借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂 > 2018年度 真田孔明の「プレミアオーディオ会員」

勉強しないで時空から「ダウンロード」現象(音声)

level007
勉強しないで時空から「ダウンロード」現象

2018年9月11日(火)で、42歳になった。

当日は、僕が家族と共に、以前住んでいた街、中国広東省の広州から、車を走らせて約2時間。広東省ナンバー1占術師と言われている、「おコメさん」に、2015年以来再びお会いしに行った。

そこで、今回の真田孔明の「ブラック」経営学では、「おコメさん」の鑑定の様子と、突然なにかができるようになる「ダウンロード」現象についてお話させて頂いた。

謎のお婆ちゃんと「おコメさん」

ホテルの朝食ビュッフェを食べて腹ごしらえをした後、スマホで「配車アプリ」を立上げ、車に乗り込んで、「おコメさん」のところへ。

走って行く途中に街を眺めていると、以前来た時とは、光景が全く違う。新しいマンションが、たくさん建設されていて、「スタバ」とかも普通にあったりして、人々の服装もカラフルになってるし、普通にブランド品のバックを手にして歩いている人たちもザラにいる。

「おコメさんのところも、近代的なマンションとかになってたらどうしよう・・・」と一抹の不安を感じつつも、車に乗って20分位で、目的地近辺に到着した。

そして周りを見渡し、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

僕は目を輝かせた。

なぜなら、なぜかこのエリアだけ、当時のままだった。中国の発展からは、取り残された「秘境感」が漂っている。

    孔明:
    「コレコレ、この感じ!大冒険!いやーまだ、生の肉片沢山ブラ下がってるよ!」

・・・と、独り言を言いながら。「おコメさん」のいる建物を探していると・・・迷ってしまった。。

どこの建物だったか、忘れてしまった。。(汗)住所とか書いてある建物でもないし・・・(汗)

鑑定に使うためのお米が入った赤い袋を手に、キョロキョロと周りを見渡しながら彷徨っていると。

「おコメさんのところへ行くのかい?(ローカル広東語)」

突然、お婆ちゃんが話しかけて来た。

    お婆ちゃん:
    「私について来なさい(ローカル広東語)」

なんと、「おコメさん」のところに僕を連れて行ってくれるという。

お婆ちゃんは、80歳~位だろうか?ゆっくりとマイペースで歩きながら、僕を先導して下さる。

カタコトの中国語で会話しながら、お婆ちゃんの後ろに、ついていく僕。

    お婆ちゃん:
    「ここだよ(ローカル広東語)」

おおお、以前と全く変わらない、ボロボロの雑居ビルと、古めかしい階段。ここだ!ここだ!

「おコメさん」最強の必殺技炸裂

孔明:
「昔鑑定してもらった時ありがとうございます。これはお礼も兼ねて(中国語)!」

鑑定で使う「買ってきたお米」と一緒に、◯◯◯◯◯を遥かに◯◯◯◯◯の◯◯を、「おコメさん」に差し出した。まさに「◯◯◯◯◯◯◯」!

    おコメさん:
    「こんなに要らない!(ローカル広東語)」

    孔明:
    「いやいや、お礼ですから!(中国語)」

・・・と、すると、とても嬉しそうな顔をして◯◯を受け取って下さった。これぞ「参拝」でも使える「時空方程式」。

世の中の大多数の方々は、

1、意味もわからず決まってるからお礼をする
2、お賽銭を払う
3、お願い事をする

・・・という順番で参拝されているが。

「◯◯の世界」の住人は、真逆である。

1、◯◯に対する◯◯をする
2、◯◯を◯◯
3、◯◯◯な◯◯をする

一見、◯◯◯→◯◯◯◯→◯◯という「矛盾の世界」上の動作自体は同じだけど、「◯◯◯◯」上の中身部分が、全く真逆なのだ。

    孔明:
    「僕が軍師として、仲間たちを「必然の成功」に導くためにはどうしたら良いですか?直近1年間は?来る10年間は?(中国語)」

・・・しかし、「おコメさん」は、これに難色を示した。

おコメさん:
「今年1年はなかなか難しい。来年からは良い(ローカル広東語)」

「おコメさん」はその理由をいくつか述べて行った。

しかし、問題があるとは言え、ここで引き下がるわけには行かない。「1年」という貴重な時を、無駄に過ごすことはできない。

    孔明:
    「何か改善できる方法はありますか?」

と、質問したところ。

    おコメさん:
    「あなたは運が良い、これは朝しか出来ないから(ローカル広東語)」

「おコメさん」が特別に、秘伝中の秘伝の「対策」を、して下さることになった。

「おコメさん」により、「◯◯な◯◯」をはって頂けたが・・・これには色々と制約があり。

・「プライベートの◯◯◯◯」はダメ
・◯◯◯◯◯やっちゃダメ・◯◯も本気でやっちゃダメ
・◯◯をほどほどに
・車の運転に注意→長距離運転無し
・指定の◯◯◯をいくつか◯◯
・自分の能力を活かしたビジネスに集中
他・・・ヒミツ。

・・・僕と関わってくれた仲間たちが「必然の成功」と「シアワセ」を掴み取ってくれるよう、仏門に下った出家僧の如く自分に厳しく生きることになった。

勉強しないで「ダウンロード」現象

「おコメさん」のお陰様で、また「僕の出来る事」が増えた。いろんなことが、新たに「ダウンロード」されたのだ。

人生の中で、地道な勉強をしないでも、「ダウンロード」するような形で、いきなり何かができるようになることはなかっただろうか?

たとえば、僕の例を挙げると、うちのスタッフとかにも「いつ勉強したんですか?」と、よく驚かれるのだが。

「鑑定」も「年当て」も、地道に勉強してできるようになったというよりは、ある日突然の出来事がキッカケで、「認識しただけでいきなりできるようになった・・・」という感じになる。

分からないところだけ、後から調べてみたり、今回のように確認しにいったり。

「勉強しないでダウンロード」なぜこういうことができるのか?「ダウンロード」されることは、いくつか条件があるようだ。

まず、自分の「◯◯・◯◯」と一致していることが挙げられる。

「真田」「孔明」と名乗っているように、「四柱推命」と「占術」も元々の命式のアビリティの中に入っていますし、「命運のシナリオ」もそこに向かっている。

真田幸村も「六文銭」=占術使い
諸葛孔明も「四柱推命」と「奇門遁甲使い」

48歳以降まで僕が生きていたとしたら、さらにこの部分がドンドン進化成長を遂げている。

ということで、「勉強してできるようになる・・・」というよりは、「◯◯できるとできるようになる」という形になったようだ。

僕の「鑑定」の場合は、誰かがやっているのを教わった・・・というよりは、いつも僕の周りをフラフラとしていらっしゃった、エンジニアの方にお願いして、

「こーこーこういうふうにこの暦データを全部ぶち込んで。。。」
「相対関係はこうなっていて・・・」

と、どこかのネットに転がってるソフトを流用してるのではなく、ガチでイチから創った。

後は、よくよく過去を振り返ってみると、

・小さい頃から漫画・アニメ・RPGゲーム好き
・小・中学校時代マンモス校で保健委員・委員長・高校・大学100人規模のメンズまみれ
・就職先はキャラビジネスのバンダイで、アニメ数百本単位で見ていた
・香港や中国本土に転勤し門の概念と会う

・・・と、人間の観察を続けて来た人生を送っていた。

自分の「◯◯・◯◯」をそれほど意識していなかったにもかかわらず、「予兆」は沢山あったことになる。

「予兆」がある「◯◯・◯◯」

・自分が◯◯◯◯◯◯である
・◯◯◯◯◯◯◯◯ている
・◯◯◯◯る◯◯が◯◯

・・・3点の条件が揃い、このまま長期間継続できると「◯◯・◯◯」から「◯◯」へと昇格することが分かっている。

この過程の中で、必要とされる能力に関して、「ダウンロード現象」が次から次へと発生して行く。

「天才」はもっと早い段階から使いこなしている

ただし、僕は長く◯◯◯と◯◯◯の世界に長く生きてしまいまい、「発動が遅かった・・・」ということになる。

けれども、「大富豪ファーザー」は、「勉強してないのにいきなりできるようになったこと」もっと早い段階から「勉強しないでダウンロード」の現象を沢山経験されていると思う。

それは、見ているだけで分かる。

なぜ分かるのか?

共通点は、かなり早期の段階から、「◯◯の世界」の住人だから・・・。

「◯◯の世界」の住人は、「◯◯の◯◯◯」にアクセスできるようになる。

人間が生きる領域には、・◯◯◯の領域・◯◯◯の領域・◯◯の領域という3つの領域があり、人はもともと「◯◯の世界」の生き物だった。

「◯◯の世界」が特別なのではなく、元々人間は「◯◯の世界」の人間だった・・・

それが、「◯◯◯」を学ぶことで、「◯◯◯の領域」の壁の中に押し込められ。

「◯◯◯」を強要されることで、「◯◯◯の領域」の壁の中に押し込められ。「◯◯の世界」にある「◯◯の◯◯◯」と電波つながらなくなってしまう。。という形。

◯◯◯の領域に押し込められ、◯◯◯の領域に押し込められると、◯◯◯とつながらなくなってしまうので、何かの力を習得しようとした時、教科書から学ぼうとしたり、何年もかけて塾で学ぼうとしたり、試験をうけようとしたり、ずっと勉強し続けても身につけられない。

ということになってしまう。

一方「◯◯の世界」の住人は、ただ普通に生きている過程で、必要なことが出てくると、いきなり何かが「ダウンロード」されたかのようにできるようになることがある。

学ぶ時は、「ダウンロード」されたことをやっている過程で、分からないことがある時だけ、本で必要な事項だけ辞典で意味を調べるように確認したり、人から聴いたりする形になる。

どちらかと言うと、勉強するというよりは、後から必要な「データベース」を集めたり、「基準値」的なものを修正しているだけ。

◯◯◯・◯◯◯の壁の中の住人・一から勉強を積み重ねる→中々できない→ずっと丘サーファーのまま壁の外

「◯◯の世界」住人・ダウンロード→できる→分からないことがある時だけ検索そして、これは別に特別なことではない。

太古の昔から、みんな普通にやって来たことなのだ。

それでは、かつての僕のように、長い期間◯◯◯と◯◯◯の壁の中で生きてしまった人間は、どうやって「◯◯の世界」の住人になれるのか?

実は、その最初の登竜門が「◯◯」にある。「◯◯」の「◯」とは、「◯◯の世界」への「◯」とも例えることができる。

まずは、生まれながらの「◯」という大きい枠組みの中での、自分の「◯◯・◯◯」を認識できる=マルマルの自分=◯◯の世界の自分の気づきのキッカケになる。

だから、「◯◯」を通して、「◯◯◯◯◯◯の◯」を知った方々は。

この「ダウンロード現象」を体感し始めるわけなのだ。

真田孔明の「ブラック」経営学を聞いてくれるメンバーには、「おコメ」さんの鑑定のレビュー、「ダウンロード」現象のための入り口についてシェアしたいと思い、

    ・孔明が誕生日に訪れた場所とは?
    ・中国本土の2015年からの発展具合とは?
    ・中国広州でのゴルフコースのプレー代とは?
    ・孔明が中国のインフレを感じた理由とは?
    ・久々の「おコメさん」に起こっていた変化とは?
    ・「おコメさん」の鑑定までの待ち時間とは?
    ・孔明が「おコメさん」に差し出したものとは?
    ・「時空の方程式」とは?
    ・「おコメさん」の今回の鑑定での変化とは?
    ・「おコメさん」に孔明が聞いたこととは?
    ・「おコメさん」の秘伝中の秘伝の「対策」とは?
    ・「おコメさん」から伝えられた制約とは?
    ・「おコメさん」からもらった魔法グッズとは?
    ・「おコメさん」鑑定終了後に向かった場所とは?
    ・勉強しないで「ダウンロード」現象とは?
    ・「ダウンロード」されるための条件とは?
    ・孔明が「鑑定」に利用するソフトとは?
    ・「◯◯・◯◯」と「天命」の関係とは?
    ・この世に存在する3つの領域とは?
    ・「ダウンロード」現象でアクセスするものとは?

以上に関して触れながらお話しさせて頂いた。「おコメさん」の鑑定の様子と、突然なにかができるようになる「ダウンロード」現象についてお話しした51分50秒の音声は、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員として登録頂き、メンバー専用の秘密のページから音声をダウンロードして視聴頂きたい。

なお、「真田孔明の「ブラック」経営学」会員の一員には、毎週一つこのような特別な内容の音声が送られてくる。2018年10月度は、「勉強しないで「ダウンロード」現象」に加えて以下の音声が配布される。

    ◯2018年10月度音声リスト

    ◆10月7日:
    勉強しないで「ダウンロード」現象
    (51分50秒/18.7M/MP3形式)

    ◆10月14日:
    成功に必要なエネルギーとは?
    (58分10秒/21M/MP3形式)

    ◆10月21日:
    年収2,000万円の方々の4つの特徴
    (1時間4分3秒/23.1M/MP3形式)

    ◆10月28日:
    大富豪が使いこなしている力とは?
    (57分27秒/20.7M/MP3形式)

    「ブラック経営学」の音声が視聴できる
    「真田孔明の「ブラック」経営学」


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

「特別扱い」の欲求を満たす大切さ(音声)

小学校4、5、6年中学校1、2、3年と6年間マンモス学校の保健委員を務め続けたのをはじめ・・・大人になってからも、四柱推命+門

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
万年課長が実は「億り人」のライフスタイル(音声)

万年課長が実は「億り人」のライフスタイル(音声)

2010年の社内における大々的な「副業バレ事件」によって、2010年12月31日を持って強制的に「円満退社」。これによって、約

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長(音声)

I.T.&文学の陰陽太極による錬金術を追求するひとり社長(音声)

世界の各地で仲間と集まり、ゴルフをやったり、酒を酌み交わしている様子をFacebookやブログにアップしていると・・・ 不動産

毎週日曜日に孔明タイム音声が炸裂
「愛とお金の方程式」とは?(音声)

「愛とお金の方程式」とは?(音声)

お金持ち男性たちには、なかなか「彼女ができない」という問題である。傍から見ると「無敵状態」とも思える男たちが何人もいる。 けれ



dept