借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術 > 投資MAPナビ/勝てる投資はココにあった

【帝】「上場企業M&A」を学びボホール島の現場確認をするフィリピン旅

level002
「上場企業M&A」を学びボホール島の現場確認をするフィリピン旅

11月12日(木)早朝便 シンガポール-フィリピンセブ 
11月16日(月)夜便 フィリピンセブ-シンガポール
往復チケットをセブパシフィック航空のホームページから予約した。
  
行きのフライトが、141シンガポールドル(約1万2,000円)、帰りのフライトが86シンガポールドル(約7,400円)往復合計227シンガポールドル(1万9,400円)のフライト。

東京-大阪間の新幹線の移動では、「のぞみ」指定席往復で28,900円もかかってしまうが。シンガポール-フィリピンセブ間は、それよりも約1万円も安い金額で、往復できてしまうことになる。
 
アジアを拠点に活動しているメリットでもある。 
 
今回フィリピンセブに向かう目的は2つある。

  • ドクターサイから「上場企業M&A」について学ぶ
  • 以前に購入した土地付き高級戸建住宅の状況確認
  • ドクターサイから学ぶ上場企業のM&A

いよいよ、ドクターサイの口より、「伝家の宝刀」・・・企業M&Aが語られはじめる。

『藤原塾』塾長ドクターサイ日本の金融庁の動向、ファンドにまつわる法律、コンプライアンスを守りながらの実務に精通。年間最大1,000件以上のM&A案件を取り扱い、1996年~2007年にかけて証券会社やベンチャーをはじめ約70社以上の企業の顧問を務め、1億円~500億円まで約100の
ヘッジファンドの組成を担当してきた。「金融工学」の最終形態、「フランチャイズ」のスペシャリストでもあり、某有名コンビニエンスストア2社含む累計10社のフランチャイズ本部の構築を実現して来られた金融業界における「神」と呼ばれる存在。

なぜ僕たちは、「金融工学」という新しい経営学を学んでいるのか?

今、商品(モノ・情報・サービス)というのは、全て一通り出揃っている時代で、なかなか新しい商品(モノ・情報・サービス)が出てこない時代になっている。

商品(モノ・情報・サービス)が簡単には売れない時代の中で僕たちは、何とか自分の稼ぎを作っていかなければいけないという状況に追い込まれている。

儲ける商品(モノ・情報・サービス)があれば、市場が枯れるまで食い尽くし、市場が枯れてしまったら次にいくという方法は、確かに昭和の時代には有効な面もあった。

けれども、今の時代にこのような「狩猟民族」的な経営スタイルを実行すると10年以上生き残ることが非常に難しい。

だからこそ、金融工学を基にした「農耕民族的な経営戦略術」の導入こそが、僕たちには必要なわけだ。

そんな中2014年末〜2015年にかけて、僕たち「藤原塾」で学ぶ塾生は、塾長のドクターサイより「リアルビジネス黄金率」として、 

  • ネオLTVマーケティング
  • 無利息資金調達で金融大富豪になる方法
  • 経費で巨大資産を創る方法
  • ネッティングの魔法

・・・などを勉強させて頂いて来た。
 
その結果として、僕や、すでに何名かの仲間たちが、フランチャイズ加盟店として参加。

日販約20万円前後・・・日々の売上・利益を積み上げ続けている、「例のメロンパン屋」なども、もともとはこの学びの中からはじまり、塾生たちが結託して実現化に至ったもの。

次のステップとしていよいよ、これまで構築して来たものの、大きなイグジット(出口)とも言える、上場企業のM&Aを、ドクターサイより本格的に学び始めることになる。

2016年の「藤原塾」のメインテーマ、上場企業のM&A。。。

その第一弾を、今回フィリピン・セブに渡航することで、ドクターサイより学びはじめるのである。

2014年末の時点では、「上場企業M&A」などという言葉を聴いても、僕にとってはあまりにも大きすぎるテーマに感じて、正直全くピンと来なかったが、今は違う。

すでに2014年末から2015年にかけてのメインテーマの根幹である「フランチャイズ」という部分は、塾生たちが本部を構築し、僕自身も加盟店として参加している。

机上の空論ではなく、全てが実現化されていること。故に、次のステージ「上場企業M&A」のイメージもつきやすい。

しかも、日々「秘剣北野流居合抜き」の剣客として、実際に上場企業の株式の売買を行っているし。。僕は、11月12日(木)早朝4時に、フィリピンセブに到着後、ドクターサイの本拠地に向かい。およそ半日かけて、2016年のメインテーマ「上場企業M&A」を徹底的に学び始める。

当然ながら当日収録させて頂いた音声は、「藤原塾」塾生の仲間たちたちに、シェアさせて頂く形になる。
 
「藤原塾」
http://sanadakoumei.com/fujiwara.html

渡邉隆吾代表と共に行くAYACCA(アヤカ)リゾート視察

渡邉隆吾代表より送られてきた、スケジュール表を確認すると・・・。

11月13日(金):
セブの某ホテルにチェックイン。

11月14日(土):
9時30分AYACCA(アヤカ)リゾート本部訪問
12時30分セブフェリーターミナルへ
14時00分ボホール島に向けて出発
16時00分ボホール島到着
16時20分AYACCA(アヤカ)リゾート建設現場確認
18時00分ホテル到着ディナー
 
11月15日(日):
午前中希望者が多ければボートでバリカサグ島でシュノーケル
13時00分ホテルチェックアウトボホール島フェリーターミナルへ
14時00分フェリーでセブに向けて出発
16時00分セブ到着ホテルチェックイン
 
11月16日(月):
各自の国へ帰国

・・・というスケジュールになっている。
 
現地でかかる費用は・・・

28,100フィリピンペソ(約7万2,000円)
 
・宿泊費
セブ2泊・ボホール島1泊宿泊費(1人部屋)
・交通費
フェリービジネスクラス往復
各送迎
・食事
ホテル3泊時の朝食以外、昼食、夕食含む
・AYACCA(アヤカ)リゾート社員との面談会

 
が含まれているので、旅費としてはかなり洗練されている。

僕はフィリピンではすでに、2010年より積極的に投資をして来た。コンドミニアムをマニラに1つセブに2つ。ショッピングモールをマニラに1つ。

そして2015年新たに、ボホール島(Bohol Island)に、土地付き高級戸建住宅を購入したわけだ。

「フィリピンと僕」投資日記
http://sanadakoumei.com/philippines.html
 
すでに2014年〜2015年にかけて、5回ほど現地に訪問しているが、ここ数ヶ月間は訪れていなかったため。今回の渡邉隆吾代表が音頭を取って行く、セブボホール島ツアーに参加して、最新の現場確認をしに行くのである。

・・・ということで、今回のタイミングで僕と同じく、 

・11月12日:
 ドクターサイの「上場企業M&A」の講義を聞きに行く「藤原塾」塾生
 
・11月13日〜16日:
 ボホール島(Bohol Island)ツアーに参加するAYACCA(アヤカ)リゾート土地付き高級戸建住宅購入者・検討者
 (ホテル予約の関係で10月末申込締切との事)

上記に該当する場合、別途、連絡頂きたい。

現地集合で共にフィリピンの旅を充実したものにできたら嬉しい。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】香港金融の達人玉利将彦氏が語る「日本人の香港HSBC口座開設が急激に厳しくなって来た」

【帝】香港金融の達人玉利将彦氏が語る「日本人の香港HSBC口座開設が急激に厳しくなって来た」

アポ無しで偶然遭遇する方ベスト3。香港金融の達人こと玉利将彦氏。 中環駅の海が見えるカフェで、独り黙々とMacBook Air

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】「絶対に仲間を裏切るな。しかし裏切った奴は絶対に許すな。」

【帝】「絶対に仲間を裏切るな。しかし裏切った奴は絶対に許すな。」

娘たち2人と一緒に、マレーシアジョホールバルのタマンオースティンというところにある、日本資本経営のラーメン屋「田ぶし」へ。 ラ

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術

【帝】修羅が集結!フィリピンで徹底的に吠える旅『フィリピン平城塾』

漢(おとこ)は、20代前半から、いわゆる『不労所得』を得るために、ビジネス活動に専念。 その手段として、『IT』というツールを

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】「不動産の共同投資」本来最も簡単な投資手法が事実上禁止されている。。。

【帝】「不動産の共同投資」本来最も簡単な投資手法が事実上禁止されている。。。

孔明:「どうして不動産の共同投資が出来ないのですか!?そんなのおかしいじゃないですか!」   僕はその事実をすんなりと、受け止



dept