借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2014年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

【帝】海外不動産を50億円分販売した戦略術(MP3音声・後半)

level007

ブログなどのWEBメディアは、メディアの発行者独自のライフスタイルを提案するのに最も優れた媒体。

テレビ、新聞、雑誌、本・・・などと比べても段違いでの影響力を秘め持った次世代スペックの媒体である。

ブログを通して自分自身が提案できる、理想のライフスタイルを提案して行く。

そのための情報を発信し続ければ良いのだ。

そして、最初のステップとして行うべきこと・・・それは、同じ意思・思想・志を秘め持つ、仲間やパートナーを獲得すること。

ブロガー活動の目的はあくまでも、仲間の獲得と割り切ると、徐々に凄い体験をし始める。

日頃過ごしている現実世界では、到底あり得ないようなことが、サーバー世界に存在する、ブログを通して起こり始めるのだ。

ブログを通して、読者にとって有益な情報を、定期的に、継続的に発信し続ける。

すると、一人、また一人・・・自分が発するメッセージに注目したり、共感しくれたりと、読者たちが、一人、また一人と集まって来てくれる。

何かのタイミングで、メッセージを送ってくれるようになる。コメントをしてくれるようになる。

夢中になるライフスタイルについて、人と人としての双方向やり取りをしていく内に、読者は精神世界を共有できる仲間になってくれるのだ。

同じライフスタイルに基づく、精神世界を共有できる大切な仲間。 ブログを通して派生する、言わば強力な意思の集合体。

ブログ活用の真骨頂はココにある。 ビジネス・・・お金を稼ぐことなど、実は二の次三の次なのだ。

僕は月の半分以上は旅に出かけている。 一人で旅に出ることはほとんど無い。仲間たちと一緒に旅に出かけている。

仲間の大部分は・・・実はもともとは僕のブログを読んでくれていた読者たちだ。

時には、旅に出かけた先に住んでいる仲間と現地で待ち合わせして語り合ったりすることもある。

これらの仲間は全て僕が運営しているブログやメルマガを通して巡りあうことができた仲間。

MacBookAirの11インチ、iPad、iPhone、このApple3種の神器といくつかの着替えだけを持って、ショルダーバック一つで世界中を旅しながら

時間を見つけてはApple3種の、神器を駆使して仕事をしているのである。

時には仲間(主に暇な平城さんとかと一緒に。笑)と一緒に各国、アメリカ、北極、ノルウェー、コソボ、アルバニア、トルコ、ドイツ、タイ、フィリピン、インドネシア、インド、シンガポール、中国広東、香港、澳門、日本に行ってきた。

本当に充実した毎日を送ることが出来ている。基本的に今の時代サーバー接続環境さえあればどこでも仕事ができるので場所を選ばない(ちなみに北極でも普通にサーバー接続環境がある。)。

いつでも好きな時に好きな場所に行って仕事をすることができるのだ。 ただ、これも僕独りでは楽しくない。

同じライフスタイルを共有できる、同じ意思を持った仲間たちと共に世界中のあちらこちらで待ち合わせをしながら旅をしているから楽しいのだ。

この仲間たち、仮に僕が自分の稼ぎ・・・金儲けだけを最優先して、ブログ、メルマガ、SNS何などのWEBメディアを運営していたら、恐らく誰も仲間になんかなってくれなかったと思う。

だから、あなたがこれからブログで情報発信して行く中では、どうかあなた個人の稼ぎや儲け何かよりも、

同じライフスタイルや意思を秘め持った仲間の獲得を最優先にしてもらいたい。

そうすれば結果として収入なんか後からいくらでも増えて行くから。

あなたが、ブログをビジネス活動を目的に始めたとしても、あなた個人の収入のことは一度考えるのは辞めて、仲間の獲得をブログ運営の目的にする。 これをまずは、徹底的に追求してみて頂きたい。

精神世界を共有できる仲間たちが集まってくることで・・・

仲間の獲得を目指してブログを運営していくと途中であることに気が付くようになる。

それは、自分がタイムリーに使っているものを高い確率で仲間も使いたいと思うことだ。

例えば、僕がMacBookAirを使うようになったキッカケ。それは、盟友の平城寿と一緒に旅をしていた時のこと。

颯爽とリュックから銀色に輝くMacBookAirを取り出して、パチパチと仕事を始めた彼。

様子を見ていると、MacBookAirの背面に「ぼわーん」と光るリンゴマーク僕の目に飛び込んできた。

その瞬間に「かっこいい!」と思ってしまったのだ。

それまでは、執筆するのに最適なのは、チャラチャラしたMacBook Airではなく、黒色でキリっして、重厚感があるIBM社のThink Padこそふさわしい!と本当に思っていた。

それが、平城寿がいつも広げるMacBook Airに心変わりしてしまったのだ。。。

そして今の僕は、はるか昔から使っていたかのように、当たり前のようにMacBook Airを使っているのだ。

何もパソコンなどの物だけではない。すべての商品(物・情報・サービス)に共通していうことができてしまう。

僕たちが提供できる商品(物・情報・サービス)を、僕たちに直接お金を払ってでも手に入れたいと思ってくれる仲間たちができる。

そして実は、この概念が最終的には、投資の世界における「絶対に負けない投資法」にもつながってくるのだ。

商品(モノ・情報・サービス)を、自らのライフスタイルを目指すための、自分のライフスタイルを貫き通すための手段・道具として選択して行くようになる。

ライフスタイルを提案して行く。

その中で、時間、労力、お金を節約しながら、十分な満足を得ながら、効率的・効果的にライフスタイルを達成させるための、

貫き通すための手段や道具として、その時点で最も理想的な、商品(モノ・情報・サービス)を提案し続ける。

他の誰よりもライフスタイルを尊重している自分自身が、まず先に試してみたものを仲間たちに提案して行く。

これがライフスタイルに基づいたビジネス。 これから10年先も生き残る、僕たちがブロガーとして構築すべき究極のビジネスモデル。

2時間6分21秒に渡る音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。

なお、2014年4月度は、【海外不動産を50億円分販売した戦略術(後半)】に加えて以下の音声が配布される。併せて活用頂きたい。

  • 4月6日(日):セールスレターの5ステップとポコちゃん強化部 (49分23秒/26.3M/MP3形式)
  • 4月13日(日):海外不動産を50億円分販売した戦略術(前半)@マカオ (2時間39分36秒/95.8M/MP3形式)
  • 4月20日(日):海外不動産を50億円分販売した戦略術(後半)@マカオ (2時間6分21秒/75.8M/MP3形式)
  • 4月27日(日):孔明一家の一大事が四柱推命で明らかに! (1時間3分18秒/40.2M/MP3形式)

孔明タイムが音声が視聴できる生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員
http://5oku.com/doc/5oku/premier.pdf

追伸

物販大富豪直伝の「東京政治献金案件」も、「一銘柄」「生涯収入5億円倶楽部プレミア会員」メンバー限定で公開中である。

「東京政治献金案件」とは、だれでも、インターネットの某証券会社で購入できる案件。

これからの、毎月の配当を、「生涯収入5億円倶楽部プレミア会員」のメンバーフィー980円/月間に充てて頂きたい。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】話題の新SNS「tsū(スー)」に取り組む真の狙いは◯◯にあった(音声)

【帝】話題の新SNS「tsū(スー)」に取り組む真の狙いは◯◯にあった(音声)

稼げるSNSとして今話題になっている、新SNS「tsu(スー)」 今回は、その新SNS「tsu(スー)」をテーマに、インターネ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】「市議会議員」の統一地方選挙なら「門」の資質条件は不問(音声)

【帝】「市議会議員」の統一地方選挙なら「門」の資質条件は不問(音声)

来年平成27年度「統一地方選挙」の100%当選対策に関して、正直にお話しさせて頂く。 こう言ってしまっては「議員」という価値と

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂

【帝】独立起業可否を早期判定するためにまずは札束を燃やす方法

すでに副業の物販で、毎月着実に利益を積み重ねているプレミアメンバーのBPMさん。 副業で物販ブロガーをしている、現役サラリーマ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】「北の物販大富豪」と「東京案件」の真相が解明された(音声)

【帝】「北の物販大富豪」と「東京案件」の真相が解明された(音声)

今まで僕がお話した、予め勝利が約束された投資案件である「東京案件」。 本来乗るべき時にいまいち気合を入れて乗りきれなかったのは



dept