借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 水輝ハニーと挑戦する「北のセオリー」

「新時代の幕開け」成功してドヤるだけの旦那に委ねる時代の終焉

level001
「新時代の幕開け」成功してドヤるだけの旦那に委ねる時代の終焉

孔明:「なんで旦那様が成功してるのに離婚したいんですか?」
 
流石に最近は慣れて来たのだが。正直、はじめの内は意味がぜんぜん分からなかった・・・。
 
せっかく旦那様が社会的、経済的に成功したにも関わらず。そのタイミングで離婚したくなるのか?一体どうして?なぜ?チンプンカンプン。

僕のところに「門鑑定会」で来られる既婚女性たちの場合、圧倒的に旦那様との離婚相談が多いのだが・・・。(※旦那様との復縁希望はナシ。。) 

  • 旦那がうだつがあがらない。

  • 経済的にまったく養ってくれない。

  • 私の人生こんなはずじゃなかった・・・。

・・・という、容易に想像できそうなパターンではななく。
 
その対極にある、

  • お付き合いした頃は旦那はダメダメだったでも好きだった。

  • アドバイスし続けたところ、旦那がみるみる内に、社会的・経済的に昇っていった。

  • 昇った後で耐えられないほど嫌いになり離婚したくなった。 

・・・というパターンがほんとに多いのだ。

僕が個人的に、一番ビックリしてしまったのは、旦那様が経営している会社を一代で100億企業までのし上げたのに。

旦那様からもらった、2億円位入っている、自分の銀行口座のお金を、「全部返金して離婚したい。。。」とおっしゃる奥様。。
 
孔明:「それは冗談ですか?」

奥様:「冗談ではありません!あいつからもらったお金など、一円もいりません!」
 
孔明の心の声:「あああ、もったいない。。(T_T)離婚云々は別に置いといて、2億円の現金は現金に色があるわけでもないし、そのままもらっておけばいいのに・・・。」
  
・・・と月財門的に合理性を最優先して思ってしまうわけだ。
   
はじめは、「この奥様だけ特別なのかな?」と思ったが、(まあ、金額は特別過ぎるが。。)金額の大小は別として、あまりにもこのパターンが多すぎるので、
 
孔明:「女性脳って意味が分からん。これはそういうものなのか。。」
 
・・・と、無理やり納得してみることにした。
  
けれどもその後、僕が「大人の保健委員長」を名乗ってるのに関わらず、「女性を知らなすぎてチェリーすぎる!」と。
  
カリスマ女性アドバイザーのハニーさんから、「筆おろし」的なご指摘を受けたことで、女性がそういう決断に至る背景というものを、うっすらとではあるが、理解することができるようになって来た。
    
なぜ、奥様たちは、「ダメダメだった頃好きだった旦那様」のことを、旦那様が社会的・経済的に
成功した後で「離婚」を決断するほど嫌いになってしまうのか?
  
それは、ダメダメだった男性が、成功しだすと「ドヤり出す」こと。
 
ゴゴゴ
 
もう少し細かく「ドヤる」を分解して行くと。
 
本当は、奥様のサポートの力があって、男性は一人前になれたのに、成功しはじめると、奥様のお陰だということが忘却の彼方へ。「すべて自分の実力だ」と勘違いしはじめること。
  
それが、日々の奥様をはじめ、身の回りの人間関係で露骨に出てくること。
 
さらに、お金を稼ぐ目的が、奥様に「やさしさ※」をあげるためではなく。
 
「※やさしさ=物資並びに現金を気持ちを込めて」
  
さらに、
 
さらに、
  
ただ単に、旦那様ご自身の、男性としての「オス欲望」を満たすこと。
 
評価、地位名声、競争への勝利、稼いだお金の額、数字を追い求め続けるために、ビジネス・投資の活動に、躍起になっているだけであることに気づいてしまうこと。。

☆成功旦那様の「ドヤり」まとめ

  • テメー自身の実力だって勘違いするなよ!

  • わたしへの「やさしさ※」はどうした?

  • 盛ってんじゃね~よ!

ゴゴゴゴゴゴ
  
・・・成功した旦那様のこの部分に、奥様は「離婚したい!」と嫌気が指してしまうようだ。
 
・・・さて、この場合の旦那様に対する処方箋はあるのだろうか?
 
Yahoo知恵袋回答:「ありません。◯◯につける薬は存在しないのと同じく、成功してドやっちーになった旦那様につける薬はありません。
 
「飛んでイスタンブール」になれば、旦那様はまた大人しくなるでしょう。(ベストアンサー)」
 
・・・ということで、旦那様が一度「ドヤり星人」になってしまった後は、もう手の施しようが無い。
 
なぜなら、評価、地位名声、億のお金を手中に収めた後、旦那様は「自分が天才」で「自分が偉い」と思ってしまうから。。
 
そうなってしまうと、奥様はじめ、周囲の人の声は、
 
「静けさや 岩に染み入る 蝉の声」
 
「だんなさま あなたに届かぬ わたしの声」
 
それを防ぐためには、稼ぎ始める前に、予め旦那様から

  • 個人口座のハンコ・通帳
  • 会社のハンコ・通帳

すべてを奪っておく必要がある。。
  
旦那様に持たせるのは、会社名義のクレジットカード一枚だけ。
 
・・・ということで、僕が娘たちにお話していることは。
 
孔明パパ:「旦那様を成功させようなどということは思わないこと。女性主導のビジネス・投資の仕組みをつくりなさい!」
 
・・・という結論に落ち着いてしまったのである。

「サーバー世界」台頭により露呈した「嘘」

昭和の時代以前・・・世の中は男性中心でつくられた社会だったこともあり、男性がリードをしてこそ、ビジネスが上手くいく世の中だった。
 
これは、「旧約聖書」の「ヤハウェ」が、「Pの皮を切った大人の男しかオレの前に来るな」と、言語化してしまったことが、そもそものキッカケであるのだが、
 
ココを僕が語りだすと、約1,400ページにも及ぶ「旧約聖書」の解説になってしまうので、また別の機会にするとしよう。
  
けれども、「ウィンドウズ95」誕生以降、20万年と言われる人類史上はじめて、「サーバー世界」が誕生。
 
それによって、「情報時空」が裏側に隠れてしまう「物理時空」中心の世の中から、「情報時空」中心の世の中になったことで、「旧約聖書」の頃から、脈々と続き、積み上げられた「嘘」。
 
「偉いのは男性!その証拠にイブはアダムの肋骨の骨からつくられた!」
 
・・・に、世の中の女性たちが、気づきはじめてしまった。
 
これによって、あちこちで急速な男女逆転現象的なものが、発生しまくっているのである。
 
そんな中で、女性でありながら男性を超えたパフォーマンスを叩き出せる女性が台頭して来た。
   
今日、Facebookやブログとかを見渡してみると、「おはよう!オジサン」から、「楽して儲かる系インフォお兄さん」まで、夢や希望ばかりを語っている男性たちが多いのに対して。
  
世の中の「真実」に目を向け、「真実」の解明をすべく、現実的なことを語っている女性たちが多くなっているのも、この流れによるものでは無いだろうか?

偶然的ではなく必然的に降臨されたハニーさん

僕が尊敬する、実業もインフォもオールラウンドで活躍されている、女性ビジネスウーマン、ハニーさんが降臨され、輝きを放ったのも。
  
俯瞰レベルを上げて見てみると、こういう今の時代に偶然的ではなく、必然的に登場した、「女性の星※」ということになる。
  
(※「「褒め」や「アゲ」は控えめにね!」と、予めハニーさんから釘を刺されてしまっているので控えめに言語化。)
   
ハニー:「少し前までの世の中は男性中心でつくられた社会だったから男性性を使ってこそビジネスが上手くいく世界でしたね…(遠い目…)」
  
近年は「女性性の時代」と言われて久しいです
  
わたし自身の体感としても、つい昔の名残りで男性性をゴリゴリに使って 何かをしようとすると、以前と違って全く上手くいかないし、体調やメンタルの不調に見舞われます
 
明らかに時代は変化しているのですね!」
 
今や「女性目線でのビジネス、普通の女性が立ち上げるスモールビジネスや女性性を使ってビジネスをすることが当たり前に上手くいく」
   
ということは、今多くの人に事実として認識されています。」
 
・・・と、ファーザーとおなじく、ミライを見渡す力を持たれる、発動された「陽創門・覇道星」のハニーさんが言語化されたのを聴いて、
 
孔明:「なるほど・・・。まさに!」
 
・・・と、気付かされた僕。
 
一度「情報時空」上で、脳と脳が直接つながってしまった僕たち人類。「物理時空」主体の世の中では通用していた、
 
「男性偉い、女性劣る」の嘘、まやかしは通用しなくなって来た。今後は、ますますこの流れが加速して行くことになる。

74名合計9億1,862万円中、32名、43.24%の方が女性の方

ちなみに、「女性の有能」さは、月財門の僕が「吟遊詩人」として、竪琴片手に語り続け、月官門のサッチェルが「遂行支援」続けて来た、
  
大富豪ファーザー直伝のしくみ、「北のセオリー」による、「新規創業融資」の結果にも、如実に実績として、「実証」として現れてしまっている。

☆2015年~2018年7月「北のセオリー」創業融資獲得の実績
72名:合計9億1,862万円
※サッチェルが直接「遂行支援」したものだけ計測

・1人目:2,000万円 夫創業、妻サラリーマン□
・2人目:3,700万円 元々経営者
・3人目:700万円  元々経営者、はじめての融資
・4人目:1,700万円 元々経営者、はじめての融資
・5人目:2,000万円 元々経営者、はじめての融資
・6人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・7人目:1,400万円 サラリーマン男性本人創業
・8人目:1,500万円 知人が新規創業
・9人目:800万円 元々経営者、はじめての融資
・10人目:1,300万円 元々経営者、はじめての融資
・11人目:1,500万円 サラリーマン男性本人退職後
・12人目:2,000万円 サラリーマン女性本人創業◎◎◎
・13人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・14人目:600万円 妻創業、経営者 ◎◎
・15人目:700万円 サラリーマン男性本人創業
・16人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・17人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・18人目:1,300万円 元々経営者、はじめての融資
・19人目:1,300万円 妻創業、経営者 ◎◎
・20人目:1,300万円 サラリーマン男性本人創業
・21人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・22人目:1,300万円 サラリーマン男性本人創業
・23人目:700万円 サラリーマン男性本人創業
・24人目:1,000万円 妻創業、経営者 ◎◎
・25人目:1,500万円 妻創業、経営者 ◎◎
・26人目:1,300万円 個人事業主女性本人創業◎◎◎
・27人目:2,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・28人目:850万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・29人目:800万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・30人目:700万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・31人目:1,300万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・32人目:1,300万円 夫創業、妻サラリーマン□
・33人目:1,050万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・34人目:1,000万円 奥さんともめて中断
・35人目:1,500万円 サラリーマン男性本人創業
・36人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・37人目:2,000万円 サラリーマン男性本人創業
・38人目:1,700万円 サラリーマン男性本人創業
・39人目:1,600万円 元々経営者 2期以内だったので新規創業
・40人目 1,000万円 夫創業、妻サラリーマン□
・41人目 1,272万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・42人目 1,300万円 海外から帰国の男性本人創業
・43人目 800万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・44人目 750万円 サラリーマン男性本人創業
・45人目 1,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・46人目 500万円 元々経営者 追加融資
・47人目 600万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・48人目 2,000万円 サラリーマン男性本人創業
・49人目 1,000万円 サラリーマン男性本人創業
・50人目 1,500万円 サラリーマン男性本人創業
・51人目 1,200万円 元々経営者 2期以内だったので新規創業
・52人目 1,500万円 サラリーマン女性本人創業◎◎◎
・53人目 1,990万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・54人目 1,700万円 サラリーマン男性本人創業
・55人目 1,500万円 夫創業、妻サラリーマン□
・56人目 400万円 サラリーマン男性本人創業
・57人目 1,100万円 サラリーマン男性本人創業
・58人目 500万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・59人目 1,300万円  サラリーマン男性本人創業
・60人目 100万円 夫創業、妻サラリーマン□
・61人目 1,000万円 サラリーマン女性本人創業◎◎◎
・62人目 500万円  妻創業、夫サラリーマン◎
・63人目 1,000万円  妻創業、夫サラリーマン◎
・64人目 2,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・65人目 2,000万円 サラリーマン男性本人 創業
・66人目 800万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・67人目 1,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・68人目 1,000万円 サラリーマン男性本人 創業
・69人目 1,000万円 妻創業、夫サラリーマン
・70人目 650万円 サラリーマン男性本人 創業
・71人目 1,500万円 サラリーマン男性本人 創業
・72人目 2,000万円 サラリーマン男性本人退職後 創業
・73人目 1,100万円 サラリーマン男性本人 創業
・74人目 1,500万円 サラリーマン女性本人創業◎◎◎

女性自身が一人で「創業融資」に挑戦し、実際に「創業融資」の獲得に成功した事例は5名。
  
旦那様が会社勤務のサラリーマンの方で、奥様が代表となり「創業融資」の獲得に成功された事例は23名。
 
旦那様が別の事業主の方で、奥様が新たに会社を設立し「創業融資」を獲得された事例は4名。
 
つまり、期間中「創業融資」の獲得に成功された女性は32名。
 
実に74名中32名、43.24%の方が女性の方が代表となり「創業融資」を獲得されたことになる。
 
「北のセオリー」による、「74名中32名」が女性による実績。
 
ゴゴ 
 
「43.24%」が女性による実績。 
 
ゴゴゴ
  
男性陣:「女性より男性の方が多いじゃないですか!
  ↓ 
74名=42名男性:32名女性 46.76%男性:43.24%女性」
  
・・・と、この結果に揚げ足取りしようとする方もいるかもしれないが。
 
ご存知の通り、サッチェル&真田孔明主催のセミナーと言えば、出席者の95%~99%が、オールボーイズ。
 
男性陣ばかりが出席する「オトコ塾」感溢れまくるもの。
 
その中の実績なので、仮にセミナーの出席者の割合が男女半々だとしたら。どう計算しても、「圧倒的に女性の方が実績出てる!」ということになる。
 
ゴゴゴゴゴゴ
 
ハニーさんは、次のようにも言語化された。
 
女性が「お金持ちになりたい」その理由(わけ)は。。

  • 快適に生きたい
  • 安心して生きたい
  • 美しく優しく生きたい
  • 自分を幸せにしたい
  • 自分の望みを叶えてあげたい

そして、

  • 家族や周りの人を幸せにしたい
  • 家族、子供達の望みを叶えてあげたい
  • 家族、子供達に安心快適な生活をさせてあげたい

という 《愛》の願望なのです。
 
健やかな女性性からの「お金持ちになりたい」という声は愛に溢れた《生存本能》の素晴らしい望みの声なのです。
 
だから「お金持ちになりたい」と強く願う女性は《愛》の器が大きいということ。

孔明:「おおお、確かに!女性はお金を稼いでも、家族のシアワセのためにお金を使おうとする。。。(T_T)まさに「無償の愛」!」

・・・このハニーさんのお話を聴いた時僕は、「飛んでイスタンブールby「億」」しまくった過去(2011年、2012年)頃の自分を思い出した。

男性であることが恥ずかしくなり、「タイ」に行きたくなった。。

・・・ということで、僕は性転換する勇気も無いので、はじめから女性として生まれた僕の娘たちには、 

孔明パパ:「どうせ旦那を稼がしても、ドヤって調子こくだけで、ろくなお金の使い方しないから。女性である自分の力で遠慮なく行こうね!」
  
・・・と、お話している次第である。
 
・・・ということで、ハニーさん主催、サッチェル&孔明特別を務める1日合宿形式のセミナー。
 
ただのセミナーにあらず、本格的な「女性主体の時代」への幕開け的な歴史に残るセミナーとなる。
 
『無敵美女式《新時代のMake Moneyメソッド》全公開★1Dayセミナー』
https://ameblo.jp/e-tiara/entry-12391368518.html


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「中間報告」受講申込100名突破、100%女性のみ・・・

「中間報告」受講申込100名突破、100%女性のみ・・・

前代未聞のトンデモナイ事象が発生してしまった・・・。   2つある。   1つ目:カリスマ実業家ハニーさん主催の『新時代のMa

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「FFBE」から学ぶ連携チームプレーの大切さ「盾キャラ」

「FFBE」から学ぶ連携チームプレーの大切さ「盾キャラ」

最近の僕は、空いたスキマ時間を見つけては、「パラディア」を救う旅に出かけている。     あなた:「え、パラディア?それはどこ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「労働人口が半分」ロボに「しごと」奪われるミライ

「労働人口が半分」ロボに「しごと」奪われるミライ

孔明パパはとても心配している。「2人の娘たちの将来」を・・・。    特に長女は昔から、なるべく早く「しごと」して世の中の役に

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
ぼくらの「チェリーズ脱出大作戦」

ぼくらの「チェリーズ脱出大作戦」

水輝ハニー:「孔明さんの発信だと、女性の方々は興味があっても、近寄り難く感じてしまうようなイメージです。   実際に塾生が、「



dept