借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 物販大富豪直伝の戦略術(全30話)

【帝】お金は銀行しか創れない!お金の創造と消滅の仕組

level001
4

年間数兆円単位のお金を融資決裁して来られた、元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生と僕が、共通して知っていることがある。

世の中の物販大富豪と呼ばれる人たちが、共通して知っていることがある。

それは、お金が世の中に創造される仕組みと、お金が世の中から消滅する仕組み。

お金の創造に隠された真実の姿

お金が創造されるということはどういうことなのか?

それは、信用が創造されるということ。「信用創造」だ。

「創造」という言葉を使うところもポイントである。

お金は、稼ぐものではない。お金は創造されるものなのだ。

では、お金を創造できるのは誰か。

そして、どういう時か。考えたことはあるだろうか?

お金を想像できるのは誰か。まずは、民間の銀行。

たとえば、民間の銀行から僕が1,000万円を借りたとする。1,000万円の借用書を書いた。僕の預金通帳に1,000万円が振り込まれた。

この時にはじめて、世の中のお金が1,000万円増えたことになる。

世の中のお金が1,000万円創造されたことになるのだ。

ここ、重要なポイントである!

もう1つ、お金が創造されるのは、どういう時か?

日本の中央銀行である日本銀行が、民間銀行にお金を貸した時にお金が創造される。

もしくは民間銀行が持っているいろいろな資産、株や不動産といったもの、それらと日本銀行のお金を交換した時、お金が創造される。

  • 民間銀行が個人・法人にお金を貸し出す。
  • 日本銀行が民間銀行にお金を貸し出す。
  • 日本銀行が民間銀行のお金と資産を交換する。

お金は、以上3つの方法でしか創造されないし増えない!

断言する。ここが重要な部分!

つまり、銀行以外は誰も、たとえ政府であってもお金を創造できないのだ。

「銀行業」だけが唯一、世の中にお金を新たに創造できるというわけだ。

非銀行業はお金を創造できない。

どんなに僕たち個人・法人が、商品を売買して稼いだとしても、お金は創造できないのだ。

「稼いだ」というと、なんとなくお金を創造したみたいに感じるかもしれない。

会社から給料をもらって銀行の預金残高が増えると、お金を創造したような錯覚に陥るかもしれない。

けれども実は、それは銀行が創造したお金を市場で回しているだけにすぎない。

銀行以外の、政府、法人、個人は、市場でお金を回すことしかできないのだ。

銀行以外は・・・というか銀行だけが唯一、お金を創造できる。これが重要なポイントである。

お金の創造にまつわる99倍ルール

銀行は世の中にお金を創造できるのだが、勝手に創造できるわけではない。

ルールが存在する。

それは、預金の99倍を貸し出せるというルール。

たとえば僕が銀行に1,000万円預金をしたら、銀行は個人・法人に対して9億9,000万円、貸し出せるようになる。

貸し出した金額=お金を創造した金額

となるから、僕の1,000万円の預金に対して、9億9,000万円、世の中にお金を創造できるようになる。

MAX値まで創造するかしないかは別として、ここに創造できるお金の金額のルールが存在する。

銀行にお金を返済するとお金は「消滅」する

銀行がお金を貸し出した時にお金が創造されるのなら、お金が消滅するのはどういう時か。

それは、僕たち個人・法人が民間銀行から直接借りたお金を、民間銀行に直接返済した時だ。

返済するとどうなるのか?お金が消滅してしまう。

僕たち個人・法人が、お金を銀行から借りたお金を返済すると、お金が消滅してしまうのだ!

僕たち個人・法人が、お金を銀行から借りたお金を返済すると、お金が消滅してしまうのだ!

僕たち個人・法人が、お金を銀行から借りたお金を返済すると、お金が消滅してしまうのだ!

(重用なので3回連続!)

僕たちの常識から考えるとおかしなことだ。

たとえば、僕があなたから1,000万円借りたとする。

僕が約束通りの期日に、お金を返さなかったらあなたは僕に「返せ!返せ!」と言うはずだ。

「いつ返してくれるんだろう?」と毎日不安になるだろう。

でも僕がお金を返すと1,000万円分、あなたの現金が増えるわけだ。

この時、僕があなたに返済したお金というのは消滅しないはず。

でも、銀行は違うのだ。

僕たち個人・法人が、お金を銀行から借りたお金を返済すると、お金が消滅してしまうのだから!

世の中のお金の貸し借りの中で、銀行とのお金の貸し借りだけは、違うルールが存在していたのだ。

僕たちが借りたお金を返済してしまうと、お金は銀行の資産として経常されるのではなくて、ただ単に消滅してしまうのだから!!

ここに穴が存在していたのだ!

お金が創造されるのは、日本銀行から民間銀行がお金を借りた時、あるいは資産と交換した時。

そして、僕たち個人と法人が民間銀行からお金を借りた時。

消滅するのは、銀行から借りたお金を元本返済した時。

東京大学でも、京都大学でも、教えてくれない、お金にまつわる不思議なルールである。

ちなみに、もう1つだけお金が消滅してしまうルールが存在する。

それは「日本銀行がお金を吸い上げたら消滅する・・・」こんな危険な響きがあるシークレットルールも存在している。。(汗)

お金を一円も創れず金融政策を行えない政府

一方、日本の政府は今、1円たりともお金を創造できない。

1円たりとも!

日本の政府は、民間の個人・法人同様、銀行からお金を借りることしかできない。

なぜか?

それは「大義名分」のもと、日本銀行が政府から独立してしまったから。

日本銀行は1998年、橋本政権の時代に制定された「日銀法改正」で、日本政府から独立してしまったのだから。

政府が日銀に対して、金融政策を行うことを抑制するからできないんだということで、「政府と清き日銀を切り離せ!」みたいなノリの大義名分のもと、切り離してしまったわけである。

だから、今の日本の政府は、お金を創造できないのだ。

お金を創造できないとは、どういうことなのか?

お金を創造できるところだけが唯一、国の景気に影響を与えることができる。

つまり日本政府は景気を左右することはできない。

今、金融政策を一切行えない!

お金を創造できる銀行だけが、金融政策を行えるのだから。

あなたは知っていただろうか?この真実。日本政府は今、お金を創造できないので金融政策を行えない。

唯一、お金を創造できる銀行だけが金融政策を行える。これがお金の創造にまつわる、世の中の真実の姿だったのだ。

【オフィス内でコッソリ確認する時などには「30日メール講座」版が便利】

【物販大富豪直伝の戦略術第12話/全30話】


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
1

【帝】「1,000兆円借金したい」物販大富豪が熱く語った理由

【「1,000兆円借金したい」と北の物販大富豪が語り始めた理由とは?】 とある日、突然、僕のマレーシア携帯が鳴り響いた。 「孔

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
1

【帝】アベノミクスの時に現金を持ってたら貧乏になる理由

本日も引き続き、元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生からお話を頂く。 年間あたり数兆円ほどを、銀行として、会社法人に対し

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
6

【帝】物販で必ず黒字が出続けるビジネスモデルを構築する

「物販大富豪の戦略術」という、大きな絵図の下、具体的にどのように、はじめの一歩を踏み出せば良いのか? ゼロからスタートで「はじ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
4

【帝】はじめての銀行融資前に確認しよう!ケーススタディ

ケーススタディ。実際に経営者として銀行融資を受ける場合、どうすればいいのか? 僕のもとにはいろいろな方から質問が寄せられる。



dept