借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > ブロガーレベルUPが販売力を上げる

【帝】残された3ヶ月間でやるべきこと再確認(その2)徹底的に工学ビジネスの基礎固め

level001
【帝】残された3ヶ月間でやるべきこと再確認(その2)徹底的に工学ビジネスの基礎固め

「禁断の帝王学」を共に学んでいる、僕たちは既に知ってしまっている。

資本主義・民主主義というのは、単なる平等や平和を言っているのではなく。

勝つのも負けるのも自由。

取るのも取られるのも自由。

ゼロサムのゲームルールのことを、指していることを。。。

そんな中、僕たちは、北の物販大富豪、香港大富豪、グランドマスター導師、ドクターサイ、銀行幹部など、それぞれの道で、「この世の真理」にたどり着かれている、賢者たちから伝授された禁忌レベルの学問。

  • 金融工学

  • 情報工学

  • 東洋医学

  • 運命調整学

これらの訓えを元に、相対的に少しでもポジションに、食い込もうとしている。

今日は、金融工学と情報工学を駆使する、ビジネスについて、10月から年末にかけて、できることを確認させて頂く。

ビジネスで大成を成すには、情報工学と金融工学を理解し、活用しなければならない。

情報工学がレバレッジを産み、金融工学がレバレッジを産み、ほんの僅かな、人的資本(時間・労力)と、資本(お金)を費やすだけで、大きな成果を獲得してしまう。

けれども、どんなに大きいことも、はじめは小さな一歩から。

まずは、0(ゼロ)の状態を1(イチ)にしなければ始まらない。

ただし、0(ゼロ)を1(イチ)にする時、目標を間違えていたり、踏み出し方を間違えたり、歩み方を間違えたり、してしまうと、僕たちの臨む、ゴールには到底到達できない。

そんな中、「禁断の帝王学」では、具体的にどのような歩み方を推奨しているのか、改めて列挙させて頂く。

【情報工学】の基礎は「平城式facebook」にアリ

僕の知る限り、平城@SOHO以上に、個人として「情報工学」を駆使して、ビジネスを営んでいるものはいない。

平城@SOHOはもともとI.T.エンジニアであり、システム開発事業や、会員数23万名超えの日本一のビジネスマッチングサイト「@SOHO」の運営事業などをメインビジネスとして活動して来た。

独りで立ち上げ、育て上げた。

現在では、たった一人のアルバイトだけで、23万名という巨大都市にも匹敵知るユーザーたちが、日々活用しているサイトを運営している。

(参照:兵庫県宝塚市22万8,000名)

個人レベルとしては、名実共に日本一の「WEBマスター」と言っても過言では無い

まさに、現代社会が産んだ怪物(モンスター)、「情報工学の申し子」と言っても過言ではない。

そんな平城@SOHOが、副業として、ブロガー活動を始めるとどうなるのか?

たとえば平城@SOHOは、僕が行っていたブロガー活動に、興味を抱き、2012年にたまた登録していた、facebookでブロガー活動を開始してみた。

けれども、「情報工学の申し子」が、はじめるブロガー活動は、やはり普通ではなかった。

なんと、怪物(モンスター)が赤子の手をひねるかのごとく、あっさりと、facebookを中心としたWEBメディアを使って、収益の上がる仕組みを構築してしまったのだ。

平城@SOHO:「孔明さん、この仕組みを使ってもらえれば、誰でもすぐに結果をだせますよ。」

孔明:「おおお!これは凄い。僕には到底考えつきませんでした。これなら、どんな初心者の方でも、手順をふんで行えば、稼げるようになってしまいますね!!」

さすがは、「@SOHO」という、利用者誰にとっても100%メリットのある、仕組みを構築した「情報工学の申し子」。

平城@SOHOが、facebookを少し使ってみただけで、

たちまち、誰にとっても再現性のある、仕組みを構築できてしまう。

平城@SOHOにとって、facebook上の活動は、本来の本業とは全く別の、プライベート的な活動に過ぎない。

言い方を変えれば、平城@SOHOにとっての、「副業」とも言うことができる。

いや、むしろ「情報工学の申し子」の彼にとってみたら、子供がiPhoneアプリのゲームで遊ぶかの如く、楽しみながらやっているだけに過ぎない。

けれども、結果だけは、ドンドンと積み上がってしまうのだ。

・・・その方法。平城@SOHOが体系化させたfacebook活用法をまとめた動画を、2013年5月に「平城式facebook」として公開。

すると・・・ブロガー活動初心者の状態からスタートして、早い人は2ヶ月間。

遅くても、半年間あれば、今まで長く、ブロガー活動をやってきた僕自身が驚いてしまうくらい、衝撃的なレベルでの結果を、続々と叩きだしてしまうのを、僕は間近で見てきてしまった・・・。

この様子は、「平城式facebook」の動画購入者なら、誰でも参加できる、

facebookグループでの、実践者の投稿として、記録が残っていること。

大げさな表現ではなく、今日時点でも誰でも確認できる証拠のある、紛れも無い事実なのだ。

「平城式facebook」をやると、どうなるのか・・・。

やった本人が、それぞれの道で、カリスマ的な存在として、君臨することができるようになること。

つまり、「平城式facebook」の動画で語られている手順にそってfacebookを活用すれば、

ちょっとした有名人以上の結果を、叩き出すことができてしまうわけだ。

「私は本当に「平城式facebook」を活用できますか?」

確かに、はじめの内は、不安を持たれているメンバーもいらっしゃる。

けれども、そんな不安や迷いの気持ちは、専用グループに足を一歩踏み入れた途端、消し飛んでしまうのだろうか?

彼らは今、まるで別人のように、グループの中で、いきいきとした様子で、日々の成果報告の投稿をしているのだ。

そして、その雰囲気自体が、メンバー全員を、挫折からの回避につなげている。

孔明:「フーム。これは凄い仕組みだ。あまりにも周到すぎる。。」

さすがはマッチングサイトの第一人者。「情報工学の申し子」。

参加したメンバーたちが、自然と頑張れる仕組みまで構築してしまったわけだ。

「情報工学」を学び、使いこなせるようになるためには、「情報工学の申し子」が構築した仕組み自体を再現しながら、実践の中で学ぶのが一番である。

【平城@SOHO式facebookビジネス構築法】
http://fb.hirajo.com/fb/

【金融工学】の基礎は「サッチェル式」にアリ

実は、物販で必ず黒字が出続けるビジネスモデルを構築することが、「金融工学」への登竜門だったりする。

「えええ?金融工学と物販がどうして結びつくの?」

・・・という場合は、「30日メール講座:物販大富豪の戦略術」を、今一度熟読頂きたいが。

【30日メール講座:物販大富豪の戦略術】
http://sanadakoumei.com/kindan-blog/

30日間分も、ここで語れないので、全てを端折って、結論だけ申し上げると・・・

「金融工学」では、銀行から「物販」を元に「融資」を受ける形で、「信用創造」によって調達した資金を「運用」。

これが、誰でも再現可能な、最も単純明快かつ、効果的な方法なのだ。

そのための必須条件が、「物販」による黒字経営。

最初に重要なことは、必ず黒字を出し続けることができるビジネスモデルの構築。

必ず黒字にしなければならない!

そして、黒字経営を続けること。

今月は黒字だけれど、来月は赤字になる・・・

こんなのは駄目。毎月、毎月、必ず黒字経営をするのだ。

ちなみに、この場合、黒字の金額はどうでもよい。

巷で、「物販」で毎月◯◯万円、収益を上げています!!!

・・・と、誇らしげに語っている方々は、単なる「物販」をやっているだけで、「金融工学」は恐らく0(ゼロ)知識なので、とりあえずは無視しておいた方がよい。

僕たちの行う「物販」は、単なる「物販」なのではなく、あくまでも「金融工学」のための「物販」なのだ。

この時、はじめの内、僕たちがすぐに再現するための武器として、

Webを最大限に活用する。

Webを活用できれば、必ず黒字が出るビジネスモデル自体を創るのは容易。

かかるコストの水準が圧倒的に低いのだから。

着実に黒字を叩きだすことができるWebと、物販を融合するということ。

これが最も効率的なのだ。

Webを活用して、効率的かつ着実に、安定的に、毎月の売り上げ利益獲得する。

けれども、Webと部分を表に見せることなく、すべての売上・利益を実体経済化させるのだ。

実体経済化。

構築したビジネスモデルにおいて、ほんとうはWebが利益の原動力であったとしても、それを銀行側に対してそのまま説明してはいけないということ。

銀行側にはあくまでも、ど根性系コテコテ物販をやっている説明しかしない。

「毎月売上は大きくても、利益はこれだけしか出ないんですよ・・・。」

これが「金融工学」での、「物販」の勝ちの姿。

「利益が少ないのに勝ち・・・」

イキナリ言われると意味が分からないかもしれないが、実際は、こういう説明が正解だということだ。

「金融工学」を発動させる「物販」を一(イチ)から開始してもらうために最療法手法。

僕がまだ物販未経験の、初心者の方々に対して、推奨する手法の筆頭に、「サッチェル式並行輸入専門ネットショップ」というビジネスモデルがある。

IMG_1183

海外から個人輸入した商品をもとに、Webを駆使した専門店的なネットショップを構築・・・

というビジネスモデルだ。

このビジネスモデルであれば、銀行にネットショップのWebサイトを見せながら説明したとしても、特定商品に特化した専門ショップになっているので、銀行担当者にも理解されやすい。

数々の物販大富豪と直接やりあって来られた、銀行法人向け融資部門長もお墨付きを与えている手法だ。

まずはWebを駆使することで、毎月の利益が着実に出せるビジネスモデルを構築。

そこに、専門色の強い物販を融合させるのだ。

「専門色の強い」ということも重要。

「北の物販大富豪」も、香港の物販大富豪も、共通しているのは専門色の強い物販。

「◯◯(商品名)の販売を行っています!」と。

「あれやってます、これやってます」ではなく、特定商品の販売活動を行っていると、ハッキリと言えるのである。

Webを駆使、毎月着実に利益が出るビジネスモデル構築
    +
特定商品に絞った物の販売活動

WEBと物販の融合こそが、これから新たに物販を始めるすべての人たちに対して、強く推奨できるビジネスモデル。

「金融工学」にそのままつながっていくもの。・・・まずはココに絞る形で、挑戦してもらいたい。

今、僕の実の弟も、「物販大富豪の戦略術」に則る形で、農業を辞めて、一からこの手法に集中して歩み始めているのが、何よりもの証拠である。

【10時間サッチェル式 輸入専門店構築法】
http://5oku.com/s/sachel.html

・・・で、「サッチェル式」のスキームが構築できたら、まずは「日本政策金融公庫」から融資を受けて資金調達。

その後も・・・「地方銀行から」。。「信用創造」して「資金調達」をするべく、

「サッチェル式」の物販で、6ヶ月間以上の黒字経営を続ける。

すると、「銀行からの融資」という形で、「金融工学」の、新たな道が切り開けてくるわけである。

【物販で「日本政策金融公庫」から融資獲得する方法】
※現役サラリーマンでも1,000万円融資がでたメンバーが誕生!
https://39auto.biz/maverick/touroku/thread146.htm

以上、「資本主義・民主主義」の世界で、勝つための兵器。

本当の「情報工学」と「金融工学」使いへと、歩むためのはじめの一歩的な、厳選手法を公開させて頂いた。

どんなに大きいことも、はじめは小さな一歩から。

まずは、0(ゼロ)の状態を1(イチ)にしなければ始まらない。

ただし、0(ゼロ)を1(イチ)にする時、目標を間違えていたり、踏み出し方を間違えたり、歩み方を間違えたり、してしまうと、僕たちの臨む、ゴールには到底到達できない。

そんな中、「禁断の帝王学」では、として、自信を持って推奨できる、手法である。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
1

【帝】平城式facebook『ザ・キャッシュポイント』日々の積み重ねが収入UPにつながる「マネタイズ・サークル」構築法

僕の盟友、平城寿@SOHOが開催し、僕が遠距離からSkypeで参加している、ワークショップ。 5月23日の名古屋、24日の東京

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】ブロガーが宣伝広告打たないことは営業をしないのと同じ

【帝】ブロガーが宣伝広告打たないことは営業をしないのと同じ

ブロガー活動をしている中で、今月はいくら宣伝広告費を投入しただろうか? 仮に0円だとしたら、ブロガー活動をしているのに、儲から



dept