタイルを送ることができるようになったのは、振り返ってみると、32歳の時に、孔明さんと出会ったことがきっかけだと思います。」

元々平城寿@SOHOは、自分のITビジネスの将来像として、会社を上場させるといった典型的な成功モデルに憧れていた。

けれども、僕が東京で開催した「生涯収入5億円倶楽部」のオフ会に参加したことで転機が訪れた。

「生涯収入5億円倶楽部」メンバーが経営している鉄板焼きのお店を貸切りにして、20名ほどのメンバーが集まったオフ会。

顔見知りのメンバーだけではなく、メルマガの読者さんで、初めてオフ会に参加したメンバーも居る中、僕が主催者として中心にいて、その周りにメンバーが集まっている空間。

    平城寿@SOHO:
    「メルマガで情報発信したら、こういった素晴らしい環境が作れるんだ!」

ととても魅力的に見えたようだ。

影響を受ける形で、すぐにメルマガを始めて、その後facebookなどのSNSで、情報発信するようになった。

すると、主催するコミュニティや講座にどんどんと自分が好きな仲間が集まるようになり、楽しく、ストレスフリーな環境が出来上がったのだ。

    平城寿@SOHO:
    「たとえ、◯◯が◯◯◯くなったとしても、◯◯で◯◯◯◯でき、仕事を獲得できることが分かったので、お金に対する強迫観念が消えました。必要以上に貯め込もうといった焦りは全く無くなるのです。」

    「◯◯◯◯をするということは、ただ単にビジネスに結びつけるということだけでなく、自分の人生により充実を感じられるようになり、自分の人生だけでなく自分の周囲の仲間の人生も変えられる可能性を持っています。」

ひとり社長こそが究極のスタイル

2000年頃、I.T.企業の社長たちは、「3年後にはマザーズに上場します!」と口々に宣言されていた。

I.T.バブルという名の通り、インターネット系のビジネスで上場を果たした会社の株は一気に上がり、所有していた株は、数百億円とか数千億円の市場評価額になり。

誰もが憧れる、ビジネスを上場させた億万長者となった。

ただ、上場して時価総額が、何百億、何千億円規模になったとしても・・・自社株を大量に売ることはできないし、株主が上司になってしまうので、すごいプレッシャーの中で、毎日を過ごさなければならない。

死に物狂いに働いて、上場基準の売上・利益を追い求めた先に待っていたのが、バブル崩壊。

一代で上場まで果たした、スーパーI.T.社長の行末は、数十億円レベルの借金のみという有様で。

「◯・◯◯・◯◯・◯◯はいらない・・・」と、東南アジアで料理屋を開いたり、放浪したりといった形になっている。

そんな彼らのうしろ姿を見て、「そこに正解・ゴールはないんだな・・・」ということを学んだ。

これから僕たちと関わってくれる仲間には、会社を上場させることを目指さず、従業員も雇わない、ひとり社長として生きるライフスタイルを提案していきたいと思う。

ひとり社長は、自分がやりたいことで仕事を作り、お金にするので、必要以上に自分を大きく見せる必要がない。

そのため、中学・高校時代に、時間を忘れて夢中になって、プラモデルを作っていたような感じで、ストレスなく仕事ができる。また、ひとり社長は、会社の看板・組織の看板がないので、ごまかしが効かない。

最も重要視するのは、◯・◯◯・◯◯・◯◯ではなくて、自分自身の人生を通じて、果たすことができる◯◯・◯◯になる。

◯◯・◯◯を深掘りしていくことで、

「◯◯とは、こういうことなんじゃないか?」

と◯◯が◯◯する状態にも到達することができてしまうのだ。そこにたどり着くための手段として、

・◯◯◯の◯
 → すべてのモチベーションにつながる部分

・◯◯◯
 → 個人として社会の中での◯◯・◯◯の算出

・◯◯◯◯◯
 → 個人として活動する際のキー

・◯◯の力
 → キャラ設定、プロフィール作り

・I.T.◯◯◯◯◯◯◯

・◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯方法

・◯◯◯◯
 → ◯◯◯◯◯作成方法

・◯◯◯の活用術
 → 20年以上に渡る実績に基づくアドバイス

・選択肢としての◯◯◯◯

・◯◯◯◯学

などがあり、これらを網羅することで、究極のひとり社長になれると考えているのだ。

孔明タイムの音声を聞いてくれるメンバーには、ひとり社長として情報発信しながら、ビジネスを構築して、時間・場所・お金・人の自由を手に入れるメリットについてシェアしたいと思い、

    ・孔明がパソコンをMacbookにしたきっかけは?
    ・平城寿@SOHOが日本居住を決めた理由とは?
    ・平城寿@SOHOが乗っている車とは?
    ・日本のインターナショナルスクールで英語は学べるか?
    ・孔明が日本に滞在している期間とは?
    ・孔明が海外を拠点としている理由とは?
    ・孔明のマレーシアでの生活スタイルとは?
    ・人と時間と場所に制限が出る1つの要因とは?
    ・顧客との人間関係が円滑に行く上での秘訣とは?
    ・平城寿@SOHOと孔明の活動の2つのポイントとは?
    ・仕事とプライベートで同性、異性にモテる要因とは?
    ・仕事上での悩みが深い、辛くなる1つの要因とは?
    ・平城寿@SOHOがサラリーマンを始めて感じたストレスとは?
    ・孔明が日本のサラリーマン時代に苦労したこととは?
    ・お金の不安がなくなる1つの秘訣とは?
    ・企業を立ち上げて上場を目指す必要がない理由とは?
    ・社会での使命、役割が明確になった理由とは?
    ・ノンストレスで仕事をする感覚とは?
    ・究極の1人社長になるために必要な要素とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。時間・場所・お金・人の自由をどのように獲得していくのか?についてお話しした1時間7分16秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年6月度は、「I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年6月度音声リスト
    ◆6月3日:
    仮想通貨規制の流れとBTCでの出口投資
    (57分41秒/21.1M/MP3形式)
    ◆6月10日:
    「特別扱い」の欲求を満たす大切さ
    (1時間2分40秒/22.6M/MP3形式)
    ◆6月17日:
    究極の組織運営と経営学とは?
    (1時間8分37秒/29.1M/MP3形式)
    ◆6月24日:
    I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長
    (1時間7分16秒/24.5M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
万年課長が実は「億り人」のライフスタイル(音声)

万年課長が実は「億り人」のライフスタイル(音声)

2010年の社内における大々的な「副業バレ事件」によって、2010年12月31日を持って強制的に「円満退社」。これによって、約

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
仮想通貨ICO参加は見送るべき理由

仮想通貨ICO参加は見送るべき理由

香港の経営者の間でも、「仮想通貨/暗号通貨」は、旬の話題になっていて。経営者が集まると、本業ビジネスのお話はそっちのけで、「仮

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
男女の陰陽五行エネルギー相対性理論

男女の陰陽五行エネルギー相対性理論

僕たち男性にとって、女性はとても重要である。 どの位重要かと言うと、男性は100人、1,000人の男性たちから応援されるより、

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

小学校4、5、6年中学校1、2、3年と6年間マンモス学校の保健委員を務め続けたのをはじめ・・・大人になってからも、四柱推命+門



dept