借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2018年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

年収2,000万円の方々の4つの特徴(音声)

level007
年収2,000万円の方々の4つの特徴

よく、インターネットでは、

    「当会員様の実績・・・」月収1,000万円突破!月収500万円突破!

・・・と、景気の良い数字が、「ネット起業塾」系の販売ページに、煽り言葉と共に並んでいるのを見かけたりするが・・・

果たして本当なのだろうか?

「リアル」に年収2,000万円以上の方のことをよく考えてみると、その実像が分かってくる。

そこで、今回の「真田孔明の「ブラック」経営学」では、年収400万円と2,000万円の人の違いと、「リアル」に年収2,000万円以上を、継続されている方々の4つの特徴についてお話させて頂いた。

「フェイク」だらけの「月収500万円突破!」

仮に毎月、毎月、500万円、1,000万円など継続的にそんな高収入があり続けていたとしたら、一体、どれだけ国税局を動かしてしまうのか?

本来、その視点から考慮するだけでも、「リアル」か「フェイク」かは、簡単に見分けることができるというものだ。

普通のゼロスタートの方々が、たった数ヶ月間だけ頑張っただけで、どうやってそんなに高収入を獲得できるのか??そういう「フェイク」数字を並べる方も並べる方だけど。

そういう「フェイク」数字を、信じる方も信じる方だ。「インターネットだから、楽して出来るのでは・・・。」

今の時代、そんなことは微塵も無し。リアルもインターネットも「楽して」なんか存在しない。

普通に考えればどう考えてもおかしいことだと、分かってしまうのではないだろうか?

月収500万円突破!月収1,000万円突破!・・・と並べている数字が、「リアル」なのだとしたら。

「継続性」があるものだとしたら。東京国税局がお尋ねに来た証拠も同時に並べて欲しいものである。

「リアル」に年収2,000万円以上の方

「リアル」に年収2,000万円以上の方に、お会いしたことがあるだろうか?もしも、これまでの人生の中、「フェイク」ではない、年収2,000万円以上の方と、会ったことがあるとしたら。

実はそれだけで、「超ラッキー」である。なぜなら、東京国税局の調べによると、年収2,000万円以上の方は、たったの◯%未満・・・

日本の就労納税者数の◯.◯%しか、存在しないのだから。就労している方々の、約◯◯◯人に1人しか存在しないことになる。

小学校で言えば、◯◯◯の◯◯の◯◯◯で、◯◯◯に◯◯いるかどうかの確率・・・。さらに、その年収2,000万円さえも、単年だけ、年収2,000万円を突破した・・・ブームの波に乗れてたなど、「単発ラッキー」による「偶然の成功」によって、たまたまその年だけ獲得できた高収入かもしれない。

仮に、年収2,000万円を、5年間継続できた方・・・10年間継続できた方・・・と「継続年数」の条件を加えるならば、「生存率」を考慮すると、「超レアキャラ」的な存在になって来てしまう。

年収2,000万円以上と言っても、使えるお金が年間2,000万円あるわけではない。その位の高所得者ともなれば、税率が40%になってしまうわけで。

約◯.◯%の「お金持ち」・・・と言われる住人になれたとしても。納税後に使えるお金と言えば、年間1,000万円ちょっと・・・ということになる。

つまり、年間1,000万円以上を、毎年、毎年、10年間以上使い続けられる方は。

もはや、それだけで、「マネーの世界」での「スーパーエリート」的な存在になってしまうのだ。

『成功シンドロームOS』はエントリーに過ぎない

    マスター長兄:
    「みんなに勘違いして欲しくないのは、『成功シンドロームOS』を学んで習得できたとしても、「エントリー」したに過ぎないということ。」

45年間以上生き残り続けた御方「大富豪ファーザー」から、22年間に渡り、直接指導を受け続けて来られた「マスター長兄」が、僕たちに対して、真顔でおっしゃっていた意味が、今なら良く分かる。

なぜなら、就労人口◯.◯%の年収2,000万円以上を5年、10年・・・と継続的に獲得し続けた方々にとって、『成功シンドロームOS』に該当する「特別なOS」を持ち、ビジネス活動に励まれることは、「特別」ではなく、「当たり前」なのだから・・・。

たとえば、上場企業に勤務している場合、会社の中を見渡してみてもらえると分かるが。

    「あの人チョースゲー!マジで天才だよ!」

・・・と、部署の誰もが尊敬できる方がいたとしても。年収という部分で見た時には、おそらく全体の◯◯.◯%の400万円以上~2,000万円未満の「すごい人の層」に入っているに過ぎない。

「リアル」に年収2,000万円の方。さらにはそれが、「偶然の成功」による、一過性のものではなく。5年以上、10年以上、継続して年収2,000万円以上もらい続けられる方・・・といえば、何かしらの部分において「◯◯◯」的な◯◯を既に◯◯させていることは当然のこと。

さらに、『成功シンドロームOS』に、該当する「OS」を、持っていることも「必須」となる。

さらに、さらに、◯◯◯◯◯◯で言う、「◯◯◯」的な「◯◯◯」も◯◯◯に◯◯◯する形で、当たり前のように使いこなして来る。

ここが「金融資本主義」の「問題の本質」なのだ。よく、「私頑張ってるんです!」と感情的になって、声を大にする方々がいるが。

その方々が、自分で「頑張っている」認識を持とうが持つまいが。僕は、「頑張っていてすごいですね!」とやさしく声をかけてあげたいが。

重要なのは、僕がその「頑張ってる」の基準で評価してあげても、その場の雰囲気は和むかもしれないが。金融資本主義の収入ピラミッドの中の、位置づけは全く変わらないということ。

「頑張ってる」の比較対象を、どこに持っていくのかが、重要になってくる。

残酷なことをお話させて頂くと。

国民全員が、チャンスあればお金が欲しい・・・と思っている、「金融資本主義」の世の中、有名大学を卒業するなど、普通に優れた能力を発揮された方々がただ「頑張った」だけでは、平均年収にあたる、415万円程度の年収レベルに落ち着くはず。

全体で言えば、◯◯.◯%の方々の中に属してしまうことになるのだから。

なぜなら、年収400万円以上~2,000万円未満の上位◯◯.◯%の領域では、「すごい人」が属している。それぞれの業界で「天才」と呼ばれる◯◯を既に◯◯した方々が、「頑張っている」領域。だから、仮に優れた能力を持っているという方々が、自分基準で「頑張って」いたとしても。「人並みの能力の方が頑張る」=「平均値」にしかならないのである。

    ・年収2,000万円以上:
    超◯◯◯◯◯を◯◯された方々が『成功シンドロームOS』を持ち、「◯◯◯」的な◯◯◯もフル活用して頑張っている世界

    ・年収400万円~2,000万円未満:
    ◯◯◯◯◯を◯◯された方々が頑張っている世界

    ・年収400万円未満:
    普通に優秀な能力を持つ方々が頑張っている世界

「インターネット」には、「フェイク」だらけの「情報」で溢れかえっているので。

「コピペで楽して簡単に・・・月収500万円・・・ドキドキ、ワクワク」

と、「真実」を、見失いがちになるだろうが。世の中の「真実」としては、年収1,000万円、2,000万円を継続し続けるレベルであっても。それは、それは、物凄くハイレベルな戦いが、日々繰り広げられてあり。

本来は、自分がちょっと「成果」が出たくらいで。ドヤったり、おごったり、サボったり・・・と。そんな暇など、まったくない世界であること。

途中で「気を抜いた」瞬間に、すぐに下に叩き落とされる世界であること。

「マスター長兄」のセッションを通して、僕は改めて「リアル」に気付かされてしまい、

    「僕、このままではマジでヤバイ!確実に堕ちる!」

・・・とかなり焦ってしまっているのである。

5年、10年・・・と継続的に、毎年年収2,000万円以上の領域・・・その更に上にある「大富豪の世界」。

「大富豪ファーザー」のように、◯◯◯◯な◯◯を◯◯され、『成功シンドロームOS』を自由自在に使いこなしている方々が。

「◯◯◯」◯◯◯の◯◯◯を、当たり前のように◯◯◯に投入し、使い続けている。

「大富豪ファーザー」が、一つの言葉を発するために、700時間も瞑想を続けるというが。

そうしないと、「金融資本主義」の頂上決戦では、絶対に45年間も生き残り続けることはできないのだ。

それが、「特別ではなく当たり前の領域」のお話であることも。僕たちは、理解と認識するに至った。

    その1:
    それぞれの道で、◯◯◯◯な◯◯を◯◯された方々であり。

    その2:
    『成功シンドロームOS』に該当する「OS」を、当たり前のように持ち使いこなし。

    その3:
    ◯◯◯の世界で言う「◯◯」や「◯◯◯」的な◯◯の◯◯◯も◯◯◯◯て当たり前のように投入して来て。

    その4:
    さらには、◯◯の◯◯◯を◯◯も◯◯ことも無く◯◯◯◯の◯◯◯を◯◯し続けている。

その1~その4、全てが高いレベルで揃っている方々が。就労人口の250人に1人とか、2,500人に1人とかの方々のプロフィーリング。

つまり、サラリーマンであろうが、経営者であろうが関係無く、もしも年収1,000万円~2,000万円以上の収入を10年以上継続しようとするだけでも、その1~その4を、それぞれの道で、当たり前のように持ち、力を発揮し続けることが求められる。

もはや、「サイコパス」レベル。

そんな中「自分基準」で頑張ったかどうかなどは、どうでも良いことであり。そういうハイレベルな力量を持つライバルに勝てるかどうかが「問題の本質」になる。

個人で達成できないのなら、漫画『ワンピース』の海賊同盟のようなものを組んで、集団の力を活かしてでも、やばい「ライバル」たちに、勝ち続けることが求められる。

そんな中で、僕たち凡人が、どう人生の中で「上への道」を切り開いて行くのか?・33年間以上も、地道に貯金を貯め続ける必要も無く。・売上で何十億円分あげなくてもよい。

その、唯一無二と言われる方法が、

・◯◯◯◯による◯◯◯◯◯方法
・絶対に◯◯◯◯◯◯◯◯◯による◯◯を◯◯◯方法

「世の中の常識」で言えば、「◯◯◯」レベルの◯◯◯的、スタートアップの戦略術になるのだ。

    真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、年収400万円と2,000万円の人の違いと4つの特徴についてシェアしたいと思い、

    ・年収2,000万円の人とは?
    ・月収500万円はネット商材で本当に可能なのか?
    ・『成功シンドロームOS』とは?
    ・役員や社長になると年収がいくらになるのか?
    ・孔明が香港でプロデュースしヒットした商品は?
    ・孔明が嫉妬した2人の同期の業績とは?
    ・年収と能力の関係と年収1,000万円のリアルとは?
    ・長兄がお酒を飲めない理由とは?
    ・『成功シンドロームOS』をインストールした後の注意点は?
    ・年収2,000万円を継続できる人とそのポイントとは?
    ・年収1,000万円は数年継続できる確率とは?
    ・長兄とのセッションで孔明が焦った理由とは?
    ・孔明が「安心、安全の欲求」を感じた瞬間とは?
    ・ファーザーとの出会い=隕石が地球に飛来する確率とは?
    ・年収2,000万円と2,500分の1の確率とは?
    ・年収1,000万円を維持するための4つのリアルとは?
    ・孔明が好きなニコニコ動画配信者とは?
    ・30代と40代の孔明の体力の違いとは?
    ・1日の積み重ねが重要になる理由とは?
    ・チートレベルのスタートアップ戦略術とは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。年収400万円と2,000万円の人の違いと、「リアル」に年収2,000万円以上を、継続されている方々の4つの特徴についてお話しした1時間4分3秒の音声は、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年10月度は、年収2,000万円の方々の4つの特徴」に加えて以下の音声が配布される。

    ◯2018年10月度音声リスト

    ◆10月7日:
    勉強しないで「ダウンロード」現象
    (51分50秒/18.7M/MP3形式)

    ◆10月14日:
    成功に必要なエネルギーとは?
    (58分10秒/21M/MP3形式)

    ◆10月21日:
    年収2,000万円の方々の4つの特徴
    (1時間4分3秒/23.1M/MP3形式)

    ◆10月28日:
    大富豪が使いこなしている力とは?
    (57分27秒/20.7M/MP3形式)

    「ブラック経営学」の音声が視聴できる
    「真田孔明の「ブラック」経営学」


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
ビジネス・投資で必然的に勝つために(音声)

ビジネス・投資で必然的に勝つために(音声)

ファーザー: 「ヒーロー(長兄)に会って、アメリカ聴いて来なさい。」 ファーザーからアドバイスを受けたサッチェルと僕は、長兄と

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

小学校4、5、6年中学校1、2、3年と6年間マンモス学校の保健委員を務め続けたのをはじめ・・・大人になってからも、四柱推命+門

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「エデンの園」がビジネスに直結する理由とは?(音声)

「エデンの園」がビジネスに直結する理由とは?(音声)

これまで僕が、やってきた特別なこと。 それが・・・「文学ライティング」文章を元に、ありとあらゆるシーンで、成功を勝ち取っていく

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
勉強しないで時空から「ダウンロード」現象

勉強しないで時空から「ダウンロード」現象(音声)

2018年9月11日(火)で、42歳になった。 当日は、僕が家族と共に、以前住んでいた街、中国広東省の広州から、車を走らせて約



dept