借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】道端に落ちている1,000円札を全力で取りにいけると富豪になれる!?

level001
【帝】道端に落ちている1,000円札を全力で取りにいけると富豪になれる!?

北野会長:「ブラックのおじさんたちは、今は70、80の世代だけど、道端に落ちてる1,000円札を全力疾走で取りにいけるような方々ばかりだ。」

ハワイのお好み焼きレストランで、北野会長が語られていたのが、非常に印象的だった。

【帝】道端に落ちている1,000円札を全力で取りにいけると富豪になれる!?

「ブラックのおじさん」とは、日本人でありながら世界各国に君臨。100億円、1,000億円規模の現金を、すぐに動かせるレベルの本物の大富豪の御方々だ。

北野会長は以前より、とある目的があり、海外を渡り合いながら、「ブラックのおじさん」たちにお会いして会食をしながら時間を共有している。

北野会長が「ブラックのおじさん」たち、すなわち大富豪たちを一言で表していたのだが、この言葉が妙に耳に残った。

100億、1,000億円もの現金を、サイン一つで動かせる、力を持つ天上人のような御方々が。道端に落ちている、庶民から見ても小さな金額の金(カネ)を、全力疾走で取りに行かれると言うのだから、僕のイメージとは、大きく異なる部分を感じてしまったからだ。

確かに、北野会長も・・・

「ここに来る途中、道端で1セントコイン拾った。なんか運を運んできそうだから、拾っておいた。」

携帯電話のケースから、黄土色にキラキラ光る1セントコインを取り出し、僕たちに嬉しそうに見せびらかしていた。

そういえば、日本に古くから伝わることわざに、『一銭を笑う者は一銭に泣く』というものがある。

「一銭」はわずかな金額を意味し、はした金だからと馬鹿にする者は、そのはした金が無くていつか泣く思いをするだろうということから。どんなに小さい金額でも金銭を粗末に扱ってはならないという戒めの意味を込め、また、貯蓄や倹約の大切さを言うときにも使われることば。

今日の日本では「銭」という単位の通貨は日常では使わないので、『一円を笑う者は一円に泣く』と言葉が変わっているが。これが脳裏に思い浮かんだ。

44年間ビジネス・投資の世界で、ただの一度も飛ばされることなく、生き残り続け、大富豪の座に君臨されている北野会長が拾った「一セント(銭)」を見ながら、まるで宝物を拾ったかのように喜んでいる。

「一セント」をいえば、米国では最小単位のお金(カネ)。

そして、北野会長がお話されている、日本トップレベルの大富豪象「ブラックのおじさんたちは、今は70、80の世代だけど、道端に落ちてる1,000円札を全力疾走で取りにいけるような方々ばかりだ。」というお話。

・・・発動された陽創門であられる北野会長のお言葉に無駄なことは一つもない。

全てに必ず隠された深い意味というものが存在する。

「1セントコイン」

「千円札」

北野会長が、あえて僕たちに向かってこれをおっしゃる。

つまり、「1セントコイン」を大切にする・・・「千円札」が落ちていたら、全力で拾いに行く・・・

これらのことは、大富豪になるためには、非常に重要なマインドセットであるのだと僕は認識するに至ったのだ。

株式市場の中で「1,000円」を全力で取りに行く

北野会長:「1,000円を抜ける剣客が最強の剣客になる!」

北野会長がはじめのころから何度もおっしゃっていた言葉。けれども以前の僕は、なぜ北野会長がこのようなことをおっしゃるのか?まったく分からなかった。

しかし、2015年6月より、株式市場という修羅の世界で、ただの一度も飛ばされることなく、生き残り続けて来られた御方、北野会長直伝の株式取引方法を開始。

2016年6月で、約1年間経過しようとしているが、実際に、「秘剣北野流」剣客としての活動を行う中で、その意味が理解できるようになった。
 
孔明:「1,000円を抜ける剣客は、株式投資の世界で財を成せる!」

そう心の奥底から言えるようになった。真実はいつも常識の対局に存在する。

物販ビジネスの本当の奥義、「北のセオリー」も、インターネットの世界含めて、世間一般で言われている、物販ビジネスのノウハウとは、全く対局に存在する。

株式投資の本当の奥義、「秘剣北野流」も同じだった、世間一般で言われている、株式投資のノウハウとは、全く対局に存在する。

世の中の大多数の方々が、稼ごうとするときは、冷静沈着になり、「1,000円」抜くことに全力で臨む。

世の中の大多数の方々が、恐怖におののき混乱する時、勇ましく戦場に繰り出し、必殺「袈裟斬り」を炸裂させる。

大きく抜き去った金(カネ)を、靴下の中に隠す形で、全速力で戦場から脱する。

・・・北野会長が、バブル崩壊、リーマンショック、I.T.バブル崩壊、中国ショック、、、歴史的な大暴落の中で、戦場で倒れるどころか、大きく桁の違う金額を抜かれ、大富豪の座に上り詰めた秘訣が凝縮されているのである。

その秘訣が、

北野会長:「1,000円を抜ける剣客が最強の剣客になる!」

・・・この言葉に凝縮されていることは、「秘剣北野流」剣客としての活動を1年、2年と継続できた者は理解できるようになる。

一見バラバラのように見えて全てがつながっている。

  • 「1セントコイン」を大切にする・・・
  • 「千円札」が落ちていたら、全力で拾いに行く・・・
  • 1,000円を抜ける剣客が最強の剣客になる!

・・・ここに来てようやく、理解できるようになった僕は、6月8日の株式市場でも、株式取引の最低ロットである100株で「二刀流」の構えを取り、全力で1,000円を抜きに行った。

一刀目:空売り&納刀+700円
二刀目:買い&納刀+1,100円
三刀目:空売り&納刀+1,200円
三刀累計:+3,000円

【帝】道端に落ちている1,000円札を全力で取りにいけると富豪になれる!?

チャートのたぐいは一切見ない、あくまでも北野会長の訓えの通り。

  • ◯◯が下がったら買う
  • ◯◯が上がったら売る

「二刀流」から繰り出す抜刀と納刀で、少し先の未来を見ながら、上がりも、下がりも、両方取って行くことができた。

ただの一度も、少し先の未来の動き、、、流れの部分を外すことは無かった。

しかし、・・・うーん。「1,000円」を狙いに行ったにも関わらず、ただの一つも1,000円ぴったりになっていない。端数が出てしまった。。

まだまだ、無駄が多すぎる。もっともっと、精密機械のように動かねば・・・。

結果を眺めながら、反省するに至った。

けれども、今日時点の僕が、以前の僕と違うのは。高騰相場になろうとも、暴落相場になろうとも、いかなる相場が来ようとも、心一切ブらすことなく、淡々と臨めるようになったのは、一年前の今日と比べると、大きな進化成長だと思った。

追伸1

「北のセオリー」の基礎を伝授する次回セミナーを開催した。

講師:サッチェル・真田孔明
東京某所
13時半受付開始
14時より18時まで4時間かけて。

雇用創出、納税、政治活動支援、生涯を通して、未来の日本のために、活動してくれる仲間たちを一人でも多く輩出するために。

「北のセオリー」収録音声入手可能
https://sanadakoumei.com/lp/kita-theory-160612/

追伸2

「重要なお約束」
 
「投資は自己責任」この言葉を理解できない場合は、投資をやらないことを強く推奨する。絶対に僕が書いた記事の真似をして、楽天証券やSBI証券の口座を開設したり、投資信託に投資したり、株の投資をしたり、しないことを強く推奨する。
  
あくまでも僕は僕の自己リスクと資金管理の元、「勝っても負けてもゲーム」。人生の中における、「プラスアルファの贅沢」として、楽天証券の口座を通して、投資信託と株の売買を、個人的に楽しんでいるだけであり。

その様子を、ブロガーとして、発信しているだけであり。楽天証券の投資信託や株を、僕の記事を読む読者の方々にオススメしたところで、楽天証券からコミッションやアフィリエイト報酬が、一円も発生するわけではない。
  
株や投資信託を、「絶対にやりましょう!」と、推奨しているわけではない。
  
むしろ、株や投資信託で勝ち続けることは、非常に難しい。

知識が浅いまま、株や投資信託に臨むと、「株価や基準価格が、上がったら持ち続けたり、買いまししたり、下がったら怖くなり、損切り手仕舞いをしてしまう。・・・確実に負ける動きをしてしまうから。
  
僕の場合は、45年間株式投資の世界で、ただの一度も飛ばしたことがない、北野会長を師と仰ぎ、45年間で培って来られた訓えや叡智を、毎月の北野会長との謁見宴(ディナー)を通して、直接質問しながら一つ一つ確認しながら、致命傷にならない範囲の小さな失敗を繰り返しながらも、鍛錬を繰り返して、ようやく形になって来た段階。
   
空手や柔道で言えば、2015年6月からの毎日の鍛錬の積み重ねによって、「初段」合格試験を突破して、ようやく「黒帯」を巻き始めたばかりの段階。
  
その僕の株や投資信託の取引を、「そんなことは私にもできる!」と知ったような気になって、すぐに飛びつくような形で、楽天証券やSBI証券などの口座を開設。
 
見よう見まねをして、投資信託や株の投資に臨むと、非常に危険である。
 
何も日頃の鍛錬をしていないのに、いきなり空手や柔道を、黒帯の方々と真剣勝負の試合で対戦する位危険である。空手や柔道では確実に捻挫・打撲・骨折などの大怪我を負うことになるが、投資の世界では苦労してビジネスで貯蓄したお金が瞬時に「飛んでイスタンブール」になる。
 
「僕の記事がキッカケで、株や投資信託をはじめて、飛んでイスタンブール」になりました!」
  
・・・と、後から言われても、当然ながら僕は、責任を取るたぐいも、補填のたぐいも、一切することはできない。

恐らく「飛んでイスタンブール」になってしまったその場合は、資金管理面含めて、僕がやっているやり方とは、違うやり方を「自己流」でやっているはずだから。
 
この点を留意して、僕のレビュー記事を読んで頂きたい。上記の約束を守れない場合は、僕の記事を読むのをただちに遠慮頂きたい。
  
あなたの、身の安全を願いながら、僕のレビュー記事を読んで頂く際の「お約束」として改めて明記させて頂く。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
真田孔明が幼馴染のサッチェルにお詫びしたいこと・・・

真田孔明が幼馴染のサッチェルにお詫びしたいこと・・・

中学一年生時代の孔明:「ねえねえ、サッチェル。僕と一緒に剣道部入らない?一流の剣客を目指そうよ!これ読んでおいてね!後、情報で

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
『サッポロガーデンパーク』と札幌夜の街@地下ソサエティ

『サッポロガーデンパーク』と札幌夜の街@地下ソサエティ

札幌千歳空港に降り立った僕は、バスに乗って札幌市内へと向かった。 バスは楽だと思って乗ったのだが、約1時間以上と、意外と時間が

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
11月4日郵政グループ3社上場に剣客として取組むにあたり

【帝】11月4日郵政グループ3社上場に剣客として取組むにあたり

11月4日の日本郵政グループ3社の上場を控える11月2日。 東京株式市場の日経平均株価は、日本銀行の追加金融緩和見送りを受け、

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

プラチナビジネス相談会@大阪&プラチナ勉強会

大阪グランヴィアホテルの一階ラウンジ。   一人当たり30分ずつの、お金に特化した「プラチナ相談会」を行う。この中では、「財」



dept