借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

3、4年でアメリカと中国がひっくり返る!?孔明弟見て思う。日本居住者っていいなぁ。。

level001
3、4年でアメリカと中国がひっくり返る!?孔明弟見て思う。日本居住者っていいなぁ。。

「地下ソサエティ」の「剣聖」との謁見宴(ディナー)にて、中国本土の某未上場の企業情報を秘密裏に入手した僕たち。この企業が上場すると、資本があの、米国モルガン・スタンレーを超えるとか。。
 
なんという「出来レース」。
 
「やはり、「大人の世界」は、こういう構造になっているのか・・・。」

とは思いつつも、「大人の世界」に、ドップリと浸かりつつある僕であった。。
 
僕は2003年から2010年までの7年間、中国本土の営業&マーケティング担当者として、中国の高度成長期をプレイヤーとして間近で見てきた。
  
僕が人生の中で、最初に株の投資で大勝ちしたのも中国株。あの、全身を駆け巡るようなゾクゾク感が、再び舞い戻って来た。

永遠に伸び続ける「資産株」は中国本土にあり

 
今まで僕たちは、「剣客商売」を通して、

  • 買いから入る「居合抜き」
  • 空売りから入る「傘斬り」
  • 暴落の時の「袈裟斬り」

株式投資で45年間生き残り続けるための基礎を実践の中で学び続けてきた。「剣客商売」に連動する形で、「毎月分配型投資信託」の運用方法も習得して来た。
 
そんな中で、「剣客商売」と「毎月分配型投資信託」の運用はそのまま維持しながらも。「剣聖」が次のミッションとして僕たちに課して来たのは。
  
剣聖:「永遠に伸び続ける株を入手すること!」

剣聖:「2018年は自分の「資産株」を見つけなさい!」
 
僕たちの残りの人生、ずっとお付き合いできるような、「資産株」というものを、獲得するということだ。「資産株」というものは、タイミングが重要。
 
そして今まさに、僕たちの目の前に、「資産株」を入手する大きなチャンスが到来したというのだ。それが、「中国本土」の企業の株である。

3、4年でアメリカと中国がひっくり返る!?

  
2003年、「僕が中国本土に出張に行く」と言ったら香港人のローカルスタッフに、「中国本土は危ないからヤラれないように!」と念を押された。
 
香港の隣街、深センに行ってみると、荒廃した灰色の街が広がっていた。。それが僕の、中国本土に対する、ファーストインプレッションだ。あの頃誰が、中国本土が今日のようになるなんて、予想できただろうか?
 
しかし、そこから毎月中国本土に入る度に、ドンドンと綺麗になって行った。気がつけば、不動産の価格も、10倍以上に膨れ上がって行く。
  
そして今、中国本土に入ってみると・・・僕が前に住んでいた頃には、いつも工事ばかりをしていて、数百名の工員さんたちがうろついていたコンドミニアムの入口目の前100メートルには、世界的高級ブランドの、HERMES(エルメス)が。。世界的ブランドがずらりと並ぶ、高級ショッピングモールになってしまったのだ。
 
街中を歩いていると、タクシーに乗ったり、足裏マッサージしたり、八百屋さんで野菜・果物を買ったり、ありとあらゆるシーンで、中国現地の方々が、現金を使うことなく、スマートフォンによるオンライン決済。
 
今時の中国では、現金を持ち歩き、現金で支払う人たちも少なくなって来た。無人コンビニが成り立つまでになってしまうほど。勢いに乗ってしまった場所は、留まるところを知らない。
  
高度成長が一服したと思われる中国本土が、これからまた急成長を遂げると言われているのである。
  
「3、4年でアメリカと中国がひっくり返る!?」
  
世界時価総額ランキング50位以内に、25社も中国企業がランクインして来るとまで言われている。ただし、既存の中国本土の大企業が、そのまま世界時価総額ランキングに入ってくるというわけではない。
  
かつて・・・
 
新参者のアリババやテンセントが、世界時価総額トップランキングに躍り出たように、まったく新しい、時代の寵児たちが、世界時価総額ランキングに躍り出てくるようだ。
 
中国国家も、本格的に支援する形=出資が決まっている形で。中国本土にも、「東京案件」ならぬ、「北京案件」というものがあるようで、「鷹」たちの支援者たちにボロ儲けしてもらうために、このような「情報」が特別ルートで流れて来るのだという。
 
いつの世も、どこの国も、代官様と商人は、切っても切り離せない相思相愛の関係なのだ。
  
そんな中、「中国本土の資産株候補」として、今日時点では3社、僕たちに情報が回って来たわけだ。
 
3社とも、当然ながら中国国家主席の、習近平が国として出資することが決まっている鉄板的な企業とのこと。企業名を確認すると。どの企業も、まだ僕が聴いたことの無い会社ばかりだった。けれども、事業内容を聴けば、「なるほど・・・こういう会社が」と納得してしまった。
 
1社は既に上場しているため、僕は香港のCITI銀行から購入させて頂いた。香港の株の売買が無税。日本居住者ではない僕が、香港の株で利益を得たとしたら、完全に無税となる。
  
※日本居住者の場合は、海外の株の売買で利益を得たとしても、日本国内で納税しなければならないので、手間とか、旅費とか考えれば、素直に日本の証券会社で購入して源泉徴収された方が良いかもしれない。。
 
残り2社は未上場であるが、ミライを切り開く力のある企業への投資は、非常にワクワクする。
 
情報が出た企業の株は、全部パラパラと購入しておいて、将来的に芽が出たらとしたら、これほど楽しい事はない。

3、4年でアメリカと中国がひっくり返る!?孔明弟見て思う。日本居住者っていいなぁ。。

アメリカの「永遠に上がる資産株」はアップル超え?

 
ちなみに、アメリカ本土の企業も、まだまだ熱い。アメリカにも「永遠に上がる資産株」というものがあるようで。今回の謁見宴(ディナー)の中で聴けば将来的には「アップル社超えになるかも!?」ということだった。
 
こちらは既に、今年の夏頃に購入して、その後大きく上がったタイミングで利確。そのまま放置状態になっていたが、アップル社を超えるかもしれないと聴いてしまったら、「資産株」の購入方法、「重ね着」によって、シツコクシツコク追い続けないと・・・と反省。
 
中国本土のルーキー株が大化けするか?
 
アメリカのルーキー株が大化けするか?
 
中国VS米国の対戦ゲームを証券口座内でやっている感覚で、2018年以降、心機一転楽しませて頂こうと思う。
 
ちなみに、日本国内も世界時価総額ランキングインするかどうかは別であるが、「資産株」的な情報が・・・と、あ、日本国内の株のお話は言語化するのは厳しいようなのでココまでにしておこう。。
  
その点、中国の株とか、米国の株は、思う存分「言語化」できるので、妙なプレッシャーが無くて済む。

孔明弟見て思う。日本居住者っていいなぁ。。

 
3、4年でアメリカと中国がひっくり返る!?孔明弟見て思う。日本居住者っていいなぁ。。

孔明の弟含めて、日本居住者って本当に素晴らしい仕組みの中にいると思う。だって、A4の紙切れを提出すれば、簡単にお金が信用創造できる超過保護な仕組みの中にいるから。
 
金利も、北の物販大富豪が、若かりし頃は年利10%だったのに、最近では1~2%未満。
 
北の物販大富豪:「10分の一の金利でビビってるのは、貧弱虚弱体質化しすぎ!」

のコメントも納得。 
 
例えば、海外居住者の僕の場合は、自分で稼いだお金を原資として、この手の案件にようやく投資ができる。意外とお金の捻出や配分方法は考えないとならない。
   
けれども、孔明弟の場合・・・
 
孔明弟:「400万円分、証券番号◯◯◯◯購入して良いですか?それとも2つの案件に分けますか?」
    
身を削るかの如く苦労してもらえる労働賃金の中から貯金をして投資をするのではなく。簡単に信用創造したお金の中から、銀行口座に滞留していて使う当ての無い余ってるお金から投資するものだから、「なんか妙に軽い」。
 
「おい、キミついこないだまで、酪農ブルーワーカーで、10万円も重かったはずなのに!」
 
・・・と、弟と言えども面と向かって言語化することは無いが、ついついそう思ってしまう程に軽い。軽すぎる!
 
最初の2,000万円創業融資を獲得した時は、右も左も分からず・・・という感じだったが。追加で、1,000万円、さらに1,000万円、サラリーマン66年分の貯金に相当する、合計4,000万円も、A4の紙切れでお金がドンドン創れると実感できてからは特に。
  
なんか孔明弟から・・・お金に対する軽さが感じられてしまうのは、海外居住者である僕の、日本居住者の弟に対するヒガミから来ているのだろうか?
  
海外居住者の場合は、自力で稼いだお金でないと、この手の投資ができないが。。日本居住者の場合は、まともに稼いだお金を貯蓄して株式投資・・・なんてやってると勿体無い。
 
孔明弟見て分かる通り、「信用創造」はA4の紙の中身でほぼほぼ決まるので、仕事できるできないとか全く関係ないし。。
  
「A4の紙切れ」で印刷したマネーの中から、銀行口座に滞留している使う当ての無いお金を。「情報」が来たらそっと案件に入れる。。。儲かったらサッと抜く。。
 
「未練残すなカネ残せ!」
 
「魚の頭と尻尾は貧乏人にくれてやれ!」
 
・・・的にやるのが、どう考えても利口なのでは?
  
サラリーマン66年分の貯金に該当する4,000万円を信用創造して、専業主夫として、自宅でのんびりやってる孔明弟見て、悔しく思わないの?・・・とも正直思う。独立起業時点で、パソコンさえ使えなかった孔明弟ができているのに。。
   
だから、「2018年、よしオレは、ビジネス頑張る!仕事頑張る!」なんて豊富を考えている暇があったら、真っ先にサッチェルに相談した方が賢明だと思うのだが・・・。
  
「Skype個別相談チケット」『サッチェルSOSゴールド』
http://order.sanadakoumei.com/satchel-sos-gold/ 
 
謁見宴(ディナー)の後、剣聖のホテルで熱く語り合った後。浜松町近辺の居酒屋で飲んでいる仲間たちと合流。夜遅くまで、お金(信用創造x株で増大)について熱く語り合った。。
 
「ああいうこと」で苦しみ続けた後だったからなのか、本当に楽しかった。。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】地下にある温泉つかり旅振り返る仁川国際空港の地下「温泉」でまったり

【帝】地下にある温泉つかり旅振り返る仁川国際空港の地下「温泉」でまったり

どうも僕は「地下」に縁があるようだ。 なんと、仁川国際空港の地下を彷徨っていると、激安温泉施設を発見してしまった。 夜の22時

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】海外企業株式購入一週間で6%up+60,110HKD(約78万2,000円UP)

【帝】海外企業株式購入一週間で6%up+60,110HKD(約78万2,000円UP)

合計180万3,400HKD(約2,346万円)分「はん・はん」で購入 北野会長:「◯◯◯◯番 ◯◯◯◯番 はん はん、はん」

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
拝啓母さん、会社勤務4ヶ月目のお給料は月収102万1,558円でした。

拝啓母さん、会社勤務4ヶ月目のお給料は月収102万1,558円でした。

母さん、お元気ですか? 報告が遅れましたが、2017年3月から僕は、再び会社に就職してサラリーマンになりました。待遇は・・・成

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】早く独立起業してお金持ちになることが果たして幸せか?

【帝】早く独立起業してお金持ちになることが果たして幸せか?

今日は改めて自分に問うてみよう。 早く独立起業して経営者になるのが果たして幸せか? 早くお金持ちになるのが果たして幸せか? 北



dept