借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > サッチェル式究極の物販独立起業で創業融資

【帝】創業融資という人生一度の◯千万円獲得チャンスを月官の門サッチェルと共に勝ち取る

level001
【帝】創業融資という人生一度の◯千万円獲得チャンスを月官の門サッチェルと共に勝ち取る

2015年1月10日のセミナー以降、僕と肩を並べてゲスト講師として参加した、サッチェルの元に問合せが殺到している。

けれども、僕はココでものを申したい。

意気込みをサッチェルにメッセージする分には良いと思うが、「全てを無料で教えて下さい!」・・・と、言わんばかりに、アレコレ細かく実務的なことを質問するのは、ちょっと待って頂きたい!・・・と。

酷い場合は、自分はまだ何もしていないのに、最初のステップさえクリアできていないのに、先の先のことまで詳細に渡り質問し続ける人たちもいる。。

サッチェル:「孔明さん、沢山質問を頂戴して嬉しいのですが、本当に申し訳ないのですが、これ以上手が回りません。。。(涙)」

サッチェルの真面目で真っ直ぐな性格を知っている僕としては、そんな様子を見て、サッチェルに無謀な質問を投げかけて来る方々に、ついつい、憤りを覚えてしまった。。

冷静に想像頂ければ分かるはずだ!

サッチェルは、一円ももらうことなく、、ただ単にみんなのためになれば・・・というボランティアの気持ちで、あの日セミナーでゲストとして、お話することを協力してくれた。

当然ながら、優しいサッチェル・・・。困っている人たちを見たら、助けたくなってしまう、根っから本当に良いやつなので。(サッチェルの優しさは小学生・中学生時代からだby幼なじみの孔明)

そういう質問メッセージにも、全て応えようとしてしまうだろう。けれども、サッチェルに質問・・・というか、自分だけ「利」を得たいがために、サッチェルを利用しようと考えている彼らに言いたい。

サッチェルに甘えて無料かつ一方的に、細かい実務的な質問を、繰り返してしまうのだけは、辞めてもらいたい!・・・と。

サッチェルに対して、実務的な質問を投げかけた場合、サッチェルが一つのメッセージに対して返信するのにかける時間は、一体どの位なのか?

少し考えれば分かるはずだ。実務的な質問への回答一つに対して、最低でも30分間~1時間近くはかかることを。。

それを、「当たり前」だと言わん顔でできてしまうのはどうかと思う?

そもそも論で、他人に対して、正当な対価を払えない人たちが、「金融資本主義」の中で勝てるわけがない!

僕は、人からタダで全てを聞き出そうとするような、「業界用語:吸い取り系」の人たちの中で、何かしらの大きな結果を出せた人を、まだ見たことが無い(キッパリ)。

仮にちょっとばかり芽がでるようなことがあっても、すぐに壁にぶち当たり、その後誰も協力してくれなくなる(近寄らなくなる)、応援してくれなくなるので、復活は難しい・・・。

逆の立場になって考えれば分かるはず・・・。

自分が経済的な何かの「利」を得ようとするには、対価を支払わなければならない。

この部分は、これから「金融工学」を学びたいと口にしている方々にもよく認識してもらいたい部分なのだ。

たとえば、彼らに仕事をお願いして来て、一円も給料を払うことなく、ただ一方的に、彼らを働かせ続けようとする方がいたら。。。

彼らはその相手のことをどう思うだろうか?

一刻も早くその状態から逃げ出したいし、逃げ出すことができたら、再び近寄りたくないはずだ。

仮に彼らがセミナー講師で、そのセミナーに出席した僕が、彼らに対して、

孔明:「先日のセミナーは有難うございました。つきましては、これから「北野会長の戦略術」を実行したいので、事業の概要、創業計画書、事業計画書、月別利益計画、5カ年利益計画の作り方を教えて頂けますか?」

・・・というような質問をして来たとしたら、僕が結果を叩き出せるタイプの人だと思えるだろうか? 

彼らも、サッチェルの立場になってもらえればわかるはずなのだ。。。サッチェルも日々、さらなる「信用創造」のために、現在進行形で物販事業に勤しんでいる。。

まだ、

趣味は仕事。

道楽は貯蓄。

好きな言葉は節約。

・・・という状態から脱することはできていない。

現役の挑戦者として、まさにいま仕組みを構築している最中なのだ。その状態のサッチェルに、細かい実務部分を質問してしまうことは、サッチェルの貴重な、時間・労力などの人的資本を、一方的に奪おうとしてしまうということ。。。

「業界用語:吸い取り系」以外の何者でもない。

人生をかけて臨みたいのなら、それに応じた対価を払うのが筋だと僕は思う。

勝つのも負けるのも自由という、「金融資本主義」の中で、自分が勝ちたいのなれば、それなりの対価を払うのが筋だと思う。

自分が生涯をかけてやるビジネスのために、必要な実務の情報や手助けを、第三者から得たいのなら。。

自分の経済的な「利」を得るために、人様の、労力・時間という人的資本を、お金で買うこと。。。これができなければ、将来的に、人を使ったり、従えたりすることはできない。。。

僕、真田孔明の場合も、一見独りでやっているように見えるが、

パートナー・正社員・パート・アルバイト・外注・・・毎月非常に沢山のお金を先に送金している。

銀行口座からの支払いが、月当たり1,000万円、2,000万円を超えることが日常茶飯事である。

僕が取ることができる収益は、先に全てを支払った最後の最後なのだ。

一見独りでやっているように見られる僕でさえ、人様の力をお借りするために、それ相応の対価をお支払いしている。

これができない者は、「金融工学」を学ぼうとも、誰からの協力も得られないので、事業を立ち上げ軌道に乗せることはできないのだ。

もしも、第三者に対しての人件費・・・というものを意識することができない場合は・・・ずっと雇われる側の人間として甘んじ続けるか。

もしくは、自分一人で、自問自答したり、書籍やインターネットの情報を読みあさったりして、地道にやり続けるしかない。

ということで、サッチェルに対して、細かい実務レベルのことをアレコレと無料で聞いてしまおう・・・などと、考えてしまっている彼らには、一刻も早くその言動を、辞めて頂きたいと思うのだ。

(サッチェルに、意気込みを送るのは当然ながらOK!)

ただし、一方では、「北野会長の戦略術」を遂行するために、細かいところ含めて、絶対にミスりたくない。。。という部分も良く理解できる。

孔明弟がサッチェルの指導の元実現した、創業後2ヶ月以内の信用創造2,000万円に必要な「信用創造」に必要な書類を並べても、、、

1、売上月間◯◯◯万円の根拠(想定問答用)
2、事業の概要(事業サマリー、会社概要、販売戦略)
3、創業計画書(日本政策金融公庫)
4、事業計画書(日本政策金融公庫)
5、事業計画書(地方銀行)
6、月別利益計画
7、5カ年利益計画

・・・これら一つ一つの内容が、どのようになっているのか?どう、自分自身にカスタマイズすればよいのか?

全く分からない状態であることは、よくよく理解できる。そこで、サッチェルとよく相談した上で、条件付きで、サッチェルを一時雇用できる有料サービスを用意してもらうことになった。

「月財の門」の軍師である、僕が体系化させた戦略術を、寸分たがわず再現できる「月官の門」というサッチェルの特殊能力を活用したい・・・という場合、サッチェルを「助っ人将軍」として、超低単価で雇用する権利を条件付きではあるが獲得できることになった。

もしもあなたが、北野会長が教えてくれた戦略術を元に、物販事業を本業として軌道に載せたい場合・・・あなたが主(あるじ)として、「北野会長の戦略術」を元に、初陣を突破するまで、無敵の将軍サッチェルが、助っ人将軍として、Skypeを通してヘルプしてくれる有料サービスだ。

「月官門サッチェルの「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス」

目的:主(あるじ)であるあなたにとっての初陣。

  • 日本政策金融公庫
  • 地方銀行

からの創業融資を獲得するサービス。この件に関しては、サッチェルから、直接お話してもらう。 

初陣こと創業融資獲得の突破の計略

こんにちは。サッチェルです。

僕が将軍として、主であるあなたをどのように初陣の勝利に導くかを、お話させて頂きます。

日本政策金融公庫で、普通の「創業融資」ではなく「◯◯◯◯◯◯◯◯又は◯◯◯◯◯◯◯◯◯資金用」の融資を選びました。

その理由は

1、税理士の経験からこの融資に勝算がある。※公庫と税理士との間にパイプがある場合には、ある程度、税理士を信用してもよい。

2、借入利率が通常創業融資より低い※7年で1.25%

3、難易度は創業融資と変わらないと聞いていましたが、資料作りは通常の創業融資より随分大変でした(汗

4、2期以内だと、創業融資を更に狙う事もできる

5、創業融資同様、しっかり返済を続ければ新規融資のハガキがしっかり届く。

メリットだらけの融資だと思います。

しかし、「思っていた以上にしっかりした資料を求められる」これが、資料を作り上げた後の率直な感想です。今回の融資申込みに必要な書類は5+1の6点。

1、事業の概要(事業サマリー、会社概要、販売戦略)
2、創業計画書
3、事業計画書
4、月別計画書
5、5カ年計画書
6、売上月間◯◯◯万円の根拠(想定問答用)(自分用)

たった6つの資料を作るだけなのですが、銀行に納得して頂くレベルの資料作りは、自分が思っていた以上に大変で、予定よりも多くの時間を使ってしまいました。

なぜか言うと、僕たちは新規創業ですので過去の実績はもちろんゼロ状態。

このゼロ状態の僕たちが1,000万円の融資を獲得する為に、初年度売上高◯◯◯◯万円。

5年後までに売上◯億◯◯◯◯万円と言った計画を実現する為の◯◯◯と具体的な数字とその根拠、1,000万円の使い道とその理由、そして具体的な販売戦略をすべて想像の中でベースストーリーとして創り上げる必要があったからです。

実際には、仕上げた計画通りには使い切れないであろう1,000万円。

机上だけでのアイデアを現実の数字として整合をとるといった実は全く根拠がない数字パズル。

今回、税理士をうまく使いながら、実際にすべて僕自身で資料を仕上げたのですが、この資料作成をすべてを税理士に任せるととんでもなくメチャクチャなストーリーの資料があがってきてしまうはずです。

新規創業や新規事業展開ですので、過去の実績がゼロ状態。

  • 銀行が納得するレベルの◯◯◯、
  • 銀行が納得するレベルのベースストーリー
  • 銀行が納得するレベルの数字とその根拠

この銀行を納得させる為の資料作り・・・

僕たちは今回の経験から、コツが分かったので、次回からは今回ほどは大変ではないと思います。

北の物販大富豪の戦略術とは

北の物販大富豪の戦略術は「物販×融資×税務×投資」この4つが揃って初めて成立する再現性が抜群の仕組みです。

掛け算ですので、どれかひとつでも0(ゼロ)となってしまうと、再現できない事に繋がります。

北野会長は「システム」とおっしゃっておりました。

だから、戦略からズレる=システムが稼働しない=再現できない

世の中の常識とは真逆の仕組みですので、しっかり「物販×融資×税務×投資」を理解して進まないと本当に危ないのです。

セミナーでも、忠実に実行してくださいとお話しました。アレンジは絶対にダメなのです。

まずは、北の物販大富豪の戦略術の基礎の理解をお勧めします。何回も、音声を聞いてください。

利益は大切ではありません。

物販で右肩あがりの「利益」を求めようと必死になる=山にイノシシを狩りに行く=競合がたくさん=いずれすべての山のイノシシがいなくなる=食べて行けなくなる。

この、物販の常識でビジネスを行うということ事は、とてつもない数の競合達と自分が持てる限りの情熱とアイデアで戦いそして、勝ち続ける必要があるということ。

北野会長:
「必死になれば必ず死ぬぞ!」
 
北野会長:
「桜の花がいっきに満開に咲くように
 売れるようになった商品程、
 しばらくすれば必ず散っていく!!」
 
北野会長:
「この荒波の中で、
 生き残り続けられる経営者などおりゃせんぞ!!!」

融資を引っ張って世の中の常識の普通の物販ビジネスを行うと創業企業の廃業率は、概ね
1年以内30~40%
3年以内70%
10年以内80%

統計学として、結果が既にでしまっているのです。

北野会長:
「10年以上で99%が死ぬ仕組みが
 常識となっとるんだぞ。
 お前らはなぜ詐欺と言わんの!」

だから、普通の物販ビジネスをする為に創業して、融資を引っ張ってはダメだと僕たちは結論を出しております。

僕たちは、詐欺をしたくないので、心からお勧めしません。

僕は2015年1月8日のお昼前にやっとやっとすべて理解できてしまったので、断言できますが・・・

北の物販大富豪の戦略術を行うには北の物販大富豪倶楽部のプラチナメンバーとしての立場は必須です。

ゴールドとプラチナの会員費用の価格の差は確かに大きいですが・・・

北野会長と直接謁見ができるかどうか?達成できる事は「惑星」が違うほどの差があると僕は感じました。

だから、もし、僕だったら

会社を作る→融資を引っ張る→プラチナへ入る

融資の段階でプラチナの料金をしれっと創業計画に入れてしまいます。

融資・税務について

創業融資の場合、日本政策金融公庫にしても地方銀行にしても、その通りにやらないと融資が出ないことが考えられます。

僕たちに、創業融資が合計2,000万円満額出たのは、銀行に好まれる、戦略術通りに忠実に遂行したからだと僕たちは思っております。

なぜなら、僕たちのは戦略術に則って行動した事によって、あの月収20万円酪農系ブルーワーカーしか経験の無かった、孔明さんの弟さんの状態でも満額の2,000万円の融資が出てしまったからです。

先日のセミナーでも、自分でアレンジしてしまった為に、融資額がちょっとしか出ない仲間もいました。

「本人は一生懸命やった・・・」ようなことをおっしゃっていましたが、決められたことを決められた通りにできていないの場合、一生懸命が全て無駄になってしまいます。

創業融資は人生の中で1人1回だけの、ビックチャンス。

創業融資は人生の中で1人1回だけの、ビックチャンス。

創業融資は人生の中で1人1回だけの、ビックチャンス。

(重用なので3回連呼)

・・・でしたので、これは本当にもったいないことですよね。

100万円しか出なかった・・・2,000万円出た。。。雲泥の差がありますからね。

「月官門サッチェルの「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス」概要

セミナーの後、たくさんの仲間から融資の相談が届いております。

孔明さんにその事実を伝えた所、

孔明さん:
「サッチェルの出来る範囲で良いので、
 どうか仲間を助けてあげて欲しい!」

僕:
「僕の好きな仕事=相談に乗ること。
 僕を信じて、僕と時間を共有してくれた
 仲間の為に僕が一生懸命になった時に、
 僕の能力も最大限「発動」されるので
 ぜひ、やりたいです!」

けれども、僕も限られた時間の中で、サポートを行ないますので、僕の時間・労力を費やす「仕事」として認識させて頂きます。

仕事ですので、有料サポートという形になってしまいますが、もし、僕たちがお役に立てるのであれば嬉しいです。

1、僕を召し抱えるメリット 
主であるあなたに、初陣である創業融資を実現化してもらいます。僕は2015年1月8日の午前中から屈強な戦国武将へとジョブチェンジしております。すなわち、サッチェル融資相談窓口の仲間は僕が尽くす主君という事。その主君の望みを実現する為に今の僕ができる最大限の能力を出し惜しみなく、発揮できる事が僕の特性であり、主君に提示できる僕のメリットとなります。

2、僕が出来る事、出来ない事
僕の判断基準は体験や数値に基づくので、「感覚」に頼ったアドバイスはできません。何の情報もない時に右か左かを選ぶとかなりの確率ではずれます(笑一度行った場所では絶対に迷いませんが、初めていった場所では、ほぼ迷います。(涙。地図を見ても初めての場所は全く自信がありません(笑。だから、「感覚的にどう思う?」等の相談にはきっとお役に立てないという事です。逆に、僕が実践した事、理解した事に対しての相談には絶対の自信があるという事です。創業から創業融資の獲得に関しては、既に経験済みですので、きっとお役に立てるはずです。どうか、僕を頼って欲しいです。

3、スタート後でもお断りするケース 
・何回かご進言しても、決められた戦略術を実践しないで、独自のアレンジを加えたくなってしまう。
・何回かご進言しても、2人でやると決めた事が毎週ぶれてしまい結局は進まない。
・何回かご進言しても、主君が僕に任せてくれない。信用・信頼をしてくれない。
・Skype以外を使ってコンタクトを取りたがる。孔明さんの弟ともそうしているように、Skypeでのみのサポートとなります。
特に主君が僕を信用・信頼して頂けない事が僕にとって、一番のダメージとなってしまいます。だから、こうなってしまった場合には、僕のそれまでの活動費を主君と相談の元清算。差額をご返金の上、僕は即日御暇(おいとま)を頂きます。

4、サッチェル融資相談窓口の活動期間
僕が理解している事は
趣味=仕事
だから、この相談窓口が大好きな趣味でなくなってしまったら楽しめなくなり、仕事だから仕方がなくやるという心境になってしまったらそれは僕の能力が発動しないと言うこと・・・大切な仲間に迷惑をかける事に繋がってしますので、新規募集は直ちに中止します。

5、サッチェル融資相談窓口の相談料金について
僕がワクワクしながら楽しく活動する為の必要最低限の活動費という視点で設定しました。Skypeチャットを活用して、創業融資獲得までの、サポート料金は50万円です。
50万円での、以下の内容を明記した、個別コンサル契約を結びます。
会社を創業し創業融資が出るまでのコンサル費用として。創業融資が出た後は、北の物販大富豪倶楽部のプラチナメンバーに特別優遇価格にて入会してもらうことが条件です。プラチナメンバーにならずに、そのまま独自の活動をした場合のコンサル費用は100万円とさせて頂きます。

仮に1,000万円融資を獲得できれば、5%のコスト。

仮に2,000万円融資を獲得できれば、2.5%のコストです。

けれども、少しでも僕のサポートに対して疑問がある場合にはきっとお互いの為になりませんので、お申し込みをされない事を心からお勧め致します。

「必ず事前にご理解下さい。」

僕たちは融資の専門家ではありませんので、僕たちの経験と現在進行形の知識に基づくアドバイスのみとなってしまいます。

※融資額の保証はありません。
※税務に関しては日本国内では一切相談に乗れません。

「既に、北の物販大富豪倶楽部・プラチナメンバーの場合」
 北の物販大富豪倶楽部プラチナメンバーの場合は、今回のサービスを利用しなくとも、海外の謁見時の空き時間を利用して聞いて頂ければ、僕たちの経験と現在進行形の知識で良かったら、すべての相談に乗れます。

どんどん僕たちを頼って欲しいです。北の物販大富豪倶楽部のゴールドからプラチナへのバージョンアップは可能です。

だから、まずゴールド+僕のサポートで、創業融資を獲得してから、プラチナ移行という流れが理想かもしれません。

北野会長:
「おまえらはまた必死にビジネスをしようとしちょる!
 頭イカれてるとしか思えんぞ!(笑)」
 
北野会長:
「物販ビジネスというのはな・・・」
  
北野会長:
「◯◯のシステムだけをつくればいいのに、
 なんで余計なことをしようとするのか?」
  
北野会長:
「おまえらは本当に、
 頭と胴体がバラバラな動きをするのう。」

「信用創造」を目的とした物販は、どのようなシステムで成り立つものなのか・・・。僕もプラチナメンバーとして、北野会長のお話を聴くことで、ようやくすべての戦略が1つに繋がりました。

「必死にやると必ず死ぬ」

仕事で稼いではダメだと完璧に理解できました。

必死に売上高を上げようと努力してはダメだということが心の底から理解できました。

プラチナメンバーである僕たちは、今後売上高をあげる事で悩む事はなくなるはずです。

北野会長直伝の「100%売上高を作る活用法」で。秘密と共にさらなる高みへ。

サッチェルより

以上、「月官門サッチェルの「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス」の提供を決意してくれたサッチェルからの生コメントである。

ただし、「月官門サッチェルの「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス」を受けたい方々全員が受けられるわけではない。

まず何よりも先に、申込された時点で、四柱推命鑑定士である僕が「門」の適性を拝見させて頂く。適性からかけ離れている場合、お互いが無駄な時間・労力・金(カネ)を浪費することになるので、サッチェルによる審査を受ける前に、入口の時点でお断りする形になる。

けれども、この場合は、「無利息資金調達FCスキーム」など、別の「金融工学」の適性があるということなので、「北の物販大富豪の戦略術」を一度諦め、別の道を歩んだ方が良い。

それをクリアしたとしても、サッチェルのキャパシティ。サッチェルとの実際の相性の問題もあるので、事前にサッチェルとのSkypeチャットによる面接がある。(※サッチェルから実際のサポートを受ける場合も、Skypeが中心になるので、Skypeは必須。)

面接に合格した場合のみ、サッチェルからの直接サポートを受けられる形になるのだ。

だから、人生の中で1人1回だけの、ビックチャンス「創業融資」を獲得するため。

戦略術を寸分違わずブレることなく遂行できる生まれながらの囚われによる特殊能力をもたサッチェルを、ミッション限定の軍師として向かい入れたい場合は、

以下のフォームから、面接・審査申込の手続きを完了させて頂きたい。
http://sanadakoumei.com/satchel-support.html


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
パラダイムシフトが起こる「サッチェル祭3.0」の音声が公開された

【帝】パラダイムシフトが起こる「サッチェル祭3.0」の音声が公開された

3.0参加者: 「10,000円の投資で生涯の勝ちパターンが見える機会でした!」 3.0参加者: 「パラダイムシフトが起きます

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
364 【帝】第一審査の合格率約50%サッチェル実践会創業個別コンサルサービス

【帝】第一審査の合格率約50%サッチェル実践会創業個別コンサルサービス

第一次審査の裏舞台の様子・・・。 孔明: 「T.K.さん・・・合格です。  ◯◯◯◯年-◯◯月-◯◯日  「月修門」が強いです

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
独立起業・創業融資サポートの場合「サッチェル祭3.0」視聴は必須条件

【帝】独立起業・創業融資サポートの場合「サッチェル祭3.0」視聴は必須条件

運営事務局:伊達 「サッチェルさん。少し広い部屋が取れたので、あと10名のみ当日参加可能になりました。」   サッチェル: 「

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】合格率45.9%「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス審査結果が示すこと

【帝】合格率45.9%「サッチェル実践会」創業個別コンサルサービス審査結果が示すこと

僕たちは生まれながらの命運に、抗(あらが)うことはできるのだろうか?これは、僕自身の人生の中でも、大きな課題となっていることだ



dept