借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2018年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

お金がお金の価値を保つ人生とは?

level007
お金がお金の価値を保つ人生とは?

僕が拠点としているマレーシアジョホールバルに、続々と若き経営者たちが移住してきている。

彼らと、ゴルフや食事・飲みに行き、時間を共有することで、改めて自分がすでに40代(今年9月で42歳)になっていることを認識した。

大人の男性としての欲が、完全消滅すると思われる60歳まで。

僕にとってお金がお金の価値を保ち続けてくれているのは、残り18年間の人生ということができる。

そこで、今回の孔明タイムでは、20代から振り返り、人生の中において、お金を増やす意味と、お金がお金の価値を保つ時間についてお話させて頂いた。

ジョホールバルへの第三次移住ブーム発生中

最近、僕が拠点としているマレーシアジョホールバルで、第三次移住ブームが発生していた。

・第一次移住ブーム:マレーシアで不動産を購入された投資家たちが移住。
・第二次移住ブーム:続々立ち上がるインターナショナルスクールに子供たちを通わせる両親or母たちが移住。
・第三次移住ブーム:20代~30代前半のI.T.を駆使して稼ぐ、若手経営者たちが移住。←ナウ(^o^)

・・・彼らは皆、僕が拠点としている、タマンモレック地域に住んでいることもあり。マレーシアジョホールバルに戻ると、ゴルフや食事・飲みに、誘ってくれるのである。

それにしても、彼は皆20代~30代で、すでにお金と時間と場所の自由を手に入れている「若き天才」たち。本当に、凄いなぁと思う。

若い人たちと、一緒に語ったり、ゴルフにいったりは、彼らのミライに対するメラメラと燃え盛る野望や欲などにも触れることができ、色々な刺激をもらえて本当に楽しいし、嬉しい。

「若き天才」は凡人に成り下がった

そんな中、フト、自分のパスポートに記載されている生年月日とカレンダーに描かれた年号を見比べてみると・・・

あれ、いつの間にか僕、41歳になっていた・・・(今年9月で42歳)。

ゴゴゴゴゴゴ

そういえば、僕も昔、23歳という若さで、副業でリアルのビジネスコンサルを開始。27歳の時に、インターネットの世界に降臨後、さらにブレイク。20代にも関わらず、大人顔負けで稼ぐことができた。

あの頃は確か、周りから「若き天才」と言って頂き、有頂天になっていた記憶がある。・サラリーマンなのに凄いですね・・・・お若いのに凄いですね・・・・天才ですね・・・

けれども、「旧・若き天才」は、41歳になっていても、何も成長している様子はないので、「凡人」に成り下がった。20代で◯◯◯◯◯ことは、40代になったら◯◯◯◯◯法則である。

20代の頃の僕は、まだ見ぬミライの自分にもっともっと、夢と希望を沢山もっていたと思う。

20代の頃の僕は、きっと僕は、このまま行くと、年を追うごとにもっともっと沢山稼げるようになり、40歳とかになった頃には、リッチな富豪とかになっているのではないかと妄想していた。

20代の妄想と40代の現実

当時の僕の妄想の中の「富豪」像・・・

広いプール付きの大豪邸に住み、運転手付きのロールスロイスとかに乗っていて、クルーザーを所有。アメックスのブラックカードを持ち、飛行機は常にビジネスかファーストで、宿泊ホテルは香水の香り漂う五つ星ホテル。洋服もグッチとかプラダとかのスーツだけをまとい、ギラギラ輝いたゴッツイ腕時計をして、シルクハットでもかぶり、髭生やして、葉巻でも吸いながら、毎日高級レストランで食事をして、毎週末パーティーでもしているのかな

・・・・・・とか、妄想したりもしていたのだが。

どこで何が間違ったのか?

いざ41歳になってみれば、

・平凡なコンドミニアムの一室が自宅まあ、共有で広いプールと温泉がある

・車は◯◯万円で購入し、◯◯万円かけて輸入した18年ものの◯◯のバン車を自分で運転

・洋服は上下「◯◯◯◯」とか「◯◯◯◯系」のセールで購入したもの

・腕時計は◯◯◯◯◯◯があるのでしない

・食事は一食500円から1,500円の中華料理や韓国料理の定食。もしくは鯖一匹と長芋千切り

・飛行機はクレジットカードのマイレージポイント貯めたエコノミーかローコストキャリアの格安航空券

・宿泊ホテルは◯◯の◯◯◯◯◯◯とか◯◯◯◯◯◯◯◯◯

・パーティーどころか、小汚い居酒屋で格安のビールをチビチビ飲む

・ヤフオクで購入した◯◯◯◯◯◯円のゴルフセット球はマレーシアで購入した◯◯◯◯◯◯

・・・ムムム、僕が20代の頃に思い描いていた40代の僕が富豪になった像とは全くもってかけ離れている状態だ。むしろ、年を追うごとに、質素倹約的な生活になっていっている。

やりたいことをやってなんとなく生きている感じ

しかも、投資で億単位のお金を飛ばしてしまった後のここ直近5年間位。お金に対する◯◯◯とか◯◯というものが、なぜか消滅してしまった。

お金を稼ぐための仕事はしない。やりたいこと。すきなことだけしてなんとなく生きている感じ。

お恥ずかしい話、毎月自分がいくら稼いでいるのか?◯◯◯◯から◯◯の◯◯に◯◯◯◯◯もらうまで、まったく分からない。

拠点のあるマレーシアジョホールバルに逃げ帰れば、一回3,000円のゴルフ代一食1,000円代の食事代お金を使いたくても使えない。お金をそれほど使う先が無いので、どう考えても持っている現金を支出がオーバーするわけがないので。銀行口座の残高のチェックさえまともにしていない。たまに、◯◯◯◯の◯◯◯◯から、◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯に、お金を移動する位である。

さらに、さらに、この先ミライを見据えてみると、これから先、ミライの僕は、ますますお金がかからなくなりそうだ。親戚一同を見てみると、うちの血筋では、大体60歳には、大人の男性としての◯も◯◯◯◯すると思われる。

今年9月に僕が42歳になるということは、60歳になるまでにたったの18年間しかないことになる。

すると、僕にとってお金がお金の価値を保っている状態であるのも、たったの18年間しかないことになる。僕にとっては60歳を過ぎれば、いつ◯◯◯◯同じである。

18年後、60歳になった時を想像してみると・・・

そんな18年後、60歳になった以降の僕・・・想像してみただけで、ますますお金が使えなくなりそうだ。たとえば、再び日本に戻って来たことを想定してみても・・・

・住居:
◯◯の◯◯がいなくなってしまった後の時代、日本の不動産は◯◯だらけになりそうなので、もはやコストをかけて◯◯◯を持つことはバカバカしくなる。地方都市を視野に入れれば、いくらでも安い物件がある。もともと都会生まれ、都会育ちなので、今さら都会に対する憧れなども無い。

・子供の教育費:
後6年で長女が成人後8年で次女が成人18年後には教育費は何もかからなくなる。お小遣いあげるか◯◯◯◯◯◯くらいか。

・マイカー:
高い◯◯◯をかけて使わない車を所有し寝かし続けておく、マイカーという概念が化石化してるかもしれない。◯◯◯◯ーや◯◯◯◯。◯◯◯◯を使うのが一番お金がかからない。そもそも、電車やバスとかの公共交通手段の方が、周りに人がいるので寂しくなさそうだ。

・洋服:
良い品質の洋服を、大量生産・低価格化が進み、ドンドン安くなると思う。インターネットがますます進化してヤフオクとかで新中古の洋服を買っていれば、いよいよ1,000円以下になってくる。・腕時計:◯◯◯◯◯が進むことで、ますます時計などいらなくなる。恐らく時計という概念が、化石化しているはず。・食事:今よりもっと食欲が減りお蕎麦とか麻婆豆腐とかしか食べれなくなると思うので富士そばが近くにあれば十分。

・旅行:
20代から60歳までに、散々海外を飛び回っているので、どこか飛び回りたいという欲も無くなっていることだろう。また、いざ行きたくなっても今以上に◯◯◯の◯◯◯が進み、どこでももっと安く行けることになるだろうと思う。◯◯◯◯◯◯も進化すると思うので、無理しなければ宿泊先にも困らない。

・ゴルフ代
◯◯の◯◯がプレイしなくなった後、ゴルフ場の相場は今よりもっと下がるのではないだろうか?

・・・逆にみんなに問いたい、18年後、60歳以降になった後の僕は、一体何にお金を使えば良いのだろうか?

仮にお金という制度そのものが◯◯に◯◯したとしても、何の不便も無さそうだ。20代の若手経営者たちと一緒に時間を過ごす中、あっという間に、20年間が経過して42歳になろうとしている僕自身に気が付き。

「後18年間も、あっという間なんだろうな・・・」と感じることで、フトそんな考えに陥ってしまった。言語化を重ねれば重ねるほどに、僕自身が一体何のためにお金を◯◯◯◯◯◯のかさえ分からなくなる。

自分が生涯使えないお金がいくら増えたところで、ある一定以上は◯◯◯◯の中の◯◯◯◯が増えたのと同じ。◯◯の中のお金が◯◯として増えていくだけの、◯◯◯を楽しんでいるだけである。

それはそれで◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯のように画面の中の◯◯とか◯◯だけが増えて、楽しいかもしれないが、現実とリンクしたリアリティは皆無。人は誰しもいつかは死ぬ。

そして本当に死んでしまったら、僕たちがあの世に持っていけるのは、◯◯◯◯の◯◯◯、◯◯◯だけ。◯◯◯も、◯◯◯◯も、あの世に持っていけた人間は、ただの一人も存在しないのだから。

僕にとってお金がお金の価値を保ち続けてくれている残り18年間の人生、お金を使って得られる対価的なものを◯◯を通して楽しみながら生きて行こうと思うのだ。

孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、20代の若き起業家との交流から、42歳になろうとしている僕自身に気が付き、今のお金に対する考えをシェアしたいと思い、

    ・マレーシアジョホールバルでの第三次移住ブームとは?
    ・移住してきている人たちの特徴とは?
    ・第二次移住ブームの事業に孔明が投資して溶かした金額は?
    ・20代の孔明が持っていた40代での「富豪」像とは?
    ・孔明のサラリーマン時代の待遇とは?
    ・独立起業すると労働時間はどうなるか?
    ・41歳になった孔明の現実とは?
    ・孔明のお金を稼ぐことに対する感覚とは?
    ・孔明は毎月いくら稼いでいるのか?
    ・孔明が毎月行っているクレジットカードのあることとは?
    ・ユニクロで発売された百式Tシャツの品質とは?
    ・マイカーを保有するのにかかる1ヶ月の費用とは?
    ・高級時計が化石化していく理由とは?
    ・航空券を予約する時に利用しているサイトとは?
    ・孔明が高級車を購入しない理由とは?
    ・今後日本の住居費はどうなっていくか?
    ・孔明がゴルフ会員権を買わない理由とは?
    ・投資で失敗してしまう人の特徴とは?
    ・お金を増やすことと使うことの意味とは?
    ・生涯使えない額のお金が増えていく感覚とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。人生の中において、お金を増やす意味と、お金がお金の価値を保つ時間についてお話しした1時間2分47秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年5月度は、「お金がお金の価値を保つ人生とは?」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年5月度音声リスト

    ◆5月6日:
    モテ男を量産するための啓蒙活動
    (52分37秒/18.9M/MP3形式)
    ◆5月13日:
    男女差別の根源と女性が活躍できる世界
    (1時間1分56秒/26M/MP3形式)
    ◆5月20日:
    今年の攻略は中国上海にあり!
    (56分2秒/20.5M/MP3形式)
    ◆5月27日:
    お金がお金の価値を保つ人生とは?
    (1時間2分47秒/22.6M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「神の瞑想法」から算出された「3秒」(音声)

「神の瞑想法」から算出された「3秒」(音声)

「地下ソサエティ」の謁見宴(ディナー)のために、アメリカ・ロサンゼルス入りした。中国本土にサラリーマンとして駐在していた頃偶然

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
男女差別の根源と女性が活躍できる世界

男女差別の根源と女性が活躍できる世界

僕が開催している命運鑑定会の中で、「旦那と離婚したいです!」と言って来られる既婚女性の方々の割合は本当に多い。 実際発表されて

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
勉強しないで時空から「ダウンロード」現象

勉強しないで時空から「ダウンロード」現象(音声)

2018年9月11日(火)で、42歳になった。 当日は、僕が家族と共に、以前住んでいた街、中国広東省の広州から、車を走らせて約

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
実在する「ファンタジー」を習得する方法(音声)

実在する「ファンタジー」を習得する方法(音声)

「物資並びに現金」の世界を、前のめりに追求し続けた結果・・・「億」の「飛んでイスタンブール」を経験することになった。 フト、気



dept