借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > サッチェル式究極の物販独立起業で創業融資

【帝】発覚!47.3%が女性の実績という異常値「北のセオリー」の登竜門

level001
【帝】発覚!47.3%が女性の実績という異常値「北のセオリー」の登竜門

しかも、76%が「物販ビジネス未経験者」

孔明:「な、なんと・・・本当ですか?これは凄いですね!女性の再現率が凄い!」

サッチェル:「はい。ボクも改めてまとめてみて、ビックリしてしまいました!」

北の物販大富豪こと北野会長の訓え「北のセオリー」に基づいた、「サッチェル創業融資サポート」の結果をサッチェルと「振り返り」として、一緒に確認しながら分析をしていると。とんでもない「異常値」が出ていることに気がついてしまった。

それは、「北のセオリー」を再現された方々の中で、「女性」が凄い!!

登竜門である「創業融資」の獲得に挑戦された「女性の割合」が、ものすごく高いのだ!!

サッチェルに、「成果」を一蘭にしてもらうと・・・。

・1人目:2,000万円 夫創業、妻サラリーマン
・2人目:3,700万円 元々経営者
・3人目:700万円  元々経営者、はじめての融資
・4人目:1,700万円 元々経営者、はじめての融資
・5人目:2,000万円 元々経営者、はじめての融資
・6人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・7人目:1,400万円 サラリーマン男性本人創業
・8人目:1,500万円 知人が新規創業
・9人目:800万円 元々経営者、はじめての融資
・10人目:1,300万円 元々経営者、はじめての融資
・11人目:1,500万円 サラリーマン男性本人退職後
・12人目:2,000万円 サラリーマン女性本人創業◎
・13人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・14人目:600万円 妻創業、経営者◎
・15人目:700万円 サラリーマン男性本人創業
・16人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・17人目:1,000万 妻創業、夫サラリーマン◎
・18人目:1,300万 元々経営者、はじめての融資
・19人目:1,300万 妻創業、経営者◎
・20人目:1,300万 サラリーマン男性本人創業
・21人目:1,100万 妻創業、夫サラリーマン◎
・22人目:1,300万 サラリーマン男性本人創業
・23人目:700万 サラリーマン男性本人創業
・24人目:1,000万 妻創業、夫サラリーマン◎
・25人目:1,500万 妻創業、夫サラリーマン◎
・26人目:1,300万円 個人事業主女性本人創業◎
・27人目:2,000万 妻創業、夫サラリーマン◎
・28人目:850万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・29人目:800万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・30人目:700万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・31人目:1,300万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・32人目:1,300万円 夫創業、妻サラリーマン
・33人目:1,050万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・34人目:1,000万円 奥さんともめて中断
・35人目:1,500万円 サラリーマン男性本人創業
・36人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・37人目:2,000万円 サラリーマン男性本人創業
・38人目:1,700万円 サラリーマン男性本人創業

『サッチェル創業サポート』を受けて、登竜門「創業融資」の獲得を実現された方々の一覧である。

2015年1月〜2016年9月まで、38名合計5億200万円・・・それぞれの「融資金額」が記されているだけでなく、「創業融資」を獲得されたのが、男性、女性どちらなのか?

経営者?サラリーマン?どのような仕事の環境で、「北のセオリー」に挑戦したのか?メモとして記載されている。

すべて、サッチェルがサポートする形で、実現できた結果である。僕は驚愕してしまった。

・6人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・12人目:2,000万円 サラリーマン女性本人創業◎
・13人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・14人目:600万円 妻創業、経営者◎
・16人目:1,100万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・17人目:1,000万 妻創業、夫サラリーマン◎
・19人目:1,300万 妻創業、経営者◎
・21人目:1,100万 妻創業、夫サラリーマン◎
・24人目:1,000万 妻創業、夫サラリーマン◎
・25人目:1,500万 妻創業、夫サラリーマン◎
・26人目:1,300万円 個人事業主女性本人創業◎
・27人目:2,000万 妻創業、夫サラリーマン◎
・28人目:850万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・29人目:800万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・30人目:700万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・31人目:1,300万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・33人目:1,050万円 妻創業、夫サラリーマン◎
・36人目:1,000万円 妻創業、夫サラリーマン◎

女性自身が一人で「創業融資」に挑戦し、実際に「創業融資」の獲得に成功した事例は2名。

夫である男性が会社勤務のサラリーマンの方で、妻である女性が代表となり「創業融資」の獲得に成功された事例は14名。

夫である男性が別の事業主の方で、妻である女性が新たに会社を設立し「創業融資」を獲得された事例は2名。

つまり、期間中「創業融資」を獲得に成功された女性は18名。38名中18名、47.3%の方が女性の方が代表となり「創業融資」を獲得されたことになる。

「10%未満」で男女比52.7%:47.3%は「異常値」

僕も2004年から、「サーバー世界」で、ブロガーとしての活動を開始。

これまで、非常に沢山の「稼ぐ系」「ビジネス系」の 情報商材、セミナー、サポート・・・諸々を情報を提供する「インサイダーの側」の立場の方々を見てきたが。通常、「稼ぐ系」「ビジネス系」の分野では、女性の再現率というものは、男性に対して、ものすごく低い。

「優良な情報」であったとしても、男性が10人成功したら、女性が1人、2人成功すれば「物凄い結果!」と言うことができる。

しかし、「北のセオリー」の登竜門「創業融資」に関しては、男性20名(52.7%)に対して、女性18名(47.3%)の方々が、再現してしまっている。

この数字・・・僕、真田孔明にまつわる「背景」を考えればもっともっと、「凄い!」ということが分かる。

何故かと言うと、僕の主催するセミナーに一度でも参加された方々なら、よく分かると思うが、僕のセミナーの参加者構成は、男性90%以上に対して、女性10%未満。圧倒的に、男性しか参加されていない。

サッチェルと共に2013年から僕の日本一時帰国の時に合わせて開催している、「北のセオリー」のセミナーも然り、女性がほんの僅かしか参加していないにも関わらず、、、。

・・・にも関わらず、「北のセオリー」の中で、創業融資を獲得された女性の占める割合が38名中18名、47.3%なのだ。

つまり、成果に基づく数字を下に、分析させて頂くと・・・。仮に僕の開催する「北のセオリー」セミナーに、20%を超える割合で、女性が参加していたとしたら・・・。

あっという間に、「成果」を出した女性の割合が、男性を超越してしまっていただろうことが容易に推測できる。

76%が「物販ビジネス未経験者」

しかも、38名中28名が「物販ビジネス未経験者」だった。

「サッチェル創業融資サービス」に申し込んだ時点では、76%ものかたがたが、「物販ビジネス未経験者」だったことになる。

「北のセオリー」を説明している、30日メール講座を読んで頂いた後。

※北野会長直伝物販大富豪の戦略術(30日間メール講座)
http://sanadakoumei.com/kindan-mag/

「北のセオリー」をお学びはじめた後、セオリーの中で公開している「方程式」に基づき、新たに物販ビジネスをはじめた。

38名の方々の実績に基づくと、むしろ過去に中途半端に物販ビジネスをやっていない方々。物販ビジネス未経験者の方が、既存の物販ビジネスの常識に囚われることなく、あらたに「北のセオリー」に基づく「方程式」を受け入れてくれて、その後スムーズに「北のセオリー」を遂行できることが確認されている。

「純粋無垢」の状態からのスタートの方が、非常に良い結果を出してくれている。

サッチェルも、

「既存の経営者よりも、まったく新しい初心者の方が、簡単に「融資」が獲得できます!」

・・・と、ハッキリと断言してしまっている位だ。ブレない男、月官門が断言するのだから、これはよほどである。

「北のセオリー」は、学歴・職歴・男女問わず、平等に実績を叩き出せる手法・・・であるが。本当に「男女」まで結果が平等であったことは、「ビジネス・お金」系のテーマの手法としては、完全なる「異常値」である。

いやむしろ・・・

サッチェル:「どこの地方自治体でも女性の方が優遇されてますので、女性の方が有利でした!」

と、ハッキリと語っている。「現実」を直視すると「世の中」ではこういうわけにはいかない。

『女性が上場企業で上を目指せない現実』

・・・僕は月財門なので、感情論などを一切抜きに、シビアに確率論、統計的な、数字を元にお話させて頂くと。。日本には、2016年3月24日時点で、

  • 一部上場企業:1,953社
  • 二部上場企業:542社
  • マザーズ:225社
  • JASDAQ:743社
  • 東京PRO:14社

合計3,521社の上場企業が存在。(※日本取引所グループしらべ)

ちょっと情報が古くて、2011年「役員四季報」しらべを参照にすると。上場企業合計3,521社には、合計4万493人の会社役員さんがいる、しかし女性の役員さんは、たったの585人(1.4%)しかいない。

残り、39,908人の役員さんたちは、全員男性。つまり、確率論的に、サラリーマンとして、女性が上場企業の会社役員さんを目指すほうが、男性が上場企業の会社役員さんを目指すよりも、68.21倍も難しい。

そもそも、日本の上場企業には、累計で約600万名位の方々が働いているので、上場企業の役員さんは、0.6%位の席しか無いことになる。

男性でも、会社役員になりたくてもなれないので、確率論的には、絶対とは言えないが、女性だと役員になることは、まず無理だということが分かる。

「女性の活躍推進企業」とか、「なでしこ銘柄」とか、ちょっと広範囲になって「ダイバーシティ経営企業」とか言ってくれている人たちもいるが、数字的には毎年何も変化は見られない。

僕には娘が2人いるが、食事の席では娘たちに・・・

「今の日本に女性が活躍できる会社など一社も無い」

「一社以上あるじゃん!」というふうなツッコミは無視して、断言してしまっているが。けれども、そんな「世の中」で、女性が本当の意味で、平等にチャンスを獲得できる方法。

北野会長が教えてくれた、「北のセオリー」に基づく、「創業融資を獲得してビジネスを行う」という方法。今日本では、日本銀行の量的質的金融緩和によって、「創業融資」が本当に出やすくなっている。

さらに、『サッチェル創業融資サポート』として、現場で共に闘い続けて来られたサッチェルが断言しているように、日本政策金融公庫も、地方銀行も、ビジネスを創業する女性経営者に対して、かなり積極的に・・・

むしろ男性よりも有利な条件で、融資をしてくれる場合が多い。

ようやく、女性が本当の意味で活躍できる方法が確立されたと言えよう。

まあこれは、ブレない男、月官門サッチェルの、「ナイトっぷり!」あってこその、実績なのかもしれないが。僕も自分の娘たちに対しても、「学校のお勉強なんかどうでもいいから! なにはともあれ「北のセオリー」!」・・・と胸をはって答えることができる。

ちなみに、月官門サッチェルを、「自分のナイト」として召し抱え「創業融資」の登竜門に共に立ち向かう方法は、こちらに詳細が記してある。

  • 本業を別に持っている男性が、奥さま・彼女に託す場合。
  • 女性が自分で立ち上がる場合。

・・・『サッチェル創業サポート』詳細を確認頂きたい。

『サッチェル融資サポート』
http://sanadakoumei.com/lp/satchel_support/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】長女へ「サラリーマンになるな!女性が活躍できる会社は日本には1社も無い」

【帝】長女へ「サラリーマンになるな!女性が活躍できる会社は日本には1社も無い」

東京某所、月官門サッチェルと共に、開催する「地下セミナー」に長女ピスミン12歳が参加した。 しかし、これは何も、孔明パパとして

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「サッチェル祭り2.0」に乱入してサチったサッチェル2.0と朝まで飲み

【帝】「サッチェル祭り2.0」に乱入してサチったサッチェル2.0と朝まで飲み

「サッチェル祭り2.0」に乱入。 今回は「サッチェル2.0」の独壇場。 ◆第一楽章:13:00から16:00  「北の物販大富

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】金を稼ぐ「手法」と「手◯」をセットで知らないと・・・

【帝】金を稼ぐ「手法」と「手◯」をセットで知らないと・・・

「毎回新たに得ることが多いです!」 これまで「北のセオリー」セミナーに、過去合計数回参加したことがある、マニアな参加者におっし

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】サッチェル祭り!物販大富豪への登竜門。2015年最初のサッチェル実務フォローアップ相談会

【帝】サッチェル祭り!物販大富豪への登竜門。2015年最初のサッチェル実務フォローアップ相談会

1月10日に東京某所で開催された真田孔明さんのセミナー「農耕民族」的経営戦略術に参加した仲間へ・・・。 こんにちは。サッチェル



dept