借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】「ちょっと待った!そのビジネスまだ始めるな!!」

level001
【帝】「ちょっと待った!そのビジネスまだ始めるな!!」

どんなにビジネスの天才だろうと、安易にビジネスを立ち上げると、必ず失敗する・・・。

これは、古の戦争の時代も、現代のビジネスの時代も、まったく同じようだ。

古の天才軍師孫子が、『戦争は勝算のある勝負だけをせよ』

・・・よ、何よりも最初に、戦争にはじめる時には、慎重になることを強く説いている。戦争には、人の生死と、国の存亡がかかっている。戦争に慎重でない者が君主となると、君主に従う多くの人間が、死地へと導かれる。

戦いがはじまってから努力するのも大切かもしれないが、それよりも重要なのは、「勝てる戦い」を見極めること。

戦いの勝敗は、強いか弱いかで決まるものと思われるが、そうではない。本当に勝ちを積み重ねられるのは、「勝てる戦い」だけを慎重に選択して挑む者だけであることは、歴史が証明している。

これは、現代のビジネスも同じである。

『ビジネスは勝算のあるビジネスだけをせよ』

何よりも最初に、ビジネスにはじめる時には、慎重になることが必要。ビジネスには、
自分、仲間、部下、その家族の、生活がかかっている。

ビジネスに慎重でない者が君主となると、君主に従う多くの人間が、路頭に迷う。ビジネスがはじまってから努力するのも大切かもしれないが、それよりも重要なのは、「勝てるビジネス」を見極めること。ビジネスの勝敗は、強いか弱いかで決まるものと思われるが、そうではない。

本当に勝ちを積み重ねられるのは、「勝てるビジネス」だけを慎重に選択して挑む者だけであることは、昭和から今日までの歴史が証明している。

実力のあるものが、自らの力を過信することで、勝算の無いビジネスや投資に手を出して、失敗する事例・・・

たとえ天才、すごい人・・・と呼ばれる方々が君主(ビジネスオーナー)あったとしても、十分な研究と検証をせず、

「このビジネススキームは激アツだから、今やれば必ず成功するはずだ!」

・・・と、直感と言うか、ノリや山勘のようなものだけを信じてビジネスをスタートしてしまう。

たとえば、飲食業をスタートするにしても、一見すると簡単に見えてしまうが、税金、法律、許認可、契約、原材料、内装・・・すべての項目に渡り細かいノウハウが必要とされることが沢山ある。

聞きかじりだけで、できるように錯覚してしまい、準備もままならない状態でビジネスをスタートしてしまう。しかも、本業としてではなく、片手間感覚で・・・。

すると、当然のことながら、予想外に時間・労力・人手、出費がかさみ、回らなくなってビジネスをストップせざるを得なくなる。

発生する問題は、ビジネスのスタートを決断した君主が会社を倒産させ、多くの財を失うだけに留まらない。

君主を信じて従ってくれたり、協力してくれたりした方々部下や仲間、その家族を、路頭に迷わせることにつながる。君主は、信用、信頼、評価、財・・・多くのものを失ってしまう。

当然ながら、ビジネスの推進力ともなる部分を損失してしまうので、失敗したはずみに、途端に落ちぶれてしまうのである。

これは、僕も2004年から2016年の今日まで、真田孔明として活動して来た中で、何度も見て来たことだ。

ひどい君主になると、全ての責任を、仲間や部下だけにおしつけて、自分だけ安全なところに、逃げてしまう者までいる。

44年間、ビジネス・投資の世界で生き残り続けてこられた御方、北野会長もおっしゃっている。

かつて、銀座の街には、自分よりもすごい先輩たちが沢山いたが・・・みんなこういう問題によって、「飛んでイスタンブール」。自ら自爆する形で、消えていったという。

そのほとんどは、「ビルの100階から飛び降りた」という・・・。(本当に自殺を。。)

今、周りを見渡してみると、誰もいなくなったと・・・。

北野会長:
「安易にビジネスをはじめるな!動くな、働くな、何をするかゆっくり考えろ!」

北野会長が、何度も繰り返しおっしゃる通り、何のビジネスをはじめるにしても、慎重すぎるほど慎重にはじめる態度が、良い成果を掴み取るための、大前提として、もっとも大事な要素であることを、古の軍師孫子も説いているし、現代の大富豪北野会長も説いてくれている。

戦乱の時代も、現代のビジネスでも、同じ。

「ビジネスは慎重に」

・・・本来、君主として活動するための、一般常識的なことで、戦いに勝つための基本中の基本であるのだが、ビジネスの現場では、これが守られることが少ない。

天才、すごい人・・・と呼ばれるレベルの方々でさえ、つい熱くなってしまい、冷静な判断力を維持するのが困難で、この禁忌を軽く犯してしまうのだ。

従って、自分が君主になる時だけでなく、自分が君主を選ぶ際も、ビジネスを成功させる大前提として、予め勝敗を冷静に考えられる冷静な君主を選ぶことも重要になってくる。

自分自身、仲間、部下、さらにはその家族の生活のために、路頭に迷わせないために。どんなビジネスを始めるにしても、机上の空論ではなく、現実世界での状況を正確に把握し続け。

勝算があるかどうか?

本業として取り組めるかどうか?

石橋を叩きすぎるくらい叩いて渡る如く、動かず、働かず、何をするかゆっくる考えながら、そのビジネスをスタートするかどうか、検討しなければならない。

平城寿@SOHOと共に、シンガポールにて、これまでを振り返り、改めてこの重要性を語り合った。

追伸1

確かに「平城式facebook2.0」は、ブロガーとして再現性高く、ビジネスを構築するための全ての戦略術が凝縮されている。

しかし、自分にとって、ブロガーを行うこと、ビジネスを構築することが、適切かどうか?

それは、自らが君主として、慎重によく考える必要がある。

『平城式Facebook2.0』先行情報入手フォーム
http://hirajoshiki.com/koumei-m

追伸2

44年間ただの一度も飛ばされることなく、生き残り続けてこられた御方、北野会長の奇跡の戦略術・兵法を学ぶためには、こちらのメール講座より。

http://sanadakoumei.com/kindan-mag/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】王道を歩み続ける戦略術「北のセオリー」で開けるみらい

【帝】王道を歩み続ける戦略術「北のセオリー」で開けるみらい

北の物販大富豪こと北野会長が教えてくれたこと。 それは、僕たち民間の個人が、金持ちになる秘訣は全て、「王道」の下にあると。 巷

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】株式市場から◯◯億抜いた「剣豪」ミスターZと「KEMURI」

【帝】株式市場から◯◯億抜いた「剣豪」ミスターZと「KEMURI」

銀行2つ所有1,000億円を視野にいれた「剣豪」も降臨!? 勝ち残り生き残るたびに、多くの人たちの屍が背後に横たわる。人の恨み

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
高級レストランミッシェルズで「居合抜き」の詳細をサッチェルが確認

【帝】高級レストランミッシェルズで「居合抜き」の詳細をサッチェルが確認

サッチェル:「本日は◯件「居合抜き」で利確、+64,000円でした。」   孔明:「北野会長が、今日の相場で抜けるは凄いと。。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「袈裟斬り」未遂で+5万3,596円「大暴落」は大富豪と同じマインドセットで臨む

【帝】「袈裟斬り」未遂で+5万3,596円「大暴落」は大富豪と同じマインドセットで臨む

9月7日の相場終了10分前に仕込んだ、「秘剣北野流」の「袈裟斬り」。しかし・・・。 [2015/09/08 14:09:36]



dept