借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > サッチェル式究極の物販独立起業で創業融資

【帝】月官門サッチェルの主君たちが目標達成できる理由

level001
【帝】月官門サッチェルの主君たちが目標達成できる理由

これまでの人生、「薄っぺらい人間関係」ばかりを経験し、誰を頼って良いのか?誰を信じて良いのか?分からなくなってしまった・・・

「責任感の無いことばかりを話す者たち」

自分に対して話した言葉に全く責任を持たず、ただただ適当に話を合わせる形で語りかけてくる、しかし、いざ問題に直面した時には、自分には全く関わりの無いことだと、周りから姿を消してしまう者たちばかり。。。 

「上辺だけのノウハウや言葉を述べる者たち」

真剣に追求し続けたり、実体験に基づいたものではなく、どこかで聞きかじったような、上辺だけの情報やノウハウを元に語りかけてくる者たちばかり。。。

「共に感動を感じてくれない者たち」

悲しいこと、嬉しいこと、喜ばしいこと、自分が感じる感動を、心の奥底から分かち合ってくれる者がいない。。。

「自分の中身や本質を見てくれない者たち」

お金を沢山もっていたり、地位が高かったり、肩書が凄かったり、する人たちのことは注目しているが、自分のような一般人には気にも留めてくれない者たちばかり。。。

「面倒なことはすぐに投げ出してしまう者たち」

普段は愛想よく、良い言葉をかけてくれたとしても、自分が困難に直面したり、なかなか問題解決できなかったり、面倒くさそうなことが起こると、自分との係わり合いを放棄してしまう者たちばかり。。。

「日頃発する言葉に全く重みが無い者たち」

困難なことに直面した時、大きな挑戦をしようとする時、不安に満ち溢れる心に、救いの気持ちを感じさせてくれる者がいない。。。

もしも、これまでの人生、上記のような「薄っぺらい人間」ばかりに、囲まれて生きて来たとしたら・・・。それは、とてもとてももったいないこと。本当の人間関係、義理人情というものを知らずに生き続けることは、とてもとてももったいないこと。

確かに世の中は、そんな「薄っぺらい人間」で満ち溢れてしまっている今日このごろであるが、決してそんな人間ばかりではない。

本当の熱い人間関係を、体感したい場合は・・・月官門サッチェルを訪ねてみるのがよいかもしれない。

サッチェルとの関わり合いの中で、 「薄っぺらい人間関係」と対局に位置する、熱い人間関係を体感できるかもしれないから・・・。

自分以外の他人と関わることの、概念そのものを、激変するかもしれないから・・・。

サッチェルの主君たちが目標達成できる理由

なぜ「北のセオリー」において、 サッチェルを、迎い入れた主君が、限りなく100%に近しい確率で、目標を達成させることができるのか?

それは、サッチェルが、生まれながらにして月官門という囚われの下に生きていて、さらには、「門使い」として月官門の力が「発動」しているからだ。

月官門サッチェルを、古の時代に例えるならば、主君のために活動するならば、偉業と功績を叩き出せる戦国武将。主君がサッチェルを裏切らない限り、サッチェルは主君を絶対に裏切らない。正義というものを、主君の目的遂行のために定め、義理人情を重んじる。

主君と共通して定めた「北のセオリー」の遂行という共通目標の下、月官門特有の、完全コピーの力を発揮。マスターに当たる、北の物販大富豪こと、北野会長が、44年間の時代を経て体系化された戦略術やノウハウを「型」として体得。体得した「型」を、主君のために、忠実に再現させることを最も得意とする。

主君が弱音を吐きそうになった時には、弱きを助けるマインドセットで、これを助け。主君が心の弱さや、憂鬱怠惰に挫折しそうになった時には、たとえ主君であろうとも、主君と家臣の関係性に屈服することなく、厳しく苦言を交えながら、徹底的に上申し続ける。

主君が望む方向を指し示し、それが目的遂行に役立つものであれば、素直に聞き入れ、戦略術に組込んでくれる。

主君と将軍の契(ちぎり)がそこに存在する限り、「忠誠心」を持ち続け、決して投げ出すことなく、面倒よく、根気良く、徹底的にサポートを続けてくれる。

その主君と家臣の関係性が、「北のセオリー」遂行という部分で繰り広げられる。

サッチェルが主催するイベント。サッチェルが執り行うサービス。決められたルールや設定の下、サッチェルに対して、お金を支払うことでの見返りは、非常に大きい。

これから自分が主人公として、活躍しようとする物語の中で、非常に大きな意味を持つ。「百人力」という表現は、決して大袈裟ではない。

サッチェルと関わった者たちは、「有能な将」を得た主君のように、途端に大きな力を得る。

たとえば・・・

  • 主君として、高い使命感が宿り、目標に向けて推進できるようになる。
  • 自ら高い目標を設定し目標の実現のために、着実に前進して行けるようになる。
  • リーダーシップ気質も強まり、自らの家族や仲間を守るために、いかなる困難にも立ち向かおうとする姿勢が強くなる。
  • ビジネスを遂行する上での、法律・コンプライアンスなども、順守しようとする気持ちも高まる。

有能な月官門を、将として迎え入れることに成功した君主は、どんなビジネス上の問題も、たちまち解決できるようになり、力強く結果を叩き出せるようになる。

これは、古の戦国の時代も、今のビジネスの時代も同じ。今世の最高峰のビジネススキームといえる、「北のセオリー」遂行に向けて、月官門の生まれながらの囚われを持ち、月官門を「発動」発動させた有能な「将」であるサッチェルを自身の力とすること。これほど心強いことは無い。

そんな、月官門のサッチェルが7月23日大阪、7月24日東京にそれぞれ約4時間姿を表した。

「発動」した月官門を、味方につける体感をしたい場合は・・・月官門サッチェルが語ることが、どれだけ再現性が高いことなのか、実感したい場合は・・・開催した「『サッチェル4.0』夏フェスタ」を収録した音声を入手することを推奨する。

『サッチェル4.0』夏フェスタ

開催日時:
大阪会場:2016年7月23日(土)13時半開場、14時〜18時 
東京会場:2016年7月24日(日)13時半開場、14時〜18時
   
◇第一楽章:14:00から15:20
月官門がお話しする「北のセオリー」の概要
 
◇第二楽章:15:20から16:00
月官門がお話しする夫婦で挑むサラリーマンの為の「北のセオリー」と稼ぎのパターンを生かした経営者の為の「北のセオリー」

◇第三楽章:16:10から17:00
月官門がお話しする門学 × 北のセオリー
 
◇第四楽章:17:00から18:00
1時間徹底質疑応答
  
収録音声入手費用:9,800円

http://order.sanadakoumei.com/16072324-satchel40/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
22名合計3億500万円「サッチェル融資」仲間たちが東京銀座に集結

【帝】22名合計3億500万円「サッチェル融資」仲間たちが東京銀座に集結

「サッチェル融資」仲間たちと東京銀座で朝4時までアルコール三昧。「北のセオリー」に基づいた、「サッチェル融資」の実績。創業融資

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】『サッチェル4.0』夏フェスタ「北のセオリー」と「門学」の最強Wエンジンを徹底検証する4時間

【帝】『サッチェル4.0』夏フェスタ「北のセオリー」と「門学」の最強Wエンジンを徹底検証する4時間

(サッチェル融資35名合計4億5,500万円記録更新) 2016年7月23日(土):大阪 2016年7月24日(日):東京 『

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】日本政策金融公庫から頂戴したお手紙に興奮

【帝】日本政策金融公庫から頂戴したお手紙に興奮

「日本政策金融公庫」から1枚のお手紙が、孔明弟の会社に届いた。 お手紙の「表面」には、次のようなことが記載されていた。 ・・・

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】長女へ「サラリーマンになるな!女性が活躍できる会社は日本には1社も無い」

【帝】長女へ「サラリーマンになるな!女性が活躍できる会社は日本には1社も無い」

東京某所、月官門サッチェルと共に、開催する「地下セミナー」に長女ピスミン12歳が参加した。 しかし、これは何も、孔明パパとして



dept