借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2018年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

出世を目指す道に答えは無かった・・・(音声)

level007
出世を目指す道に答えは無かった・・・(音声)

2018年7月8日、東京某所の会議室で開催した「ひとり社長のための錬金術研究会」10時間合宿の中は・・・

平城寿@SOHOのI.T.ツールで稼ぐ方法。

真田孔明の、ライティングで稼ぐ方法。

さらには、I.T.ツールとライティングの融合的な活用方法を、とことんマニアックに追求することで、

・人・場所・時間に囚われない「ひとり社長」ライフスタイル
・社員を一人も雇わなくても既存のビジネスを回すこと
・非労働集約型のビジネスの柱を構築する
・一生自分についてきてくれるファン(顧客)を獲得する
・I.T.&文学の力を駆使することで異性からモテモテになる
・「パソコン一台」だけで世界中を旅することも、
 家族との大切な時間を過ごすことも可能
・自分自身の人生を通して果たすことができる
 使命・役割「天命」が発動する

といったことが実現できる「舞台裏」を余すこと無く公開しながら、伝授させて頂いた。

そこで、今回の孔明タイムでは、「ひとり社長のための錬金術研究会」10時間合宿を開催するにあたり、僕がサラリーマンを「円満退社」して、「ひとり社長」としてのライフスタイルを選んだ理由と、僕の「文章の方程式」を学ぶ上でのマインドセットについてお話させて頂いた。

「僕はこの会社の部長になる!」

力強い決意を固めて、東証一部に上場している玩具企業に入社したはずだった・・・。

地方公務員教員職一筋の母、サラリーマン一筋の父。

一度も転職することなく、定年退職を迎える年以降も務め続けた両親の元で生まれ育った僕。

自分がサラリーマンとして歩み続ける道を、信じて疑うことは無いはずだった・・・。

元々大勢の人の上に立つのが嫌いな月財門の僕。社長になろうとか、役員になろうとかまでは、正直思っていなかった。

でも、サラリーマンとして上場企業に勤め上げ続けるためには、富と権力、地位と名誉を一度は獲得してみたい。そのためには、最低限「部長」は目指さなくては・・・と強く思っていた。

けれども、毎朝早く起床、満員電車に揺られながら、定時に出社することが、当たり前の日常として感じはじめた頃。入社一年目の夏も終わりに近づいた頃、事件が発生した。

僕たち新人が配属された、事業戦略部の、課長・係長・主任が全員リストラされてしまった。

イキナリ全く別の方々と総入れ替えである。一体何が起こったのかと混乱するのは当然だった。

長年勤めあげたサラリーマンにとって、リストラとは死刑宣告に等しい。けれども、これは始まりに過ぎなかった。

翌年、僕たち新人たちは各事業部署に配属された。

僕が配属されたのは、米国玩具企業とのコラボレーションを行う部署。新しく配属された部署の中でも、日常的にリストラの惨劇を体感することになった。

朝礼の司会:「今日は毎月恒例のお別れ会を・・・あ、失礼致しました。」

・・・という失言に対して、つい笑いそうになってしまったが、下を向いてこらえた。こんなふうに、毎月のように、先輩たちのお別れ会が催されていた。

なんと、全社員1,000人以下の企業で、一年間で社員の3分の1が入れ替わってしまったようだ。

「有名な上場企業に入社すれば、生涯安泰では無かったの?」

両親たちから聴いていた話とはあまりにも違う、サラリーマンとして直面した過酷な現実。

サラリーマン神話・右肩上がりの昇進、昇給・終身雇用・年金制度・・・一体、どこへ行ってしまったのか?

会社に心臓を捧げる形で、長年真面目に勤務続けて来た、歴戦の戦士たちがアッサリと捨てられて行く。

主任も、係長も、課長も、部長も・・・どんなに優れた社内の肩書を持っていても会社組織の外に追い出されてしまえば。

会社員としての地位も名誉も、権力も何も意味が無くなってしまう。残るのは、会社の中で働いていたという思い出だけ。

「ひとり社長」の道を探求する旅に出かけることに・・・

そんな中で僕は、サラリーマンの身でありながら、勤務している会社に内緒でもう一つの収入を得てしまう。

そんな、「悪の道」に手を染めた・・・。結局僕は、新卒として入社した会社に、約12年間勤務し続けた。

しかし最後は、会社をクビになった。正確に言えば、「円満退社」だったので、クビとは言えず、自主退職なのであるが。

もしも、バレていなければ・・・「もう一つの顔」を持っていたとは言え、会社を退社するつもりは全く無かった。

けれども、サラリーマン一筋で、日本の某地区の支社長をしていた父親が、病気になり、誰もいない暗い家の中、衰弱しきった身体をいたわりながら暮らす日々の様子を見た時と。

僕の「副業バレ事件」が重なってしまっていた。

だから僕は、サラリーマンとして、富と権力、地位と名誉の獲得を目指して生きる道は、ここで終止符を打とうと、覚悟を固めることができた。外の世界へ。

「ひとり社長」の道を、探求する旅に出かけることになる。

確かに「ひとり社長」として生きる道には、大きな会社組織の中で、高みに君臨することで得られるような、富と権力、地位と名誉を味わうことはできない。

けれども、「ひとり社長」という道には、定年退職は無い。

そして、活動の手を止めない限り、富と権力、地位と名誉とはまったく別の種類の、感動を味わい続けることができる。サラリーマンの父を持ち、サラリーマンを12年間経験した僕。

そんな僕が、サラリーマン神話が崩壊した今。富と権力、地位と名誉を得るべく会社組織の中で昇る代わりとして、提案したいのが。「ひとり社長」として生きる道。

これは、平城寿@SOHO真田孔明@四柱推命鑑定士、今僕たち2人が、歩み続けている道なのだ。

真田孔明の文章には「方程式」が存在している

「昔からメルマガ読んでます!以前から、文章だけでメチャクチャ稼ぐ、真田孔明さんからライティング法を学びたいと思ってました!10時間合宿、7時間目の「群衆が動く形式美「伝家の宝刀コピーライティング」の部分を特に楽しみにしています!」

・・・というメッセージを、経営者のH.T.さんから頂戴した。

自ら言語化すると、とても恥ずかしいことではあるが、「真田孔明さんの文章って凄いですね!」とオフの世界でお会いした方々から、おっしゃって頂くことがある。

一方で、オフの世界で開催するアクティビティ。スタバとかで肩を並べる形で、コーヒーをすすり飲みながら、Macに向かってパチパチし合うだけの「黙々会」で同席した方々からは、

「えええ、真田孔明さんって、そんな悩みながら執筆してたんですね!意外でした!もっと天才的にスラスラと書いてるのかと思いました!」

・・・と、言われてしまうことが多々ある。当然である。

僕、月財門の真田孔明は、「天才」ではない。月財門の僕には、◯◯も◯◯も一切ない。

ドドン

月財門の僕は、物事を遂行する時に、必ず先に「◯◯◯◯」に当たる、「方程式」を何よりも先に構築してから遂行する。

つまり、僕の書く文章には、「方程式」というものがしっかりと存在している。

この「方程式」は、僕自身だけでなく、僕以外の誰がやっても、忠実にやればその通りになる類のもの。

僕自身がいまだに、過去に自ら構築した「方程式」の通りに執筆している。◯◯◯、それが◯◯◯◯◯◯◯◯とは◯◯◯◯。

正直、2004年~2018年の今日まで、14年間もブロガー(メルマガ)として毎日のように何かしらの執筆を続けて来た僕が、いまだに思うことである。

「なんて僕は◯◯◯◯だろう・・・◯◯◯◯◯◯だろう・・・◯◯◯し。。」そう◯◯◯的な◯◯◯◯状態に◯◯◯しまうこともある。

だから、「10時間合宿」を通して、僕のライティングを学ぶ前に、予め正直申し上げておきたい。

10時間合宿、7時間目「群衆が動く形式美「伝家の宝刀コピーライティング」として、僕のライティング手法・・・舞台裏にある「方程式」というものを、包み隠さず公開させて頂いたが・・・

長年の研究により、「方程式」を編み出し、「方程式」を使い続けて来た僕でも、毎回全部が「イケてるか?」というわけではなく。むしろ◯◯だらけ。

「沢山◯◯な文章を書いてる中で、たまに◯◯◯するものが出る」・・・という感じである。

打率で言うと、◯割バッターくらいのイメージとなることは、予め隠さずお話しておかねば・・・と思う部分。ただし、ひとつだけ。

たったひとつだけ、僕が力強く言えることがある。

それは・・・僕が編み出した「方程式」は、「◯◯◯と◯◯◯◯!」ということ。

ゴゴゴゴゴゴ

「当たらなくても、普通のプロのライターさんたちよりも◯◯◯に◯◯◯!」ということ。

なぜ僕が普通のフルタイムのサラリーマン時代から。

1日あたりたったの、1時間、2時間だけの時間を使うだけで。当時「サラリーマンの副業としては一番稼いでる」と噂され。

その後も実際に、政府や国税をも動かす程のムーブメントを起こしてしまえたのか?その理由は、僕が長年の研究によって◯◯◯させた「方程式」というものが存在するから。

ちなみに、プロのライターさんほど、僕がこの「方程式」に関するお話をしようとすると。

皆さん、耳と心を閉ざしてしまうようなのだ。

なぜか、すでにプロとして文章を生業にしているプロライターさんたち程、この事実を直視できないようだ。

統計的に、経験者たちは、中途半端な成功体験とかも持っていたりして、それが「◯◯◯◯」の習得の邪魔をしてしまう。途中で表面的な一部だけ取り入れて、分かった気になり。

統計的に、未経験者の方が、よく話を聴いてくれて、取り入れてくれ、そして実績に結びつけてくれる。

「群衆が動く形式美「伝家の宝刀コピーライティング」を学んで頂くとしたら・・・。

◯◯◯◯、◯◯◯、◯◯の◯◯◯◯、そういう類のものを一度全てリセット頂きたいと思う。

I.T.を活用している人たちはごまんといるがカネに直結したI.T.の使い方を知るものは少ない。

文章を書く人たちはごまんといるがカネに直結した文学の使い方を知るものは少ない。

ツール(I.T. )+ ライティング(文学) 両方の使い方を知ることで・・・

●『スタート地点』
自分と家族の分は、食べさせることができるようになっているけれども、インターネットが使いこなせていないと感じている。「情報発信」に魅力を感じながらもいまいち踏み出せていない。

●『ゴール地点』=「戦略」
「パソコン一台で世界中を・・・」と、時間と場所の自由に憧れを感じているあなたが、僕たち2人からI.T.と文学を学ぶことで、「◯◯◯」を手に入れる。というように、僕たち2人のように「ひとり社長」としてのライフスタイルを謳歌できるようになる。

ツール(I.T. )+ ライティング(文学) = 無敵の「ひとり社長」

僕たちの人生観を変えることになったのが、「ひとり社長の戦略術」。

かつて、「サラリーマン一筋」を目指していたからこそ語れることがある。「ひとり社長のための錬金術研究会」合宿では、10時間に渡って、想いを込め、余すこと無く公開しながら、伝授させて頂いた。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、僕がサラリーマンを退職して、「ひとり社長」になる決意をしたきっかけと、僕の「文章の方程式」を学ぶ上での注意点についてシェアしたいと思い、

    ・孔明が東証一部上場企業で直面した過酷な現実とは?
    ・サラリーマンの富と権力、地位と名誉が幻である理由とは?
    ・孔明がサラリーマンへの終止符を打つ覚悟を決めたきっかけとは?
    ・「ひとり社長」が味わえる感動とは?
    ・「黙々会」でメンバーが驚いた孔明の執筆風景とは?
    ・孔明が執筆する時に遂行していることとは?
    ・孔明の文章はいつもメンバーからの反応が良いのか?
    ・孔明が自分の文章に思っていることとは?
    ・孔明の文章がメンバーに響く確率とは?
    ・孔明が編み出した文章の「方程式」の特徴とは?
    ・孔明が「億」を手にするためにやった2つのこととは?
    ・孔明の文章とプロのライターさんの文章の違いとは?
    ・孔明がサラリーマン時代文章を執筆するのに使っていた時間は?
    ・孔明が編み出した文章の「方程式」は誰でも習得できるのか?
    ・孔明の文章とプロのライターさんの文章の特徴とは?
    ・孔明が確立させた「営業メソッド」で結果を出した人とは?
    ・孔明の「文章の方程式」を学ぶ上で必要なマインドセットとは?
    ・10時間合宿で公開される「戦術」の内容とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。

「ひとり社長のための錬金術研究会」10時間合宿を開催するにあたり、僕がサラリーマンを「円満退社」して、「ひとり社長」としてのライフスタイルを選んだ理由と、僕の「文章の方程式」を学ぶ上でのマインドセットについてお話しした54分52秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年7月度は、「出世を目指す道に答えは無かった・・・」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年7月度音声リスト
    ◆7月1日:
    万年課長が実は「億り人」のライフスタイル
    (57分13秒/20.6M/MP3形式)
    ◆7月8日:
    物販起業のタイムリミット迫る!?
    (56分57秒/20.5M/MP3形式)
    ◆7月15日:
    「愛とお金の方程式」とは?
    (59分28秒/21.4M/MP3形式)
    ◆7月22日:
    「仮想通貨」で損しない思考法
    (56分34秒/20.4M/MP3形式)
    ◆7月29日:
    出世を目指す道に答えは無かった・・・
    (54分52秒/19.8M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長(音声)

I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長(音声)

世界の各地で仲間と集まり、ゴルフをやったり、酒を酌み交わしている様子をFacebookやブログにアップしていると・・・ 不動産

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「仮想通貨」で損しない思考法(音声)

「仮想通貨」で損しない思考法(音声)

2018年5月25日付の時事通信の記事によると・・・ 「1億円超収入、300人規模=仮想通貨売買活発で-国税庁」2017年分の

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
究極の組織運営と経営学とは?(音声)

究極の組織運営と経営学とは?(音声)

日本大学フェニックスの宮川選手の謝罪報道の動画を視聴している中で、大学卒業後、東証一部上場の玩具メーカーに就職して以来、完全に

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「文学億り人」がかかってしまう病気(音声)

「文学億り人」がかかってしまう病気(音声)

現役サラリーマン時代から存じ上げているK.K.さん。 「文学億り人」になり、サラリーマンを辞めて独立起業をされたのだが・・・



dept