借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

level001
【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

毎月一度北野会長とお会いする貴重な機会・・・

「地下ソサエティ」の謁見宴(ディナー)に参加するという主な名目の下、世界各国を訪れている僕たち。見識を広めるために、必ず現地で最も人気な観光スポットに訪れることにしている。多くの人たちが集う地には、必ずその理由というものが存在するからだ。

北野会長:「点と点を結んで線に なるだけのビジネスなら、誰でもつくれる。点と点、さらに、高に点を打って、三角形を構築できた時、淀みとともに人が集う。」

・・・と、「もうかる商売」構築方法を、北野会長から教わっていることもあり、現地の人気観光スポットから、「高の点」のヒントを、現場・実物・本人、オンサイトのマインドセットで、五感を通して学ぶことが、その主な目的である。

とは言っても、サッチェルも僕も基本的には、大曽根小学校、樽町中学校時代から、「超」がつくほどの単細胞脳の持ち主。

「少年の心を持った大人たち」「郷に入れば郷に従え」と、言われることがなくても、現地のイベントごとには、子どもたち以上にはしゃいでしまうのである。

早朝7時15分・・・iPhone6から、車付きドライバーを呼び出すアプリ「UBER」を立ち上げ、「4303 Diamond Head Rd.」と行き先指定。

目指す先は、ハワイの地元フードが集結するオアフ島最大の青空市場「KCCサタデー・ファーマーズ・マーケット(KCC Saturday Farmers’ Market)」。

「KCCサタデーファーマーズマーケット」は、オアフ島最大規模の青空市場、約70店舗以上が出店する。

農家直販の野菜が買えたり、採れたて野菜を乗せた、ピッツァやフライドトマトなど、できたてフードが味わえる、名物屋台が多く出店。

KCCサタデーファーマーズマーケット
KCC Saturday Farmers’ Market
住所:4303 Diamond Head Rd.
営業日時:毎週土曜日午前7時30分〜午前11時00分

サッチェルと僕が、ハワイ入りした時に、儀式の如く必ずおもむく曜日限定イベントアクティビティだ。

「ファーマーズマーケット」で「ハワイ」を喰らう

サッチェルと僕がKCCサタデーファーマーズマーケットに到着後。僕は、最も人気な観光スポットの、最も人気なお店・・・ファーマーズマーケット到着後、毎回必ず最初に訪れる、「コナアワビ」のテントへと向かった。ハワイ産・・・「コナ特産あわび」を販売している。

ファーマーズマーケットは、日本人のための、日本人によるイベントとも言える。日本人しか並ばないのが分かっているのか・・・「コナアワビ」のテントの中にいるファーマーさんたちは、全員日本人。女性ファーマーさんが、大きな声を出して、あわびを売っている。

僕にとってはあくまでも、五感を通して体験することが目的・・・という名目で大好物のアワビをお得な価格で食べることが目的。行列の一番後ろに並ぼうと歩いていると。

しかし・・・サッチェルが僕の予想と期待を裏切る形で、コナアワビの行列を無視して、突然別の方向に走り出した。

孔明:「おい、サッチェルどこへ行くの?」

・・・僕の声は、人混みにかき消され、寂しくサッチェルの背中を追いかけていた。。渋々独りでコナアワビの行列に並ぼうと歩いて行くと。おおお、どこかで見る顔が、こちらを見て微笑んでいる。

ノブナガさんたち、「地下ソサエティ」メンバーたちだ。・・・「コナアワビ」行列はかなり続いている。・・・目の前には仲間たちがいる。・・・僕は独り。・・・空は青く、雲は白い。

その瞬間僕は、とんでもない一言を発してしまった。

孔明:「お待たせ!」

・・・魔法の言葉を唱えると共に、行列に並んでいるノブナガさんたちの中に溶け込んだ。
 
つまり、コナアワビの行列を、思いっきりショートカットしてしまったのだ。

「コナ特産あわび」・・・2個セットでUSD7.00。僕は4個USD14.00で注文した。

焼きたての「コナ特産あわび」。

【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

熱々の状態のものを、ホクホクフーフしながら、テントに備えてある醤油を垂らして、口に放りこんでモグモグ。。。

孔明:「う、うまい!(>_<)」

噛みしめる度に、こおばしいお醤油と、ワイキキビーチの磯の香りが口の中に広がった。実際は養殖らしいがハワイの水であることにはかわりないはずだ。

「コナアワビ」を食べた頃、サッチェルが戻ってきた。

サッチェル:「ピザを買ってきました。今回はこのピザを食べたかったのです。」

手には、一切れのピザを持っていた。

【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

しかし・・・

サッチェル:「期待していたのですが、あまり美味しくないですね。」

・・・と言いながら、月官門特有の険しい顔で、ピザを食べていた。実際僕はピザを食べていないので、ファーマーズマーケットのピザがどういう味なのか?美味しいのか?そうでないのか?食べていない僕には良くわからないが、サッチェルの満足基準には達しなかったようだ。

サッチェル:「揚げトマトは鉄板焼きですよね!」

・・・ということで、コナアワビの次に行列ができている、揚げトマトに並ぶことにした。

僕が注文したのは、揚げトマト&オニオンフライのセット。揚げるのに時間がかかるようで、お金を払った後もしばらく待っていた。しかし、揚げたてを食べれるとは、これはこれで嬉しい。

オニオンフライは、頻繁に食べるものなので想像がつくが。揚げトマトというものは、想像しづらい。

【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

できたてアツアツの揚げトマトをフーフしながら、口に運んでみると。。

孔明:「・・・!!」

揚げ物特有のまったりとした衣の味の中に、酸味とシャクシャク感が走った。

孔明:「うまい!!!」

オニオンフライの方は、想像通りの味だったが、揚げトマトは僕にとって新しい味覚のハーモニー。揚げトマト&オニオンフライのハーフハーフセットではなく、揚げトマト単品を注文すれば良かったと絶望的に後悔した。

「ここ米国?」「ここは日本?」どこにいるのか分からなくなる程ほぼ全員日本人といっても過言ではないほどの、日本人だらけの人混みをかきわけながらファーマーズマーケットの中を歩いていた。

すると、目に飛び込んできたのは、ワイルドなローカルハワイアン風の男と、白人さんふうの男2人が、ダンボールを積み上げているワイルドなテントだ。

僕もこれまで何度か、ファーマーズマーケットに訪れているが、はじめて見かけたテントである。

ローカルハワイアン風の男が、大ナタを慣れた手つきで奮っている。ダンボールの中に積み上がっているのは、ココナッツの実。販売しているのは、ココナッツジュースである。

大きなサイズのココナッツの実を、大ナタを使ってガンガン切り裂き、生のココナッツジュースとして提供している。

シュガーズ(砂糖・甘味料・はちみつ・フルーツ・チョコレート・ケーキ・缶コーヒー・ジュース他)を控えている僕であるが。このワイルドパフォーマンスにぐらっと来て、たったの6USDだったこともあり、ついつい注文してしまった。

飲んでみると・・・うまい!!野生の味がする。ワイルドな男たちが、大ナタで切り裂いたばかりのココナッツジュース。野生の動物になったようなイメージを降臨させて、獣のようにむさぼり飲んだ。

【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

ちなみに、飲み終わった後のココナッツジュースは、再びココナッツテントのワイルドガイズのところに持っていくと、大ナタを使ってさらに真っ二つに切り裂いてくれて、ココナッツの実を真っ二つに。中の白身の部分を、ハードなココナッツ皮を使って、えぐり出してくれる。

野生のターザンを降臨させて、手でわしづかみにして、がぶりつく。少し青臭いような野生のフルーツ臭が口の中に広がって行く。

美味しいのか?美味しくないのか?ハッキリとよくは分からない感じであるが、6USD以上の価値を体感できたことは間違い無い。

満足げな面持ちで、ワイルドガイズに「マハロ!」とお礼を言い、ファーマーズマーケット最終目的地へと向かった。

僕も「生マカデミアナッツ」を・・・

ファーマーズマーケットにおける、サッチェルと僕の最終目的地は、「生マカデミアナッツ」を販売しているテント。前回6月にハワイに訪れた際の「KCCファーマーズマーケット「では・・・僕はマカデミアナッツを、好きでも嫌いでもないので、買わず、サッチェルだけが買った。

しかしその後、サッチェルは、僕たち「地下ソサエティ」メンバーたちを目の前に、「生マカデミアナッツ」の袋をおもむろに開けて食べ始めた。

皆、サッチェルが「生マカデミアナッツ」をくれるのかな?という様子で「生マカデミアナッツ」の袋を気にされていたのを感じた。

僕も、好きでも嫌いでもない・・・と言いつつも、サッチェルがパクパクと食べている様子を見れば、少しは欲しくなった。

一同、 サッチェルは「生マカデミアナッツ」をくれるのかな?・・・と、身構えている状態が続いていた。。

しかし、サッチェルは「生マカデミアナッツ」を一粒もくれなかった。何食わぬ顔で、黙々と「生マカデミアナッツ」に手を入れて口に運んでいた。

とうとう。

メンバー:「あれ、サッチェルさん、「生マカデミアナッツ」くれないのですか?」

・・・と、声をかけて、場の気の微妙な均衡が崩れた。

サッチェル:「えええ、嫌ですよ!」

真面目な顔で答えた。けれども、しぶしぶ「生マカデミアナッツ」を一粒差し出した。 しかも、

「「生マカデミアナッツ」をくれないのですか?」と口にしたメンバーだけに一粒。。 幼なじみの僕には、一つもくれていない。言ってなかったから。流石は発動した月官門。自分の好きなものは、一粒足りとも手放さないようだ。

そして、無駄なことは一切しない。うん。それでこそ頼れる月官門!・・・というエピソードがあり、あの事件からなんとなく僕も、「生マカデミアナッツ」というものに、一目をおくようになっていた。

そこで今回は僕も、「生マカデミアナッツ」を買い、ジョホールバルに持ち帰ることに決めたのだ。

人間の価値観というものは、他人によって影響を受けることがある・・・それを改めて学ばせて頂いた。「生マカデミアナッツ」・・・今回は僕もサッチェルと一緒に購入させて頂いた。

【帝】「KCCサタデーファーマーズマーケット」と「生マカデミアナッツ」

別に僕は、あえて袋を開けて食べるつもりは無いが、とりあえずお土産用として。意外とお値段がはることに少し驚いた。

今回もまた、「KCCサタデーファーマーズマーケット」十分楽しんだ。「Uber」車に乗り込み僕たちは、次の目的地へと向かった。

追伸

「北のセオリー」の実行ができるタイプや状態なのか?

「地下ソサエティ2017」メンバーとしての活動は有意義なのか?「情報は金なり!」ではあるが、ご自身が「情報」を活用できるタイプか?タイミングか?ご自身の適正確認は月官門サッチェルへ直接・・・

「サッチェルSOSゴールド(無料Skype相談チケット)」
http://order.sanadakoumei.com/satchel-sos-gold/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
会長もビジネスクラスに乗られるのでしょうか?

会長もビジネスクラスに乗られるのでしょうか?

「脇が硬いから結果として金(カネ)が余り、生き残ってるんだ。」 ゴゴゴゴゴゴ アクニンさんは、300のダメージを受けた _| ̄

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「地下ソサエティ」ゴールド10名のみ追加参加可能(居合抜きアリ会員)

【帝】「地下ソサエティ」ゴールド10名のみ追加参加可能(居合抜きアリ会員)

世界各国の大富豪たちも懇願する日本において最高峰の情報を秘め持つ北野会長を中心として組成された「地下ソサエティ」。 その運営事

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】地下ソサエティ「プラチナ」の「謁見宴」に関する変更点通達

【帝】地下ソサエティ「プラチナ」の「謁見宴」に関する変更点通達

日本国外で開催される「謁見宴」に関して、各国に散らばり暗躍している地下ソサエティの「プラチナ」へ通達。 今回香港某所で秘密裏に

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
とうとう、一撃日給+550万円抜いたメンバーが登場

【帝】とうとう、一撃日給+550万円抜いたメンバーが登場

12月17日日給+19万2,932円抜いた僕の影が薄い・・・(T_T) 最近、「地下ソサエティ」の中での、僕の存在感が薄い。と



dept