借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】日経新聞の本当の読み方を教わる@焼き肉レストランKEMURI

level001
日経新聞の本当の読み方を教わる@焼き肉レストランKEMURI

高校・大学時代、毎日部活のアメフト漬けの日々を送っていた僕。就職して社会人になっても、社会のことなど何も知らない状態だった。

そんな時・・・
 
新人教育上司:「お前ら、日経新聞も購読していないのか?」

新人教育担当的な上司が怒りながら言っていたので、社会人になったばかりでお金が無く・・・本当に心の奥底から勿体無いな。。と思っていたが、、、しぶしぶ、日本経済新聞の定期購読を申し込むことにした。。。

当時勤務していた会社の本社は浅草。東急東横線綱島駅から出発。中目黒で日比谷線に乗り換えて、東銀座から浅草へ行く出勤経路。

一時間に何本か日比谷線直通電車・・・というものが通っていたがこれに乗ると、綱島駅〜東銀座まで、乗り換えなしにずっと座って行ける。通勤の電車では席に座りたかった僕は、かなり早起きをして、日比谷線直通に時間を合わせる形で綱島駅へ。

新たに定期購読開始した、日本経済新聞。。。毎朝ポストから取り出し、手に持った状態で自宅から徒歩で綱島駅へ。。。

孔明:「おや?何だこの妙な感覚は?」
 
定期購読する前は、日本経済新聞なんて、一体何の意味があるのか?

と斜に構えてタバコをスパーッと蒸す感覚だったが。。どうしてどうして、意外と、日本経済新聞を手にしてみると、「アクセサリー」として格好良いのでは??とムズムズと感じるものがあった。

孔明:「そうだ、僕はもう、オバカさんな体育会フットボーラーではなく、サラリーマンなのだ!

 ヘルメット捨ててパソコンに持ち替えショルダー(防具)を脱ぎ去りスーツをまとう。

 正真正銘の知的なホワイトワーカー的な、サラリーマンなのだ!

 暑苦しい体育会系に別れを告げ、クールで知的な社会で働くサラリーマンになれたのだから!」
  
・・・日本経済新聞は、それを演出するのに、最高峰のアイテムであることを感じてしまった。
  
かつての僕のような暑苦しい体育会系の学生さんが横を通る度に、「お前らとは違うんだよ!」・・・とは口に出しては言わないが。

いかにも昔から日本経済新聞を購読していて、こういう日常が当たり前だという感じで、手に握っている、縦折りした日本経済新聞に視線を移し。眉間にしわを寄せて、少しむずかしい表情で知的労働者的に、トップページの見出しを見たりもした。
 
当然ながら、学生さんたちはこれに反応することはなく、単なる僕の自己妄想の中での優越感に留まるのだが。。

綱島駅から、日比谷線直通中目黒行きの電車に乗り込む。朝早いので席がガラガラでゆっくりと座れる。

ここで、手に持ったアクセサリー日本経済新聞登場。両隣の人に迷惑がかからないよう、気をつけて。。。四つ折りをした状態で、日本経済新聞を折りたたみ直してそっと一つ広げる。。

学生時代、憧れていた知的労働者系サラリーマンがそこにいる充実感。 
 
「電車の中でスーツを来て、日本経済新聞を読んでいるサラリーマン」
 
体育会系学生時代、憧れていた僕がそこにいる・・・なんとも言えない心地の良い満足感。。その自分自体に、酔ってしまいがちになるが。。。

しかし、日本経済新聞に書かれている内容は・・・本当にこれ日本語なのか?

ギョーセキ、カブカ、ケッサン、リストラ、サインコサインタンジェント、、

今までジャンプコミックスとかマガジンなどの漫画雑誌では読んだことのない難しいニホンゴの羅列。しかも、漫画やアニメどころか、挿絵や写真の類も殆ど無く、文字だらけの紙面。。

綱島駅の隣、日吉駅ぐらいでは、かなり気合を入れて読めているのだが。。。新丸子、多摩川当たりでは、脳が完全に思考停止して、自由が丘位で爆睡状態に入る。。。

結局毎日、このパターンの繰り返しだった。。

それなのに、毎月5,000円もかかる。。ということで、半年後位には、「オレ、社会人になれた!」的な優越感のようなものも
完全に薄れたタイミング。。
 
日本経済新聞も、アクセサリーとしての価値も僕の中では完全消滅。。。電車の中でグッスリ眠れる安眠グッズとしては最高だったのだが。。。流石に勿体無いので、定期購読を解除するに至った。。

あれから一体何年の月日が流れたのだろうか? 16年か・・・。

今再び日本経済新聞を定期購読している僕がいる。毎朝起きると、朝6時半頃から、日本経済新聞に目を通す自分がいる。

なぜなら、北野会長が、
 
北野会長:「日本経済新聞を読みなさい。金(カネ)稼げるから。」

・・・と、僕たちに向けて訓えてくれたから。北野会長から、「日本経済新聞を現金に変える方法」を教わってから再び、日本経済新聞を定期購読することにした。

ただし、社会人になりたての頃とは違い、iPad、iPhone版の電子版であるが。。(※注:北野会長の推奨は紙版。。僕は海外をフラフラしているので電子版。。)

実は、地下ソサエティメンバーの大多数は、北野会長の訓えに則り、日本経済新聞を定期購読をしている。

マレーシアジョホールバルにある牧場王の焼肉レストラン「KEMURI」で開催された、北野会長謁見宴(ディナー)2日目、18時からスタートして、23時頃まで北野会長の激アツトークが炸裂し続けたのだが。。

日経新聞の本当の読み方を教わる@焼き肉レストランKEMURI

その中で、サッチェルが会長のところに、日本経済新聞を手に、ニコニコしながら近づいて来て、

サッチェル:「会長!会長の日本経済新聞の読み方を生で見せて頂けますか!!! どの欄をどの順番で読まれているのか知りたいのです!」

・・・と、北野会長に、日本から持参した日本経済新聞を手渡した。すると北野会長は、快く応じてくれて、、、日本経済新聞をペラペラめくりながら、「日本経済新聞を現金に変える方法」のシミュレーションをしてくれた。。。

一同:「おー。おー。なるほど。」

北野会長の解説に、ウンウン頷きながら聴いていた。実は北野会長も、若いころは、日本経済新聞を購読していなかったとのことだが。。。

鷹:「日本経済新聞を読みなさい。日本経済新聞に掲載されている◯◯を見て、◯◯していたら◯◯しなさい。儲かるから。。」

・・・と、日本の中枢に君臨する「鷹」から直接教わったことが、日本経済新聞の購読をはじめたキッカケだという。。。

実際に「鷹」の訓えの通りに、やってみると、「本当にいとも簡単に金(カネ)を稼げてしまう。。」・・・ということで、65歳になる今日までずっと継続する形で購読しているのだという。(ちなみに北野会長は、20歳の頃から「鷹」への謁見を開始していた。。。「鷹」との交流40年間。。)

「居合抜き」を行う剣客にとって、必須サブアイテムとなった、日本経済新聞。。。

日本経済新聞の本当の価値が分かり、定期購読代5,000円が、タダ同然に感じるようになった今日このごろ。。。

それにしても、全く同じ日本経済新聞を読み、同じ情報を毎日読んでいるのに。。世の中の大多数の方々は、稼ぐことができない。。北野会長や剣客などごくごく一部の方々が、日本経済新聞紙面の情報から、沢山の金(カネ)を稼ぐことができる。

同じ空間に存在している、同じものでも見え方が違う。。  

北野会長の日本経済新聞読み方の解説を聞きながら深く考えさせられるものがあった。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】道端に落ちている1,000円札を全力で取りにいけると富豪になれる!?

【帝】道端に落ちている1,000円札を全力で取りにいけると富豪になれる!?

北野会長:「ブラックのおじさんたちは、今は70、80の世代だけど、道端に落ちてる1,000円札を全力疾走で取りにいけるような方

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】大もうけした直後に一番やってはならないこと、それは・・・

【帝】大もうけした直後に一番やってはならないこと、それは・・・

長年ビジネス・投資の活動をしていると、稀に・・・幸運にも、訪れることがあるのが、「大きく当たっちゃって大もうけ!」である。「大

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】『冬の蟻 ハワイの島で 浜に寝る』ハワイで「気功法」充電2時間、同じ南国なのにここまで違うとは・・・

【帝】『冬の蟻 ハワイの島で 浜に寝る』ハワイで「気功法」充電2時間、同じ南国なのにここまで違うとは・・・

「ハワイ」という地は不思議である。 僕が拠点として住んでいるマレーシアジョホールバルとあまり変わらない気温、南国なのに。なぜか

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】10年以上存続するための「農耕民族」的経営戦略セミナー報告書

【帝】10年以上存続するための「農耕民族」的経営戦略セミナー報告書

約120名キャパシティの東京会場満員御礼の中、セミナー「金融工学」を導入した10年以上存続するための「農耕民族」的経営戦略」が



dept