借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2015年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

【帝】11月4日(水)郵政3社上場以降で株式相場で損しないための訓え(音声)

level007
11月4日(水)郵政3社上場以降で株式相場で損しないための訓え(音声)

僕が現役サラリーマンとして、香港、中国に駐在していた時のこと。

孔明:「僕ってひょっとして、株の天才?」

現役サラリーマンとしての業務の中、嫌なことがあったら・・・HSBC香港上海銀行の投資用口座にアクセスしては、購入した香港H株が、大きくプラス表示されている画面に、ぼんやりと見とれていた。

特に売買することもなく、ずっと放ったらかしで、どんどんと大きくなっていくプラスの数字を目の前にし、満足感に浸りまくっていたのだ。

ところが、そんな平和で甘い日々は、長くは続かなかった・・・。

今回の孔明タイムでは、郵政3社上場を目前に控え、大きく注目が集まっている株式相場について、これからどういった環境が、待ち構えている可能性があるのか。

1987年NTT上場で僕の両親が経験したことや、2008年リーマンショック前後の香港大富豪ミスターDと僕、そして、中国広州支社の現地スタッフの言動など過去の事例を紹介しながら、相場に臨む際の注意点についてお話させていただいた。

日本郵政株の公募殺到で倍率は100倍

郵政グループ3社を同時上場させる新規公開株式(IPO)の抽選申込みが終わり、3社の売り出し価格は、

日本郵政が、1株1,400円
ゆうちょ銀行が、1株1,450円
かんぽ生命が、1株2,200円

と決定された。

今回売り出される株数は、それぞれ全体の株式の11%、

日本郵政が、4億9,500万株
ゆうちょ銀行が、4億1,244万株
かんぽ生命が、6,600万株

で、株式数をかけ合わせた時価総額は、6兆3,000億円と今世紀最大規模になる。

日本郵政の全株式は、いまは日本政府が保有しており、今後も約3年ごとに株式の一部を売却する形で、2022年度までに得られる見込みの計約4兆円を東日本大震災の復興に充てられるという特殊な形になっている。

生活に密着し、馴染みがある郵便局関連銘柄だけに、多くの個人投資家から注目されたため、購入申込みが殺到し、日本郵政株の倍率は100倍となり、抽選により割当が決定したと報道されている。

抽選に漏れて、買えなかった投資家は、11月4日の初売り出し以降、相場価格で購入という流れになる。

日本郵政・ゆうちょ・かんぽ上場で、多くの個人投資家が資金を投下すると相場環境はどのようになるのか?

検討するに当たり、過去の「大型上場」の結果を、まずは知る必要がある。

過去、民営化によって政府保有株が株式市場に放出された「大型上場」。公募価格から、初値の段階でどうなったのか?

1, NTT(1987年2月)
公募価格1,197,000円-初値1,600,000円
勝利(+403,000円、+33.7%)

2, JR東日本(1993年10月
公募価格380,000円-初値600,000円
勝利(+220,000円、+57.9%)

3, JT(1994年10月)
公募価格1,430,000円-初値1,190,000円
敗北(▲240,000円、▲16.8%)

4, JR西日本(1996年10月)
公募価格357,000円-初値360,000円
引分け(+3,000円、+0.1%)

5, JR東海(1997年10月)
公募価格380,000円-初値385,000円
引分け(+5,000円、1.3%)

6, NTTドコモ(1998年10月)
公募価格3,90,000円-初値4,600,000円
勝利(+700,000円、+17.9%)

7, J-POWER(2004年10月)
公募価格2,700円-初値2,795円
勝利(+95円、3.5%)

8, 国際石油開発(2004年11月)
公募価格465,000円-576,000円
勝利(+111,000円、+23.9%)

5勝1敗2引き分け:勝率62.5%

「大型上場」が、必ず勝つと言えないことが、過去の勝敗結果から読み取ることができる。

真面目な両親がNTT株を買うと暴落する

「大型上場」の1つ、1987年のNTTに関しては、僕の真面目な両親も参戦していた。

1, NTT(1987年2月)
公募価格1,197,000円-初値1,600,000円
勝利(+403,000円、+33.7%)

と一応勝利している形にはなっているのだが・・・上場企業のサラリーマン一筋の父。地方公務員教員職一筋の母。

僕たちの言う投資ということには一切手を出すこと無く、清く、正しく、美しく・・・堅実に生きていた。

しかしそんな両親も、人生の中でたったの一度だけ、投資と呼ばれるものに手を出したことがある。それが、野村證券の営業マンを通して購入した、NTT株への投資だった。

NTT株は、1986年2月に上場。株価は2ヶ月で、売り出し価格の3倍に当たる、318万円もの高値をつけた。

国が売り出す株NTT。。国民に対して、絶対に損をさせるわけがない。

国発の株・・・第二弾、第三弾を成功させるために、NTT株価はずっと上がり続けるはずだ・・・。そんな話を、売り出しの時に、当時の證券会社の営業マンたちはしていた。

後からデータを調べて見ると、売り出し時のNTT株への申込総数は、1,085万5,224件・・・売り出した株数に対して、6.4倍の倍率だったという。

1987円2月9日・・・NTT株は新規上場。買い希望57万株分に対して、売り希望はたったの1万株分。値段がつかなかった。

前場約130万円の買い気配、
後場約140万円の買い気配。

発売開始初日・・・とうとう値段がつかない。。。翌日の10日・・・買いで値段がつかず、取引終了間際に、ようやく約160万円で初値がついた。

その後株価はさらに上昇し続け、1987年4月のはじめには、300万円を超えていた。

しかし、1987年10月19日、ブラックマンデーがニューヨークで発生。ニューヨーク株が大暴落。これを受けた、日本の株式市場も大暴落。

NTT株は、売り気配で終了。

1987年11月9日の第二次NTT株放出の売り出し価格は、255万円に決定した。しかしこの背景には、当時の四大証券会社(大和・山一・日興・野村)が、価格を維持するために買い支えをしていた詐欺のような行為があった。

個人投資家を騙して、転売し続けていたのである。

2回のNTT株販売にて、国は約7兆3,471億円の収入を獲得。四大証券会社は合計781億円のNTT株販売手数料を獲得したとのこと。

僕の両親は、丁度そのタイミングで、当時流行っていた単語「財テク」目的で、野村證券の営業マンに勧められてNTT株を購入した。

しかし、NTT株はその直後から暴落して行くことになる。

四大証券会社が創りだした嘘の価格のボロはすでに出て。僕の両親のような、投資の「と」の字もやったことない、何もしらない個人投資家に掴ませまくった後。四大証券会社が買い支えをしないNTT株は下落をはじめた。

その後、1986年頃から急上昇をはじめた日本株はバブルの全盛期。1989年の日経平均株価は年初の2万1千円から年末には3万円を超えた。

1989年12月末に日経平均株価は3万8,914円の最高値を記録。

1985年の9月対比だと、約3倍となったものの、NTT株だけは先に暴落した。そして、1990年1月・・・日経平均株価は、暴落に転じはじめバブル崩壊。。。

1992年NTT株は、45万3,000円の最安値をつけた。

当時両親が200万円位で購入したNTT株は、最終的に50万円位で慌てて売却したと記憶。以降、両親は今日に至るまで、株式投資、不動産投資、為替投資、事業投資、投資という名前のつくものに、ただの一度も手を出していない。

1929年の株価大暴落を乗り越えたエピソード

かつて・・・ウォール街にジョセフ・P・ケネディという伝説の株式相場師がいた。第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの実の父親である。

なぜジョセフ・P・ケネディが伝説の相場師になれたのか?

1929年にウォール街にて、株価の壊滅的な大暴落が起こった。アメリカ合衆国と世界に広がる前例の無い、長期にわたる経済不況へと発展。株価大暴落はその後、1ヶ月間続いたのだが・・・。

ジョセフ・P・ケネディは、1929年「株価大暴落」の発生前に、全ての株のポジションを、手仕舞うことができた。そして、大儲けにつなげることができたのだ。

なぜ、ジョセフ・P・ケネディは、「株価大暴落」の発生前に、全ての株のポジションを、予め手仕舞うことができたのか?

ジョセフ・P・ケネディがウォール街の路上で靴磨きの少年に靴を磨いてもらっていた時。

靴磨きの少年:「オジサン、今◯◯という株を買うと上がると思うよ。なんでかと言うと・・・。」

ジョセフ・P・ケネディに対して、株のうんちく話を論じ始めた。しかし、

ジョセフ・P・ケネディ:「靴磨きの少年までもが、株式相場の話をしている。これは普通ではない・・・。」

買いを入れ続けていた株を全て売却したと言う。

その後に株価大暴落が起こったが、ジョセフ・P・ケネディは、全くの無傷で大暴落を乗り越えたどころか、底に落ちたところで買いを入れて億万長者になったという。

・・・もしも「リーマンショック」の時。このエピソードからの学びを、予め理解していれば・・・と想像すると、非常に悔やまれる。

なぜなら僕は、「リーマンショック」の直前に、全く同じようなことを、中国広州にて経験していたからだ。

月収3万円のローカルスタッフが株を熱弁する

「リーマンショック」の直前・・・僕が勤務していた玩具メーカーの駐在として勤務していた、中国広州支社のローカルスタッフたちとランチを食べていた時のこと。

ランチタイムになると、ローカルスタッフたちが、株について熱弁をしていた。しかも・・・

「孔明さん、◯◯社の株がこれから熱いと思うよ。業績は良いからドンドン伸びると思う。」

月収約3万円のローカルスタッフまでもが、僕に対して、株について論じたり、アドバイスしてくれていた。なんでも、株をはじめたことで、軒並みプラスになっていると言う。

予想は当たりまくり、買えば上がるような状態で、毎月の給料日の後に、すぐに株を購入し続けていると。

当時の僕は、インターネット上での、「真田孔明」としての活動を、完全にお休みしていた時でもあり。なぜか、金(カネ)に対する興味が薄れてしまっていた時期でもあり。

ローカルスタッフの株の話を聴いても、「すごいねー!でも僕も香港H株を資産としてずっと持ってるよ!」と言う反応。

特に新たな中国株を物色したり、買い増したり、などのアクションを起こすことは無かったが。「ウォール街の靴磨きの少年」のエピソードの
ジョン・F・ケネディよろしく。

アクションを起こすとすれば、月給3万円の広州ローカルスタッフたちの話を、「暴落前の兆」と受け取り。HSBC香港上海銀行の投資口座に所有していた、全ての香港H株を売却・・・手仕舞いするべきだった。

そうすれば、僕が資産として所有していた香港H株たち全銘柄・・・僕がうっとり見とれていた時に額面合計1,000万円程あった株が、100万円近くまで大暴落。

資産だと思って長期スタンスで保有していた株がタダ同然になり、全身がガクガク、ブルブルする恐怖を味わわなくて良かったのだから。

結局のところ、香港大富豪ミスターDから、
「いいか、先日までの株価はココ。そして今の株価はココ。ここから上に戻る確率と、ここから更に下に行く確率 どちらが高いと思う?(英語)」

紙に山線グラフなどを書いて、株の買い方と売り方の原理原則の訓えを受け、勇気を振り絞り、その通り行動した結果、短期間でプラス500万円で手仕舞でき事無きを得たのだが・・・。

香港大富豪ミスターDの訓えがなければ、「常識」と思い込んでいたスタンスを取り、長期間苦しむことになっただろうと思う。

暴落が起こる前には必ず、普段なら株をやらない層の人たちが熱く語り出す。。。

そして、大富豪たちは、やがて到来する暴落を利用して、さらに大きな金(カネ)を掴んでいく。

郵政3社上場で、大勢の新しい個人投資家が、株式相場に参入してくるタイミング。

孔明タイムの音声を聞いてくれるメンバーには、過去の事例を知り、これからの相場での立ち回りに活かしてもらいたいと思い、

・居合抜きアメリカ武者修業の予定は?
・10月の「秘剣北野流」剣客としての方針とは?
・北野会長との謁見で教わったこととは?
・「秘剣北野流」の必殺技を身に付ける意味は?
・4ヶ月「秘剣北野流」剣客として活動し身に付けたこととは?
・iPhoneでモンスターハンターをプレーしている理由とは?
・7日連続の下げ相場と相場予想の関係とは?
・上げ相場と下げ相場、それぞれの特徴とは?
・上げ相場と下げ相場「秘剣北野流」剣客の心構えとは?
・香港大富豪ミスターDとのランチタイムの話題は?
・香港大富豪ミスターD本業と副業とは?
・当時の僕の投資に対するイメージとは?
・ミスターDに見せつけられたマネーゲームの凄さとは?
・株式投資に乗り出すため僕がとった行動とは?
・僕が主に取引していた銘柄と結果とは?
・リーマンショックが到来した時のミスターDのアドバイスとは?
・より固い投資として僕が選んだものとは?
・株式相場で必ず発生することとは?
・過去の相場を学ぶことでわかることとは?
・2008年に中国支社のローカルスタッフが熱弁していたこととは?
・伝説の相場師JKKの相場に関する訓えとは?
・僕が10歳の時、父と母が臨んだ投資の結果とは?
・世の中に流通しているお金の総量とは?
・普通の人と同じことをやっていてはいけない理由とは?

に触れながらお話させて頂いた。

以上、郵政3社上場を目前に控え、大きく注目が集まっている株式相場について、これから到来するであろう相場環境と、そこでのド素人と大富豪の行動の違いについてお話した54分35秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。

2015年11月度は、「郵政3社上場で損しないための訓え」に加えて以下の音声が配布させて頂く。

◯2015年11月度音声リスト

◆11月1日
郵政3社上場で損しないための訓え
(54分35秒/32.8M/MP3形式)
  
◆11月8日
「真田孔明の信念」とは?五常に基づく「信念」のお話
(37分45秒/22.7M/MP3形式)
 
◆11月15日
ラスベガスのカジノで暮らせるカジノ攻略法大全
(1時間11分23秒/42.8M/MP3形式)
 
◆11月22日
年間売上5,000万円のための会社経営戦略術
(55分24秒/35M/MP3形式)

◆11月29日
Coming soon

孔明タイムが音声が視聴できる生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員
http://5oku.com/doc/5oku/premier.pdf

四柱推命鑑定士 真田孔明
 

追伸1

物販大富豪直伝の「東京案件」も、「一銘柄」「プレミア・980札束音声会員」メンバー限定で公開中である。

「東京案件」とは、だれでも、インターネットの某証券会社で購入できる案件。これからの、毎月の配当を、「プレミア・980札束音声会員」のメンバーフィー980円/月間に充てて頂きたい。

追伸2

「重要なお約束」
 
「投資は自己責任」この言葉を理解できない場合は、投資をやらないことを強く推奨する。絶対に僕が書いた記事の真似をして、楽天証券やSBI証券の口座を開設したり、投資信託に投資したり、株の投資をしたり、しないことを強く推奨する。
  
あくまでも僕は僕の自己リスクと資金管理の元、「勝っても負けてもゲーム」。人生の中における、「プラスアルファの贅沢」として、楽天証券の口座を通して、投資信託と株の売買を、個人的に楽しんでいるだけであり。

その様子を、ブロガーとして、発信しているだけであり。楽天証券の投資信託や株を、僕の記事を読む読者の方々にオススメしたところで、楽天証券からコミッションやアフィリエイト報酬が、一円も発生するわけではない。
  
株や投資信託を、「絶対にやりましょう!」と、推奨しているわけではない。
  
むしろ、株や投資信託で勝ち続けることは、非常に難しい。

知識が浅いまま、株や投資信託に臨むと、「株価や基準価格が、上がったら持ち続けたり、買いまししたり、下がったら怖くなり、損切り手仕舞いをしてしまう。・・・確実に負ける動きをしてしまうから。
  
僕の場合は、45年間株式投資の世界で、ただの一度も飛ばしたことがない、北野会長を師と仰ぎ、45年間で培って来られた訓えや叡智を、毎月の北野会長との謁見宴(ディナー)を通して、直接質問しながら一つ一つ確認しながら、致命傷にならない範囲の小さな失敗を繰り返しながらも、鍛錬を繰り返して、ようやく形になって来た段階。
   
空手や柔道で言えば、2015年6月からの毎日の鍛錬の積み重ねによって、「初段」合格試験を突破して、ようやく「黒帯」を巻き始めたばかりの段階。
  
その僕の株や投資信託の取引を、「そんなことは私にもできる!」と知ったような気になって、すぐに飛びつくような形で、楽天証券やSBI証券などの口座を開設。
 
見よう見まねをして、投資信託や株の投資に臨むと、非常に危険である。
 
何も日頃の鍛錬をしていないのに、いきなり空手や柔道を、黒帯の方々と真剣勝負の試合で対戦する位危険である。空手や柔道では確実に捻挫・打撲・骨折などの大怪我を負うことになるが、投資の世界では苦労してビジネスで貯蓄したお金が瞬時に「飛んでイスタンブール」になる。
 
「僕の記事がキッカケで、株や投資信託をはじめて、飛んでイスタンブール」になりました!」
  
・・・と、後から言われても、当然ながら僕は、責任を取るたぐいも、補填のたぐいも、一切することはできない。

恐らく「飛んでイスタンブール」になってしまったその場合は、資金管理面含めて、僕がやっているやり方とは、違うやり方を「自己流」でやっているはずだから。
 
この点を留意して、僕のレビュー記事を読んで頂きたい。上記の約束を守れない場合は、僕の記事を読むのをただちに遠慮頂きたい。
  
あなたの、身の安全を願いながら、僕のレビュー記事を読んで頂く際の「お約束」として改めて明記させて頂く。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
永続的なビジネスを構築していく「五常」に基づく「信念論」

【帝】永続的なビジネスを構築していく「五常」に基づく「信念論」(音声)

僕は、小さいころから、世の中の真相・真理に興味があり、様々なことに思考を巡らせるが好きなのだが、先日、瞑想していた時に、これま

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「ダイヤモンドヘッドハイキング」でお金持ちになるという方程式

【帝】「ダイヤモンドヘッドハイキング」でお金持ちになるという方程式(音声)

6月に家族でハワイの「ダイヤモンドヘッドハイキング」に参加した時のこと。 下山して、送迎移動用のミニバスに乗った瞬間、降ってき

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
ミスターダイスから教わったカジノ攻略9の手法

【帝】ミスターダイスから教わったカジノ攻略9の手法(音声)

10月24日、25日にハワイで開催された「地下ソサエティ」謁見宴の参加に合わせて、ロサンゼルスとラスベガスにも行ってきた。 目

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
【帝】「し・あ・わ・せ」の4文字を掴みとるための「神の法則」(音声)

【帝】「し・あ・わ・せ」の4文字を掴みとるための「神の法則」(音声)

寝ている時に、鮮明な映像とともに、「フっ」と面白い法則が降りてきた。 それは・・・世の中の全ての事象において、例えば、神も、夫



dept