借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2017年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

本当の「お金を増やす」3つの方法とは?

level007
本当の「お金を増やす」3ステップとは?

僕たちは「常識」として、「お金持ち」になるべく、サラリーマンもしくは経営者となり、「お金を稼ごう」とする。

僕自身、12年間もの間「お金を稼ごう」という概念で、サラリーマンをしていた。

けれどもそれが、「間違い、気違い、勘違い」のはじまりで・・・

「お金持ち」になるという目標(夢・ゴール)においては、完全に間違った方法であることを北の物販大富豪に出会ってから知った。

そこで、今回の孔明タイムでは、「お金を稼ぐ」のではない、本当の「お金を増やす」3つの方法についてお話させて頂いた。

「お金を稼ぐ」上での常識

「お金持ちになろう」と考えた時、真っ先に「お金を稼ごう」という思考が働く。

ご自身の、時間、労力、お金を浪費する形で、「お金を稼ごう」と考え、そのための行動に起こしている。

・上場企業に就職するのか?
・中小企業に就職するのか?
・個人事業主として稼ぐのか?
・会社経営者として稼ぐのか?

サラリーマンとして「お金を稼ぐ」ことを考える圧倒的大多数の方々。経営者として「お金を稼ぐ」ことを考えるごくごく一部の方々。「お金を稼ぐ」ということを考えた場合、この2通りの方法によるものが常識である。

けれども、彼らの大多数は、この「世間の常識」に囚われた「お金」の「稼ぎ方」こそが、「間違い、気違い、勘違い」のはじまりであることを知らない。

そもそも「お金を稼ぐ」という単語を当たり前のように使っている時点で苦行の如く茨の道を歩み続ける人生、その「配役」を自ら選択していることになる。

「稼ぐ」という言葉はもともと、「お金」を得ることが主ではなく、「◯◯」を◯◯ことを表したもの。

そこから、

・◯◯のために◯◯
・◯◯◯収入を得る

といった「お金を得る」意味が含まれるようになった。

◯◯◯◯を◯◯◯◯◯◯の「かせ」。
◯◯◯◯を◯◯に巻くことを「かせぐ」という。

そして、「かせ」は◯◯◯◯◯◯◯いるように見えることから、「かせ」のように◯◯に◯◯ことを「かせぐ」となったものと考えられる。

または、昼夜に迫り、◯◯◯ことを知らないことを言ったという説もある。

どちらにしても、◯◯◯もなく◯◯続けることに由来している。

だから、「お金を稼ぐ」という単語を自分の人生の目標(夢・ゴール)に設定した場合。

お金を得るために、◯◯と◯◯を浪費させ続けるという「配役」になることとイコールになる。

目標(夢・ゴール)が、銀行口座やタンスの中のお金を増やし続けることで、「お金持ち」になることだとすれば、「稼ぐ」という単語から派生する方法が根本的に間違っていることになる。

本当の「お金」を増やす方法とは?

僕が、高校・大学を卒業して、日本の東証一部上場企業に就職。その後、12年間もサラリーマンとして働き続けたのも。「稼ぐ」という概念に基づく判断によるものだった。

また、サラリーマンとして働きながらも、「副業」として、インターネットを通して、「情報」の販売をはじめたのも、「お金を稼ぐ」という概念に基づくものだった。

独立起業して、「会社法人」を設立してビジネスを進めたのも、「稼ぐ」という概念に基づく判断によるものだった。

けれども、その方法は「お金持ち」になるという目標(夢・ゴール)においては、完全に間違った方法だったことが後から分かってしまった。

なぜなら、本当の「お金持ち」になる方法は、「お金を稼ぐ」という単語の延長上にはなかったからだ。

本当の「お金」を増やす方法は・・・・◯◯を◯◯・◯◯から◯◯を◯◯◯・◯◯◯◯にお金ができる・・・この方法の中にあったのだ。

この方法に集中して、地道にお金を増やし続けることで、「お金持ち」になれるのだと。

確かに、よくよく考えれば、世の中にあるすべての「お金」は、どこかの誰かが、◯◯から◯◯て「◯◯◯◯」されたお金が、◯◯◯◯◯手元にあるもの。「お金を稼ぐ」ということは、お金を回してもらう方法であることが分かる。

たとえば、サラリーマンの方は、「これは自分で稼いだお金だよ!◯◯◯お金じゃないよ。」と言うだろう。

けれども、よく考えると、人間が持っている一番価値が高い「人的資本」=時間と労力を会社に差し出して、お金をもらうという行為をしている。

毎日出勤をする代わりとして、お給料の額が決まっているが、実際は、「人的資本」の価値はどれだけあるかは分からない。

うまくやれば、10億円相当あるかもしれないものを、最初に会社に差し出してしまって、それの金利として毎月のお給料をもらっている。

どちらかというと、サラリーマンのほうが、「人的資本」という高いお金を、会社に渡していて、それを元に会社がお金を◯◯◯してくれているといった感じなのだ。

「世の中の真の姿」を大富豪から知る

本来「お金持ち」になりたいのであれば、どこかの誰かが「◯◯◯◯」したお金を◯◯◯もらう行為ではなく。

直接◯◯から、「◯◯◯◯」することに集中することが正解。それを教えてくれたのが、北の物販大富豪。

10万円の現金からスタートされ、45年間、ただの一度も飛ばすこと無く、一代で大富豪になられた御方。マトリックスの救世主の如く、「この世の真理」を知る数少ない御方の一人である。

北の物販大富豪との出会いを経て僕たちは、「世の中の真の姿」を理解。「お金を稼ぐ」のではなく、「◯◯◯◯」によって「お金増やす方法」を「北のセオリー」と命名。

酪農ブルーワーカー歴10年間、孔明弟は、2014年11月に、株式会社を設立後、2014年12月末に◯◯◯◯◯◯として、サラリーマン貯蓄33.3年分に該当する2,000万円を獲得。(※2,000万円 = 毎月5万円 x 12ヶ月間 x 33.3年間)

2年が経過した時点では、「◯◯◯◯」した金額が、4,000万円にも昇る。これは、サラリーマンが毎月5万円ずつ貯金していたとしたら、66.6年かかる計算になる。

酪農系ブルーワーカー歴10年時代の孔明弟の給料ベースだと、月に1万円貯金するのがやっとだったので、333年かかっていたことになる。5年、10年、20年と継続していると、銀行からの信用度も上がっていく。

世の中の企業の生存について、年間で10社の内、1社しか生き残られない。

さらに、5年間で残りの10社の内1社しか生き残れない。10年間合計で、100社の内1社しか生き残れない。単純計算で、10年間の生存率は、1%・・・という、現状がある。

20年、30年になると、周りの法人が、勝手に自滅していってくれるので、銀行からすると、唯一無二の会社のようになってくる。

サラリーマンでは、太刀打ちできない金額になってくる。

たとえば、2億円だったとしたら・・・333年かかってしまうので、もはや徳川江戸幕府の時代になってしまう。

普通のお金を稼ぐ囚われの元で、働いている経営者・サラリーマンと、「◯◯◯◯」を軸に、ビジネスをしている経営者では、銀行口座の中のお金の量は、圧倒的な差となり、開いていく。

「北のセオリー」にリスクはあるか?

孔明:
「それはとてもとても、リスクの高い危ないことなのではないでしょうか?」

生まれてはじめて「北のセオリー」を耳にした時の正直な僕の感想である。

なぜなら、当時の僕は、

・「会社法人」のしくみ
・「◯◯◯◯」のしくみ

・・・両方とも単語そのものは知っているが、本質的な部分では、まったく理解できていなかったからだ。

けれども、北の物販大富豪の教えてくれた、「北のセオリー」を、何度も何度も繰り返し頭の中でシミュレーションして行く中で。サッチェルをはじめ、オフの世界の仲間たちに、北の物販大富豪から教わったことをそのまま伝えて行く中で。

インプットしたことを、アウトプットして行く過程で、段々と理解が深まってきた。

そして・・・

孔明;
「なるほど・・・そういうことか。本来「北のセオリー」を遂行する上で、僕たち個人にリスクなどなかったのだ。」

・・・と、理解するに至った。

その中でも、僕にとって決定的だったのは、知っていそうで、実はよく分かってなかった、「会社法人」という仕組みの原理原則的なことだった。

「会社法人」の原理原則を、明確に理解できた僕は、「北のセオリー」が僕たち個人にとって、リスクの無い手法であると、理解するに至ったのだ。

「会社法人」成立させるもの

「会社法人」とは、◯◯だけの「◯◯◯◯」上の人格であり。

国の法律の下に定義化された紙に、僕たち人間が◯◯◯を押すことで「◯◯◯◯」上の法人が誕生する。

「会社法人」という人格は、僕たちが目に見たり、触ったりできる「◯◯◯◯」上には何も存在しないものであり。「◯◯◯◯」の中でのみ、具現化できるものである。

つまり、法人格で、リアルの世界にあるものは、実際は◯◯◯の押された◯◯◯しか無いのである。

それにもかかわらず、日本国の法律に基づくと、「会社法人」はまるで一人の人間のごとく扱われる。

一人の人間の如く、「会社法人」は銀行口座を開設したり。一人の人間の如く「会社法人」は資産を所有したり。一人の人間の如く納税をしたりすることができる。

たとえ僕たち自身が新規創業した「会社法人」であっても、僕たち個人と、「会社法人」とは、まったく別物なのだ。

「会社法人」における原理原則を理解した上で僕たちが学び、現在進行系で行っている「北のセオリー」にとって重要なことは・・・

仮にビジネス・投資で失敗して、「会社法人」を解散することになったとしても、◯◯・◯◯◯・◯◯◯にあたる僕たち個人の◯◯◯◯・◯◯◯◯◯などを◯◯の◯◯に◯◯◯必要はないということ。

僕たちは、「◯◯◯◯」の中だけに存在している「会社法人」という仕組みを理解して上手に活用することで、安全に守られた状態で、ビジネス・投資の活動を行うことが可能になっている。

「会社法人」と「◯◯◯◯」の仕組み、原理原則を理解できると、「お金を稼ぐ」囚われから抜けることができる。

リスクといえば、2,000万円「信用創造」したとすると、7年間で◯◯◯万円分の金利になる。元本は、借りたお金なので、それをそのまま返せば良い。

7年間だったら、◯◯◯万円は、アルバイトでも積み上げられるお金だと思うので、それ以外はリスクがないと言えるのだから。孔明タイムを聞いてくれるメンバーには、「お金を稼ぐ」と「お金を増やす」ことの違いと「会社法人」の原理原則についてシェアしたいと思い、

    ・「稼ぐ」という言葉の本当の意味とは?
    ・「お金を稼ぐ」上での2通りの常識とは?
    ・「お金を稼ぐ」を目標(夢・ゴール)に設定すると?
    ・「稼いだお金」がほとんど残らない世の中の仕組みとは?
    ・本当の「お金持ち」になる方法とは?
    ・サラリーマンの「人的資本」の価値はいくらか?
    ・「お金持ち」になるために集中すべきは?
    ・孔明弟がこれまでに銀行口座に積み上げたお金の額は?
    ・「会社法人」の生存率とは?
    ・「北のセオリー」にリスクがないと言える理由とは?
    ・「会社法人」を定義つけるものとは?
    ・「会社法人」が消滅するタイミングとは?
    ・会社オーナーと「会社法人」の関係とは?
    ・多くの会社オーナーが飛んでイスタンブールになる理由は?
    ・個人で所得を得ようとすると「お金」が貯まらない理由とは?
    ・「会社法人」の上手い活用方法と所得税の関係とは?
    ・サラリーマンを今すぐに辞めるべきなのか?
    ・「創業融資」を獲得するリスクとは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。「お金を稼ぐ」のではない、本当の「お金を増やす」3つの方法についてお話しした56分10秒の音声は、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員」の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年1月度は、「本当の「お金を増やす」3つの方法とは?」に加えて以下の音声が配布される。

    2018年1月度音声リスト

    ◆1月7日:
    本当の「お金を増やす」3つの方法とは?
    (56分10秒/23.6M/MP3形式)
    ◆1月14日:
    国税調査の恐怖と死ぬまで永遠に稼げる方法
    (53分19秒/24.3M/MP3形式)
    ◆1月21日:
    「仮想通貨」で儲けたら次に取り組むべきは?
    (57分25秒/20.7M/MP3形式)
    ◆1月28日:孔明占いによる2018年の展望
    (56分59秒/23.5M/MP3形式)

    孔明タイムが音声が視聴できる
    生涯収入5億円倶楽部プレミアオーディオ会員


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
男女関係に悩みがあるとビジネス・投資は失敗する

男女関係に悩みがあるとビジネス・投資は失敗する

僕のもとに相談に来られる方々の多くは・・・ 「お金を稼ぎたい・・・」「仕事をうまくやりたい・・・」 とお金と仕事に関してのもの

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
月収100万円でも「ふこう」になる理由とは?

民泊での盗聴調査と投資で負ける人の特徴

娘たちのアメリカン・スクールの夏休みに合わせて、日本に一時帰国している。このタイミングで僕は、 J(ジェイ)との「命運の成幸フ

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
ゼロから「北のセオリー」に取り組むシミュレーション

ゼロから「北のセオリー」に取り組むシミュレーション

45年間、ビジネス・投資の世界で、一度飛ばすことなく、今日まで生き残り続けてこられた「北の物販大富豪」こと北野会長。 北野会長

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
不安と悩みの発生要因とその問題解決方法(音声)

不安と悩みの発生要因とその問題解決方法(音声)

「裏切られた・・・悔しい・・・涙」 人生において、不安や悩みを抱える原因は、「人間関係」である場合が多い。僕もこれまでの人生に



dept