借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術 > 投資MAPナビ/勝てる投資はココにあった

【帝】『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

level002
【帝】『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ(Forest City)』とは、マレーシアジョホールバルで立ち上がり指導始まった、20数棟中国人がコンドミニアム買い占め、1プロジェクト1,000億ドル投入される、前代未聞な壮大なプロジェクトである。この全貌を紹介させて頂く。

僕がマレーシアに家族と共に移住してきたのは、2011年1月、滞在6年目。

マレーシアジョホールバルのイスカンダルプロジェクトがスタートして約10年間が経過。ここに来てさらに、一気に加速が始まったようだ。

これまで10年間で、「世界」が投資してきた金額の、2倍の金額が・・・たった一つのプロジェクトに投入される。。。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

そんな物凄いレベルのプロジェクトが進行中ということで、「プロジェクト」見学に行ってきた。

10年間500億ドル VS 1プロジェクト1,000億ドル

「これまでイスカンダルプロジェクトには、世界中から500億ドル(約5兆2,237億円)の投資が集まりました。『フォレストシティ(Forest City)』は、たった一プロジェクトで、合計1,000億ドル(約10兆4,475億円)投入されるのです。」

地元に住んでいると、逆に地元のことに興味がなく、情報に疎くなる・・・。

たとえば、シンガポールに住んでいる日本人より、外から観光で来た日本人の方が、最新の情報を知らべて知っているというようなことはよくあること。

ジョホールバルも、長く住みすぎて、そんな状態になってしまったようだ。。

けれども、「10年間500億ドル VS 1プロジェクト1,000億ドル」・・・そんな、「数字」を耳にしては流石に黙ってはいられない。

仲間たちでスケジュールを合わせる形。

シンガポールのアクニンさん、マーベリック宮本クンと共に、足利さんのベンツに乗って、1,000億ドルプロジェクト『フォレストシティ(Forest City)』の見学に行くことにした。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

ジョホール1,000億プロジェクト『フォレストシティ(Forest City)』実際に見学してみると、物凄いスケールのプロジェクトで、圧倒されてしまった。

20数棟中国人がコンドミニアム買い占める

フォーブストップ500に名を連ねる華僑企業が、ジョホールのシンガポールに隣接した場所に。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

これから20年間かけて、近未来の都市を建設すべく、プロジェクトがスタート。
  
すでに、商業施設、ホテル、ビーチパーク、プール、と共に、島の一部ができている状態

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

2016年2月にセールスギャラリーもオープンしたばかりであるが、  人工島の中に建設される、不動産が販売されると共に、瞬く間に20数棟ものコンドミニアムが、中国本土の中国人を中心に、買い占められていて、完売状態になる異常なプロジェクトになっていた。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

そういえば、僕が先日中国広州に滞在した時・・・現地のテレビで、テレビCFが流れていた。。。
 
中国語だったので、「あれジョホールバルの事紹介されてるの?ヌサジャヤ地区?」位にしか思って無かったが、よくよく思い出せば、『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトのテレビCFが入っていたわけだ。

1,000億ドルプロジェクト『フォレストシティ(Forest City)』の動画

「あれ、いつの間に、こんな場所に?」

1,000億プロジェクトの人工島『フォレストシティ(Forest City)』は、娘たちが通うアメリカン・スクールの、さらに奥側に位置していた。

足利さんのベンツに乗って、「人工島」に入る。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

建設中であるが、道路などはかなり形になっていて、建物もすでにいくつか建設されている。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

ショッピングモールに併設された、「セールスギャラリー」に入ることになった。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

施設内には、ビュッフェレストランがあり、まずは軽くランチをすることになった。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

その後、映画館のような場所に移動して、まず動画を観せられたので、iPhoneを取り出して、収録して見た・・・。
 
この収録した『フォレストシティ(Forest City)』動画を、シェアさせて頂きたい。

「フォレストシティ(Forest City)の動画」
https://youtu.be/kLYEGGLY5YQ

ジョホールバルに1,000億ドルで人工島『フォレストシティ(Forest City)』。本当に壮大なプロジェクト過ぎて、驚愕してしまう。。

500名の販売員が1,000〜2,000名/日の中国人に案内中(汗)

これまで10年間で、「世界」が投資してきた金額の、2倍の金額が・・・たった一つの『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトに投入される。。。

そんな物凄いレベルのプロジェクトが進行中ということで、1,000億ドル人工島『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトの見学中・・・。

そこで、凄まじい光景を見てしまった・・・。「動画」を視聴頂きたい・・・

凄まじい光景 
https://youtu.be/cp_rTTKUFDk

少し、ギャグ的な動画であるが、色々な意味で凄まじい光景である。

謎のパラパラチック?なダンスを踊っていらっしゃる方々は、『フォレストシティ(Forest City)』の、不動産物件の販売員。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

将来ショッピングモールになる商業施設の中全体が、巨大なセールスギャラリー化しているが、な、なんと、500名以上の販売員さんたちが日々『フォレストシティ(Forest City)』の不動産物件販売業務に勤しんでいらっしゃると言う。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

なぜ、それほどまで沢山の販売員さんたちが、いらっしゃるのか?

その理由は単純明快で、非常に沢山の中国人投資家の方々が、日々中国本土から、『フォレストシティ(Forest City)』のセールスギャラリーに訪れている。

平日で毎日300名〜500名/日。

土日週末は、1,000名〜2,000名/日もの中国本土の投資家が『フォレストシティ(Forest City)』セールスギャラリーに訪れ、ほぼ即決的に、『フォレストシティ(Forest City)』内のコンドミニアムや一軒家など、不動産物件を購入しているとのこと。

まさに、「中国人爆買い!」とは、このことである。・・・それもそのはず、中国本土のデベロッパーが販売している全てのプロジェクトの中でも、今年、販売金額でダントツ1位に輝いたのは、

なんと、なんと、中国本土の不動産プロジェクトではなく、ここジョホールバルの、『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトになってしまったのだ。

中国本土としても、前代未聞の記録である。

僕も中国広州滞在時、テレビCFで何度か見かけたことがあるが、「こういう状況だったのか・・・」と、後から改めて驚いてしまった。

すでに、20数棟分のコンドミニアムを、中国人が買い占める。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

完売マークがコンドミニアム模型にも貼られている。

・・・・そして、日々売れている。。今、「中国人爆買い!」の流れは、日本の東京銀座から、マレーシアジョホールバル『フォレストシティ(Forest City)』に移動してしまったのだろうか? 

・・・という憶測も、「中国本土プロジェクトダントツナンバー!」のニュースを聞けば、あながち大袈裟でも無いのでは?と思ってしまう僕がいる。

・・・そんな、熱気あふれる巨大な、『フォレストシティ(Forest City)』セールスギャラリーに到着した。

日本人投資家の僕たち。シンガポールのアクニンさん、マーベリック宮本クン、僕・・・。

ミスアイスという、日本語は話せないが、英語と中国語の話せる販売員さんがついてくれて、『フォレストシティ(Forest City)』内のコンドミニアムの案内並びに、『フォレストシティ(Forest City)』内のビーチ、プール、ショッピングモール、ラグジュアリーホテル・・・など、すでに完成している、施設やプレゼンテーションに案内してくれた。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

1,000億ドル人工島『フォレストシティ(Forest City)』孔明メモ

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

販売員さんが案内してくれたお話。プレゼンテーションのお話をまとめたものを、記載させて頂く。

『1,000億ドル人工島『フォレストシティ(Forest City)』孔明メモ』

フォーブストップ500に名を連ねる華僑企業が、マレーシアジョホールのシンガポールに隣接した場所に。

これから20年間かけて、近未来の都市を建設すべく、『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトがスタート。

すでに、商業施設、ホテル、ビーチパーク、プール、と共に、島の一部ができている状態。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

2016年2月に『フォレストシティ(Forest City)』のセールスギャラリーもオープンしたばかりであるが、人工島の中に建設される、不動産が販売されると共に、瞬く間に20数棟ものコンドミニアムが、中国本土の中国人を中心に、買い占められていて、完売状態になるという、異常値が続くプロジェクトになっている。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

合計1,000億米ドル近くが『フォレストシティ(Forest City)』に投資される予定。

マラッカ海峡に隣接し、アジアの玄関口となりシンガポールから2kmの立地。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ(Forest City)』は、独自のC.I.Q(※)を持つことを認められていて、

※C.I.Q
・C(Customs):税関
・I(Immigration):出入国管理
・Q(Quarantine):検疫

『フォレストシティ(Forest City)』内に免税エリアや他のインセンティブが与えられる。

フォーブスのトップ500企業の一つである華僑グループがデベロッパー。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

これまでに150万室以上の住宅を販売し、7万人の従業員で年間2兆円以上の売上がある中国本土の超巨大企業。
 
戦略的にEDSBやHuaiwei、Sasak、Arup他、グローバル企業とスマートエコシティをを建設するためのパートナーシップを結んでいる。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌
 
数十万人の住人を収納できトロピカル湾に位置し、海と緑に囲まれたシティ。20KM平方の土地のいたるところに公園を配置。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

地上には車道がなく、住民の安全を確保し、交通網を全シティに張り巡らしている。道路、駐車スペースは地下に配置され、歩行者と車の行き来を分離している。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

緑のスカイガーデン、ルーフトップガーデンが、『フォレストシティ(Forest City)』には導入されており、空気を新鮮に保てる。

雨水を有効活用し、騒音を低減する。

『フォレストシティ(Forest City)』には、公園と緑の歩道とカフェなどが点在する。

『フォレストシティ(Forest City)』は、海岸線に面しており、そして、素晴らしいシービューを堪能できる。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

さらに、環境保護に守られた湿地に隣接し、マングローブの保全や他の自然資源が目の前に点在する。

『フォレストシティ(Forest City)』は、ジョホール湾でシンガポールと隔たっている。

イスカンダルマレーシアの前方に位置し、シンガポールとマレーシアの双方からメリットを享受できる。
 
イスカンダルマレーシア自体、引き続き海外から投資が入り続けていて、500億米ドルを超える投資と、幾つかのシンガポール企業からの投資もある。
 
たとえば、Temasekホールディングはシンガポール政府の企業で、数多くの所有権つき住宅と工場を所有している。
 
セカンドリンクは1日40万人の人々が行き来しておりシンガポールとイスカンダルマレーシアはお互いが密接に連携している。
 
『フォレストシティ(Forest City)』の陸路と海路用の「C.I.Q」はすでに承認されていて、新たに建設された高速道路がセカンドリンクへのスムーズなアクセス環境を提供している。
 
24時間営業のシャトルバスサービスを提供し、シンガポールやジョホールバルの主要拠点へのアクセスも高める。
 
『フォレストシティ(Forest City)』は、2026年に本格的な運営が開始される。
 
クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道に隣接。
 
主要なアセアンの国々には、4〜8時間のフライト時間の距離で、様々な交通手段の提供によりイスカンダル計画の開発を支援。
 
『フォレストシティ(Forest City)』は、永遠所有権の不動産であり、相続税も無税。
 
『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

不動産価格は、シンガポール、バンクーバー、ニューヨーク、シドニーと比べれば7分の1〜4分の1の価格帯。
 
517〜1,862スクエアフィートのラグジュアリーな家具のついた高級不動産物件として、物件には駐車場もついている。
 
『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

4,478〜8,666スクエアフィートの沿岸沿いの戸建てビラは、シーフロントビューで、緑の庭に囲まれている。
 
戸建てビラには、エレベーターも設置されており、ご家族でのマレーシアでのロングスティを堪能できる。
 
当然のことながら、シンガポールの都会生活も堪能し、マレーシアの生活コストを享受できる。

リタイアメントと素晴らしい生活環境が備わっている。

『フォレストシティ(Forest City)』はお子様へのエリート教育も提供。
 
両親へは居心地の良いリタイアメント生活を提供。
 
『フォレストシティ(Forest City)』には、完全なアメニティも備わっている。
 
『フォレストシティ(Forest City)』は、免税ゾーンの承認を得てGSTと輸入税が免除される。
 
「Shattuck-st mary’s school」との基本合意書の締結は済んでいて、幼稚園から高校までのインターナショナルな教育を提供する。
 
この学校は2018年8月開校予定。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ(Forest City)』から15〜35kmの距離内にシンガポール国立大学やサウサンプトン大学など10の有名な大学が点在している。
 
グループとの基本合意書の締結もすでに済んでいる。グループは世界的な医療サービスの提供や心地よいリタイアメントの環境を提供する。
 
交通ハブやインターナショナルクラブハウス。海岸線の商業ストリートやビーチ、公園はすでに運営を開始している。
 
ラグジュアリーホテル「フェニックスホテル」は、2016年9月、すでにオープンしている。 
 
商業施設には旗艦店として、SECOOが2016年10月、すでにオープンしている。
 
『フォレストシティ(Forest City)』は、管理が行き届いた最高級ホテルサービスが提供するスマートセキュリティシステムを採用。
 
安全を保ち、快適なアイランドライフパラダイスを実現する。
 
『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

『フォレストシティ(Forest City)』は、アクセンチュアとパートナーシップを組み、スマートシティのビジョンを開発。
 
一方でサステナブルな開発ポリシーに準じる。
 
エナジー、エコロジー、そしてシティ運営。

8つの主要産業、ツーリズム、MICE、ヘルスケア、教育、研修期間、グローバル企業の支社、オフショアファイナンス、Eコーマス。、先端技術。
 
そして、グリーン&スマート産業が『フォレストシティ(Forest City)』内で活動する。
 
法人税免除は、ツーリズム、教育、医療産業に与えられる。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

加えて、外国人の資産規制は無く、世界になだたるスマートシティの中でもビジョンと標準化を提供する。
 
『フォレストシティ(Forest City)』は、未来の都市設計の主要モデルを形にする。
 
未来のスマートエコシティを実現する。
 
・・・とのことだ。
 
うーん。『フォレストシティ(Forest City)』今まで世界の中でも、全く聞いたことの無いプロジェクトだ。

購入した旧知のF先生談「ドバイを超える!」

先月すでに、旧知のF先生が、『フォレストシティ(Forest City)』内のコンドミニアムの「最上階」を一部屋購入。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

・・・その感想を聞いて見たが、「このプロジェクトはドバイを超える!」とF先生は証言されていた。(※F先生の個人的な感想)
 
『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクト・・・。今後も目が話せない、海外不動産プロジェクトであることは間違いない。
 
僕も、ジョホールバルに家族と共に住んでいるし、『フォレストシティ(Forest City)』は、娘たちの通うアメリカン・スクールからも、かなり近い立地に位置しているので、今後とも観測を続けて行きたい。

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

ジョホール『フォレストシティ(Forest City)』セミナー「先着20名無料」

これまでに150万室以上の住宅を販売し、年間2兆円以上の売上がある中国の大手デベロッパーの協力を経て。

ジョホールバル『フォレストシティ(Forest City)』に関するセミナーが東京某所のセミナールームで開催されるとのこと。

・セミナー:
『ニッポンがまだその存在を知らない未来のスマートエコシティとは?』
 
・場所:
 東京「汐留」某所セミナー会場
 
・セミナー参加費用
 先着20名まで無料(通常3,000円)
 
・セミナー内容
海外不動産の火付け役とも言えるマレーシアジョホールバル。

イスカンダル計画とシンガポールに隣接する地政学的なメリットから、今後の成長を期待され、多くの日本人の方がジョホールバルの不動産を購入されている。
 
イスカンダル計画がスタートしてから約10年が経過したが、そのイスカンダル計画をコンパクトにして近代化した『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトが今回セミナーの中で紹介される。

これまでに150万室以上の住宅を販売し、7万人の従業員で年間2兆円以上の売上がある中国の大手デベロッパーが手がける『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトは、
 
中国政府の「One belt One road」構想を背景に、これから20年かけて、ジョホール湾に人工島を埋め立て、近未来の都市を建設するべく『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクトがスタート。
 
海だったところに、たった1年足らずでセールスギャラリーを建設し、今年2月にセールスギャラリーがオープン。
 
不動産が販売されると同時に、瞬く間に10数棟のコンドミニアムが完売状態となる異常な人気の『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクト。
 
毎月現地を訪れると、前回とは違う景色を見ることが間違いないスピード感で形にしている『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクト。
 
今後の海外投資戦略の知識として、知っていて損のない『フォレストシティ(Forest City)』プロジェクト。
 
いま、ジョホールバルで一番ホットな場所であることは間違いなく、近い将来世界でもホットな場所になるかもしれない。
 
本セミナーでは、ニッポンで初めて、現地日系企業が、最新のプロジェクトを説明してくれる。

・申込方法
「参加無料」だけれども、真剣に勉強したい方のみにご案内したいため。

『1,000億ドル人工島情報事務局』に登録された後に、無料セミナー参加申込方法を連絡させて頂く。

『1,000億ドル人工島情報事務局』
http://sanadakoumei.com/forest-city.html?a=mag

直近9年間で常にロングステイ先として人気ナンバー1のマレーシア

『フォレストシティ』ジョホールバルの人工島プロジェクト全貌

ロングステイ財団の発表によると日本人が希望する海外ロングステイ先で圧倒的ナンバー1はマレーシア。

人気の理由は、物価が日本の約3分の1で食べ物は日本人の味覚に合うものが多いこと、医療が進んでいて日本語による受診が可能な病院が多いこと、英語が使えて親日であること、1年中温暖な気候で長期滞在ビザが取得しやすいことなどがあげられる。

ロングステイ先で今注目されているのが今回ご紹介するジョホールバル。

ジョホールバルには最新医療技術が整った病院や世界的に有名な大学などが多く集まり、多くの優秀な人材が集まっている。

セミナー当日、「ロングステイ」に関する詳細も学ぶことができる。

ジョホール州を取り巻くビッグプロジェクト

マレーシアジョホールバル州には世界有数の学校が進出している。

医療で有名なニューカッスル大学、工業で有名なサウザンプトン大学、英国キャサリン妃の母校であるマルボロカレッジなど。この地域では寄宿舎が充実していることから幼少のころから一流の学校に子供を入学させたいと考えている世界中の家族がジョホールバル州に移り住んでいる。

レジャー施設ではレゴで有名なレゴランドをはじめ大型ショッピングモールが続々とオープンしている。

シンガポールの対岸という好立地を活用し、2025年までに総開発費約10兆円・年間6%の経済成長を目標に掲げている。

マレーシア・ジョホールバル州が注目される最大の理由は、シンガポール政府の積極的な推進にある。

アジアの観光・金融サービスの拠点へと成長したシンガポールだが、極度の少子高齢化と狭小な国土は、今後の成長にとってデメリット。
 
そこで、マレーシアの豊富な人口を確保し、国土を共同開発することで、さらなる経済成長の道を探っている。
 
先進国入りを目指すマレーシアにとっても投資先に選ばれることは利益であり、車を使えば30分ほどで行き来できるシンガポール中心部~ジョホール州をつなぐ鉄道開業も予定されるなど、さらに関係が密になっている。

  • シンガポールの中心地から車で約30分の距離に位置するジョホール州。
  • 世界の富裕層が集まるヨットマリーナ「プテリハーバー」を有する。
  • 大型ショッピングモールがあり、物価も比較的安く生活しやすい。
  • 海外の有名教育機関を誘致。ジョホール州に続々と名門校が開校している

未来のスマートエコシティ『フォレストシティ(Forest City)』の概要

『フォレストシティ(Forest City)』は、「One belt One road(次世代のシルクロード構想)」のもっとも重要な拠点と位置づけられている。
 
マラッカ海峡を玄関口とするASEAN地域の重要な経済拠点であり、また東西の人々の往来や経済の交流ポイントにもなっている。

それゆえ、『フォレストシティ(Forest City)』は、戦略的なアジア全域の中心都市となることが予想されている。

イスカンダル・マレーシアには、世界中からこれまでに多くの投資が集まっている。

マレーシアとシンガポールの国境は、日常的に40万人以上の人が往来している。

レゴランドやパインウッドスタジオといった著名な多国籍企業がイスカンダル・マレーシアにすでに進出してきた。

『フォレストシティ(Forest City)』には、その戦略的拠点の位置付けから、幾つかの特別なインセンティブが与えられている。

『フォレストシティ(Forest City)』は、「One belt One road」を実現するべく、自由貿易エリアや税制優遇エリアという特性を活かして、将来的に豊富なビジネスチャンスを形にしている。

『フォレストシティ(Forest City)』は、約90分でシンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道に近隣していく。

また、『フォレストシティ(Forest City)』の対岸となるシンガポールまでは約2キロ。
シンガポールのオーチャードロードまで39キロ、ジョホールのセナイ国際空港まで40キロの距離に位置。
 
『フォレストシティ(Forest City)』はレジデンス専用のC.I.Q(※)を持つことを認められていて、

※C.I.Q
・C(Customs):税関
・I(Immigration):出入国管理
・Q(Quarantine):検疫

『フォレストシティ(Forest City)』とシンガポールを結ぶシャトルバスサービスも提供。

  • シンガポールとのアクセスは抜群。経済特区内の物件でブランド力も高い

『1,000億ドル人工島情報事務局』
http://sanadakoumei.com/forest-city.html?a=mag

追伸

『フォレストシティ(Forest City)』に関しては、今後現地視察ツアーなども、開催されるとのこと。

『1,000億ドル人工島情報事務局』に登録された場合、デベロッパーの協力により、宿泊含めて「無料」での現地視察ツアーイベントなども案内される予定。

無料セミナーや現地ツアーなど、『フォレストシティ(Forest City)』の 最新の情報を受け取りたい場合は、こちらから登録頂きたい。

最新情報に関する連絡が入り次第、随時事務局の方から、メールで案内させて頂く。

『1,000億ドル人工島情報事務局』
http://sanadakoumei.com/forest-city.html?a=mag


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】ドクターサイの右腕、渡邊氏が代表を勤める会社でのパートタイム

【帝】ドクターサイの右腕、渡邊氏が代表を勤める会社でのパートタイム

「金融工学」の神と呼ばれる御方、ドクターサイこと、半田俊宏先生の右腕、渡邊隆吾氏の下での「一般事務」のお仕事募集案件をシェアさ

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】フィリピン土地付戸建・AYACCA(アヤカ)リゾート日本総代理渡邉隆吾代表個別相談会@東京

【帝】フィリピン土地付戸建・AYACCA(アヤカ)リゾート日本総代理渡邉隆吾代表個別相談会@東京

来る2月2日(月)~8日(日)までの7日間、東京都内某五つ星ホテルのラウンジで、個別相談会が開催される。 1,000円で買った

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
ヒルトングランドバケーション(Hilton-Grand-Vacation)

【帝】「ヒルトンタイムシェア」の購入体験があまりにもシュール過ぎる

ハワイのリゾートホテル「タイムシェア」の代表格「ヒルトングランドバケーションクラブ(Hilton Grand Vacation

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
2

【帝】世界的リゾートホテルの敷地内にある「土地付き高級戸建住宅」!?(汗)

「資本規制」と連動した、外国人の「土地不動産保有」の規制が、近い将来、フィリピン憲法の一部を変更することで、解除しようという動



dept