借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2015年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

【帝】剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り(音声)

level007
剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り(音声)

「地下ソサエティ」プラチナの謁見宴(ディナー)開催に際して、マレーシア・ジョホールバルに、剣聖北野会長が降臨された。

北野会長が滞在されている間は、連日食事のお供する形で、さまざまなお話をお伺いしていた。

ある日の夕食、2011年という初期の段階から、僕といっしょに幾度か北野会長との会食に同行している真言密教の高僧が同席したことで・・・

お話のテーマが、「経営戦略術」や「秘剣北野流居合い抜き」ではなく、「運」の部分になり、北野会長がこれまで、一度も明かされてこなかった「北野流・運を引き寄せる法則」をお話頂くことになったのだ。

そこで、今回の孔明タイムでは、剣聖北野会長から教わった「北野流・運を引き寄せる法則」についてお話させて頂いた。

43年間生き残ってこられた手腕と「運」


たったの5年間で、経営者の5人中4人が事業をたたみ。さらに5年間で、5人中4人が事業をたたむ。

つまり、10年間で経営者100人中99人が事業をたたみ、たった1人しか残らない。

これが世の中の会社経営道の真実。

10年間・・・。経営者として生き残り続けていること自体が、凄いという確率の中。北野会長は、日本国内の会社、日本国外の会社、会社を一つも倒産させることなく、ずっと黒字経営のまま、43年間も生き残り続けている、奇跡の経営者。

さらに、多くの投資家たちが、2年、1年・・・半年で消えていく中。株式市場でも、ただの一度も飛ばすこと無く、43年間ずっと生き残り続けている、奇跡の投資家。

当然ながら、43年間生き残れる奇跡の経営手法。奇跡の投資手法。原理原則、スキームというものが、誰でも再現できる形で、超完璧なまでに体系化されている。

黒字経営=納税を伴った経営・投資手法には、会計士から見ても、弁護士から見ても、銀行から見ても、「鷹」から見ても、穴というものが存在しない。

裸一貫で独立起業し、自らの「直感」によるインスピレーションで、ココまで体系化されて来られたのは、「覚醒陽創門」だから・・・とも言えるが。北野会長は、それだけではない、超がつくほど強烈な「運」の良さを持ちあわせていらっしゃるのだ。

「運」の重要さを語られる北野会長

北野会長:
「運が8割、実力1割、根気1割」

「運」の重要さを常に語られている。命運の世界でもこれは言われているが、北野会長の場合は、これまで約43年間、ビジネス・投資の世界で生き残り続けてきた実績の中からの発言。

多くの成功者も見続けて来たが、沢山の飛んで星になった者たちも見続けていらっしゃる中からの統計学。非常に重みを感じる言葉である。

北野会長の言葉を受けて、僕もパートナーたちには、「運の悪い人達には近づくな!」と明確なアドバイスを出している。

そんな中、「地下ソサエティ」プラチナには、「私、運だけは良いんです」「いつも災い転じて福となす」と、さらり言えるメンバーが集結していることもあり。時間を共有すればするほど、「運」の上昇スパイラルが起こる可能性が高くなっている感じがする。

精神世界を共有できる経営者と、北野会長の戦略術を共に学び、実践し、世界のどこかで開催される謁見宴(ディナー)で、顔を突き合わせて情報共有することで、お互いの「気」や「運」が高まり合うのを感じているのだ。

僕たちそれぞれの命運は決まっているか?

僕たちは生まれながらの命運に、抗(あらが)うことはできるのだろうか?

これは、僕自身の人生の中でも、大きな課題となっていることだが・・・これまで歩んできた人生を振り返ってみると、自由意志というものを武器に、とことん抗(あらが)って来たようで・・・。四柱推命による命式と、大運(たいうん)・流年(りゅうねん)の流れを併せて鑑(み)ていくと、結局僕は、フラスコの中の微生物のように、決められた通りの動きしかしていないことが、嫌気がさすことがある。

あまりにも過去に、予め決められた通りの動きしかしていなかったことが・・・。

僕が、四柱から成る命式や、大運(たいうん)・流年(りゅうねん)などの、予め決められた流れの存在というものを理解して。ある日突然、四柱推命鑑定士になろうと決断するに至ったもともとのキッカケでもあったりするのだが・・・。

当てられに来られた「プラチナ」たち

謁見宴(ディナー)終了後、「プラチナ」の何名かとホテル内のベンチで。。。彼らのお目当ては・・・僕に「当てられに来た」。

つまり、生まれながらの囚われ、生まれながらのアビリティの確認である。

ちなみに鑑(み)る時は、一対一ではなく、何名ものメンバーたちが周りにいる状態。まったく誤魔化しが効かない状態で、行われている。

メンバー:「うわわ。鳥肌が立ちました!(汗)」

やはり、当てられに来たようだ。

孔明:「◯◯◯◯年か、◯◯◯◯年のどちらかでご結婚されましたか?」→ 当たり

孔明:「しかし、◯◯◯◯年か、◯◯◯◯年のどちからで離婚されましたか?」→ 当たり

孔明:「離婚の原因は、奥様が◯◯を◯◯◯◯したのを、ご自身が◯◯したのですよね?」→ 当たり

孔明:「奥様は、ご自身のことを◯◯◯◯◯だと思っていたはずですよね?」→ 当たり

という質問を経て、

メンバー:「うわわ。鳥肌が立ちました!(汗)」

と叫ばれたのだ。従来の生きてきた中での、命運の流れはバッチリ僕に示して来てくれている。。。

つまり、指し示す未来も、高い確率で当たるということだ。

このように、当てられに来られる方の場合、未来は限りなくその通りになる・・・。逆に、当てられに来ていない場合、僕は当てることができない。

その方は、命運の大河の流れに乗れていないので、生まれながらの門の囚われ通りの成果を叩き出すことが出来ていない。

僕は基本的に、占い師ではなく、四柱推命の「推」という文字にあるように、「推理」をしているだけ。「推理」を下に、「吟遊詩人」のように相手の人生を歌っているだけなのだ。

それでも、年ベースでも当たってしまうのがこの「推理」の面白いところ。過去に関して、僕の「推理」が当たらないということは、風水など何かしらの原因があり、命運という大河の流れにのれていない方。

過去に関して、僕の「推理」が当たるということは、命運という大河の流れに乗れている方。

つまり、今回の場合では・・・「地下ソサエティ」の存在を知り、メンバーになった事自体が命運。

さらには、囚われに従う形で、「プラチナ戦略」を限りなく高い確率で再現できるということだ。

本当に「人は何でも挑戦できる」のか?

命運の下に、風水による「認識の力」をフルに活用して、人、物、情報、言動、「発動条件」を考慮しながら一つ一つ丁寧に整えながら、目的に向かって、一歩一歩着実に歩んで行く・・・という場合。「人は何でも挑戦できる!」と、言うことができると思う。

けれどもそれは、時間軸を無視して考えた時、たとえ無駄な時間、労力、お金を、浪費しても構わず、最終的に目的地の方向性に迎えればいい・・・

そして、どの位の規模で成就できるか、数値的な目標を考慮しなくていい・・・ということが、前提条件にあった場合のみで。仮に、◯年◯月◯日までに・・・××××をすることで、◯◯◯◯万円を達成する。。。

というような、時間と金額軸における、具体的な設定をしてしまった場合。

「あなたの命式や、大運(たいうん)・流年(りゅうねん)ではその時間までには無理です!(キッパリ)」

・・・と、事前に宣言することが、ビジネス専門の四柱推命鑑定士である僕の役割だと考えている。

同じ命運の人は、みんな同じ人生なのか?

中国本土の有名なお話の中で、「皇帝とハチ飼い」というものがある。

明の創始者であり、初代皇帝である朱元璋(しゅげんしょう)。幼いころに占い師に鑑てもらい、将来は皇帝になると言われた。

本当に皇帝になり、占い師を側近にした。

皇帝になった後・・・四柱推命を下に、自分と全く同じ命運を持つ者を探したところ。まったく同じ命運を持つ人が、1人だけ見つかったと言う。

明の初代皇帝朱元璋(しゅげんしょう)と、全く同じ命運を持つのは誰だったのか?

なんと、「ハチ飼い」だったのである。

確かに・・・明の始皇帝は、多くの人間を管理・統制している。そして、ハチ飼いも多くのハチを管理・統制している。万を超える生き物を管理するという視点でみれば、同じ命運と言えよう。

けれども、同じ命運が、明の始皇帝と、ハチ飼いへと大きく異なる結果を出したのだった。

その違いの根源はどこにあったのか?

それは・・・「運」良く小さい頃に、占い師に鑑てもらったことで、自分が掴み取れる未来の可能性に気がついたこと。

そして、皇帝の地位を手に入れるため、勇気を振り絞って行動したこと。にあった。

「運が8割、実力1割、勘・根気1割」

現代の金融資本主義におけるビジネス・投資の世界で、死なずに生き延び続けるために・・・ビジネス・投資の原理原則・スキームの前提として、「運」は非常に重要なこと。

・・・「運」を、高めるためにはどうしたら良いのか?

その答えを、ビジネス・投資の世界で、一度も飛ばすことなく43年間生き残ってこられた北野会長がお持ちだったのだ。

どんなビジネス・投資の原理原則・スキームを学んでも、根本的な「運」が良くないと、それを活かすことができない。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、「運」を最大限に高めるために、北野会長が何を重視されているか?をシェアしたいと思い、

・北野会長がJB入りされて、一緒にいったレストランとは?
・モレックパイン3近くにできた焼肉屋さんのオーナーとは?
・北野会長がおっしゃった「運」を良くする法則とは?
・成功を続けるには、「運」と実力と勘と根気の割合とは?
・北野会長が、親族の仲を重んじられている理由とは?
・北野会長が、毎週実行されていることとは?
・覚醒された陽創門の北野会長が、直感で閃くことができる理由とは?
・北野会長が、「運がよい」と自分でおっしゃる理由とは?
・孔明父の「運」がよいエピソードとは?
・孔明が改めないといけないと感じたマインドセットとは?
・ビジネスや投資で飛ばしてしまう1つの要素とは?
・儲かっている時も、儲かっていない時も大切にすべき事項とは?
・配偶者の存在がビジネスや投資で重要になってくる理由とは?
・家庭内で「運」を良くするための秘訣の1つとは?
・孔明が就職活動の時、狙った企業から全て内定をもらえた理由とは?
・北野会長がお話された家の中のマネジメント方法とは?
・四柱推命鑑定でわかるパートナーとの相性とは?
・自分のことを最も考えてアドバイスしてくれる人は誰か?
・孔明が門や占いを学び、深めているのは何のためだったか?
・今、孔明タイムの音声が人生の重要なターニングポイントになる理由とは?

に触れながらお話させて頂いた。

以上、剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」についてお話した1時間1分16秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。

2015年12月度は、「剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り」に加えて以下の音声が配布させて頂く。

2015年12月度音声リスト

◆12月6日
世界を飛び回るライフスタイルを手に入れた1つのキッカケ
(42分20秒/25.4M/MP3形式)

◆12月13日
心身を鍛えるのが先か?ビジネスを構築するのが先か?
(1時間1分13秒/36.7M/MP3形式)

◆12月20日
剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り
(1時間1分38秒/39.7M/MP3形式)

◆12月27日
株式投資「居合抜き」は「暴落」こそが美味しい
(1時間16分54秒/53.3M/MP3形式)

孔明タイムが音声が視聴できる生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員
http://5oku.com/doc/5oku/premier.pdf


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】宇宙全体を含め、僕たちの「未来」は決まっている(音声)

【帝】宇宙全体を含め、僕たちの「未来」は決まっている(音声)

「僕たち人間は、何のために生まれて、どこに向かっているのだろうか?」 この謎を解いていくことが、僕の人生での1つのテーマになっ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
FCを活用して個人が10年以上継続的に収入を得る方法スターター版

【帝】FCを活用して個人が10年以上継続的に収入を得る方法スターター版(音声)

孔明: 「これからは、フランチャイズがアツい。人生かける形で取り組んだほうがいいよ!!」 Skypeミーティングの際、僕がスタ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】「門」の起源と「門」を通じ己(おのれ)を知ることの意味(音声)

【帝】「門」の起源と「門」を通じ己(おのれ)を知ることの意味(音声)

KADOKAWA(角川学芸出版)社から2014年6月26日に発売された僕、真田孔明の処女作・・・ 『他では絶対聞けないお金を増

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】200万円の創業融資で甘んじるか?2,000万円勝ち取るか?(音声)

【帝】200万円の創業融資で甘んじるか?2,000万円勝ち取るか?(音声)

人生で1度キリのチャンスである、創業時の信用創造で、たったの200万円に甘んじるか?2,000万円満額獲得するか? 北の物販大



dept