借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > サラリーマンだった僕が剣客になるまでの道

【帝】サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道(その1)禁断の果実

level001
サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道(その1)禁断の果実

優良企業に就職して勤労することが、未来の安心・安定の獲得にならないかつて・・僕は信じて疑わなかった、大学を卒業し、優良企業に就職すれば、生涯に渡り幸せが約束されるのだと・・・

高校・大学を卒業後、東証一部に上場している優良企業に就職するか?地方・国家公務員になるか?
 
どちらかの道しかありえないのだと、僕は信じて疑わなかった・・・。

サラリーマンの父、地方公務員教員職の母、両親共に新卒採用後、ただの一度も転職をしたことがない一般的に言う社会での模範的な人間。

社会人になって優良企業に就職。無遅刻無欠席で勤労し続ければ、お金を給料という形でもらい続けることができる。

両親共に体現できていることもあり、この「成功法則」を、信じることはできても、疑うことなどできなかった。

しかも、それが・・・両親だけでなく「社会の常識」として、根付いていて。外で会う大人たちも、口を揃えて「社会の常識」に基づいた発言をしてくるのだ。

「成功法則」を、信じることはできても、疑うことなどできなかった。高校時代、いつもクラス最下位近辺をうろついている程勉強ができなくて、仕方がなく大学はスポーツ推薦で入学してしまったが。スポーツを、社会人まで深追いすることは無かった。

僕個人がどうこう言うよりは、所属していたチームが、リーグ戦で常に上位に食い込むチームだったこともあり、スポーツ推薦会社版的な枠でのお誘いも、東証一部に上場している企業数社からあったのだが・・・その道で社会に出ることはやめた。

父親のように、サラリーマンとしての仕事に集中するため。その道を選択することなく、普通の学生たちのように
就職活動をすることを決意。

セオリー取りに、資料請求ステップから普通に行い、書類選考、面接・・・というステップを経て、無事就職先を獲得。

こうして僕は、両親の言いつけ通りに、大学卒業と共に、東証一部に上場している玩具メーカーに新卒として入社した。

母:「まあ、お固くないけど、ゲームばかりやっていたあなたにはお似合いよね。」

・・・と、地方公務員教員職一筋の母も納得。社会人になった僕を祝福してくれた。本当は僕に、銀行や商社に就職して欲しかったようだが・・・。
 
メーカー入社後、はじめは僕もサラリーマン一筋で、勤労に従事するつもりだった。僕は両親がそうしてきたように。

無遅刻無欠席、毎日人よりも早く会社に出勤し、人よりも遅く会社を退勤、勤労に励み続けた。

そんな僕に転機が訪れる。キッカケは、度重なる上司たちのリストラ・・・。

僕が玩具メーカーのに入社した年、大手都銀出身の取締役が、代表取締役社長に就任。創業一族系企業から、銀行管理系企業へと、大きく変革を遂げた年。

以降、社内の体制改革が毎年のように行われた。業務の効率化。全事業部の営業部署がくっついたり、再び事業部毎の営業に戻ったり、その社内体制の変化の度に、大量の人間が消えていく。。。

大量の社員がリストラ・・・酷い時に約1,000人近くいた社員の、3分の1が、たったの一年間で入れ替わった。。

中でも特に、真っ先に消えていったのは、昔ながらの営業系の業務を行っていた営業マンたち・・・。

古い思考の企画開発担当なども、ドンドン切られていったが、営業マンたちのリストラぶりは増して酷かった。

煽りを受けて、僕の上司だった営業マンたちは、次から次へと社内から姿を消した。期の途中で、主任、係長、課長までもが全員入れ替わった年も2回程あった。。

誤って、「今日も毎月恒例のお別れ会を・・・あ、失礼しました。」・・・などと朝礼の時に口にしてしまう先輩社員もいた。東証一部に上場している、優良企業と言われる会社に就職したとしても、人生の中で安心・安定を得たことではないのか?

優良企業と呼ばれる企業ほど、不要なものは排除、すなわちリストラをする。

僕たちが、高校・大学を経て、サラリーマンになった目的。生涯に渡り一つの会社で勤労をし続けることで、安定的に給料をもらい続けること。

これは非常に困難なことなのだと、残酷にもリストラされゆく上司たちの小さな背中を見て、理解するに至った。

「優良企業に就職して勤労することが、未来の安心・安定の獲得にならない」
  
僕が幼い頃から築きあげて来た規制概念がぶっ壊れた、第一の転機である。そして、僕は「禁断の果実」を密かにかじり始めた。。 僕はサラリーマンにも関わらず、副業ビジネス・投資という、「禁断の果実」を食べてしまったのだ。

つづく・・・

追伸

秘剣北野流居合抜き剣客に転職した真田孔明1ヶ月間の実録
 
「秘剣北野流居合抜き」の体得を目指す見習い剣客真田孔明の修行日記「修行3ヶ月目・2015年8月度版」
 
「戦場(株式相場)」で怯えながらも、震える手で「抜刀」と「納刀」を繰り返し、1ヶ月間で222万3,438円を稼いだ見習い剣客真田孔明の修行日記。 

2015年11月、郵政三社上場という、兆円単位のアクティビティを控える日本。

配布させていただく、剣客としての日々の立ち回りをまとめたPDFファイルが役に立つ時が来るはずだ。

「1ヶ月間の実録!秘剣北野流居合抜き(PDF132ページ)」
http://kita.sanadakoumei.com/doc/Report201508.pdf


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
香港H株「リーマンショック」大暴落後に短期間で勝ち抜けた奇跡 サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道:その3

【帝】香港H株「リーマンショック」大暴落後に短期間で勝ち抜けた奇跡 サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道:その3

孔明:「一体何がどうなったのか?僕は勝ち抜けてしまったのだろうか?」 2008年9月15日「リーマンショック」。。   額面合

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
香港大富豪ミスターDとの出会い「マネーゲーム」の凄さを魅せつけられた香港 サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道:その2

【帝】香港大富豪ミスターDとの出会い「マネーゲーム」の凄さを魅せつけられた香港 サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道:その2

香港大富豪ミスターDとの出会い 「マネーゲーム」の凄さを魅せつけられた香港 香港H株の投資を開始後大きく含み益を積み上げるも・

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
月給3万円のローカルスタッフが株を熱く語る直後「リーマンショック」で大暴落 サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道:その4

【帝】月給3万円のローカルスタッフが株を熱く語る直後「リーマンショック」で大暴落 サラリーマンだった僕が「剣客」になるまでの道:その4

ウォール街の靴磨きの少年が株を熱く語ると大暴落 月給3万円のローカルスタッフが株を熱く語ると大暴落 真面目な両親がNNT株を資



dept