借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】孔明弟会社売上5,000万円・経常200万円・納税で国貢献

level001
孔明弟会社売上5,000万円・経常200万円・納税で国貢献

ハワイ謁見宴(ディナー)で具体化プラチナ全員「億超え」プロジェクト

2014年11月に設立した幼なじみのサッチェルが顧問についている孔明弟クビ社長の株式会社。

もうまもなく、設立して1年が経とうとしているが。初年度は、

  • 売上高5,000万円
  • 経常利益200万円

位で弾着しそうだ。
 
ほぼ、2,000万円の融資を受けた、銀行に提出した計画書通りの数字に落ち着きそうだ。当然のことながら、元本ごと金利の返済も、一回足りとも遅れることなく、継続している。
 
孔明弟も、会社から計画通りの給料も取得している。

つまり、決算書上の利益。初年度から、お国と日本国民のために、「納税」という形で、貢献することができそうなのだ。
 
10年間、20年間・・・絶対に倒産しない会社。ずっと黒字経営で、あり続けるための会社。

ずっと、日本国のため、日本国民のため、末代のために、納税し続けられる会社。
 
清く正しく美しく。
 
その土台を構築することができたし、後は基本に忠実に経営をし続けるだけで、来年、再来も、計画書通りの見通しが立てられそう。

これも全ては、「北野プラチナ経営学」の訓えの賜物である。北野会長には、感謝してもしきれない。 

巷には「物販で儲ける系」の情報が溢れかえっているけれど・・・

孔明弟会社売上5,000万円・経常200万円・納税で国貢献

もしも僕たちが、北野会長に出会うことなしに、物販事業を営もうと思っていたら・・・。おそらくは、インターネット上に溢れかえる、「物販でもうけようセミナー」とか、「売れる商品発掘セミナー」とか、そういうものにサッチェルや孔明弟に通わせたりして、「物販ビジネスでもうける方法」とやらを追い求めるという、ことをしてしまっていたかもしれない。

そして・・・仮に売れる商品とやらに、たどり着くことが出来たとしても。毎月の売上、利益を獲得するために・・・いや、生活費そのものを獲得するために・・・朝から晩まで必死になって働いていたかもしれない。。。

孔明:「一体何をやっているんだ? なんで売上が上げられないんだ?」

孔明弟に対して、販売戦略の資料を作らせたり、厳しく追求をしていたかもしれない。
 
売れ筋商品とやらが、売れたり売れなかったりで一喜一憂をしたり、生きた心地のしない毎日だったかもしれない。

しかし、僕たちと言えば、週に一度のミーティングも、およそ30分間足らずで終了。孔明兄として、これといってアドバイスすることは、特に無し。。

僕もサッチェルも今回、かなりゆったりとしたスケジュールで、ハワイで乗馬をしたり、ボードを楽しんだり、余暇を謳歌してしまっている。

サッチェル:「このようにゆったりと暮らせるのも、会長と孔明さんのお陰です。本当にありがとうございます!」

・・・と何度も御礼を言われた。

孔明弟も、奥さんが働きに出ているので、自宅で2人の子供の子育てに沢山の時間を充てている。労働時間的には、決して無理はしていない。

・・・にも関わらず、孔明弟が代表を務める物販系株式会社は。初年度から、

  • 売上高5,000万円
  • 経常利益200万円

を見込めているのだ。
  
初年度の決算を終えたら、孔明弟には代表を別の方にバトンタッチする方向で準備を開始してもらい。孔明弟には、更に大きなフィールドで 活躍してもらおうと思う。

といっても、忙しさはそれほど変わらないと思うが。。

より大きなフィールドで日本国のために

孔明弟会社売上5,000万円・経常200万円・納税で国貢献

孔明:「会長、実は相談事があります。うちの弟の物販企業が、会長のお陰で一年も経たずに軌道に乗りましたので、そろそろ別の方を代表に立てて、弟には◯◯で活躍してもらいたいのです。その方がより大きいレベルで、日本国のために貢献できると思いまして・・・。」

北野会長:「おお、孔明、良いところに目をつけたな! 今日は株の話どころじゃなくなんね!」

ハワイのビーチウォークになる、お蕎麦屋玄心で開催された、「地下ソサエティ」のプラチナだけが参加できる北野会長との謁見宴(ディナー)。

株の話で熱く語り合っていたところに、水を指してしまう形になってしまったが、脇道が大通りに発展する形で、お話が大きく発展して行った。

実は偶然ながら、北野会長も、日本の中枢の高みに君臨される「鷹」と、日本国の未来のために、いろいろと計画を練られているところだったのだ。

僕がアイディア浮かんだタイミングでは、すでに「鷹」とお話を詰めている。。このスピード感は半端ない。

自分の小ささ、実力の無さを、北野会長の大きさを、改めて実感するに至った。

お話「事業計画」へと発展。飲みの席でかなり熱くなってきた。

他のプラチナの物販会社も、孔明弟の物販会社のように、軌道に乗って来て、5年、10年、、、と黒字経営を行い、日本国に納税を続けられる体制が見えてきたので。

そろそろ全員で物販事業は、別の代表を立てて運営してもらい。北野会長がこれから歩もうとしている方向に歩みを合わせて、みんなで進んでみようか・・・という話に発展した。

これが実現すれば・・・たちまちプラチナは、更に上のステージでの億の単位での事業を経営することができるようになる。

当然ながらこの事業は、日本がこれから進もうとしている方向にも合致。日本国のため、日本国民のため、子どもたちの未来のため。

倒産することなく、永続的に黒字経営をして、納税を続けられる皮算用が着実に固い路線で立てられる。

会社経営とはなんぞや?

巷のネット系や、物販系カリスマが口にするような、 天才的なマーケティング力や、売れ筋商品などというものは、いかに意味の無いものなのか?

43年間、一度もビジネスを飛ばしたことなく、黒字経営を続けてこられた御方、北野会長のお陰で、ようやく理解することができた。

つまり、億単位の事業を行っても、同じように黒字経営を永続的に続けられる経営者としての知識が、備わりはじめているのだ。

「地下ソサエティ」のプラチナとして、北野会長の下で直接学びはじめて。。僕の考えが、180度変わってしまった。

お陰で今なら、仲間たちに対しても、本当のビジネスとは何なのか?本当の会社経営とは何なのか?
 
日本国のため、日本国民のため、世のため、人のため、自分のため、ビジネス・投資、会社経営を謳歌できる人生が送れそうだ。

追伸

焦る必要はなし。「地下ソサエティ」のプラチナへの道のりは、ステップバイステップ。

1、「地下ソサエティ」ゴールドとして「東京」情報を使いこなし「納税」を着実にできるようになる 

2、「地下ソサエティ」ゴールドとして「居合抜き」をしっかり取得する

3、ビジネスで事業計画を練り融資の獲得に挑戦
 
・・・事業計画が見事通り、融資を獲得することができたら、勇気を振り絞ってプラチナへ・・・。

4、プラチナで倒産せず「納税」して貢献する会社経営を口伝で学び、動かず働かず何を行うかゆっくりと考えながら毎月の謁見宴(ディナー)に参加し、経営者としての人生を謳歌。

5、「鷹」への謁見
 政治活動貢献ステップへ・・・

居合抜きレポート(PDF132ページ)
http://kita.sanadakoumei.com/doc/Report201508.pdf


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
国のドア「地下ソサエティ」用語「中枢パーティー」への参加が決定

【帝】国のドア「地下ソサエティ」用語「中枢パーティー」への参加が決定

北野会長:「◯月◯◯日に東京で、「パーティー」がある。◯◯先生方。メンバーの人も出てみたらいかが? 何人になるか聞いておいてね

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
北野会長次女直伝!北野会長情報の取扱説明書@アウトリガー

【帝】北野会長次女直伝!北野会長情報の取扱説明書@アウトリガー

北野会長次女:「パパは昔から、株ばっかやっていたわ。」 北野会長の2人の娘たち、婿さんたち、さらには小中学生のお孫さんまで。。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】松尾芭蕉「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の考察の中で・・・

【帝】松尾芭蕉「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の考察の中で・・・

北野会長:  『閑さや岩にしみ入る蝉の声』  松尾芭蕉の詠ったこの俳句の意味を理解すれば、ビジネスも株式投資も不動産投資も、理

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
タバコ代、ビール代、ランチ代の深掘りを行う「地下ソサエティ」

【帝】タバコ代、ビール代、ランチ代の深掘りを行う「地下ソサエティ」

北野会長との直接の謁見宴(ディナー)が許されていないゴールドの場合、「北野会長謁見後」に配布される、書き起こし資料を手に。「お



dept