借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】高級時計を自慢する経営者たちが飛ぶ統計@謁見宴ラスベガス

level001
【帝】高級時計を自慢する経営者たちが飛ぶ統計@謁見宴ラスベガス

ビジネス・投資の世界で45年間ただの一度も飛ばすことなく、生き残り続けて来られた北野会長。

生き残れるのはどのような経営者なのか?「飛んでイスタンブール」なのはどのような経営者なのか?謁見宴(ディナー)の中で、その言動の傾向を様々な角度から教わった。

なぜなら、僕たち「地下ソサエティ」メンバーにとって、生き残り続けることが全て。各々の道で、生き残り続けた結果、信用信頼は積み重なり。積み重なった信用信頼が、大きな金(カネ)を、後から追っかける形でやってくるのだから。

北野会長にもかつて若かりしころがあり。周りには、北野会長よりも年上で、ビジネス・投資の世界で大成功している「すごい方々」が沢山いらっしゃったと。

当然その「大成功」のレベルはどれも、インターネット上で、「オレは儲けてる!」と嘘ぶっている輩たちとは、比較にならない位のレベルの数十億円、数百億円の現金を手にしたお金持ちたち。

しかし、北野会長が、30代、40代・・・になるに連れて、そういう方々が次から次へと、「自爆」的に「飛んでイスタンブール」だったとのこと。

しかも、会長が50代になると、更にバタバタと「飛んでイスタンブール」。会長が60代になると、周りを見渡すと誰もいない。揃いも揃って皆、「飛んでイスタンブール」。

65になった今では、「おともだち」の数は、指折りしかいなくなってしまったとのことだ。

そんな北野会長は、どんな経営者が生き残れて、どんな経営者が死ぬのか、先人たちの背中を見て、データベースを蓄積して来られたと言う。

死んだ経営者の方々が、とっていた言動パターン、それが見えた時には直ちに、自分自身を戒めて、その行動パターンを取らなかったという。

その中の一つに・・・あるのが、「高級時計」との関係性。

高級時計のコレクション自慢のする経営者は消えた

実は、「地下ソサエティ」のメンバーの大多数は、誰も腕時計をしていない。それは、北野会長から、腕時計にまつわるエピソードをいろいろと聴いているからだ。

サッチェル:「会長、お金を掴み飛んだ後、一体どこまで華美な服装をしてもよいのでしょうか?」

サッチェルが北野会長に質問したことから、話題は金(カネ)を掴んだ後の、服装やアクセサリーの話になり。改めて高級時計の話になった。

北野会長も、高級時計はお持ちである。かつては、高級時計を、つけていた頃もあったと言う。

しかし、ある時、周りでバタバタと経営者や投資家が「飛んでイスタンブール」になった時。彼らが共通して、高級時計の自慢をしていたことから、

「高級時計を身につけて、自慢をしている経営者は飛ぶ」

というデーターベースにフラグが立ち。その時を境に、高級時計どころか、時計のたぐいを腕にしなくなったとのこと。そして、

「今はスマホがあるんだから、時計はいらんだろう。時代遅れのことをしちゃいかん。」
とお話される。「高級時計のコレクション」を自慢される経営者は皆、確実に「飛んでイスタンブール」だった。

たしかに、「門学」的にも高級時計をすると、自我は高まるが、財は剋(こく)される。
そんな高級時計を、1個や2個ならまだしも、沢山抱えていて、なおかつ周りに自慢していたとしたら、確実に「財」は剋(こく)される。これは理に適っている。

ただし、そんな高級時計も、応用編として使い方があると言う。

突然、北野会長会長が、左手で前に指を突き出し、横に空を斬った。

メンバー:「おおお。」

◯◯との交渉のシーンでは、高級時計は活用できるようだ。ということで、普段はつけない高級時計を、1、2本所有することは、悪くは無いようだ。

また、

孔明:「高級なスーツは、何着まで持っていて良いのでしょうか?」

高級な車、家、遊び・・・「飛んでイスタンブール」にならない、服装やアクセサリーの原理原則を訓えて頂いた。

「北のセオリー」に基づけば、誰でも再現性のある形で、銀行口座の中に金(カネ)を積み上げることができる。

その中で最も重要な事は、長期間かけて信用・信頼を積みあげて行くこと。

信用・信頼は「飛んでイスタンブール」になることなく、継続して同じことをやり続けることで積み上がっていくもの。

「北のセオリー」に基いて積み重ねた信用信頼は、到底普通の人たちが人生の中で手にすることのできない額の金(カネ)が銀行口座の中で積み上がっていくという形を残す。

「北のセオリー」において、日本で生まれ育った日本人が、最初に持っている最大信用レベルで2,000万円。

仮に普通の人たちが、給与収入や、ビジネス・投資からの収益を下に、毎月5万円ずつ預金を続けたとすると・・・。

5万円×12ヶ月間×33.3年=2,000万円

33.3年間分の人生をショートカットできる。

「北のセオリー」において、10年間生き残っている経営者が積みあげられるだろう信用レベルが2億円だとして。仮に普通の人たちが、給与収入や、ビジネス・投資からの収益を下に、毎月5万円ずつ預金を続けたとすると・・・。

5万円×12ヶ月間×333.3年=2億円。

もはや400年江戸幕府位の時間をショートカットすることになる。

「北のセオリー」において、20年間生き残っている経営者が積みあげられるだろう信用レベルが20億円だとして。仮に普通の人たちが、給与収入や、ビジネス・投資からの収益を下に、毎月5万円ずつ預金を続けたとすると・・・。

5万円×12ヶ月間×3,333.3年=20億円。

もはや中国4,000年の歴史(byラーメンマン談)の悠久の時間をショートカットすることになる。

「北のセオリー」では、生存し続けることさえできれば、銀行口座の中に金(カネ)が積み上がり続ける。

つまり、生存し続けるための、「風水」的な言動・立ち位置を、固めておくことが、重要になって来る。

沢山の経営者・投資家の方々を見てこられた北野会長会長のデータベース。ビジネス・投資の世界で45年間ただの一度も飛ばしてこなかった知恵。

僕たち経験の少ない経営者にとって、至高の訓えである。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】『立ち枯れの夜道を照らす月明かり』ドン底の目の前に降臨されたあの御方

【帝】『立ち枯れの夜道を照らす月明かり』ドン底の目の前に降臨されたあの御方

正直、あの頃の僕は、再びビジネスと投資を行うことが怖くなってしまった・・・。 手がけたビジネス・投資が、ことごとく失敗に終わっ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】『お告げ研究会』東京にて開催@地下ソサエティ

【帝】『お告げ研究会』東京にて開催@地下ソサエティ

納税、政治活動支援、ボランティア活動3つの活動を通して、慈愛の心と共に社会貢献活動を行う、「地下ソサエティ」。 日本各地から、

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
11月4日郵政グループ3社上場に剣客として取組むにあたり

【帝】11月4日郵政グループ3社上場に剣客として取組むにあたり

11月4日の日本郵政グループ3社の上場を控える11月2日。 東京株式市場の日経平均株価は、日本銀行の追加金融緩和見送りを受け、

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「愛し」が「悲し」に、「恋」は「孤悲」@プラチナ鑑定

「愛し」が「悲し」に、「恋」は「孤悲」@プラチナ鑑定

不思議なことに、サラリーマンとして組織の中に属している状態よりも、組織から独立起業した、経営者の状態の方が、「過去の年当て」が



dept